「桃(タオ)さんのしあわせ」

ヴェネチア国際映画祭で主演女優賞を受賞したメイドの桃(タオ)さん役のディニー・イップ。
アンディ・ラウが企画に賛同してノーギャラで主役を演じたという、本作のプロデューサーのエッセイのようなこの映画は、実話が基になっているだけにドキュメンタリーのようでもある。
それは同時に、私たちが間もなく経験する介護の話であり、私たちが将来直面する老後の話なのである。


ドラマティックな展開や、泣かせようとする脚色された物語はない。
それだけに真実味があり、胸に迫ってくる。



画像
「桃さんのしあわせ」公式サイト(10月13日公開)

<ストーリー>

13歳から60年の間メイドとして勤めてきた桃(タオ)さん(ディニー・イップ)。
裕福な雇い主の一家のほとんどは、外国に移住してしまっているので、今は長男のロジャー(アンディ・ラウ)の世話をする日々だ。
しかしある日、脳溢血で倒れてしまう。
ロジャーに迷惑をかけまいと、メイドの仕事を引退して老人ホームに入ると言う桃さん。
今まで当たり前のように世話してもらっていたロジャーは、ホームの資金を出し、忙しい仕事の合間を縫って、頻繁に桃さんに会いに行く。



画像
当たり前のように世話してもらっていた時は、目を合わせることもせず、ありがとうも無し。そして笑いも笑顔も特に無し。

メイドのいる生活をしたことがないので、どちらの気持ちも判らないけど、顔も見ないし声も掛けなくても、手を出せば茶碗がすっと出てくる生活をずっと続けている人って居るのね・・・・
中国の格差社会を垣間見てちょっとびっくり。

画像
元々は美人さんで、料理上手、みんなから愛されていたメイドの桃さん

何より、老人ホームに入って自己紹介した桃(タオ)さんが、「何だかメイドさんみたいな名前だね?」と言われていたのにまたビックリ。
メイドさんの家系というのがあるのかな?

老人ホームでメイドである事をひた隠しにする桃さんと、「息子さん?」と問われてとっさに「そうです」と応えるロジャーの心遣いにも、いかにメイドが卑下されているかが判る。

画像
敏腕プロデューサーのロジャーは忙しいのに、せっせと老人ホームへ面会に行く

北京と香港を行ったり来たりしながらも、桃さんのために時間を作って会いに行く。
老人ホームでは『義理の息子』ということになっているけど、チョイ主任(チン・ハイルー)には「ほら、恋人が来たわよ。」と冷やかされる。
そのときの桃さんのうれしそうな顔ったら!


画像
リハビリ中で半身が麻痺している桃さんのために、料理を取り分けてあげるロジャー

今までしてもらってきた時にはニコリともしなかった二人も、心から笑い合う。
身よりもない桃さんにとって、60年メイドを務めてきた中でも最もしあわせな瞬間といえる。

まるで母と息子のように、まるで恋人のように、冗談を言い合い笑い、そして最後の日まで心が寄り添う。
ホームには息子がちっとも会いに来ないので、娘が来てもすねてしまう老人も居る中で、桃さんは生き生きと輝いて見えた。


終末の時をしあわせに迎えるか否かは、そこに笑顔があるかないかの差なのかもしれない。
いつしか迎える最後、必ずやって来る最後をどう過ごすか。
明日にでも母に電話を入れたくなる、そんな映画だった。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

マリー
2012年10月14日 19:45
わぁ~観て下さったのね~。←私の映画か?!
これは、公開当時から評判が良くて、香港でもたくさん映画賞を取った素晴らしい作品なのに・・・こないかも?と思っていたから日本公開されただけでも嬉しい。
アン・ホイ監督はアンディのデビュー作の監督さんだし~彼にとっても感慨深い作品になったと思う。
久々にアクションでもなく、CGでもないシンプルなアンディ・・・良かった~?
日本版DVD出るまでお預けの私で~す・・・
ノルウェーまだ~む
2012年10月14日 22:48
マリーさん☆
よかった!
最初にマリーさんに見てほしかったレビューだったの♪
アクションなしのアンディも素敵だったよ。
やっぱり上手いねー演技。
自然な振る舞いなのに、しっかり感情が伝わってきたよ。
試写会ではポスターが最初アンディと気が付かなくて、観てから友達と「ああ~」って。(笑)
2012年10月19日 02:12
これ今週の火曜にル・シネマに行こうかと思ったんだけど、時間なくて次回にすることに。
予告観た感じ良さそうですよね。
TIFF終わったら行きたいと思います。
ノルウェーまだ~む
2012年10月19日 11:57
rose_chocolatさん☆
TIFFチケット取れたのですね~すごい!
この映画は試写会で観たのですが、後ろの方でもんのすごく泣いている人いました。
身につまされる方も多いと思います。
2013年05月20日 12:58
こんにちは、古い記事におじゃましまーす♪
メイドのいる生活は日本人にはなじみがないですけど、
いつかはやってくる老いと介護は他人事ではないですもんね。
でもとてもやさしくて素敵な作品でした。
アンディーが素敵でしたわー←結局そこかいっ
桃さんを見るまなざしがやさしくてキュンでした^^
ノルウェーまだ~む
2013年05月20日 23:23
yukarinさん☆
アンディーいいよねぇ。
自分も介護されるなら、アンディーのような男性が良いわ♪
しかし自分の介護の心配の前に、親の介護が待っていたーっ
自分はそこまで優しく接する事ができるのか、改めて考えさせられる作品だったね。

この記事へのトラックバック

  • 『桃(タオ)さんのしあわせ』で思う、しあわせな介護

    Excerpt: 桃(タオ)さんのしあわせ ★★★★ 最後のときを、 手をつないで過ごせれば それはしあわせ この映画は 本作のプロデューサーでもあり、 『レッドクリフ』シリーズの財務面の管理を担当していたという 映画.. Weblog: Healing racked: 2012-10-19 22:01
  • 素朴な人生~『桃(タオ)さんのしあわせ』

    Excerpt:  桃姐  A SIMPLE LIFE  60年間、同じ家庭で住み込みの家政婦として働く春桃(タオさん:ディニー・ イップ)。家族の多くは外国へ移住し、香港に残るのは映.. Weblog: 真紅のthinkingdays racked: 2012-11-06 10:36
  • 桃(タオ)さんのしあわせ 桃姐

    Excerpt: 2012年の香港電影金像奨の作品賞、監督賞、主演男優賞、主演女優賞、脚本賞受賞作にして、ヴェネチア国際映画祭の主演女優賞も受賞した作品。監督は許鞍華アン・ホイ、主演は葉徳嫻ディニー・イップと劉徳華ア.. Weblog: まてぃの徒然映画+雑記 racked: 2013-01-11 23:47
  • 桃さんのしあわせ

    Excerpt: アンディ・ラウ主演&製作総指揮のヒューマンドラマ。 日本のごく一般の家庭ではメイドというものがいないから、雇い主家族とメイドの関係性、なんて考えた事もなかったかな。日本でも、一部のお金持ち&.. Weblog: いやいやえん racked: 2013-05-17 08:56
  • 桃(タオ)さんのしあわせ

    Excerpt: 【桃姐/A SIMPLE LIFE】 2012/10/13公開 中国/香港 119分監督:アン・ホイ出演:アンディ・ラウ、ディニー・イップ、チン・ハイルー、ワン・フーリー、チョン・プイ、アンソニー・ウ.. Weblog: ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★ racked: 2013-05-20 12:54
  • 『桃(タオ)さんのしあわせ』

    Excerpt:          60年間、同じ家族に仕えてきた桃(タオ)さんの、人生の終い支度。                      実話から生まれた、感動の物語。 『桃(タオ)さんのしあわせ』 監督・.. Weblog: pure breath★マリーの映画館 racked: 2013-10-16 23:00