ノルウェー暮らし・イン・原宿

アクセスカウンタ

zoom RSS 「この世界の片隅に」☆ほのぼのと過酷

<<   作成日時 : 2017/01/26 00:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 23 / コメント 18

ほのぼのとした画風にのんびりとした歌声、のんの暢気な台詞・・・
こんな柔らかで温かいところからは到底想像出来ないような、過酷な現実が突き付けられる。
なのにあれ?こんなにも辛く哀しい現実に、なぜかふわりと優しい風が吹いているよ?


昨年のベスト10に入れた方が多かった作品。
この映画を見ずして、邦画のベストを語るなとまで言われたからには、何としても観なくては!
上映館もじわじわと増えているし・・・・と思ったら、なんと新宿ピカデリーの大箱はほぼ満席!すごい〜〜

画像
「この世界の片隅に」 公式サイト

<ストーリー>

突然持ち上がった縁談話に戸惑う18歳のすず(のん)。
のんびりでぼんやりなすずは、呉へ嫁ぐも、初めてのことに戸惑うばかり。
出戻りの小姑に厳しく当たられ、円形脱毛症になりながらも、持ち前の天然さで乗り切っていく。
次第に戦禍は悪化し呉を空襲が襲った時、すずは手を繋いでいた姪っ子と・・・・・


画像
何事ものんびり屋のすずさんは、夜明け前からよく働き、自分なりに工夫して家事をこなしていた

小さい頃からボーっとしてると言われていた私。何だか自分を見ているようで・・・(爆)
キャンプで食材を買ってパスタを作ろうとして肝心のパスタだけ買い忘れたりする私は、どうもすずさんが他人には思えない☆

画像
絵が大好きなすずさん、軍港の戦艦を描くのも得意☆

スケッチを見咎められて、憲兵にスパイかとこっぴどく叱られたりしたことで、あとで家族が大爆笑になり、厳しいばかりの小姑との仲も一気に和む。
どんな状況でもすずさんの周りには笑顔が絶えないところが実にいい。

画像
食べるシーンがとても多い。食べること=すなわち生きることなのだ

食べることもままならない戦時中。
暗く恨みがましい展開になる戦争映画が多い中で、何故か風にはためく洗濯物のように、時代をするりと生きているすずさんたち。
この画風のせいなのか?、爽やかなコトリンゴの歌声のせいなのか?あくまでも爽やかで戦争中とは思えない暢気さはしかし一転する。

画像
姪っ子と眺めた軍港も、朽ち果てて沈んだ戦艦の残骸が・・・・

あまりに現実離れした暢気な戦時中のアニメは、呉への空襲で一変する。
すずさんが絵具でスケッチしたくなるような、空の花火のような空中戦と、すぐ耳元へ落ちてくる爆弾のリアルな音があまりに対照的で、まだ傍観者でしかなかった観客も一気に戦争の真っ只中へ放り込まれることになる。

そして「あの日」がやってくる。
実家の広島へ行こうとするすずさんに、思わず「行かないでーっ!!」と叫びたくなる私。
いつの間にか握っていたハンカチを落としてしまっている事にすら気付かなかったwa


何もかも失ったボロボロの人生を、『力強く生き抜いた』のではなく、『力を抜いたからこそ生き抜けた』すずさん。
あれだけ悲惨な原爆の様子を、有り得ないほどふわりとした絵で描いたこうの史代は本当に凄い☆
なるほど年間ベストに入るべくして入った作品なわけだwa



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(23件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
この世界の片隅に〜謎の太極旗の正体は?
すずさんは二度怒る 公式サイト。「夕凪の街 桜の国(2007)」の漫画原作者、こうの史代原作、アニメーション制作:MAPPA、「マイマイ新子と千年の魔法」の片渕須直監督。(声)のん=能年玲 ... ...続きを見る
佐藤秀の徒然幻視録
2017/01/26 23:10
この世界の片隅に
こうの史代の同名コミックを、 アニメ映画化。 監督は片渕須直。 ...続きを見る
花ごよみ
2017/01/26 23:18
この世界の片隅に  監督/片渕 須直
【声の出演】  のん   (北條/浦野すず)  細谷 佳正 (北條周作)  稲葉 菜月 (黒村晴美) ...続きを見る
西京極 紫の館
2017/01/26 23:32
この世界の片隅に・・・・・評価額1800+円
どっこい、私は生きている。 ...続きを見る
ノラネコの呑んで観るシネマ
2017/01/26 23:32
「この世界の片隅に」
すごく評判がいいようだけど…。 ...続きを見る
或る日の出来事
2017/01/27 00:10
『この世界の片隅に』ウチを見つけてくれてありがとう
 映画がはじまる。能年玲奈さんの声が聞こえる。  その瞬間、『この世界の片隅に』の素晴らしさに驚いていた。  ゆっくりとした、温もりのあるモノローグは、『まんが日本昔ばなし』の語りのようだった。 ...続きを見る
映画のブログ
2017/01/27 02:06
劇場鑑賞「この世界の片隅に」
それでも、生きていく… ...続きを見る
日々“是”精進! ver.F
2017/01/27 06:29
この世界の片隅に
 アニメ『この世界の片隅に』をテアトル新宿で見ました。 ...続きを見る
映画的・絵画的・音楽的
2017/01/27 07:01
この世界の片隅に
今年、観るべき映画と言い切っても過言ではないっ!   ...続きを見る
Akira's VOICE
2017/01/27 10:20
負の遺産。『この世界の片隅に 』
広島で育って呉に嫁いだ少女の物語。昭和の初めから戦争直後までを描いたアニメ映画です。 ...続きを見る
水曜日のシネマ日記
2017/01/27 17:00
この世界の片隅に
評価:★★★【3点】(11) ...続きを見る
映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
2017/01/27 20:55
『この世界の片隅に』('16初鑑賞106・劇場)
☆☆☆☆☆彡 (10段階評価で 10) 11月19日(土) シネ・リーブル神戸 スクリーン1にて 15:10の回を鑑賞。 12月12日(月) シネ・リーブル神戸 スクリーン1にて 15:10の回を鑑賞。 ...続きを見る
みはいる・BのB
2017/01/27 21:31
この世界の片隅に★★★★★
第13回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞した、「長い道」「夕凪の街 桜の国」などで知られるこうの史代の同名コミックを、「マイマイ新子と千年の魔法」の片渕須直監督がアニメ映画化。第2次世界大戦下の広島・呉を舞台に、大切なものを失いながらも前向きに... ...続きを見る
パピとママ映画のblog
2017/01/27 21:47
呉の花嫁 こうの史代・片渕須直 『この世界の片隅に』
2016年も残すところあとわずか。そんな大詰めに来て年間ベスト1,2を争うド傑作 ...続きを見る
SGA屋物語紹介所
2017/01/27 22:46
映画「この世界の片隅に」
映画「この世界の片隅に」を鑑賞しました。 ...続きを見る
FREE TIME
2017/01/28 01:03
この世界の片隅に
【監督】片渕須直 【声の出演】のん/細谷佳正/尾身美詞/稲葉菜月/牛山茂/新谷真弓/小野大輔/岩井七世/潘めぐみ/他 【公開日】2016年11月12日 【製作】日本 ...続きを見る
シネマをぶった斬りっ!!
2017/01/29 00:42
この世界の片隅に
『夕凪の街、桜の国』のこうの史代が描いた漫画を映画化。主役のすずの声をのん(ex能年玲奈)が演じて話題になりました。 ...続きを見る
まてぃの徒然映画+雑記
2017/01/29 01:20
この世界の片隅に
第二次世界大戦中の昭和19(1944)年、広島。 絵が得意な18歳の少女すずは、呉の海軍に勤務する文官・北條周作の妻となる。 夫の両親、義姉の径子や姪の晴美、ご近所との付き合いの中で、すずはだんだん主婦らしくなっていく。 戦争であらゆるものが欠乏していき、日本海軍の一大拠点で軍港の街として栄えていた呉は、何度も空襲に襲われる。 そして、昭和20(1945)年の夏がやってきた…。 アニメーション。 ...続きを見る
象のロケット
2017/01/29 12:39
「この世界の片隅に」普通の視点から見た先に知る戦争の中での普通は生き抜く事であり残された者たちは普通...
「この世界の片隅に」はこうの史代原作の漫画をアニメ映画化した作品で第2次世界大戦時に少女が軍港の呉に嫁ぐ事になりそこで一般人として普通の生活を送るも戦争の影が次第に呉 ... ...続きを見る
オールマイティにコメンテート
2017/01/29 17:47
この世界の片隅に
この世界の片隅に &#039;16:日本 ...続きを見る
C’est joli ここちいい毎日を♪
2017/01/29 20:18
「この世界の片隅に」
2016年・日本/製作:ジェンコ アニメーション制作:MAPPA配給:東京テアトル 監督:片渕須直 原作:こうの史代 脚本:片渕須直監督補・画面構成:浦谷千恵キャラクターデザイン・作画監督:松原秀 ...続きを見る
お楽しみはココからだ〜 映画をもっと楽し...
2017/01/29 23:06
『この世界の片隅に』 2017年1月3日 TOHOシネマズ市川
『この世界の片隅に』 を鑑賞しました。 ...続きを見る
気ままな映画生活 −適当なコメントですが...
2017/01/31 12:38
この世界の片隅に
ブロガーさんたちの多くから、昨年の1位に選ばれ、観客動員数130万人を超えたこの作品が、ようやく隣県で上映されたので、わたしもすずさんに会いに行ってきた。 アニメとしても素晴らしいけど、何よりストーリーやテーマに感動。 涙と笑いと切なさと癒しと…あらゆる感動が散りばめられた傑作。そして余韻がすごい。心がどうしようもなく切なくて、でもあたたかくて・・・「生きる」ということについてしみじみと考えさせられ続けている。 主人公のすずさんは、19の年に見初められて、それまで名も知らなかった呉の青年のもとに... ...続きを見る
虎猫の気まぐれシネマ日記
2017/04/01 17:28

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
辛い現実をそのまま描いていた反戦映画が多かったのに対し、この作品はどんなに時代が違えど市井の人々の暮らしは基本的に何も変わらないことを描いているんですよね。
だからこそ、現代にはない戦争という「異常」が日常に割り込んできた時の恐怖がそのまま戦争の怖さへと通ずるのです。
これは本当に素晴らしい映画でしたよ。
にゃむばなな
URL
2017/01/27 00:34
パスタ作るのにパスタ忘れるw
私的21世紀ベストワンです。
記憶と記録両方に残る作品になったと思います。
この世界の片隅で、この作品に出会えたことに感謝。
この作品を作ってくれた作り手に感謝。
盛り上げてくれた観客に感謝です。
ノラネコ
2017/01/27 01:14
こんにちは。本当にこの映画すばらしいって思いました。
なんか、日常描かれてるから、見るほうも、戦争映画っていうよりは入りやすかったです。本当にいかないで!って叫びそうになりました。

私もよく抜けてるって言われます(笑)
Nakaji
URL
2017/01/27 13:28
にゃむばななさん☆
まさにその通りです〜〜
世界中の戦争が言わずもがな、そこに市井の暮らしがあるのですよね。
だからこそ恐ろしい、そして対岸の花火のように眺めていた爆撃が、耳元へ落ちる恐怖を見事に表現したこの映画、確かに素晴らしかったデス☆
ノルウェーまだ〜む
2017/01/27 17:58
ノラネコさん☆
今世紀ベストワンですか!!
「君の名は」と同じ年公開のアニメ被りになってしまったのが、いかにも残念でしたよね。これからもっと伸びて行って欲しいところです。
原作も今度読んでみたいと思っています。
もう一度すずさんに会いたくなってしまいました☆
ノルウェーまだ〜む
2017/01/27 18:02
Nakajiさん☆
ふふふ…もう忘れ物なんて日常茶飯事ですよ〜
しかも何でか、一番大事なものを忘れるという…
子供の頃の方が慎重だったかも(爆)

日常の隣にある戦争、まさにここが恐ろしいところですよね。
呉にまで障子が爆風で飛ばされてきたなんて、今まで知りませんでした。
こうした柔らかなタッチでしっかり戦争を伝えていく、素晴らしい事ですね。
ノルウェーまだ〜む
2017/01/27 18:07
新宿ピカデリーはバルトと並んで田舎者がたまにいくと「まんず都会にきたっぺ」とおのぼりさん気分を満喫できる映画館ですね

たしかに心温かいけどちょっと天然なすずさん、まだ〜むと似てるかも(すいません)」。予想を越えるヒットぶりにエピソードを追加した「延長版」が作られるかも、という話もアリ。実現するといいなあ
SGA屋伍一
URL
2017/01/27 22:46
伍一くん☆
あ・・・・・・・バレてた?
忘れ物をしない時が無い私。なんだか他人とは思えないのよねぇ。

延長版!?へー、エンドロールのその後のところを映像化するのかしら?
私としては妊娠したっぽいはずなのに、どうなったっけ?というところが気になってます。
ノルウェーまだ〜む
2017/01/28 22:34
まだ〜むさんこんばんわ♪TB&コメント有難うございました♪

そうそう、あのやわらかな画と前半辺りまですずさんののんびりした結婚生活風景が続くのもあってか、後半の過酷さの落差もまた凄いですよね。とても辛いけど、それでも日々は何事もないように続いていく・・。争いというものに無縁の時代とその土地に生まれついた幸運・有難さを、この作品を思い返すたびに改めさせられる気持ちですね。
メビウス
URL
2017/01/29 00:42
メビウスさん☆
すずさんにとっては戦況が悪化していく時よりも、お嫁に行ったばかりの時の方が百円ハゲが出来たりと、ずっと辛そうでしたけどね(笑)
どんな状況にあっても自分なりに工夫して乗り越えていく、すずさんの生活が一貫していたのも良かったデス☆
今の時代に生きているだけでも感謝しなければ…と思わずにはいられません。
ノルウェーまだ〜む
2017/01/29 09:36
こんにちは。
「この世界の片隅に」とても評価が高くてベストとおっしゃる方も多いので私も気になっています。DVDになるかもしれませんが、見てみますね。
ほのぼのと過酷...といえば、「二十四の瞳」(小説)を思い出します。こちらも空襲の場面はまったくないのに、静かに反戦への思いが伝わってくる作品です。
優しいタッチの絵もすてきですね。
セレンディピティ
URL
2017/01/31 15:19
セレンさん☆
そうですね。大画面で観なくても、どちらかというとDVDで何度も反芻したくなる作品かもしれません。
そもそも昔の日本のお嫁さんの仕事自体がかなり過酷で…(笑)
人はこうして過酷な生活を乗り切って、何倍も成長していくのかもしれないです。
ノルウェーまだ〜む
2017/01/31 23:04
おー、ノルさんついにこちらをご覧になってくれたんですね!

戦争を描くのに際して、こうした表現を取るというのも有りだったなんて、と驚きますよね。
どんな時代にあってもほのぼのとした喜びを見出そうとする“普通の”すずさんが、とても眩しくて。
想像の世界に喜びを見出す性質、こうしたものにもつい共感してしまうのかもしれません。
とらねこ
URL
2017/02/07 01:32
とらねこさん☆
ほんとほんと!
今まで戦争映画を、結局のところどこか遠くで起きている昔の話としてしか感じてこなかった私たちに、ぐっと戦争の恐怖がすぐ横に静かに忍び寄ってくる恐怖を教えてくれた気がするのです。
でもそいうった中でも、小さな喜びを見つけていくすずさんにすっかり癒されてしまったね☆
ノルウェーまだ〜む
2017/02/07 23:54
ようやく観て来ました。
全国的にどんどん拡大しているようです。
妊娠したっぽいのにどうなったか、
私も原作は読んでませんので詳しくは分かりませんが
結局、妊娠はしなかった(できなかった)のだと思いますよ。
だからこそ、最後に捨て子を拾うシーンに結びついたのじゃないかな…
zooey
URL
2017/02/23 20:38
zooeyさん☆
ご覧になられましたね〜
ジワジワと人気が出てきて、週間ランキングにも入ってきていますよね☆
妊娠のところは、なんとなくスルーされちゃったので、ちょっと?だったのですけど、それでより一層姪っ子や孤児を大切に想ったのかもですね☆
ノルウェーまだ〜む
2017/02/24 00:38
こんにちは
「虎猫の気まぐれシネマ日記」のななと申します。
わたしは基本アニメは苦手なのですが
この作品は2016年度のベスト1に
多くのブロガーさんが選んでらして
たまたま今頃隣県で上映してくれたので
観に行ってきました。
アニメで大傑作?って本当か?と
はなはだ失礼な思い込みがあったのですが
土下座したいくらい感動しました。
これって余韻すごいですよね。
まる一日くらい引きずりましたが
それもあたたかい余韻で、こんなの初めてでした。
なな
URL
2017/04/01 17:34
ななさん☆ようこそ〜〜
全く私も同じでしたよ☆
絵のタッチもテーマも地味だし、ちょっと最初は敬遠していたのですが、私も本当か!?という気持ちで観に行って、なるほど!!と大いに反省しました。
実にいい映画に出会いましたよね〜
ノルウェーまだ〜む
2017/04/01 23:30

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「この世界の片隅に」☆ほのぼのと過酷 ノルウェー暮らし・イン・原宿/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる