修学旅行はスコットランド

海外の学校へ行っていると、当然ながら修学旅行は海外である。
ちなみにりょうたの小学校では、スコットランドへ行ってきた。
子供たちだけで回る自由時間もあり、なかなかエキサイティングな旅だったらしい。
調子に乗って182枚も写真を撮ってきたりょうたのアルバムから、ちょっとだけ紹介。


画像
なんといってもエジンバラ城
6世紀に最初の城砦ができたという、スコットランドの象徴

毎年8月には3週間にわたって、世界最大級の音楽・オペラ・バレエ・演劇の祭典「ミリタリー・タトゥ」が行われる。
来年は是非、それに行ってみたい!とりょうた。

画像
19世紀初期の18ポンド砲が並ぶ、エジンバラ城のハーフムーン砲台
13時に空砲が撃たれる。  


画像
エジンバラ城から見た街並み

画像
城の中の博物館で
バブパイプを吹く兵隊。
昔は戦闘部隊の先頭にバブパイプ部隊がいたらしい。
勿論標的になるので、次々と倒れては替わりの奏者が立つという・・・・・(なんか無駄死に?)
バブパイプは相当な肺活量を必要とする(羊の胃袋で出来た中央部に空気を一旦ため、吹き口から強く吹いて、笛部分と上部の3本の筒から同時に音を出すので、吹くのも一苦労。
上手に吹けるようになっても死んじゃうのって・・・・

ちなみにりょうたが買ってきたお土産のバグパイプはコレ
画像

半分おもちゃなので、10ポンド。
上部の3本の筒には空気が通らない仕組みなため、本当の音は出ない。
それでも毎日特訓中のりょうた。うるさい~~


画像
アーサーズシート

予報では雨で、体感気温は8度!という前情報に振り回されて、慌ててフリースを荷物に追加するも、予報は外れてそれほど寒くは無かったらしい。(勿論長袖のジャケットは必須)


画像
スコットランド博物館では、やはりタータンチェックがあちこちに。


画像
セントジャイルズ大聖堂 
1120年に創建された王冠のような形をしたゴシック様式の教会。

画像
宿泊したエジンバラ大学の宿舎(左端)と、その敷地にある建物。
ビュッフェスタイルの食事がすごーく美味しかったらしい。
一日目はロースとビーフ、二日目はラムを食べた♪とりょうた。

画像
カールトン・ヒルにある、未完成のままのモニュメント。
ナポレオン戦争で無くなった兵士を顕彰して作られたのに、ギリシア神殿風って・・・・?


画像
エジンバラからは50分ほどのところにある、スターリングのナショナル ウォレス モニュメントで。
ウイリアム・ウォレス率いるスコットランド軍が野営を張って、イングランド軍から独立を勝ち取ったところ。

鎖のよろいと兜をつけさせてもらったり、断頭台にチャレンジ(?)したりと、男の子にはたまらない~

画像
ウォレスのステンドグラス
スコットランドの人だけでなく、なぜかこの学校でもウォレスに思い入れがあるらしく(?)、先の運動会でも騎馬戦を「ブレイブ・ハート」と銘打ったり、事前にメル・ギブソン主役の映画も見ている子供たち。
スッカリ今や、ウォレス通。


普通に旅行でもあまり経験できないスコットランド。
この他にスコッチウイスキーの博物館に行ったり、タータン工場に行ったりと盛りだくさんで、想い出をたくさんつくって帰ること出来たようだ。


しかし、今日の夜もまた、バグパイプの音は響き渡るのであった・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

面白い
ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

mig
2009年06月24日 20:57
まだーむ、こちらも。
すごーい、小学生で写真うまくないですか?
見応えたっぷりスコットランドの写真ありがとー!!
エジンバラ城行ってみたいです。
行ったことないので楽しませてもらいました♪

スコッチウィスキーの工場見たいなーーー^^
ノルウェーまだ~む
2009年06月25日 00:35
migちゃん、ありがとう♪
りょうたもアルバム委員と息子として、何かしっかり撮影しなくては…と思ったらしく、頑張ってたみたい(笑)
私も彼の写真を見て、スコットランド行きたくなっちゃった。
スコッチウイスキーの工場は、子供はジュースなんだけど、大人は色々な香りをテイスティングできるらしいよ。
サリー
2009年06月25日 16:22
うおぉ、ほんとに写真うますぎる!!びっくり。

そしてエジンバラ、懐かしい!
私たちが行ったときも快晴でしたが、「こんなに晴れることは珍しいんだよ」ってスコットランド人に言われましたよ。旅行日和でよかったですね。

でも私「出る」といわれるホテルに泊まったせいか、続けていったプラハの方が悪かったのか、帰宅したら原因不明の不調で寝込み、友人たちに「連れてきた!!」って騒がれてました(笑)

ええ、「いる」んですよ、エジンバラにもプラハにも。エジンバラ、「幽霊ツアー」とか出てますし!

りょうたくん、連れて帰ってないといいけど・・・。
ミチ
2009年06月26日 11:17
こんにちは~♪
私にとってエジンバラといえばベイシティローラーズ!!
年齢がバレますね(笑)

写真がみんなすごく綺麗だし上手い!
絵葉書かと思ったよ~。

タータン工場ってちょっと行ってみたい!
ノルウェーまだ~む
2009年06月26日 16:33
ミチさん、そりょあもうベイシティローラーズですわよ。ほほほ…
りょうたは写真のとき絶対笑わないから、撮られるより撮るほうが好きみたいね…
タータン工場よかったらしいよ。
また行きたい!と言ってました。
マリー
2009年06月27日 21:07
こんばんは~~♪
楽しそう!!
でも断頭台・・見てるだけで怖いよ~~~。汗

何を撮っても“絵”になりそうなステキなところですね~。行ってみたいわぁ。
私もタータンといえば・・・べ・・・です(笑)
ノルウェーまだ~む
2009年06月28日 01:14
マリーさん、やはりですね!?
ベ…ものすごく流行っていましたよね。
私はそれほど興味は無かったのだけど…
スコットランドは私も観たい件なので、来年りょうたに案内してもらうつもりです♪

この記事へのトラックバック