「ソロモンの偽証 後編・裁判」☆大岡裁き

ずっと最後まで泣いてしまった。
本編の前にある前編のおさらいのときから涙が出た。
あまりずーっと泣いていたので、途中で逆さまつ毛になったりして痛いのなんの。
子供たちのピュアでまっすぐな眼差しで、ギタギタに傷つけられた心の痛みがダイレクトに伝わってくる。


画像
「ソロモンの偽証 後編・裁判」 公式サイト

<ストーリー>

クリスマスに遺体で見つかった同級生が、自殺として片づけられたことで、教師や警察・親たちにも不信感を抱いた中学3年の藤野涼子(藤野涼子)は、元のクラスのメンバーと裁判を開くことを決めた。
夏休みの裁判に合わせて周辺を調べていくうちに、弁護士役を買って出た他校の生徒、神原和彦(板垣瑞生)の行動に違和感を感じるのだが・・・・



画像
あえて表情を抑えた演技で涙を流すシーンは、見事としか言いようがない

一貫して抑えた演技を貫くことで、検事としてだけではなく、人間として冷静に平等と正義を貫こうとしている「生きざま」を内面から表現できる貴重な女優の藤野涼子。
判事役の秀才 井上くん(西村成忠)の棒読みとともに(笑)、中学生の子供たちの落ち着きのある『真っ直ぐ』な部分がこの物語を支えている。

画像
はじめの方は話もあまり進展せず、みな「良い人」になって『謝罪』ばかりでいささか不満

大勢の前で感情を抑えて本音を吐露し、尚且つきちんと謝罪と感謝の気持ちを言えるなんて、あまりに人間ができすぎ・・・と思ってしまった。
しかしそれは、後半の「真実」と「本音」へと続く助走部分だったのかも。

それにしても松子パパの塚地には感動!
ざわつく体育館を一気に静かにさせたシーンでは思わず号泣。

画像
声が出るようになって「裁判に出させて!」と訴えたのに・・・・・

わざわざ出廷したいと言いながらも偽証する樹里の気持ちは、なんとも寄り添いにくいけれど、何よりも「死んだ松子になすりつけて何とか自分を守りたい」と思ったのは「本音」のいかにも人間的部分なのだろう。
『真実を話します』と誓約しても、これは本物の裁判ではないし、実際本当の裁判でさえ、罪を軽くするために最後まで真実を語らない場合も多いのだから。

画像
本当に裁きたかった物語の本題は、大岡裁きのように見事

冒頭と最後に付け足しのようにある、その後の藤野涼子(尾野真知子)と今の校長とのくだりは必要ないようにも思えるのだけれど、大岡越前の見事なお裁き、もしくは遠山の金さんの桜吹雪を連想したりも(笑)

画像
衝撃の真実は・・・・

子供たちが皆傷つき苦悩していた姿が浮き彫りにされていく。
彼らに同化し、胸をかきむしられるような思いと辛く苦しい気持ちが湧き上がる。

唯一、亡くなった柏木くん(望月歩)の家族との関係、彼の苦悩の原因などが消化不良だけれど、これで正解なのだとも思う。
どんなに裁判をしても、彼を追い詰めた原因は本人の口から明らかにされることはないのだから。


誰を罪人と決めて糾弾するかではなく、参加した人全てを裁き悔い改めさせたという点で、この裁判は『本来人々が知りたいと思っている、事件や事故の真相を暴く』本物の裁判だったと言えるのではないだろうか。
これこそが本来あるべき裁判の姿なのかもしれない。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2015年04月16日 11:56
まだーむさんこんにちは♪TB&コメント有難うございました♪

犯人を決める裁判ではなく、真実を暴く裁判という部分に終始してたのがなんか良かったですよね。事件や事故で遺族側などが求める事って犯人への裁きももちろんですが、それとは別に真相を明らかにしてもらって『納得する事』もまた大事だと思うので、それを中学生ながら上手く実践した藤野たちはやはり大したものだと、閉廷後自分もどこか親のような視線に・・^^;

あと前後編共に内容は素晴らしかったですけど、藤野涼子さんを始めとする若手の役者さんたちにも目を見張るものがありましたね♪またどこか別の作品で『あ、ソロモンのあの子だ』とか言って楽しく観たいものですw
2015年04月16日 21:58
藤野涼子さんの抑えた演技はもはや名女優の域ですよね。
今後に注目していきたいと思いますが
役名のままデビューしたことでイメージが固着しないかと
若干の不安もあります。
昔、「愛と誠」の早乙女愛なんてのも居ましたね(笑)
2015年04月16日 22:06
樹里がいちばん好きですね~。
裁判に出てきたってのに、まさか、あんなこと言うなんて! って、いいな~。実際問題としてではなく、映画の登場人物としてですよ。

個人的には、みんなが柏木くんに引っ掻き回されたなあという印象が残りました…。
2015年04月16日 23:46
自分の悪さ・中途半端さは自分で裁けばいい。
これがこの校内裁判のもう一つの顔ですよね。
それにしても藤野涼子ちゃんは凄い女優さんですわ。
是非この役の印象が強すぎて…にならないように、今後も頑張ってほしいですね。
ノルウェーまだ~む
2015年04月16日 23:47
メビウスさん☆
子供たちだからこそできた裁判でしたよね~
自分たちの出来る範囲で、真相を暴き、各々が自らを裁き反省して次につなげていく。
大人だと責任の所在ばかりになったり、貧困・虐待・苛め・教育と問題を大きくややこしくしていくので、純粋に『自己保身に走らず人の痛みを分かろうとしよう』という、単純明快な答えにたどり着けたところは実に良かったと思います。
ノルウエーまだ~む
2015年04月16日 23:49
itukaさん☆
あまり喜怒哀楽を激しく出さないのに、ちゃんと目の中に感情を入れ込んでいて、本当に見事でしたね。
でも私も彼女のこのイメージが、かえって将来的に役柄を選んでしまうのでは?と心配になっています。
ノルウェーまだ~む
2015年04月16日 23:52
ボーさん☆
柏木くんにかなり引っ掻き回されましたねぇ。
でも本当はそれは生きようとする最後のあがきだったのでしょうね。
親御さんとの関係が最後まで気になりました。
ノルウェーまだ~む
2015年04月16日 23:55
にゃむばななさん☆
藤野涼子ちゃん、本当にいきなり凄い女優さんですよね!
私も役柄が固定されそうで、ちょっと心配になってますが、頭よさそうなので、きっと色々と楽しませてくれるのでは・・・と期待してます☆
2015年04月18日 22:19
こんばんは~。
私も泣いて来ました~~!
自分の罪に向き合う子どもたちの心が痛くて痛くて~。
傍にいるしかできない親たちの心情もキましたわ~。
しかし 責め傷つけあう事なく皆が自分の罪にむきあい贖罪の心を持つことができた。この裁判ホント素晴らしかったですね~。
私もこれこそが本来あるべき裁判だって思いましたです。子どもたちの笑顔がソレを物語ってたと思います(涙)


ノルウェーまだ~む
2015年04月19日 00:43
くろねこさん☆
ほんと、人はこうあるべき、裁判は本来こうあってほしい、人間の贖罪とはかくあるべきと思いました。
こうして自らの過ちにきちんと向き合って謝罪できる人間にならなくては…と、しみじみ感じちゃいましたね~
とらねこさんも泣いたのですね~☆☆うんうん。
やっぱりこれ泣きますよーー
2015年04月19日 07:31
結構上映時間は長いし原作を読んでいるので展開は知っているのですが、一気に見ました。
演出もいいですが、俳優がみないいです。特に生徒たちを演じる俳優たちが見事です。
ただ、さすがに膨大な原作をまとめるラストあたりはちょっと駆け足になったかな。
映画が面白かったという人には原作も読んで欲しいです。
ノルウェーまだ~む
2015年04月19日 09:19
きささん☆
最後の方は駆け足になるのですねー?
原作すごく気になります。
ものすごい分厚い3巻と聞いて、やや躊躇していますが。
2015年04月19日 16:46
こんにちは。
生徒達みんなの演技がとても素晴らしかったですね。
後編も見応えありました。
ざわついた体育館を松子パパが静かにさせたシーンはウルッときました。

ただ、柏木くんがなぜあんなふうになってしまったのががわからなかったのが気になりますが....
ノルウェーまだ~む
2015年04月19日 18:05
yukarinさん☆
確かに柏木くんの背景を掘り下げてなかったので、伺い知ることが出来なかったよね。
でも裁判の時にトイレの床を舐めろと言ったか?という質問があったので、柏木くんは大出たちに苛められていたのだろうと推測したわ。
だって樹里ちゃんのことだったら、女子トイレに入ることできないものね。
柏木くんは時々神原くんに相談してたんじゃないかなぁー
Caine
2015年04月20日 01:24
子供たちがこれから先生きていくためには、誰かが罰せられるとかそういう法律的なことではなく、正に真実のみが必要だったんですね。大人は大抵そうした都合の悪い真実は隠します。「墓場までもっていく」なんて言えば聞こえはいいけど、それは墓場が近い人ならともかく、これから先のある子供たちには酷な話。もちろん真実が明らかになったとはいえ、各々が抱えた罪はずっと背負って生きていかなくてはならない。ならば前を向くために何が必要なのか。
この作品は結局そこなんだと思います。形ではなくて。
ノルウェーまだ~む
2015年04月20日 22:59
Caineさん☆
本当にそうですねー
『実際の裁判が責任の所在を明らかにして、金銭的な賠償を決めるのが目的だから、必死で不利にならないようにする』のに対して、子供たちが人間の芯の部分を見つめ直そうとする、そんな本来あるべき姿のような気がしましたね。
前を向くために過去に向き合う。大切なことなのだと、子供たちに教わったように思います。
2015年05月19日 14:14
こんにちは。
ぼくは、すべてが収束していく後篇がまったくダメで、
さてノルウェーまだ~むさんは?
と、お伺いしてみたのですが、
かなり気に入られていたようですね。
う~む、チャンスがあったら
もう一回観てみようかな。
ノルウェーまだ~む
2015年05月19日 23:30
えいさん☆コメントありがとうございます~~
後編そんなにダメでしたかーぁ?
私は彼らが犯人捜しをしたり、罪を追求したりしてないところに感銘を受けてしまいました。
大人でも対応出来ないような部分に、大人の反応をする子供たちにはちょっと出来過ぎ~~なかんじもしましたけど。
逃げ腰だった自分を裁くための裁判ってところがポイントでしょうか。

この記事へのトラックバック

  • ソロモンの偽証 後篇・裁判

    Excerpt: 中学生の中学生による自分と大人達のための裁判。   Weblog: Akira's VOICE racked: 2015-04-16 10:19
  • ソロモンの偽証 後篇・裁判~タイトルに偽証あり

    Excerpt: 公式サイト。宮部みゆき原作、成島出監督。藤野涼子、板垣瑞生、石井杏奈、清水尋也、富田望生、前田航基、望月歩、佐々木蔵之介、夏川結衣、永作博美、黒木華、田畑智子、松重豊 ... Weblog: 佐藤秀の徒然幻視録 racked: 2015-04-16 10:31
  • 『ソロモンの偽証 後篇・裁判』 2015年4月12日 TOHOシネマズ市川

    Excerpt: 『ソロモンの偽証 後篇・裁判』 を鑑賞しました。 前篇を見てから大分経ってしまいましたが、後編の開始前に前篇のダイジェストがあるので 忘れている方も大丈夫です 【ストーリー】  被告人大出俊次(清.. Weblog: 気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!) racked: 2015-04-16 11:04
  • ソロモンの偽証 後篇・裁判

    Excerpt: 【監督】成島出 【出演】藤野涼子/板垣瑞生/石井杏奈/清水尋也/富田望生/前田航基/望月歩/佐々木蔵之介/夏川結衣/永作博美/黒木華/田畑智子/田中壮太郎/木下ほうか/余貴美子/松重豊/小日.. Weblog: シネマをぶった斬りっ!! racked: 2015-04-16 11:55
  • ソロモンの偽証 後篇・裁判★★★★★

    Excerpt: 宮部みゆきが作家生活25年の集大成として9年間にわたり連載して書き上げたミステリー巨編「ソロモンの偽証」を、「八日目の蝉」の成島出監督が映画化した2部作の後編。 あらすじ:バブルが弾ける直前の90年代.. Weblog: パピとママ映画のblog racked: 2015-04-16 12:44
  • 劇場鑑賞「ソロモンの偽証 後篇・裁判」

    Excerpt: 裁判、閉廷… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201504110000/ 【楽.. Weblog: 日々“是”精進! ver.F racked: 2015-04-16 12:50
  • ソロモンの偽証 後篇・裁判

    Excerpt: 監督:成島出 出演:藤野涼子、板垣瑞生、石井杏奈、清水尋也、富田望生、前田航基、西畑澪花、若林時英、西村成忠、加藤幹夫、石川新太、宮野薫、宮武祭、平祐奈、望月歩、佐々木蔵之介、夏川結衣、永作博美、黒木.. Weblog: タケヤと愉快な仲間達 racked: 2015-04-16 18:13
  • ソロモンの偽証 後篇・裁判

    Excerpt: 今朝は、朝から雨模様で・・・ Weblog: Break Time racked: 2015-04-16 20:25
  • ソロモンの偽証 後篇・裁判

    Excerpt: 後篇も、隣の主婦がホラーだった。 Weblog: だらだら無気力ブログ! racked: 2015-04-16 20:41
  • ソロモンの偽証 後篇・裁判

    Excerpt: 評価:★★★☆【3,5点】(11) 藤野涼子デビュー作にして代表作になること間違いなし。 Weblog: 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~ racked: 2015-04-16 21:50
  • 「ソロモンの偽証 後篇・裁判」

    Excerpt: これは前篇と続けて観たかった。 Weblog: 或る日の出来事 racked: 2015-04-16 21:57
  • 『ソロモンの偽証 後篇・裁判』

    Excerpt: 中途半端なヤツだけが裁かれる。 ただこの校内裁判で裁かれることはない。 なぜにこの作品を前篇・後篇と分けたのか。それは1ヶ月という時間を置いてじっくりと心に落とし込むに ... Weblog: こねたみっくす racked: 2015-04-16 23:49
  • 「ソロモンの偽証 後篇・裁判」真実が明らかになった先にみた答えは1つしかなかった被害者の心の闇と身勝手な被告人の数多くの余罪に対する告発文の真実

    Excerpt: 「ソロモンの偽証 後篇・裁判」は宮部みゆき原作のソロモンの偽証を映画化した作品で後篇では裁判の概要が描かれ、中学生たちによる裁判で真実が明らかになっていくストーリーで ... Weblog: オールマイティにコメンテート racked: 2015-04-17 00:08
  • ソロモンの偽証 後篇・裁判-----感想♪

    Excerpt: 自分の罪は自分で背負うもの------。 Weblog: ★ Shaberiba  racked: 2015-04-18 14:07
  • ソロモンの偽証 後篇・裁判

    Excerpt: 2015/04/11公開 日本 146分 監督:成島出出演:藤野涼子、板垣瑞生、石井杏奈、清水尋也、富田望生、前田航基、望月歩、西村成忠、西畑澪花、若林時英、加藤幹夫、石川新太、佐々木蔵之介、夏川結.. Weblog: ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★ racked: 2015-04-19 16:42
  • ソロモンの偽証 後篇・裁判

    Excerpt: 判決よりも大事な事がある! Weblog: ハリウッド映画 LOVE racked: 2015-04-19 16:43
  • 「ソロモンの偽証 後篇・裁判」:ゆるりとトーンダウン

    Excerpt: 映画『ソロモンの偽証 後篇・裁判』を観ましたが、うーん、あの見事な前篇とその最後 Weblog: 大江戸時夫の東京温度 racked: 2015-04-19 23:07
  • 映画「ソロモンの偽証 後篇・裁判」

    Excerpt: 映画「ソロモンの偽証 後篇・裁判」を鑑賞しました。 Weblog: FREE TIME racked: 2015-04-20 21:25
  • ソロモンの偽証 後篇・裁判

    Excerpt: ソロモンの偽証 後篇・裁判 MOVIXさいたま 2015/4/11公開 被告人大出俊次(清水尋也)の出廷拒否により校内裁判の開廷が危ぶまれる中、 神原和彦(板垣瑞生)は大出の出廷に全力を尽くす.. Weblog: 単館系 racked: 2015-04-20 22:16
  • ソロモンの偽証 後篇・裁判

    Excerpt: 宮部みゆきの小説を映画化した 「ソロモンの偽証」2部作の後編。 監督は前編と同じく成島出。 男子生徒の屋上からの転落死。 その中学校内で行われた、 生徒たちによる校内裁判を描いています。 .. Weblog: 花ごよみ racked: 2015-04-22 22:27
  • 「ソロモンの偽証 後編・裁判」 (2015 松竹)

    Excerpt: 前篇の特集はこちら。宮部みゆきの原作は映像化がむずかしいことで知られている。これまでで唯一成功したのは大林宣彦の「理由」ではないか。膨大な登場人物にそのままオールスターキャストを起用し、しかも彼ら.. Weblog: 事務職員へのこの1冊 racked: 2015-04-24 18:13
  • [映画『ソロモンの偽証 後篇:裁判』を観た]

    Excerpt: ☆・・・前篇の終わりの「後篇予告」が、かなり期待を抱かせたので、一刻も早く観たいと、公開と同時に映画館に赴きました。 私としては、もっともっとトリッキーな展開を予想していたのですが、激情物へと変貌した.. Weblog: 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 racked: 2015-04-27 13:25
  • 『ソロモンの偽証 後篇・裁判』

    Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「ソロモンの偽証 後篇・裁判」□監督 成島 出□脚本 真辺克彦□原作 宮部みゆき□キャスト 藤野涼子、板垣瑞生、石井杏奈、清水尋也、富田望生       小野真千子、松重.. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2015-04-27 20:22
  • ソロモンの偽証(後篇・裁判)

    Excerpt:  『ソロモンの偽証(後篇・裁判)』を新宿ピカデリーで見ました。 (1)本作は、前作の「前篇・事件」の盛り上がりを踏まえて、期待を込めて映画館に行ってきました。  本作の冒頭では、前篇のダイジェスト.. Weblog: 映画的・絵画的・音楽的 racked: 2015-05-05 21:15
  • ソロモンの偽証 後篇・裁判

    Excerpt:  前編はよくまとまっていたのに、後半になって失速してしまいました。これは、プロデューサー、監督、脚本あたりの責任だと思います。小説と映画は違うから別に小説通りのストーリーにする必要はありませんが、なぜ.. Weblog: 映画好きパパの鑑賞日記 racked: 2015-05-08 06:42
  • そして裁判で明かされる後篇

    Excerpt: 11日のことですが、映画「ソロモンの偽証 後篇・裁判」を鑑賞しました。 柏木卓也の死から始まった一連の事件について 子どもだけの校内裁判が行われることに  嫌疑をかけられた問題児の大出俊次を被告 校.. Weblog: 笑う社会人の生活 racked: 2015-05-13 23:49
  • ソロモンの偽証 後篇・裁判

    Excerpt: 【概略】 前代未聞の中学生による校内裁判が遂に開廷。告発状によってクラスメート殺害の嫌疑が掛けられた大出。校内裁判の提案者である藤野涼子は検事として、その罪を立証しようとするが…。 サスペンス .. Weblog: いやいやえん racked: 2015-08-21 09:32
  • ソロモンの偽証 前篇・事件

    Excerpt: 2015年 日本 121分 サスペンス/ミステリー 劇場公開(2015/03/07) 監督: 成島出 原作: 宮部みゆき 主題歌: U2『ウィズ・オア・ウィズアウト・ユー』 出演: 藤野涼子:.. Weblog: 銀幕大帝α racked: 2015-08-23 21:19
  • ソロモンの偽証 後篇・裁判

    Excerpt: 2015年 日本 146分 サスペンス/ミステリー 劇場公開(2015/04/11) 監督: 成島出 原作: 宮部みゆき『ソロモンの偽証』 主題歌: U2『ウィズ・オア・ウィズアウト・ユー』 .. Weblog: 銀幕大帝α racked: 2015-08-24 22:56
  • ソロモンの偽証 後篇・裁判

    Excerpt: 後半も前編をひきつぐ緊迫感と、怒涛の展開。 意外な結末だったけれど「なるほど。これは、思春期ならではのエネルギーと真摯さ…」と、清々しさと、感動覚えました。 特に主要生徒さん達、熱演! 良.. Weblog: のほほん便り racked: 2016-05-28 22:51
  • 映画評「ソロモンの偽証 後篇・裁判」

    Excerpt: ☆☆☆★(7点/10点満点中) 2015年日本映画 監督・成島出 ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2016-11-20 09:46