ノルウェー暮らし・イン・原宿

アクセスカウンタ

zoom RSS 「L change the WorLd」やっぱり松ケン!

<<   作成日時 : 2008/02/17 23:33   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 27 / コメント 28

思えばデスノ前編で、プレミア試写会に行った時に、「へー、松山ケンイチのファンクラブって、こんなにいるんだぁ〜」などとぼんやりと思っていたのが、今や自分がすっかりその虜に・・・

デスノ関係のブログ(DEATH NOTEーアニメと実写映画後編 )と( 「デスノート後編」試写会&舞台挨拶 )ブログはこちら

画像

「L change the WorLd」 公式サイト


当然のことながら「DEATH NOTE」前後編を観ていないと、分からない。
それどころか・・・・・


ええーっ!!タイ人だったってこと!?



BOYに名前を授けるLとの別れのシーンなどは、コミックとアニメを見た人だけへのプレゼント。
前後編を観ていようと、にわかデスノファンには、実は分からないシーンが隠されているのだった。
むむむ・・・監督はかなりのオタクとみた。
(っていうか、なんで今まで名前がなかったわけ?)

<ストーリー>

命をかけてキラ(藤原竜也)との戦いを終結させたL(松山ケンイチ)は、残りの時間を惜しむようにFBIの難事件を次々と解決に導いていた。
そんなLのもとに、爆発で壊滅したタイのチェンマイの村の、たった一人の生き残りの少年BOY(福田響志)が、ワタリ(藤村俊二)のメッセージと共に送られてきた。

全てのことは計算で解決できてしまうLにも、この無口な少年の意外な行動に戸惑うばかりだ。
そんな時、もう一人ワタリを頼って少女(福田麻由子)が尋ねてきた。
彼女は、細菌研究所で壮絶な死を遂げた父から預かった物を、ワタリへ届けるべく逃げて来たのだった。

銃を持って押し入ってきた世界組織のテロ集団。
狭い部屋の中で全ての事件を解決してきたLにとって、子供たちを体を張って守っていくのは、初めての経験だ。
巨大組織による世界崩壊を阻止するべく、立ち向かっていくL。
果たして世界は救えるのか・・・・?



画像


悪の組織のリーダー(高島政伸)は、恐ろしい細菌兵器を使って、大儲けをたくらんでいた。
今まで研究を共にしてきた教授を、彼のいいなりになって、いきなり足蹴にする研究員たち。
・・・・・・・・なんで?
特に女性研究員(佐藤めぐみ)の豹変ぶりが怖い・・・・・


途中、ゾンビ映画?というかんじになる。
く・苦しみすぎでは・・・・鶴見辰吾さん?


画像


父から預かった細菌兵器を体に注射してしまう少女。
いつ発症するか不安な毎日だ。
数学の天才BOYによって、ワクチン製造のヒントを得られるが・・・・

ちなみにBOY役の福田響志クンは、DJ OZUMAのバックダンサーだったりするらしい。


前作で藤原竜也のキラをしのいで、大人気になったLだが、今回はLのメイクもおとなしめで、ちらりと松ケンがのぞいていたような。
体を張って子供たちと未来を守ろうとするLは、キラとの戦いを終えた後だけに、その思いが強いのは分かるけど、やっぱり走るLは見たくなかったなー
(すごく走りにくそうだった・・・)

途中ママチャリをパクって逃避行を続けるLたちと、ワクチンを開発するシーンでは、デスノ命のりょうたも、ちょっとだけ退屈に。

FBI捜査官の南原清隆は、ちょっとどうなの?
もう少しクールなかんじで入って、だんだんとLを元気つけるために面白くなっていく〜という風になるべきでは?
初めから3枚目すぎるよね・・・・


それにつけても、各国語を流暢に話して、事件を次々と解決していくシーンは、格好良すぎ!!
英語よりフランス語のほうが、上手に聞こえたのは、私がフランス語を知らないから?

とにかく松ケンを充分堪能できた、至福の時でありました。






テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(27件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
感想/L change the WorLd(試写)
観たかったLとは違うかなー。『L chenge the WorLd』2月9日公開。キラを止めるため、自らの名前をデスノートに記したL。残された時間は23日間。ワタリ亡きあとも未解決事件を1人解き明かすところに、ある1人のBOYがワタリのもとに送られてきた。彼の生まれた村が謎の凶悪ウィルスによって壊滅したらしい。時を同じくして、そのウィルスのワクチンを研究していた男が殺され、その娘もまたワタリを訪ねてくる。残された日数はあとわずか。Lの最期の戦いがはじまる。 『L chenge the WorL... ...続きを見る
EDITOREAL
2008/02/18 18:31
L change the World
あまりに原作に近い“L”っぷりに、世間が映画の中身よりも松山ケンイチを評価した2006年の話題作『DEATH NOTE前編、後編』。 原作とは違う、衝撃的な後編のラストシーンから1年と3ヶ月経ち、あのラストシーンで描かれなかった“L”が死ぬまでの20日間に何が有ったのかを描く、スピンオフ作『L change the World』が公開されたので、早速観てきました。 ★★★★ ...続きを見る
そーれりぽーと
2008/02/18 20:33
L change the WorLd
JUGEMテーマ:映画館でみました! 2008年/日本 監督:中田秀夫 出演:松山ケンイチ、工藤夕貴、福田麻由子、高嶋政伸、南原清隆、鶴見辰吾・・・     わたしのHNはイニシャルのFをとってるんですが! ...続きを見る
Lovely Cinema
2008/02/18 20:37
L change the WorLd
映画『DEATH NOTE デスノート』のLが大好きなので、スピンオフを楽しみにしていたが・・・予告を観て不安になった。これってもしかして・・・ヤバイかも【story】名前を書かれた人間は必ず死に至る“デスノート”を駆使して犯罪者を粛清、新世界の神になろうとした“キラ”こと夜神月の野望を阻止するため、天才的な頭脳で応戦したL(松山ケンイチ)。しかし、キラ事件の解決には、Lにとって多くの代償が伴った。そんなLの前に、彼自身が解決しなくてはならない難事件が立ちはだかった―     監督 : 中田秀夫... ...続きを見る
★YUKAの気ままな有閑日記★
2008/02/18 20:48
L change the WorLd
アウストラロピテクス、北京原人、ネアンデルタール人、クロマニヨン人、そしてL・・・ ...続きを見る
ネタバレ映画館
2008/02/18 20:52
「L change the World」
「L change the World」ユナイテッドシネマ豊洲 SC10で鑑賞 ...続きを見る
てんびんthe LIFE
2008/02/18 21:13
「L change the WorLd」みた。
誰も知らないL、最期の23日間。逃れようのない「死」を待つだけのはずが、「ただ待つ」には23日は長すぎる時間。随分慌しいものになってしまったが、残された時間を目いっぱい有効に使うことが出来た「L、最後 ...続きを見る
たいむのひとりごと
2008/02/18 21:55
「L Change the World」★★★★
'08年 監督 :中田秀夫  主演:松山ケンイチ  共演:工藤夕貴、福田麻由子、南原清隆、福田響志、佐藤めぐみ、平泉成、藤村俊二、鶴見辰吾、高嶋政伸  他(敬称略) ワタリを失い、自らもKira事件解決のため「デスノート」に名前を書きんで、余命23日と... ...続きを見る
JoJo気分で映画三昧!+α
2008/02/18 21:59
『L change the World』
-----この映画は『デスノート 前編』 『デスノート the Last name』のスピンオフだよね。 「そう。この2本で大ブレイクした松山ケンイチのL。 その最期の23日間を描いた作品なんだ。 続編映画でLがデスノートに自分の名前を書いたことは覚えているよね」 -----うん。じゃあ、この映画には その2本の映画に出た人たちは出てこないの? 「いや。そんなことはないよ。 ワタリ(藤村俊二)はもちろんのこと、 南空ナオミ(瀬戸朝香)やFBI捜査官レイ(細川茂樹)、 それに弥海砂(戸田恵梨香)、... ...続きを見る
ラムの大通り
2008/02/18 22:03
L change the WorLd/L、最期の23日間。
The DEATH NOTE can only operate within 23days (in the human calendar). This is called the 23-day rule. ...続きを見る
我想一個人映画美的女人blog
2008/02/19 00:19
L change the WorLd
健ちゃんの魅力を楽しめるエンタメ性バツグンの作品!もち麻由子ちゃんもね! ...続きを見る
八ちゃんの日常空間
2008/02/19 07:12
L change the worLd(映画館)
L、最期の23日間。 ...続きを見る
ひるめし。
2008/02/19 10:12
L change the WorLd
【L change the WorLd】2008/02/09公開(02/09鑑賞)製作国:日本 監督:中田秀夫出演:松山ケンイチ、工藤夕貴、福田麻由子、南原清隆、平泉成、福田響志、藤村俊二、鶴見辰吾、高嶋政伸 ウィルスのご利用は計画的に! ...続きを見る
映画鑑賞★日記・・・
2008/02/19 13:06
L change the World
《L change the World》 2998年 日本映画 映画デス・ノー ...続きを見る
Diarydiary!
2008/02/19 20:38
「L change the WorLd」 第1位!
上映スクリーン数: 398 オープニング土日興収: 5.7億円「デスノート」(最 ...続きを見る
映画コンサルタント日記
2008/02/19 21:21
映画 『L change the WorLd』
  ☆公式サイト☆『DEATH NOTE デスノート』シリーズで“キラ”こと夜神月を追いつめた、もう1人の主人公“L”を主役にしたスピンオフムービー。ハリウッドでの活躍も目覚しい『怪談』の中田秀夫監督がメガホンを取り、自身初となる本格派アクションを織り交ぜたドラマをサスペンスフルに演出。キラ事件解決の代償として唯一無二のパートナー、ワタリを失い、自らもデスノートによる究極の選択をしたL(松山ケンイチ)の下に、突如消滅したタイの村でただ1人生き残った幼い少年がワタリへのメッセージを携えて送られてく... ...続きを見る
きららのきらきら生活
2008/02/19 21:56
L change the WorLd ジャパンプレミア
L change the WorLd  ジャパンプレミア 2月7日(木)@国際フォーラム ホールA ...続きを見る
シュフのきまぐれシネマ
2008/02/19 23:21
「L change the WorLd」映画感想
 change the ord  ←ちょっとこだわってみまし ...続きを見る
Wilderlandwandar
2008/02/20 00:11
L change the WorLd
Lの最後の敵は,人間の手で作り出された新たな死神----。 ...続きを見る
★Shaberiba ★
2008/02/20 00:22
L change the WorLd
DEPOTのおすすめ度:★★★☆☆ 公開日:2008年2月9日 配給:ワーナー・ブラザース 監督:中田秀夫 出演:松山ケンイチ,工藤夕貴,福田麻由子 鑑賞日:2008年2月9日 MOVIX三郷 シアター11(座席数518) ...続きを見る
CINEMA DEPOT's BLOG
2008/02/20 22:41
「L change the WorLd」 もっと頭を使ってほしい
「デスノート」からのスピンオフ企画で探偵”L”の最後の23日間を描く作品です。 ...続きを見る
はらやんの映画徒然草
2008/02/23 09:38
LchangetheWorLd
「World」じゃなくて「WorLd」なんだね〜〜、今気がついた^^)☆LchangetheWorLd☆(2008)中田秀夫監督松山ケンイチ福田麻由子工藤夕貴高橋政伸鶴見辰吾平泉成佐藤めぐみストーリーやっぱりこの映画は松山ケンイチがLを演じてくれたということが一番うれしいんだよね。... ...続きを見る
ぷち てんてん
2008/02/23 22:00
L change the WorLd
なんか先々週、先週と金曜日に「デスノート」の前後編をTVでやってましたね〜。 ...続きを見る
欧風
2008/03/16 13:47
No.147 L change the worLd
「DEATH NOTE デスノート the Last name」で L(松山ケンイチ)が自分自身でノートに23日後に死ぬ・・・ と書きラストを迎えた。 空白の23日間を描くスピンオフ映画。 ...続きを見る
気ままな映画生活
2008/11/06 23:38
『L changetheWorld』'08・日
あらすじキラ事件解決の代償として唯一無二のパートナーワタリを失い、自らもデスノートによる究極の選択をしたLの下に、突如消滅したタイの村でただ1人生き残った幼い少年がワタリへのメッセージを携えて送られてくる。そしてもう1人、亡き父親からあるものを託された... ...続きを見る
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...
2009/01/21 22:56
【DVD】L change the WorLd
▼状況 ライブラリより拝借 ▼動機 実写版のデスノートは面白かった ▼感想 実写版デスノートファンへのプレゼントであって・・・ ▼満足度 ★★★☆☆☆☆ あんまり ...続きを見る
新!やさぐれ日記
2009/06/10 07:55
L change the WorLd <ネタバレあり>
L、最期の23日間。初めにちょいと デスノートのおさらいなんかがあって。Lは デスノートに自ら名前を書いた為に、23日後に死ぬねんけど今回は その23日間の間に起きた事件を解決していく話ですな。人間の手で作られた死神=ウイルス兵器  で 実験に使われた... ...続きを見る
HAPPYMANIA
2009/08/15 01:57

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(28件)

内 容 ニックネーム/日時
おおっ、「L」、ご覧になったんですねー!なるほど、「最後の20日間」って、私、Lが自分の名前を書いてから20日猶予があったことを忘れていたので、どういう意味だろうと思っていたけど、その期間にこんな大きな事件を突っ込んだんですねー。

松ケンのフランス語って、聞いてみたい!(ちなみに今更エヴァ見ていて、たったひとことくらいのアスカのドイツ語のひどさに気持ち悪くなりました・・・「グーテンターク」もマトモにいえないなら、わざわざ「日本語よりドイツ語ができる」設定になんてするなってーの!!)

昨日、テレビも1話しか見ちゃいない「アンフェア」の映画版を見てものすごく面白くて感動していたのですが、なんだか内容が似ているような・・・。
サリー
2008/02/18 05:42
サリーさん、多分フランス語を知らない私が聞いたので、すんごい上手に聞こえたのだと思いますよ。
何しろ英語のほうは、発音的にはちょっと…
アンフェアは観てないの〜
面白かったんだ?今度観てみよ〜
ノルウェーまだ〜む
2008/02/18 14:07
松山ケンイチを堪能するのには、
すばらしい出来でしたがね〜・・・
それ以外は・・・(汗)

わたしも最初Lはタイ人!?っておもっちゃった(汗)
えふ
URL
2008/02/18 20:40
「どうせ漫画でしょ」って感じで興味がなかった映画『デスノート』を、子どもにせがまれて鑑賞した後、、、私の方が夢中になって漫画本を全部買ったものでした。それもこれも・・・Lが好きだから〜♪
という事で、今回も楽しみにしていたのですが、物語は変でしたね〜(笑)
でも、リュークが出てきたりとサービスもあったし、色んなL君も観れたしヨシとしましょうか!
由香
URL
2008/02/18 20:56
まだ〜むさん、こんにちはw
>父から預かった細菌兵器を体に注射してしまう少女。
これ、ビックリしましたねー。
自分であのぶっとい注射を、しかも首に刺すだなんて信じられない!!(><)

こんなことなら「ロサンゼルスBB」そのままでも良かった〜なんて声も多数。もう少し濃厚なお話で幕を閉じて欲しかったですけど、「L」が堪能できただけ良かったですね♪
たいむ
URL
2008/02/18 21:56
こんばんは。

映画オリジナルの新たな登場人物を演じる俳優たちが
みんなアクの強い演技ばかりなので、
少し戸惑いました。

松山ケンイチも
少々、勝手が違ったかもしれないですね。
えい
URL
2008/02/18 22:04
ノルウェーまだ〜むさん、はじめまして&こんばんは!TB&コメントをどうもありがとうございました(嬉)

物語的には、なんだかな〜な印象でしたし、おっしゃるように、鶴見さんのシーンがゾンビだったり(笑)ツッコミどころは満載で。でも、Lはホントたっぷり堪能できましたよね〜。

>フランス語のほうが、上手に聞こえた
同感です!でも、あのシーンは素敵でしたね〜、あとは、何か白い物を投げつけた後の登場シーンも◎DVD化したら、その物体が何なのか、チェックしたいと思います(笑)また遊びに伺いますね〜よろしくです!
JoJo
URL
2008/02/18 22:09
えふ様、コメントありがとうございます〜
いえいえ、私がタイ人?ってビックリしたのは、最後に名前をつけてもらったニアのことなんです。
原作で銀髪の彼は、私の中ではフランス人でした。(根拠ないですが)

由香さん、いつもありがとう〜
由香さんのところもお子さんからですか?
私も子供より夢中になってしまって、忙しくて原作を読めていない娘より、私のほうが詳しいくらいです。
ノルウェーまだ〜む
2008/02/18 23:31
たいむさん、早速トラコメありがとう☆
私も直前までロサンゼルスBBだとばかり思っていたので、オリジナルだなんて、ちょっとビックリでした。
Lは、もうこれっきりだと松ケンも言っていたので、見納めですね〜

えい様、こんばんわ!
どうしてこのメンバー?というキャスティングで、初めからひやひやしましたが、やっぱり…ですね。
せっかくなのだから、しっかりした脚本が欲しかったですよね。松ケンのためにも…

ノルウェーまだ〜む
2008/02/18 23:37
jojoさん、ようこそいらっしゃいました!
うちの息子も、投げつけた白い物体がすごく気になっていたようで、帰ってから話題になったのですよ。
うーん、そんなもの執務室に置いてあったかなぁ?
ノルウェーまだ〜む
2008/02/18 23:41
こんばんは☆ノルウェーまだ〜むさん☆
キャスティングに色々疑問はあったけど、そこそこに楽しみました〜。
Lは色んな面、特に外国語を流暢に話してるシーンはこれまでなかったし、流石!という感じでしたね〜。
コメントいつもありがとうございます♪^^
mig
2008/02/19 00:18
migさん、こちらこそ何時もありがとう〜
何カ国も喋れる松ケン(たとえ演技だとしても)を観たら、本当に天才なんじゃないかって思ってしまって、ますますファンになっちゃったわ。
ある意味、他のキャストのヘボさは、松ケンを輝かせるための監督の贈り物?
ノルウェーまだ〜む
2008/02/19 10:12
映画としては中途半端で退屈でも,
Lだけを観ると楽しかったです。
ママチャリ似合ってたぁ〜(^O^)

BOYの命名にはびっくりでしたね。。
AKIRA
URL
2008/02/19 10:51
こんにちは☆
コメントありがとうございました。
コミックもアニメも見ていなかったのでさらっと流してしまいましたが、見た人には分かる深い部分があったんですね。
ストーリーはいまひとつなところもありましたが、Lを堪能できる作品ですね。
ゆかりん
URL
2008/02/19 13:13
AKIRAさま、こんにちは!
BOYに関しては、思ってもいなかった分、おおっ!ってかんじでした。
なるほどそれで、アキバまで行ったんだ…と、ここだけは監督の遊び心に、ニヤっとしちゃいました。

ゆかりん様、いつもありがとう〜
原作とアニメを観た人だけが分かるのは、最後のBOYの命名のシーンなんです。
これは原作7巻よりあとに、Lの後を継ぐ者として出てくるキャラなんですよ
よかったら読んでみて下さい〜
ノルウェーまだ〜む
2008/02/19 16:05
ノルウェーまだ〜むさんこんばんわ♪コメント有難うございました♪

最後boyに名前を付ける時、Lが『ニア』って言った瞬間自分の顔もニアッ♪(ニヤッ♪笑)となってしまいましたが、その反面アジア系の二アというのも中々斬新だなーと苦笑もまじってしまったのが正直な所です(^▽^;)
デスノートは自分もにわかファンなんですが、この日のために漫画全巻予習してて良かったです(笑
メビウス
URL
2008/02/19 21:57
こんばんは☆
そーいや、Lってばいろんな国の言葉話していましたねー。さすがだ!
お話はイマイチかなーって思いましたが、Lを堪能できたので満足です。ラストのニアへのつながりも「ほー!!」って思いました☆
きらら
URL
2008/02/19 21:58
おひさしぶりです!ノルウェーまだ〜むさん!
コメントありがとうございました〜♪
相変わらずTBがどーもうまくいかないらしく
こちらからのTBも反映されてなかったらすみません・・・。
あの男の子はOZUMAのバックやってるですか?!とヘンなところに食いつきまして(汗)
あんなLさん、こんなLさん、Lを楽しむ!ただそれだけのアイドル映画のよにも思いますがいいんです。松ケンのLが観たいんだもん!もう観れないだもん!でした。
娘は2回鑑賞してますが、あともう一回行くんだそうですよ(^^;
こべに
2008/02/19 23:14
メビウスさん、いらっしゃいませ〜
本当にあそこで、ニヤッとしちゃいましたよね。
にわかファンでも原作読破したのなら、もう立派なファンですよ〜
なんてったって、文章長いですから、読むのに相当時間がかかったはずですし。
でも、どんどん読めちゃうんですよね!

きらら様、コメントありがとう〜
もう、私もLを堪能して、ニアのところで、ほーっ!となったから、全部オーライ!になっちゃいました。
ノルウェーまだ〜む
2008/02/19 23:41
こべに様、どうやらお互いTBがうまくいってないですね…やっぱり。
娘さんは既に2回ですか?
すごいですね〜
私はこれかさ『親指さがし』を観ようと思ってます。こちらも松ケンが際立つ演技をみせてくれるようです。
ノルウェーまだ〜む
2008/02/19 23:48
こんばんは♪
私もLの姿に胸キュンでした(笑)
女性研究員(佐藤めぐみ)の豹変ぶりは
びくりでしたね。
高島は金目当てみたいだったし、
彼女はただ殺したかったんでしょうか??
あんたが一番怖いって感じでしたね〜(笑)

くろねこ
URL
2008/02/19 23:51
コメトラどうもでした
タイ人かと思いました、L誕生の話じゃなかったんですね、てかFって誰?
松ケンは楽しめましたけど、ストーリーがちょっと??な感じでした。
くまんちゅう
URL
2008/02/20 00:13
くろねこ様、コメントありがとう〜
松ケンLにずっと釘付けでしたね。
本当に、佐藤めぐみが、一番怖いよーっ!
白いワンピースで殺人はないでしょ?
しかも返り血全く浴びてないし。

くまんちゅう様、こちらこそありがとう〜
そうですね、タイ人だったの?と思ったのはニアのことです。
私の中ではどうしてもフランス人なのにーっ
ちなみにFって、タイでBOYを守って死んだFBIのメンバーですよね。
ノルウェーまだ〜む
2008/02/20 16:37
ノルウェーまだ〜むさん、こんにちは!

基本的にL=松山ケンイチさんを観る映画でしたねー。
まさにハマリ役です。
けど飛行機に飛び移ったりなどとジョン・マクレーンのようなアクションはやっぱりLのキャラじゃないような気が・・・。
はらやん
URL
2008/02/23 17:00
はらやん様、トラコメありがとうございます〜
本当に、ゾンビ映画だったり、ダイハードだったりしましたね。
Lの意外な一面は、ちょっとした仕草を見せてくれるだけで、充分だったのですが…
ノルウェーまだ〜む
2008/02/23 23:41
こんにちは!
私は試写会で見ました。中田監督が舞台挨拶でものすっごい自信満々に、「いい作品が出来た」って言ってたので、う〜んどないやろぉ・・・と、思いながら見てたのですが・・・。
脚本は最悪でしたね。ストーリーは全然おもしろくない。『デスノート』ファンはさっぱり楽しめませんでしたよね。松山クンの熱演がなんかかわいそうになってきました。

>く・苦しみすぎでは・・・・鶴見辰吾さん?
私も、思いましたぁ!ここまでしなくてもいいのでは・・・?と思いましたよ。監督の指示なのでしょうか?ほんとゾンビ映画のようでしたね。
あと、ナンチャンも・・・?起用の意味がわかりませんでしたよね。
とろ
2008/02/25 15:15
とろ様☆ コメありがとうございますっ!
試写会で見られたなんて羨ましいですよ。
私なんてどれだけ出したことやら…
まあ、子供たちが観たがったので、普通に劇場へ行きましたが。
子供たちは楽しんでました。
小説も買わされたので、これから読んでみます〜
ノルウェーまだ〜む
2008/02/25 23:17
TB有難うございました。
今回の映画は、Lの別の素顔を見せようと
苦心していました。個人的には最強の
知能犯との頭脳戦を期待していたので
がっかりでした。
”ニア”の名前が出たときは驚きましたけど。
「砂時計」ドラマ版のヒロインを演じた佐藤めぐみ
さんの悪役ぶりに・・・ショックでした(笑)

今度、訪れた際には、
【評価ポイント】〜と
ブログの記事の最後に、☆5つがあり
クリックすることで5段階評価ができます。
もし、見た映画があったらぽちっとお願いします!!
シムウナ
URL
2008/11/09 16:32

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「L change the WorLd」やっぱり松ケン! ノルウェー暮らし・イン・原宿/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる