ぶっちゃけ、通院していたよ‘東京クリニック‘

火曜の朝刊に、驚愕の記事が載っていた。
‘説明求めた患者 医師が暴力容疑 警視庁逮捕‘
20代の女性患者の頭を壁に打ち付けて怪我を負わせたらしい。

東京・新宿にある‘東京クリニック‘の医師が、患者の頭を壁にたたきつけて怪我を負わせるなどして、警視庁に傷害容疑で逮捕されていたことがわかった。
ー略ー
06年12月、同クリニックの待合室で、都内の20代の女性患者から診察結果の説明を求められたことに立腹。
「説明してもわからないだろう」などといいながら、女性の髪の毛をつかみ、頭を壁にたたきつけるなどして全治3週間の怪我を負わせ、付き添っていた男性に対してものどをつかむなどして怪我を負わせた疑い。
 
朝日新聞 朝刊より


この事件のほかにも、夏に男性患者を骨折させる事件を起こして、書類送検されているらしい。

授業中にもかかわらず、ねえねにメールで知らせる。

ま じ で か ?
(ねえねの返信)

そりゃあ、驚きますよ。

ぶっちゃけ、12月まで通院していたんだからっ

ここは、内科・心療内科・皮膚科・アトピーなど手広くやっている。
HPを見る限りでは、結構大きいところなのかな?という印象を与える。
かくいう、私もHPを見て、一度通院してみようかと思ったわけだ。

東京クリニック HP
http://www.tokyo-clinic.jp/

さすが、HPの‘お知らせ‘には、本日休診になります。と・・・

っていうか、夏に書類送検された時点で、もう閉めてほしいんですけどぉ!!!
(全く知らなかったし)

受験&ノルウェーからの帰国で逆カルチャーショックもあり、「一度心療内科を受信したい」とねえねが言い出したのが、中3のことだった。

何箇所か調べて、行ってみたが、しっくりいくところが中々なく、また、近場に思春期の子供を診てくれるところも少なかった為、取り合えず行ってみたこのクリニックに通う事になったのだ。

ただ、当初から私も夫も、
「なんか、あの先生が病んでいるかんじだよね~」と話していたのは事実。

しかも、新宿と言う場所柄、どうみても風邪を引いていそうにないお姉さんとか、いろんなところに穴のあいたお兄さんとかが、「お薬だけください~」とやってくる。

??

怪しいと知りつつも、ここからまた転院して、あちこち探す時間が、受験の年だったこともあり、確保できなかった。

眠れない・明け方、目が覚めてしまう・夜中に幻聴が聞こえる・・・・
とにかくこれに対応するお薬が必要だったので仕方なく通院していた。

今、思えば、この夜中に聞こえる幻聴というのは・・・

上の階の住人の喧嘩の声だったんじゃん!

上に住む夫婦の激しいDVは、以前にも書いたが、実はねえねの部屋の真上がだいたいバトルルームだったのだ。(最近判明)

一度喧嘩をはじめると、長時間くどくどくどくど説教をして、そして大声で喚く!となる訳だけど、窓を閉めていると、隣で寝ている私たちには聞こえない。
しかし、ねえねにとっては、あやしい声が一晩中聞こえている・・・・となるわけ。

当時、まだ上の住人の毎晩の喧嘩には気が付いていなかった私たち。
よもやそんな事とは知らずに、心療内科・・・・・しかも暴力医師のところに通院して、ムダに大量の薬を処方されていたのかと思ったら~~~~~

それにしても、ねえねは12月に通院をやめて、今では薬も飲んでいないが、まったく元気そのもの。
薬のお陰で治ったのか、上の階が最近静かだからか(既にバラバラ?)。
実はもともと問題がなくて、薬のせいで、起きられなったり体がだるかったりしていたのかもしれない。
勿論、思春期だから、それ相応に悩んではいるけれど・・・・・

可愛そうなことをしたものだ。


とにかく、一度、「なんでこんなに薬が出るんですか?」と聞いてみようかって、夫と話していたが、聞かなくてまじ良かった~



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年01月24日 17:01
こっ・・・こわぁ~!!
ご無事でなによりですう(泣)
そしてなにより、お嬢さんが落ち着かれたことが・・・。

もう、本当に医者ってこっちが頼らないとならない存在だから、本当に怖いです、いろんな意味で。

あれえ・・・?海外版には載ってない!!(ウチ、朝日です)1日遅れかな?
ノルウェーまだ~む
2007年01月25日 00:07
3面でしたけど、記事は小さかったので…
ワイドショーとかやるかと思ったら、無免許偽漢方薬剤師の話題ばかりでした~

この記事へのトラックバック

  • 「死ねる薬」販売の落とし穴

    Excerpt: まさに渦中にいたんだ・・・・・・ 新聞に載るような大きく恐ろしい事件に、ともすると踏み込んでしまう。 その垣根は、あまりにも低く、そしてあまりにも魅力的だ。 Weblog: ノルウェー暮らし・イン・ジャパン racked: 2007-10-13 00:55