ノルウェー暮らし・イン・原宿

アクセスカウンタ

zoom RSS 「佐田岬半島・三崎 えびすや旅館」☆超極上ブリしゃぶと道後温泉

<<   作成日時 : 2018/03/29 00:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

3年半前に義母を連れて泊まった時と同じ、えびすや旅館へ。ルートは以前と全く同じ。

場所は佐田岬の根元、三崎港の目の前「三崎 えびすや旅館」 公式HP
土日は予約でいっぱいで断わられたけど、この日は平日ということもあるのか宿泊客は我々だけ!
以前と同じ一番大きくいいお部屋と、続きの間を用意してくださっていたyo

画像
以前には無かった背の高い防波堤の向こう側には、美しい夕景が。遠く風力発電の風車が見える。

旅館は大正時代の電灯などもあるレトロな建物で、ミシミシしたり換気はあまり良くなかったり、お風呂も温泉ではなく沸かし湯だったりするけれど、それでもわざわざ再訪する理由はこれ!
画像
ブリしゃぶ!!町の人すら歩いていないような閑散とした港町に置いておくには勿体ないような腕前の板さんのお料理は、素材の良さもあるけれど赤坂の料亭以上!(←食べたことないけど)
対岸の大分なら「関アジ」と呼ばれるアジ・ぶり・ひらめ・鯛・紋甲いかのお刺身をしゃぶしゃぶしちゃう〜♪
画像
白子の煮つけと絶品赤なまこ。なまこの酢の加減も優しく、四国の温暖な気候が生み出す穏やかな味付けに舌鼓を打つ。
画像画像
画像画像
画像
今回は朝一本釣りしたという、ヒレや小さな骨までパリパリと食べられる大きなホゴ(カサゴ)のから揚げが超絶美味しかった!
それに塩雲丹の載った茶碗蒸しも♪
ご亭主の計らいで『漁師一筋』という地元の町おこし地酒をサービスして下さったyo私でもぐいぐいいけちゃうくらい飲みやすい☆
最後に雑炊のところを、特別手間のかかる焼きおにぎりのなめろう出汁茶漬けをしてくださって、これがまた超絶美味しかったwa!


翌朝のご飯はじゃこ天以外はごく普通。でも昨夜のお鍋で雑炊をしてくれたのが、これまた美味で♪
画像画像
画像
お食事処は、この町出身の画家さんのデザインが斬新で雰囲気がある☆


宿を出たら一路四国の尖った所の先っぽ、佐田岬半島の突端を目指す。
画像
細い一本道をくねくねと走り、ようやく展望エリアへ到着。
写真左の岬の突端の向こうに、対岸の九州がうっすらと見える。
画像
地場の海草やタンカンを売っているおばあさんの止まらないお喋りをかわし(笑)灯台のある岬の突端まで木々のアーチを抜けていく。日陰はひんやり☆
画像
お義母さんを連れてきた時はとてもじゃないけど行けなかった灯台への急坂をえっちらおっちら。それでもとても行きつかない所に、どうやら愛媛県はお金を投じてモニュメントを建てたらしいけど、流石に疲れて途中で引き返す。あと2山超えるなんて無理だし(≧▽≦)


この日は半島の先っぽから一気に松山へ戻り、ホームのおばあちゃんと団らんのあと道後温泉(公式HP)へ。
画像
春休みの土曜日ということもあって道後温泉は大混雑。神の湯2階席(840円)はなんと30分待ち!!
お土産屋さんで時間を潰したり、今年出来た別館 飛鳥乃湯を見に行ったりして時間を潰す。
この時期は桜まつりでもしているのかな?いつもは見かけないピンク色の提灯が吊るされていたyo
画像画像
画像
お気に入りの2階席では浴衣と瓦せんべいにお茶が振る舞われ、涼むことが出来る(女性は帰りに着替える場所もちゃんとあるyo)
ノンビリ休むと外はとっぷり日が暮れていた。
てっぺんに白鷺の像がある3階の振鷺閣 (しんろかく)は、赤いギヤマンの障子があり鮮やかな赤い光を放っていた☆ここでは朝6時と正午夜18時に太鼓のドン!が鳴らされる。



お見舞いや実家の草むしりの疲れもしっかり取れて、翌日はお墓参りも済ませて今回の旅は終わり。
お義母さんを実家へ連れて帰ると、お庭で突然息子の名前を思い出したりして、ちょっとだけ複雑な気持ちになったけれど、またGWに帰るから待っててね☆




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
まだ〜むさん、こんばんは。
ほんとうに愛媛は鯛のみならず、海の幸がどれもおいしそうですね。
薄造りのお刺身のグラデーションがとってもきれい。そのまま食べたいところですが、それをしゃぶしゃぶとはなんともぜいたくですね。
豪快なカサゴの唐揚げ、雲丹の茶碗蒸し、どれもおいしそうです。
そして何より、佐多岬の突端の眺めのすばらしさといったら! いつかこの風景を見てみたいです。
セレンディピティ
URL
2018/03/31 01:09
セレンさん☆
私はお刺身でいただくのが好きなので、ほぼ刺身かさっとくぐらす程度でいただきましたが、しゃぶしゃぶするとまた別の味わいがあって美味しいですよね♪贅沢ってこういう事を言うのだなって思いました。

是非とも一度いらしてみてください!
前回はアンパンマン列車でしたが(笑)「伊予灘ものがたり」で松山からの列車の旅を楽しんでいただて、大洲か八幡浜からレンタカーで伊方原発を経由して佐田岬を走って行かれると良いですよ☆
ノルウェーまだ〜む
2018/03/31 08:57
お義母さん日帰りさせたりもしているのね。お義母さんもやっぱりおうちに帰ると色々思い出すのね(*´∀`)♪
親孝行できて良かったねぇ♪

はぁぁ〜
でも、この旅館の飯は美味そう&日本酒のアテの充実感!
たまらぁぁん♪(/ω\*)
きっと日本酒飲み過ぎちゃぅぅ(`・з・)ノU☆
★ちゃ★
2018/04/12 21:10
いけねっf(^_^)
つい、酒のアテにやられて書き忘れましたが、振鷺閣…台湾の九分の地味バージョンって感じだねぇ★
★ちゃ★
2018/04/12 21:17
★ちゃ★どの
こちらにもありがとー!
お義母さんはかなり進んではいたものの、お気に入りのお好み焼きも喜んでくれたし、まずまず親孝行出来たかな…
GWはまた草むしりに帰省だよ〜〜ん☆

旅館のご飯超美味しかったのよぉう!★ちゃ★も連れて行ってあげたかったよぉ〜車乗り切れないけど。
地酒の日本酒は私でもくいくいいけちゃうから、きっと物足りないね。

道後は確かに夜見ると九分みたい!気付かなかった…
ノルウェーまだ〜む
2018/04/12 23:12

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「佐田岬半島・三崎 えびすや旅館」☆超極上ブリしゃぶと道後温泉 ノルウェー暮らし・イン・原宿/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる