DVDまとめてレビュー☆「パルプフィクション」「0:34」「人間風車」

動画配信のfi;luに申し込んでからというもの、調子に乗って連日映画&ドラマ三昧の夏休み。
沢山見過ぎて、もう何を見たのか忘れちゃうぅ~



まだ~む的評価の満点は★5つ

画像「パルプフィクション」(1994年)タランティーノ監督作品
★★★★(パパンは「面白かったねっ!」とかなり高評価)
ある朝、不良カップルは思いつきで突然コーヒーショップで強盗をはたらく。
ギャングのヴィンセント(ジョン・トラボルタ)とジュールズ(サミュエル・L・ジャクソン)はボスのいいつけで、殺しもするしボスの愛人の接待もする。
そのボスに八百長を持ちかけられたブッチ(ブルース・ウィリス)は、自分に大金を賭けて、試合に勝つが試合中相手は死んでしまい・・・・


一見、関係ないと思われる3つの犯罪が、最後に見事にシンクロするところがすごい!
最初は意味も無くダラダラと長く続く(実際は意味があったけど)ギャング同士のバカ話に、正直いったいどのへんから面白くなるのー??と思っていたら、だんだんと散りばめたシーンが意味を持っていくところが巧妙なので、後半ぐいぐい惹き込まれて行く。
じっくり時間のあるときに鑑賞したい。

ユマ・サーマンってこんなに美人だったのー!?と驚く。
大物俳優を揃えて、贅沢な作品。




画像「0:34 レイジ34フン」(2004年)
★★
ケイト(フランカ・ポテンテ)は業界のパーティのあと言い寄る男を振り切り、つかまらないタクシーを諦め最終電車に乗ろうとホームへ。
ついうつらうつらとして気付くと終電は終わり、構内は全てシャッターが下ろされてしまっていた。
迷路のような地下鉄構内で途方にくれていると、どこからか電車が走ってきて・・・

日本人から見れば全くのB級スプラッターホラー。
地下鉄構内と下水の排水口が繋がっているわけもないし、奇形で智恵遅れ?なのに俊敏に先回りしたり、電車を動かしたりする犯人とかそもそもおかしいとか、そんなことはどうでも、英国で大ヒットなのがよく判る!

ホームから地上出口へ行くにも、乗り換えるときにも本当に迷路のようなロンドンの地下鉄で迷って、もう一生ここから出られないのでは?と思ったり、終電間際でここで出口まで行き着かずにシャッター閉められたら・・・・と不安に思ったのは、私だけじゃないのね☆
この映画で地下鉄乗れなくなった英国人続出!っていうの納得!




画像「人間風車(2000年版舞台)」
★★★★
ねえねお気に入りの秘蔵DVD。

売れない小説家は(生瀬勝久)日々、公園で遊ぶ子供たち(八嶋智人)に作った童話を聞かせていた。
その中にすっかり聞いた童話を暗記できる、知的障害を持った男(阿部サダヲ)がいた。
金を借りに度々訪れるテレビ局で出会った女性(斉藤由貴)と恋に落ちた売れない小説家は、遂に素晴らしい作品を書き上げて発表すると、童話の賞にノミネートされる。
しかしそれは作品を委ねた友人(升 毅)の作家の名前で発表されていたと知った彼は・・・・

前半は童話の世界の再現と、子供たちと教育ママたちが交互に出てくるシーンが、なんとも学芸会のようだし・・・と、いささかその中途半端なネタで笑えるような笑えないようながなんとも・・・・と思っていたらとんでもない!
一転、そののどかな舞台が凍りつくような展開になっていくのが、身動きできなくなるくらい衝撃的。
滑舌の悪い斉藤由貴以外は、これ以上無いキャスティングで、見事と言うしかない。

2003年版の永作博美版はそこまで話題ではないらしいから、彼らのその突出した演技が凄いという事ね。
特に途中から豹変する阿部サダヲの演技は秀逸。
演技もさることながら、様々に散りばめられたピースがラストにかちっとはまって行く精密に練られた脚本が、舞台とは思えないくらいにとにかく素晴らしい。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2013年09月11日 23:09
こんばんはー^^

0:34は観た記憶がある・・・んだけど、内容をすっかりさっぱり忘れてるー^^;
最初の作品、俳優が豪華だねー^^一度観てみたいかも。
ノルウェーまだ~む
2013年09月12日 00:33
みすずちゃん☆
「0:34」は確かに内容は忘れるかも~(爆)
「パルプフィクション」は結構名作だから、是非見て☆
トラボルタもみんな若いよ(笑)
2013年09月25日 15:16
ノルまださん(という呼び方しても良い?笑)、こんにちは。
へえ、パルプフィクション初めてだったんですか!なんと。
初めは乗れなかったんですね。私はこれ、当時相当好きだったんですよ。
なーんて、言わなくても分かりますよね^^; エヘヘスイマセン

『人間風車』って全然知りませんでした。ノルまださんの評価も高いですね!
一言レビューだけど、なんだか内容が気になる!
ノルウェーまだ~む
2013年09月25日 23:30
とらねこさん☆
始めて呼ばれたー!ノルまださんて(笑)
ノルマだ?

あー、やっぱり「パルプ~」好みそうです、とらねこさん。
私はちょっと期待値上げて見ていたので、最初は??って思ったのですが、あとからジワジワ良くなってきましたよ~
そんなとらねこさんなら「人間風車」も気に入ると思いますわ。

この記事へのトラックバック