ノルウェーのバイオリン王子

久しぶりにノルウェーネタで。
5月17日はノルウェーの建国記念日。
日本の建国記念日といえば、黒い車だけが賑やかに街宣しているけど、ノルウェーでは国をあげてお祭り騒ぎだ。
そのノルウェーにお住まいのpoppeさんが、興奮気味でメールをくださった。



画像
バイオリン王子(勝手に命名)ことAlexander  Rybakくん



ただでさえ、建国記念日はお祭り騒ぎ。
当日はそれぞれが、自分の出身地の特徴的な刺繍の入った民族衣装を着て、街に繰り出すのだ。
それが実に美しい~♪

街ではパレードが練り歩き、みんなはノルウェーの旗を振って見守る。
賑やかなのはパレードだけではなく、その頃卒業を間近にひかえた高校生たちが、貸しきったバスで大音量の音楽をかけながら、町中でハチャメチャするのだ。

画像画像








画像
そのまま進学するか、大学へ行く学費を稼ぐため、いったん就職する高校生は、おそろいの赤いつなぎを来て、真っ赤にペイントしたバスに乗る。
これを赤組と呼んでいる。(そのまんま)
職業訓練学校へ行く高校生は青いつなぎ。
こちらは青組だ。


彼らは、夜中遅くまで大音量で音楽をかけながら、バスの中やバスの屋根の上で、踊ったりして過ごす。
運転手を雇うのか、そのあたりはよくわからないが、町中を走らせている。
しかもラウンドアバウトの真ん中で、バーベQをしたり、とんでもないイタズラをやらかしたりするのだ。
少なくともこの一週間は、騒音とイタズラに悩まされるが、誰もが自分たちもやってきたこの儀式を、温かく見守ってあげるところが、この国のいいところ。


しかし、そんな騒ぎも目じゃないくらいの、大騒ぎになっているのだという・・・・



前出のアレキサンダーくんは、16日に行われたヨーロピアンメロディ グランプリでノルウェー代表の男の子として 歴代初の300点越えで優勝しちゃったイケメンくん。

まずはpoppeさんのメールをそのままご紹介

NRK(NHKみたいなテレビ局)はAlexander  Rybak、グランプリの彼がGardermoen(空港)に到着したところを生中
継しております。
彼が乗った飛行機が着陸すると4台の消防車が噴水でお迎え。
到着ロビーは多数のボディガード、空港職員、ジャーナリスト、コンサートホー
ル並みのファン。
本人は「え! ボクは一体何をしたんだろう」と驚くくらい。
スキー選手がオリンピックで優勝して帰国したって こんな騒ぎは無かったゾ。



画像
彼が素人なのかプロなのかも実はよくわからない私

でも彼がバイオリンを弾きながらバックダンサーと共に歌う姿は、とてもアマチュアには見えない堂々としたもの。
なんかカメラ目線でウインクまでして~♪

映像はこちら
http://www.google.no/search?q=alexander+rybak&ie=utf-8&oe=utf-8&aq=t&rls=org.mozilla:nb-NO:official&


写真より動いている彼のほうがステキ!
ロシア人とノルウェー人のハーフ(多分)の彼は、スラリと背が高く、なのにまだあどけなさが残る小さな童顔がちょこんとのっている。
そして歌だけでなくパフォーマンスしながら弾くバイオリンが、またすばらしいのだ。


これから話題になるかも!
要チェック!!



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

サリー
2009年05月25日 08:48
ヨーロッパの歌番組って、みんな同じ雰囲気なのかな。
このテレビの感じ、私の大好きだった王子(亡くなった。泣)の出ていたフランスの番組を思い出しました。

民族衣装、かわいいなあ!あの、オスロの側の島(すんません、名前忘れた~。博物館島。)を懐かしく思い出しました!!
ノルウェーまだ~む
2009年05月25日 23:38
サリーさん、ビグドイですね!?
この前、久しぶりにサリーさんのノルウェーの旅ブログを読み返してみたの。
私たち家族よりずっとマニアックな経験をなさっていて、感動しちゃった。
ビグドイの博物館でも、実際私たちは民族衣装のイベントに出会ったためしがないのだ!
何度も行ってるのにぃーっ!

この記事へのトラックバック