ノルウェー暮らし・イン・原宿

アクセスカウンタ

zoom RSS 「羊の木」☆人は見かけによらない

<<   作成日時 : 2018/01/23 11:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 10 / コメント 13

猛吹雪の中、地下鉄なら電車が止まらないのをいいことに、のん気に試写会へ行ってきたyo
奇想天外な設定の邦画は当たりハズレが極端に出るけれど、最初から最後までざわざわさせて目が離せない映画でなかなかに面白い!!
試写会場はお客さんも半分ほどだったけど、雪の中出掛けて行って良かった〜♪


原作は山上たつひこで、作画はあの「ぼのぼの」のいがらしみきおって!よくあのほのぼのした作風の人に絵を頼んだものだわ(笑)
しかし原作の方がぐっと設定がエグイ。映画は漫画の「さすがに有り得ないでしょう?」な部分を上手にソフトに仕上げている。

画像
「羊の木」 公式サイト(2月3日公開)

<ストーリー>

過疎化が進む魚深市へ一度に移住してくる6人の案内を頼まれた市役所職員の月末(錦戸亮)は、どこか違和感を感じていた。
課長から元殺人犯を受け入れることで過疎化を食い止め、税金の無駄遣いを減らす極秘国家プロジェクトだと後から知らされ、疑心暗鬼にかられる月末。
市民との関わりの中で、次第にその本性があらわになってくるが、ある晩港に死体があがったことで…


画像
傷害致死で懲役8年で仮釈放の杉山(北村一樹)と、殺人で懲役18年のヤクザ大野(田中泯)は、見るからに悪そうだけど実は対照的

すぐにでも悪い事をしでかしそうなチンピラ役の北村一輝も、性根を入れ替えやり直そうとしている元ヤクザの田中泯も、めちゃくちゃドスが効いてて怖いのだけど、二人とも微妙な違いを超絶上手く演じ分けていて素晴らしい。

画像
懲役6年、DV夫を一升瓶で叩き潰した栗本(市川実日子)は、ちょっとサイコパスな雰囲気

この怪しげな雰囲気は全く最後まで回収されないのだけれど、物語の題名となっている「羊の木」の絵が描かれているプレートを海で拾って大事にしている点でいわゆるキーマンとなっている?のかな。
ラストのシーンでほんの少しの希望を持たせてくれる役回り。

実は映画冒頭の文章で『スキタイの羊』の話が登場するのだけど、これはバロメッツと呼ばれる羊の入った実がなる伝説の植物のことで、ヨーロッパで綿花を知らなかった人たちがウールを生む木と信じたことからくるものだそう。
総じて『見た目で判断してはいけない』ということになる。

画像
阿部定事件のように愛する夫の首を絞めながらしてたら死んじゃったという太田(優香)は、介護センターで月末の父の介護をしながら良い仲に…

「信じるか疑うか」というキャッチコピーは、観ているこちらにも突き付けられる。
私はてっきり太田は夫を殺して遺産を狙うタイプの女性なのかも…と思ってしまって今でも疑心暗鬼中。
月末の困惑も納得だよね。

画像
唯一まともな雰囲気の宮腰(松田龍平)は、過剰防衛で1年半の刑だったけど実は・・・・

この物語を大きく揺さぶるのがこの宮腰。
まさかの展開に思わず声をあげて驚いてしまったwa

素性を知られてしまっても、そこに全面的に受け入れてくれる居場所を見つけられたらキチンと更生する・・・・という話でもない。
答えが無いのはこの映画の醍醐味でもあり、日本の実情でもあるような。


一つだけ言えるのは『のろろ様はちゃんと見ている』ってことなのかもしれない。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(10件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
羊の木
羊の木@ユーロライブ ...続きを見る
あーうぃ だにぇっと
2018/01/26 08:48
羊の木
さびれた港町・魚深(うおぶか)市。 市役所職員・月末(つきすえ)は、新規転入者6人の男女の受け入れ担当を命じられる。 実は彼らは全員、仮釈放中の殺人犯だった。 刑務所のコスト削減と地方の過疎対策を兼ねた国家の新プロジェクトが、この魚深で極秘に行われるのだ。 警察も雇用主も家主も彼らの過去を知らず、6人は互いの存在を知らない、はずだったが…。 サスペンス。 ...続きを見る
象のロケット
2018/01/30 17:12
劇場鑑賞「羊の木」
「羊の木」を鑑賞してきました「桐島、部活やめるってよ」の吉田大八監督が山上たつひこ、いがらしみきお共作の同名コミックスを映画化したミステリー・ドラマ。政府の極秘プロジェ... ...続きを見る
日々“是”精進!
2018/02/03 14:39
「羊の木」:優香がなんかすごい
映画『羊の木』は、いろいろとわからない事の多い映画ですが、何が最もわからないって ...続きを見る
大江戸時夫の東京温度
2018/02/05 23:29
『羊の木』 2018年2月4日 TOHOシネマズ市川
『羊の木』 を鑑賞しました。 ...続きを見る
気ままな映画生活 −適当なコメントですが...
2018/02/06 08:17
羊の木
 日本  ミステリー&ドラマ  監督:吉田大八  出演:錦戸亮      木村文 ...続きを見る
風情?の不安多事な冒険 Part.5
2018/02/13 15:57
羊の木
 本作は6人の仮釈放された元受刑者を受け入れることになったある地方都市でのお話。主人公はその受入を担当することになった市役所職員。彼を中心にして、6人と地方都市の住人等との関わりが形成されるとともに、その地方都市における伝統的なお祭りも絡んできて、物語は思いもよらない方向に展開していきます。なかなか興味深いストーリーとはいえ、タイトルの「羊の木」の意味合いを始めとして、よくわからない... ...続きを見る
冥府の映画的・絵画的・音楽的
2018/02/16 18:25
羊の木
「桐島、部活やめるってよ」「美しい星」の吉田大八監督が山上たつひこ、いがらしみきお共作の同名コミックスを映画化したミステリー・ドラマ。政府の極秘プロジェクトにより元受刑者6人を受け入れることになった過疎の港町を舞台に、それぞれに葛藤を抱える元受刑者たちと、素性の知れない彼らに対し不安を募らせていく一般市民が繰り広げる緊張感を秘めた交流の行方をサスペンスフルに綴る。主演は「県庁おもてなし課」「抱きしめたい -真実の物語-」の錦戸亮。共演に木村文乃、北村一輝、優香、市川実日子、水澤紳吾、田中泯、松田... ...続きを見る
映画に夢中
2018/02/21 20:13
「羊の木」
今年は私にしては珍しく、邦画をよく観ている。今年に入ってからこれまでの鑑賞比率は、洋画とアジア映画と邦画がほぼ同じ本数なのである。こういうこともあるんだなぁ。そしてこの「羊の木」である。私にとって錦戸亮はどストライク。あまりにいい球過ぎて振ることもできずに見逃してしまう類のどストライクだ。胸元高めにズバンと決まる。「ちょんまげプリン」の頃からそれは始まっていた。よく女子にありがちな「誰がストライクか」の話などをする時に、私が錦戸亮の名前を上げると多くの友が不思議そうな顔をする。だが、私が断片的な... ...続きを見る
ここなつ映画レビュー
2018/03/01 12:34
『グレイテスト・ショーマン』『霊的ボリシェヴィキ』『羊の木』『君の膵臓をたべたい』『ゴッホ 最期の手...
5本まとめてレビュー。 ...続きを見る
ふじき78の死屍累々映画日記・第二章
2018/03/12 21:07

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(13件)

内 容 ニックネーム/日時
この映画、富山が撮影場所なんですよ。魚津って場所でとってたときちょっとした話題になってました。
来月公開だけどみたいな〜って思っていました。楽しみ♪
Nakaji
URL
2018/01/24 15:31
Nakajiさん☆
そうなんですね!?
私てっきり漁船もあるし魚沼市かなって思ってました。
割と駅前も賑やかだし、若い人も多いし、ショッピングモールも賑わっててちっとも過疎じゃないじゃん?と思ったのも、魚津市がちゃんと活気ある街だからなのですね〜
ノルウェーまだ〜む
2018/01/24 17:51
何故題名が“羊の木”なのか、この記事を読むまでわかりませんでした
「人はみかけによらない」こともあるし「みかけどおり」ということもある。むずっこい。
まっつぁんこ
URL
2018/01/26 09:17
まっつぁんこさん☆
その辺は本当に難しいですよね〜
この映画の場合は『見かけによらない』方でしたね☆
まっつぁんこさんは〜〜意外にアクティブで見かけによらない…かな(笑)
ノルウェーまだ〜む
2018/01/27 00:06
まあ、おっさんは見かけどおりのことが圧倒的に多いでしょ?
スケベそうだなとか(笑)(おれはどっち?)
まっつぁんこ
2018/01/27 08:50
そうそう
オロロさまのことはNakajiさんに教えてもらいました。
まっつぁんこ
2018/01/27 08:52
まっつぁんこさん☆
スケベそうには見えませんでしたよ〜
ブロガーさんはどの方も概ね見た目通りの人が多いですが、ボランティアで出会う方は、見た目とのギャップの大きい方も多いです(笑)

オロロ様情報はモデルとなった地元の方ならではですね!
あの巨大な銅像もあるのかな??
ノルウェーまだ〜む
2018/01/27 13:06
こんにちは♪

深い闇を抱えてる宮腰にとって月末との出会いはまっとうに
なれるチャンスであり幸運だったんだろうし、彼なりに好か
れようと努力もしたけど、何かをきっかけに性や業には逆ら
えずの悲運は観ていて遣る瀬なくありました。
ただ、せっかく設定も説得力もあったのろろ様の由来やお祭
りもあの造詣がどうも納得できかねてしまい気持ち興ざめし
ちまったという感じです♪ (゚▽゚)v
風情&#9773;
2018/02/13 15:56
風情さん☆
確かにのろろ様は原作がコミックだけに漫画チックでしたね。
ラストの展開もまるで4コマまんがのようでした。
その点ではこの映画の基本的イメージとちょっと色味が違うかんじがしましたね。
ノルウェーまだ〜む
2018/02/14 00:35
こんにちは。
試写会でご覧になっていたのですね!だいぶ前の記事ですのに、TB&コメントさせていただきます。
この作品、大前提となる過疎化対策と元殺人犯の更生、のマッチングがとても興味深かったです。絶対に無い政策だとは思うけど、もしかしたら可能性がわずかでもありそうな気が…。
そして確かに、全ては「のろろ様」の思し召しなのかも…。魚深町にきちんと根付ける人にのみ幸あれってね。
ここなつ
URL
2018/03/01 17:16
ここなつさん☆
勿論、何年も前の記事でもコメント大歓迎です!!このブログはその点便利ですよ〜

実際は有り得ない政策ではあっても、居場所を失くした人が真摯な気持ちで再生を願うときは、こうして受け入れてくれる先があるのはいいですよね☆
のろろ様、ちゃんと見てましたね!
ノルウェーまだ〜む
2018/03/01 22:29
一人でもちゃんと更生する気がないと周りが引きずられますね。「更生なんてふふーん」みたいな人は『ニューヨーク1997』のニューヨークこたいな所に飛ばしてもらいますかね。
ふじき78
2018/03/12 21:05
ふじきさん☆
きっとノロロ様が飛ばしてくれるでしょう♪
ノルウェーまだ〜む
2018/03/12 23:35

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「羊の木」☆人は見かけによらない ノルウェー暮らし・イン・原宿/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる