ノルウェー暮らし・イン・原宿

アクセスカウンタ

zoom RSS 「64−ロクヨン 後編」☆張り巡らされていた伏線

<<   作成日時 : 2016/06/13 23:15   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 28 / コメント 6

64の前編は何も起こらないから、後半から観てもいいのかもって言ってごめんなさい。
前編に見事に張り巡らされた伏線の数々。
この長い長い前置きがあってこその深い物語は、大きく広げた風呂敷をきちんと折り目正しく畳んで、最後にカバンにしまうところまでやってくれたというかんじ。


いやー、前編の記憶が無くならないうちに後編も公開されて、本当に良かった〜〜

画像
「64ロクヨンー後編」 公式サイト

<ストーリー>

時効まであと1年を迎えた少女誘拐殺人事件「64ーロクヨン」をなぞった誘拐事件が発生。
キャリア上司との軋轢、刑事部と記者団との板挟みで苦しむ三上広報官(佐藤浩市)は、突如発生した誘拐事件で取り消しになった本庁長官の「64」被害者慰問について伝えに、その被害者である雨宮(永瀬正敏)の所へ行くと、反対に「大丈夫ですか?」と慰労の言葉をかけられる。

情報を小出しにしてくる記者発表で、記者団の感情は爆発。
三上は情報を取りに自ら刑事のトラックに乗り込み第一線の捜査を広報室の部下(綾野剛)へ伝えるのだが・・・・・


画像
予告編や前編の憔悴しきった様子から、何やらやらかした感があった64被害者の父だったが・・・

14年の長い年月をしっかり感じ取れる見事な変貌ぶりの永瀬正敏。
少女との対話のシーンでは、そのこみ上げて押し寄せてくるかのような感情の表現に、思わず観ているこちらまで、鼻水が垂れる勢い。
とにかく素晴らしい。

画像
堂々たる貫禄で、この人しか出来ない役を見事に演じる三浦友和。
唯一無二の役者といってもいいかもしれない。
この「百恵ちゃんの旦那さん」だった彼が、誰も『そのポジションを奪うことは出来ない役者』になろうとは・・・・

ただ、14年も迷宮入りしていた事件を、最後まで具体的には明かされない『幸田メモ』を基に秘密裏に捜査し続けているならば、どうして最初から捜査協力を申し出て、もっと真相に近づいていこうとしないのかしら?と歯がゆい気分(勿論、そこが警察の権力バランスや警察の失態を握りつぶした懸案事項に関わってくるわけだけど。)

画像
実際の記者会見もこんなに酷いのかしら?気を失うのも判る気がする〜〜(汗)

とにかくぎゃあぎゃあとがなり立てて、実際記者クラブとの対立は大人のすること?って思っちゃう。でも国会でも都議会でも、似たような感じだものね・・・本当に大事なことを騒ぎ立てることで見落としてしまいそうよ。
実際、前編でもこのくだりはちょっと長すぎて、結果的に本筋とはそれほど関係なかったことだし?正直辟易としてしまったwa

画像
今回の○害父(被害者の父親)役の緒方直人も、クルクルと表情が変わって見事な演技。

14年前の事件をなぞることによって、次第に見えてくる事件の全貌。
「犯人を昭和64年に引きずり戻す。」と言った捜査一課長(三浦友和)は、全てを薄々知っていたのか?
だとしたら「64」で人生を棒に振った人たちを、まるで囮?にしているようなかんじで、虚しい気持ちになってしまう。

しかし実際、密かに犯人に辿り着いたあと、どのように具体的に計画を練ったのかは詳細を示されない。

画像
ふんだんな豪華キャストだけでも贅沢すぎるのに、何しろ天下の小田和正、この歌が素晴らしすぎる☆

ラストは泣かずにはいられない。
勿論、小田和正の歌声はCMソングを聞くだけでも泣けてくるけどね♪


画像
原作とはラストが違うらしいので、どんなラストなのかとっても気になっちゃう。
自身の進退をかけてまで、未解決事件の被害者に寄り添おうとする警察なんて、実際には皆無に等しいのでしょうけど、それもたっぷりと時間をかけて前編で積み上げて行ったからこそ、ちゃんと生きてくる物語となっている。

見応えはバッチリ☆
三上が取った行動によって繋がっていったに違いないラストの電話の主も一筋の希望を持たせた終わり方で、また涙がこぼれた。




テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(28件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
日本の警察 その85「64(ロクヨン)後編」 (2016 東宝=TBS)
その84「64(ロクヨン)前編」の特集はこちら。原作の特集はこちら。初日の1回目で見る。前編のボルテージがそのまま維持できれば、確かに&ldquo;映画史に残&rdquo;ったかもしれない。佐藤浩市の、記者たち相手の大芝居や、ポツンと立つ公衆電話が、ある人物の孤独を象徴したりもしていたので。見終わって、うーんそうきたかと思う。前編で広げた大風呂敷を、妙にお行儀よく小さく折りたたんだなあという印... ...続きを見る
事務職員へのこの1冊
2016/06/16 18:19
64-ロクヨン-後編  監督/瀬々 敬久
【出演】  佐藤 浩市  永瀬 正敏  緒方 直人  三浦 友和 ...続きを見る
西京極 紫の館
2016/06/16 21:49
64-ロクヨン-後編
2016/06/11公開 日本 119分監督:瀬々敬久出演:佐藤浩市、綾野剛、榮倉奈々、夏川結衣、緒形直人、窪田正孝、坂口健太郎、筒井道隆、鶴田真由、赤井英和、菅田俊、烏丸せつこ、小澤征悦、金井勇太、柄本佑、椎名桔平、滝藤賢一、奥田瑛二、仲村トオル、吉岡秀隆、瑛太、永瀬正敏、三浦友和 STORY:平成14年12月。時効まであと1年と迫った... ...続きを見る
★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★
2016/06/16 22:10
映画『64−ロクヨン−後編』観てきた・・・
前編の記事はコチラ ...続きを見る
よくばりアンテナ
2016/06/16 22:21
64ーロクヨンー後編
昭和64年に起こった誘拐事件には警察の隠蔽体質があったことがわかっている。それを解明しながら、平成14年の模倣した事件も解決するのを期待していた。できれば最新の技術を使って綿密な捜査を貫く人間が出てきて、警察の闇を白日の元にさらしてほしかった。 ...続きを見る
とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ve...
2016/06/16 22:47
64−ロクヨン−後編
公私混同は都知事だけじゃない 公式サイト。横山秀夫原作、瀬々敬久監督。佐藤浩市、綾野剛、榮倉奈々、夏川結衣、緒形直人、柄本佑、窪田正孝、小澤征悦、金井勇太、椎名桔平、滝 ... ...続きを見る
佐藤秀の徒然幻視録
2016/06/16 23:02
「64 ロクヨン 後編」:健闘の後編
前編を観てから心待ちにしていた映画『64 ロクヨン 後編』を、さっそく公開初日に ...続きを見る
大江戸時夫の東京温度
2016/06/16 23:14
『64-ロクヨン-後編』
そこに意地はあるのか。 これが親の意地なのか。これが刑事の意地なのか。これが地元の意地なのか。 全ては既に始まっていた。全ては既に三上広報官の知らぬところで終わりに向け ... ...続きを見る
こねたみっくす
2016/06/16 23:22
劇場鑑賞「64 -ロクヨン- 後編」
ロクヨン事件の終焉… ...続きを見る
日々“是”精進! ver.F
2016/06/17 05:34
64 ロクヨン 後編
 『64 ロクヨン 後編』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 ...続きを見る
映画的・絵画的・音楽的
2016/06/17 06:56
64−ロクヨン−後編 ★★★
人気作家・横山秀夫の傑作ミステリー巨編を佐藤浩市をはじめとする実力派キャストの豪華共演で映画化したミステリー・ドラマ。本作は前後編2部作の後編。警察庁長官の来県を目前に発生した新たな誘拐事件で県警全体に激震が走る中、さらなるマスコミ対応に追われる広報官・三上が迫る“ロクヨン”捜査の知られざる真相と、現在進行形で展開していく新たな誘拐事件の衝撃の顛末をスリリングに描き出していく。監督は「ヘヴンズ ストーリー」「ストレイヤーズ・クロニクル」の瀬々敬久。 ...続きを見る
パピとママ映画のblog
2016/06/17 11:03
『64 −ロクヨン− 後編』('16初鑑賞57・劇場)
☆☆☆☆− (10段階評価で 8) 6月11日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 16:00の回を鑑賞。 ...続きを見る
みはいる・BのB
2016/06/17 23:16
64-ロクヨン-後編
評価:★★★☆【3.5点】(11) ...続きを見る
映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
2016/06/17 23:20
64−ロクヨン−後編
上映時間 119分 原作 横山秀夫『64(ロクヨン)』(文藝春秋刊) 脚本 瀬々敬久/久松真一 監督 瀬々敬久 音楽 村松崇継 主題歌 小田和正『風は止んだ』 出演 佐藤浩市/綾野剛/夏川結衣/緒形直人/榮倉奈々/窪田正孝/坂口健太郎/筒井道隆/小澤征悦/金井勇太/柄本佑/忍成修吾/... ...続きを見る
to Heart
2016/06/19 09:26
64 ロクヨン 後編
『64 ロクヨン 前編』に引き続く後編。結末が、原作と異なっています。 ...続きを見る
勝手に映画評
2016/06/19 14:13
64 ロクヨン 後編
時効が1年後に迫る「ロクヨン」の捜査員を激励するため、警察庁長官が県警を視察し、被害者の雨宮宅を慰問することになった。 その交渉役として三上は10数年ぶりに雨宮家を訪れるが、被害者の父・雨宮からは長官の訪問を断られてしまう。 そんな時、県内で「ロクヨン」そっくりの少女誘拐事件が発生。 報道協定をめぐり、広報室はまた記者クラブと揉めることに…。 ミステリー後編。 ...続きを見る
象のロケット
2016/06/20 06:17
『64 -ロクヨン- 後編』瀬々敬久監督、佐藤浩市、永瀬正敏、緒形直人、綾野剛、瑛太、仲村トオル、三...
注・内容、犯人、ラストに触れています。『64 -ロクヨン- 後編』 監督 : 瀬々敬久出演 : 佐藤浩市永瀬正敏、三浦友和、緒形直人綾野剛、榮倉奈々、瑛太、夏川結衣窪田正孝、坂口健太郎、筒井道隆鶴田真 ...続きを見る
映画雑記・COLOR of CINEMA
2016/06/20 06:24
映画「64−ロクヨン−後編」
映画「64−ロクヨン−後編」を鑑賞しました。 ...続きを見る
FREE TIME
2016/06/20 21:35
64−ロクヨン【後編】
月曜日に前編を見て、一日空けて水曜日に後編を見てきました。 前編の最後に「64」の模倣誘拐事件が起きて・・・・・・ ...続きを見る
森の中の一本の木
2016/06/24 07:45
「64-ロクヨン-後編」 子への思い、届かぬいたたまれなさ
<ネタバレ部分があるので、注意してください> 前編は昭和64年に発生した誘拐事件 ...続きを見る
はらやんの映画徒然草
2016/06/26 10:40
「64-ロクヨン-後編」事件の犯人に辿り着いた先にみた警察の失態に失望した被害者自らの犯人追跡で娘の...
「64-ロクヨン-後編」は64-ロクヨン-前編の続きとなる作品で昭和64年に起きた少女誘拐殺人事件と同じ手口の事件が起きた事により当時の事件が大きく動き出し真犯人へとたどり着いてい ... ...続きを見る
オールマイティにコメンテート
2016/07/01 00:20
「64-ロクヨン-後編」
少女誘拐殺人事件が時を経て繰り返される。 合本 64(ロクヨン)【文春e-Books】横山秀夫文藝春秋 by G-Tools ...続きを見る
三毛猫《sannkeneko》の飼い主の...
2016/07/08 22:07
「64(ロクヨン)後編」
「怒涛の前編、慟哭の後編」なのである。局の柱巻きに書いてあったのだから、間違いない。そうなんだろうな、と思いつつ、結局公開終了直前に鑑賞。いやもう本当に楽しみにしていたのだけれど、息子と予定を合わせるのが難しいシーズンなので。前編からの期待を裏切らない素晴らしい力作。だが、ラストは原作とは異なるのだという。それは…!大変だ!ということで、自分史上初めて映画を観た後に原作を読む事を決意。で、文庫本を買ってきたのはいいんだけど、読み始めて10ページもいかない内に涙、涙。これは読了するのに相当な気力が... ...続きを見る
ここなつ映画レビュー
2016/07/20 12:29
後編は事件は解決へと向うが・・・
23日のことですが、映画「64-ロクヨン-後編」を鑑賞しました。 ...続きを見る
笑う社会人の生活
2016/08/19 13:23
64-ロクヨン-前編/64-ロクヨン-後編
【概略】 かつては刑事部の刑事、現在は警務部・広報官の三上義信は、常にマスコミからの外圧にさらされていた。そんな彼が、昭和64年に発生した未解決の少女誘拐殺人事件、通称「ロクヨン」に挑む。 サスペンス ...続きを見る
いやいやえん
2016/12/18 21:11
64-ロクヨン-後編
監督:瀬々敬久 出演:佐藤浩市、綾野剛、榮倉奈々、夏川結衣、緒形直人、窪田正孝、金井勇太、筒井道隆、鶴田真由、赤井英和、菅田俊、小澤征悦、菅原大吉、柄本佑、坂口健太郎、宇野祥平、菜葉菜、緋田康人、矢柴俊博、加藤虎ノ介、足立智充、大西信満、管勇毅、忍成修吾、森本のぶ、三浦誠己、結城貴史、黒川芽以、渡辺真起子、小橋めぐみ、芳根京子、萩原みのり、渡邉空美、瑛太、滝藤賢一、烏丸せつこ、奥田瑛二、仲村トオル、吉岡秀隆、永瀬正敏、三浦友和 ...続きを見る
タケヤと愉快な仲間達
2017/01/13 05:23
映画評「64-ロクヨン-後編」
☆☆☆(6点/10点満点中) 2016年日本映画 監督・瀬々敬久 ネタバレあり ...続きを見る
プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]
2017/04/05 09:30
64 ロクヨン 後編(2016)
ベストセラー作家・横山秀夫の小説「64(ロクヨン)」を映画化した2部作の後編映画の後編は、原作と異なるラスト、だったんですってね。警察の広報担当と、記者クラブの激しい対立のさなかに起きた、ロクヨンを模した誘拐事件。それは、あまりにも切ない顛末だったのでした。ロクヨンで、傷ついた人々の、その後の軌跡もまた、胸痛みます。男臭いメンバー達が対立しまくる中、華を添える榮倉奈々、図書館戦争に続いて制服女子になっちゃいましたね。個人的に、永瀬正敏、凄い役者さんだなぁ、綾野剛、美しいなぁ、と感じたのでした。受... ...続きを見る
のほほん便り
2017/04/07 07:54

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
私も原作のラストは知らないので気になります。
とにかく俳優陣の演技が素晴らしかったですね。
特に永瀬正敏さんは印象に残ります。14年の月日が感じられましたよね。
yukarin
URL
2016/06/16 22:47
この映画を見て改めて親の意地を感じました。
どんなことがあっても親は子供を守りたいと思い、守れなかったらどんなことをしてでも犯人を捕まえたい。
そんな意地は親にならないと一生張れないのでしょうね。
にゃむばなな
URL
2016/06/16 23:16
yukarinさん☆
ほんと、ほんと!
困惑して疲弊している様子から、急にしゃきっとした印象になったのには訳があったのですよね。
ここに14年の紆余曲折が見えて、見事!って思っちゃいました。
ノルウェーまだ〜む
2016/06/17 11:28
にゃむばななさん☆
最近子供が巻き込まれる事件が多くて、この映画を観たら余計に苦しい胸の内を感じずにはいられませんでした。
犯人にも幼い子供が居たのに…と、なんともやりきれないですよね。
ノルウェーまだ〜む
2016/06/17 11:31
こんにちは。
親の気持ちって、立場や職業や過去が違っても、そこだけはみんな同じなのですね〜。
目先だってホントはあんなヤツなのに、必死で車走らせていましたものね…。
この作品は、あまりにも配役が全員ぴったりで、そこにも驚かされました。
「百恵ちゃんの旦那さん」(笑)、はい、確かに私もそう思っていた時期がありました。
が、一番先見の明があったのは、やはり百恵ちゃんなのでしょうね。
ここなつ
URL
2016/07/20 12:33
ここなつさん☆
百恵ちゃん、本当にさすがです!(笑)
でもこの映画のキャストを決めた人もさすがですよね〜
前後編、テーマがしっかりひとつで、子を想う親の気持ちは誰にも共通したものなのだと改めて思いますね。
ノルウェーまだ〜む
2016/07/20 18:00

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「64−ロクヨン 後編」☆張り巡らされていた伏線 ノルウェー暮らし・イン・原宿/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる