ロンドン観光地めぐり☆セブンシスターズと亀裂

セブンシスターズとは、ギリシア神話に登場するプレイアデス7姉妹のこと。
マイア、ターユゲテー、ステロペー、メロペー、ケライノー、アルキュオネー、エーレクトラーの7姉妹。
その7姉妹が立っているように見えるという、白亜の断崖絶壁へ。
何度も行っているけど、ついにガイドブックに載っているような、素晴らしい景色が撮れるビュースポットを発見!
※崖の亀裂写真を追加

画像
ここへは、既に4回目。(前回のブログ「ロンドン便り~観光編」)
でも、絶壁の上には行くものの、7人の姉妹『セブンシスターズ』をはっきり見て取れる所に、なかなか行けないでいた。

しかぁーし!
今回は、遂にビュースポットを発見♪


パパンが苦労して調べたスポットは、絶景ポイントで有名な、イーストボーンより西にある、シーフォードヘッドという小さな町にあった。
ロンドンからは車で2時間。

衛星写真から予測した駐車場の位置を、カーナビに入力して出発~
こんな方まで来るの??というくらいイーストボーンを越して先まで走り、こんな所走ってて海岸に着くの?というくらい、閑静な住宅街をくねくねと走ると、少し丘に登ったところに駐車場が現れる。
蛇行した川の向こう側を行くのが正解。

アイスクリームのバンがぽつんとあるくらいで、セブンシスターズ饅頭なんて売っているどころか、看板もないような駐車場に着いた。


画像

駐車場から遠くにセブンシスターズの絶壁を見ながら、8分ほどどんどん歩く。
途中、遠くの牧場の臭いが漂ってきたりするけど、ブラックベリーが生えていたりする原っぱを絵本のような可愛いお花に囲まれながら歩こう☆

仕舞いには海岸へ降りてしまうことになるが、絶壁の足元に降りると、かえって見えなくなるので、対岸にあたる高台の端っこから見るのが正解。


画像
 白亜の絶壁にパステルブルーの海!


7人以上いるようにも見えるけど、その美しい姿は、やはり此処からでないと!
そうかぁ~、今まで見ていたのは、白亜の絶壁であって、セブンシスターズではなかったんだ・・・・




セブンシスターズの左側には、自然に出来た蛇行した川があり、川の手前から絶壁の海岸までハイキングをすると、気持ち良さそう♪
実際ここはハイキングスポットで、沢山の人が歩いていた。


写真の上をクリックすると大きくなるので、拡大してみると、上の写真の右の端っこに、ちょびっと見えるのが、この↓灯台。

画像
車でイーストボーンへ移動して、絶壁の上から見る


1億4000万年~6500万年前の白亜紀の地層が、波に削られて露出しているところで、いわゆる石灰質(チョーク)で、もろく削れ易い。
ちなみに削られないでいると、その上に堆積した土から草が生えて、こんなかんじ(『ドーバー海峡で釣り』になる。



昨年来た時は、今にも絶壁の端っこで崩れそうになっている、古い灯台を、淵から離れたところに移転しているところだったけど、今回行ってみると、灯台は1つだけ。(昨年は2つあった)
既に、崩れ落ちてしまったってこと?

上の写真も拡大してよーく見ると、岸壁の4つ目のぎざぎざのところに、縦に立派な亀裂が入っているのが見て取れる。



画像
画像



















後日、再訪したねえねと友人が撮ってきた写真。
この日は風がすごくて、飛ばされそうで、本気で怖かったそうだ。
もうすぐ崩落~!      →→→    で、こうなる。 あああぁぁぁ・・・


画像
そんな岸壁に手すりもないって、いつも思うけど、どうなの??

一番高いスポット、ビーチヘッドは、自殺の名所。
実際この春、難病の子供が病死したのを悲しんだ、日本人とイギリス人の夫婦が、亡くなった子供を鞄に入れて、3人で身投げするという、悲しい事件があった。

画像
怖くて道から崖よりに近づけないパパン




1億年前に、恐竜たちが歩いていたところを、自分たちも歩いているのだなぁ~と思うと、ちょっと感激☆
白い崖に、青い海。
こんな美しい景色を見たら、元気がわいてくると思うのだけど・・・・・




画像
 ビーチヘッドを下ってくると、シープセンターがある

羊の毛刈りショーとか、乳搾り体験、チーズつくり、エサやりふれあいタイムなどがあるらしい。
ひつじ大好きなねえねは、もう興奮しまくって、たーいへん!

画像
 ちょっと失敗すると、ミルクがぴゅーっと飛ぶので、服装には気をつけよう。
ねえねは、2度も頭にかぶってしまったよ。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

マリー
2009年08月29日 14:50
うわ~~~。美しいですねぇ~・・・
白亜の岸壁、ブルーな海。
完璧です。このコントラスト!

そっかぁ~7人姉妹が立っているのかぁ。
想像力を働かせないとダメだね。。。
恐竜もここ歩いていたなんて、ホント感慨深い。。。
それにしても毎年毎年景色も変わりそう。崩落・・・なのね。
ねえねちゃん、羊好きなの~?(笑)
2009年08月29日 15:25
こんにちは(^o^)/
イギリスの海やビーチがこんなに美しいなんて!綺麗です!
私の中では、全英オープンで見る海の色がイギリスのどんよりした海、というイメージだったので、結構意外でした。ステキ~o(^-^)o
2009年08月29日 23:16
まだ~む、

えええ~!これすごーい!
すごい絶景!はじめてみたよぅ、凄いなぁ、、、綺麗!!

行ってみたいぃ、、、、(こればっかです)

鹿好きだけど羊も好き~(笑)
可愛い♪
ふれあいいいなー、乳搾りやってみたいー
ハイジみたいにとろーりチーズ作りたいー
(妄想は膨らむばかり
ノルウェーまだ~む
2009年08月30日 07:32
マリーさん、こちらにもありがとう☆
ねえねは、羊好きが講じて「ひつじって、着てよし、見て可愛くて、食べておいしいよね!」などとのたまっております。
今日もBBQはラムでして…
ノルウェーまだ~む
2009年08月30日 07:35
木曜の帰り道さん、こんばんわ☆
私も、南の島の海ともまた違う、パステルブルーの海に、ここで初めて出会いました。
チョーク質が混ざって、このようなパステルになるのだと思うのですが、ホントに綺麗ですよね。
実際は、この倍は美しいです。
ノルウェーまだ~む
2009年08月30日 07:38
migちゃん、こんばんわ☆
やっぱり、来ないとイギリス!
百聞は一見にしかず☆写真の数倍も美しい実際の景色と、絶壁の恐怖を味わって欲しいな~
ねこのひげ
2009年08月31日 04:24
まだ~む、おはようございます♪
関東地区は、今日、台風11号に襲われる予定です。

白亜紀というのは、この崖から化石が発見されたので名づけられたと記憶してますが。
いまでも、アンモナイト程度の化石であれば簡単に見つかるそうです。
運がよければ恐竜の歯の化石も・・・・。

灯台の移転が間に合わなくて、崖と共に崩れ落ちたのをテレビの海外ニュースで見ました。
地元のおばさんが泣いてました。
それで、もう一つの灯台をジャッキで持ち上げて移転させているとか。

東洋のドーバーと呼ばれている、千葉県の屏風ヶ浦は、崩壊の危険があるので、堤防なんかで、防止しているようですが、イギリスは自然に任せているのですかね?

それにしても美しい!
ノルウェーまだ~む
2009年08月31日 06:35
ねこのひげさん、こんばんわ☆
貴重な情報ありがとうございます!!
なんと、移転が間に合わなかったのですね。
いやはや、そんなスピードで崩落しているのだとしたら、ものすごく危険な場所なのに、柵のひとつもないって、あんまりですね。
確かに少し離れて新しく作っている灯台が、意外に淵から近かったので、??と思っていたのですが…
昨年、古い灯台があった時は、それでも淵から数メートル離れていたはずでした。それがもう、新しい灯台の数メートル先に崖っ淵がきていたんですよ!
ガクブル…(汗)
来年また行ってみよう☆
サリー
2009年09月01日 22:43
美しい風景ですな。
でもどこで7人に切っていいのかわかりません(笑)

そして羊~、羊ラブ!!
写真はねえねさん?だいぶ印象がちがう!
ノルウェーまだ~む
2009年09月02日 07:16
サリーさん、こんばんわ☆
写真は、向こう側でしゃがんでいて、顔が見えるのがねえねだよん。
手前の人は私の友人。
娘たちに色々吹き込んでくれるので、困ってます。
サリーさん、もうすぐお誕生日だね!おめでとう!!
来年は、是非サリーさんも来てね♪
サリー
2009年09月08日 09:26
・・・確かに、あっちでしゃがんらっしゃるのがねえねさんだ。
すみません!(笑)

誕生日・・・さすがにめでたくない。迎える年=ムダ人生の長さ、だと思うと・・・はぁ。
ノルウェーまだ~む
2009年09月08日 17:56
サリーさん、いやはや一日間違えてごめん~
ねえねたちが帰ったら、途端に、今日が何日かもわからなくなって…
めでたくない~とお思いの誕生日を、前倒しして祝ってしまうなんて…私。(笑)
人生に無駄なし!
80になっても、面白いことやっているような、ハッピーなおばあちゃんを目指しましょう!
まだ半分だし?

この記事へのトラックバック

  • ロンドン観光地めぐり☆シープセンター

    Excerpt: ブライトンから東に向かって海沿いを走ると、目にも眩しい白亜の岸壁イーストボーンがある。 その最も高い岸壁がビーチーヘッド。 パステルブルーの海に、白亜の岸壁が美しい絶壁は、自殺の名所でもあって・・.. Weblog: ノルウェー暮らし・イン・London racked: 2010-08-12 05:39