文化祭

秋は文化祭の季節。
ねえねの学校でも、文化祭があったので行ってみた。

以前、生徒の模擬店で食中毒が出たとかで、ほかの高校でよくある食べ物のお店はないものの、その分工夫をこらした面白い出し物が目白押しだった。

食べ物は中庭に、マリオンクレープ・サーティンワンアイスクリーム・牛丼・たこやき・飲み物の業者が入っていた。
最初にクレープを食べた。
って、マリオンクレープなら、原宿でいっつも食べてるやつじゃん!

画像


ねえねのクラスは、やる気のなさ全開。
クラス代表のメンバーが、指導力ゼロだったらしく、展示もさることながら、当日の係りも、展示物の説明をするでもなく・・・・

しかし、上級生のクラスは結構がんばっていた。
今まで行った事のある文化祭の中で、一番良く工夫してあって、どれも面白かったんじゃないかな~

迷路とゲームを合体させた、ポケモンや、忍者もの、パイレーツオブカリビアンやダヴィンチコードなどの映画のパロディ、勿論お化け屋敷などなど。

中でもゴキブリホイホイゲームは、良く考えていた。
体育館に作られた、ゴキブリホイホイ型の箱の中。

最初のゲームは、ワニワニパニック(ゴキブリ版)
つい立の後の、3つの穴からゴキブリが出てくる。
これをエイヤっと叩いて、何回たたけたかを記録してもらう。
ゴキブリを手動でささっと出し入れするので、つい立の向こう側も真剣だ。

2つ目は、滑り落ちてくるゴキブリのなかで、赤と白の偽者以外を、ゴキブリホイホイ型のティッシュの箱でキャッチするもの。
偽者を取ってしまうと、減点となる。

最後に合計の成績によって、ゴキブリバスターに任命されるかどうか決まるらしいが、相手が小学生なので、オマケしてくれた。
高校生になると、上手に機転をきかせてくれるものだな~~~感心・感心。

プラネタリウムでは、壊れて動かないライトを、手で回しながら、3年男子がりょうたに話しかけてくれた。
「きみは、あと何年かしたら、この学校に入るのかな~?」
「いえ、この子のお姉ちゃんが1年生にいるんですよ。」
「1年か~、あと2年もこの学校にいられるなんて、羨ましいな~、ホント楽しいですよぉこの学校。」
(高校生も3年くらいになると、こんなおっさんくさい会話もできるようになるのかぁ~)

受験の実績を上げるために、ガリガリガリ・・・・と生徒を締め付けて、精神を病んでいく生徒をつくってしまう学校も結構多い世の中で、「楽しい!」と言える学校へ入学できたねえねは、幸せ者なのかもしれない・・・・


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック