DVDまとめてレビュー「道」「赤ちゃん泥棒」☆パパンお勧め編

パパンが一押しの映画DVD。
超イチオシの「大木家のたのしい旅行 新婚地獄編」の次にオススメしてたのが、こちらの2作。
★は私の個人的採点(★5つが満点)



「道 La Strada」(1954年)フェデリコ・フェリーニ監督★★★
画像キネマ旬報創刊80周年記念特別企画[映画人が選ぶ日本・外国映画オールタイム・ベストテン]で7位。

1万リラで売り飛ばされたジェルソミーナ(ジュリエッタ・マシーナ)は、オート三輪で寝起きする粗野な男ザンパノ(アンソニークイン)と旅芸人をして暮らすことになった。
知的障害の彼女は、ザンパノに酷い扱いを受けながらも慕い続けている。

出会ったサーカス一座に加わることになった二人だったが、綱渡り芸人(リチャード・ベイスハート)と乱闘になって刑務所に入ってしまう。
何も力になれないとうなだれるジェルソミーナに、綱渡り芸人は「この世の中に役に立たないものはないんだよ」と彼女をなだめ、一人去っていく。
出所したザンパノと再び旅を始めるが、途中で再会した綱渡り芸人と殴り合って殺してしまうところを目の前でみたジェルソミーナは・・・・



自分がジェルソミーナを愛していることにも気が付かない不器用なザンパノが、ラストの砂浜で号泣するところは、歴史に残る名シーン。
感動しながらも、白黒の魔力に負けて、一瞬気を失ってしまって、パパンごめん~~

でも、ジェルソミーナが傷ついていく様子は見るに耐え難く、これは男性目線の映画かなと、ちょっと思うなぁ




「赤ちゃん泥棒」(1987年)制作・監督はコーエン兄弟 主演はまだ髪がふさふさのニコラス・ケイジ★★★★★
画像画像画像
















アリゾナ刑務所に出たり入ったりのハイ・マクダノー(ニコラス・ケイジ)は、記録係の婦人警官、エド(ホリー・ハンター)に恋をし、出所するとプロポーズ。
町工場で真面目に働き、楽しい新婚生活を送っていたが、不妊症が判ってから警察も辞めて塞ぎ込む妻のために、5つ子が生まれた家具チェーン店のオーナー、ネイサン・アリゾナ(トレイ・ウィルソン)から、一人赤ちゃんを盗んでくる。

そこへ刑務所を脱獄した友人ふたりが訪ねて来て居ついてしまう。
事件に感付いた二人は、赤ちゃんに掛けられた賞金目当てにハイから赤ちゃんを誘拐し・・・・・


これは面白い!
コーエン兄弟の才能が既に開花しているのを感じる。
そして25年も前のニコラス・ケイジは、なるほど髪の毛もふっさふっさでカッコイイ☆

殴った上司に誘拐を通報されるが、警官に相手にされないのは、無駄口に必ずポーランド人の悪口を入れる為(警官のネームプレートがポーランド人の名前)とか、細かいところにブラックなユーモアが隠されている。
ちなみにコーエン兄弟はユダヤ人。

物知りな人はすごく笑えるけど、物知りじゃなくてもしっかり面白い映画☆






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

mig
2012年01月10日 00:32
フェリーニの道は昔観たけど忘れちゃったな~(´・_・`)
ニコの赤ちゃん泥棒はコーエンだし、好きでDVD欲しいなと前から思ってたのもう細かく覚えてないんだけどね!
さっきメールしたよ~★

おやすみ~!今ベッドから(笑)
hino
2012年01月10日 11:01
わー 道 だあ。
子供のころみたと思うのだけど、大人になって見返したらやっぱり白黒だもんで、気を失っちゃった。ままー。
サーカスのところと、なんか邪険にされている女の子のところ覚えているよ。
ラストがいいんだね。
またトライしないとなー。

音楽が有名だよね。

ノルウェーまだ~む
2012年01月10日 11:59
migちゃん、おはよ☆
ニコちゃんがカッコよかったよぉう。
これは是非DVD買うといいよ☆
このところずっとDVDばかり~劇場で映画観たいわぁ。
ノルウェーまだ~む
2012年01月10日 12:01
hinoちゃん、はろー☆
そうなの!白黒って、気を失いやすいのはどうしてなんだろう?
あんなにいいシーンだったのに、瞬間気を失って、巻き戻したためにムードを台無しにしてしまった私~~
hinoちゃん、いつものことだから、尚更落ちるよ(笑)
2012年01月10日 12:22
こんにちはー♪

「道」は未見だけど、「赤ちゃん泥棒」は見たことあるわ♪
当時はニコラス・ケイジって全然知らなかったと思うけど、今見ると、若くて髪ふさふさでかっこいいね!
ノルウェーまだ~む
2012年01月10日 23:20
みすずちゃん☆
そうなの!
ニコラス・ケイジが若いでしょう?
ピリッとかっこいい時と、ヘタレな演技と抜群なセンスだと改めて思ったよ。
2012年01月11日 22:53
こちらにも。たしか二年前にブルータス誌で「泣ける映画特集」というのを組んだ時、『道』が第1位になってたんですよね。まだ~むさんはうとうときちゃったようですが・・・
その後冬季五輪で高橋大輔君がテーマ曲に使って話題を呼んだりもしてましたね。わたしもそのうち観てみたいものです
ノルウェーまだ~む
2012年01月11日 23:47
伍一君、こちらにもありがと☆
そうなの!肝心の泣けるシーンで・・・
そうかぁ~1位になるくらい泣けるのかぁ~(汗)
曲は本当に良かったよ。
是非こんど見てね。
2012年01月13日 14:13
まだ~む、こんにちは♪また会社からお邪魔してます(笑)
「道」は、私の父が大好きな映画で、観よう観ようと思いながら未だに観てません(汗)まだ~む、気を失なっちゃったの?(笑)そっか~男性好みの作品なのね・・・
機会があったら観るね^^

赤ちゃん~も知らなかった(汗)ニコラスって若い時
髪の毛こんなにフサフサだったんだ(笑)知らなかった・・・この作品、物知りでなくても面白いのね^^
これも機会があったら観てみま~す♪
ノルウェーまだ~む
2012年01月13日 16:19
ひろちゃん☆
会社からありがとー!
男性好みとは言い切れないけど、女性が自分の好きな人からたたかれたり、目の前で女を誘惑していたりするのを見るなんて辛いものね。 死んでから本当は君を好きだったんだって言われてもよーってかんじ?名作なんだけど。

「赤ちゃん~」は台詞で笑わすわけではないので、誰にでも面白いって思うわ。オススメよ。

この記事へのトラックバック