恐山のすごいお土産

りょうた(9歳)が、「おばあちゃんに送ってあげようよ!」と言うので、恐山の売店で、くず湯と仏壇のお線香立てに入れる‘金の砂‘を買った。

この売店で売っている、お土産らしいものといったら、箱入りのくず湯と、この写真の‘恐山せんべい‘くらいなのだ。
しかも、しっかり仏事っぽく、地味なのだけど、恐山でチャラチャラしたものを売っているのも、変な話しだし、まあいっか~

画像


ちなみに、主人の実家は松山にあるのだが、義父は私たちが結婚した年に、義兄は6年前に他界していて、りょうたも幼いながら、お骨をひろった経験がある。


帰宅してからすぐ、松山に住む義母に送ってあげた。

で、今朝電話があった。

「ありがと~。(松山弁)
りょうちゃん、細かいとこよぉ気がつくなぁ~。
早速、古い砂、捨てて、中全部洗ろうてなぁー、金の砂入れて、お線香立てたらなぁー
まぁーっすぐ煙が立って、すごく良かったんよぉ。

そしたらなぁ、その夜な、ほんに3年ぶりくらいよ。
普段はあんまり出てきてくれないんじゃけど、夢におとうちゃんが出てきてなー、
ピンポーンって、出てみたら玄関のところにスーツを着て座っておるんよ。
「いや、どうしたん?会社からタクシーで帰ってきたん?」って聞いたらな、
なぁーんも言わんで座っておるんよ。

ほでな、いっつも夢に出てきてくれんけど、りょうちゃんお砂送ってくれたのうれしかったんかな?って、わたし言ったんよぉー。」


もしかして私、恐山から連れて帰って、ゆうパックにつめて送っちゃいました?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2006年10月14日 04:53
あの、先日私、笑い話にしてしまいましたが(すみません、罰当たり!!)このおばあさまのお話は、じーんときましたよ!!よかったですねえ。しみじみ・・・。
 まじめな話、その人たちの亡くなった方への思いを新たにする場所&グッズ(?)として、効果はあるんでしょうね。あとはやっぱり、お孫さんの優しさの結果!
ノルウェーまだ~む
2006年10月14日 14:26
実際、私も話を聞いた時は、鳥肌ぞわぞわ~ってかんじでしたが、思わず電話の向こうとこっちで、涙・涙となりました。
夫も息子も自分より早く亡くしているので、一人寂しい毎日を過ごしていると思うと、ちょっとでも役に立ててよかったと思う私です。

この記事へのトラックバック

  • 雨の霊場恐山、ホラーな旅

    Excerpt: 沖合いで船が真っ二つに折れたり、500人以上が避難勧告で、大変な目にあっている時に、ねえねのたっての願いで、東北青森の恐山へ行ってきた。 Weblog: ノルウェー暮らし・イン・ジャパン racked: 2006-10-13 15:30