ノルウェー暮らし・イン・原宿

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ルーム」☆嗚咽せずにはいられない

<<   作成日時 : 2016/04/08 13:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 36 / コメント 24

これは暗くした部屋で独りで見たい映画だ。
何しろうっかり声を上げて泣いてしまうから。



画像
「ルーム」 公式サイト

<ストーリー>

唯一天窓から見える空だけが、全ての世界だったジャック(ジェイコブ・トレンブレイ)は、5歳の誕生日をママ(ブリー・ラーソン)と祝っていた。
時々やってくるオールドニック(ショーン・ブリジャーズ)を間近で見ようと、寝床のタンスから出てきたところを見とがめられ、「触らないで!」と叫んだママはオールドニックに首を絞められてしまう。
なすすべもない事を悟る二人だったが、死んだことにしてカーペットに包まって脱出する計画を練るが・・・


画像
狭苦しい部屋ではあるけれど、二人は仲睦まじく暮らしている

はじめはごくありふれた親子の会話、遊び、ちょっと拗ねたりワガママを言ったりと普通の5歳児のように無邪気なジャックの生活が、まるで監禁されていることすら忘れるほど平和的に描かれていく。
ここで、ママが過酷な監禁生活の苦痛を出来る限り取り除いてジャックを育てようと苦心してきた深い愛情を知ることが出来る。

画像
唯一の外との関わりは、天窓から見える空と映りの悪いテレビだけ

冒頭のアントマンもびっくりのアップを多用した映像は、まさにジャックの目線であり、ジャックの5年間生きてきた全て、そのものを表している。

画像
少しでも反抗すると虐待されたり、寒いのに電気を切られてしまうなどの制裁を加えられる

タイムリーと言うべきではないけれど、ごく最近脱出に成功した中3少女の監禁事件など、こんな事件が世の中にごろごろあるのだとしたら、本当に恐ろしい事。
原作と脚本が女性作家だからこそ描けた母性愛に満ちた作品に仕上がっているけれど、男性はもし違う目線でこの映画を観ているとしたら・・・と考えたら思わず身震いしてしまう。

画像
ミッションインポッシブル以上にドキドキした脱出シーン

脱出を思い立ってから、自分たち以外のテレビに映っている人も、実際に存在するリアルな人だと、少しずつ教育していくシーンは、情報を完全にシャットアウトされた状態で育つという事が、どんなことなのか、ちょっと想像した程度では考えも及ばない世界なのだと教えてくれる。

画像
脱出後、病院に両親が来てくれるが、既に二人は離婚していて・・・・

この映画ではスリリングな脱出シーンも、憎い犯人逮捕も実はさらりとした扱いで、本当のテーマは、脱出後の二人の立ち直っていく様にある。

強い愛情でジャックを守らんとするばかりに、ずっと気が張っていたママのジョイが、自分の部屋で我に返った時に改めて蘇ってきた絶望、恐怖、喪失・・・・それらに打ち勝てなくなった時に、彼女を救ったのが愛しいジャックだったラストシーンで、私はこの映画で3度目の嗚咽を漏らすことになった。

画像
原作&脚本のエマ・ドナヒューの「部屋」の元になったのは、オーストリアの実際の事件エリザベート・フリッツル事件
実の父に地下牢で24年間も監禁され、7人も子供を産まされていたエリザベートの事件を知ると、現実は小説より過酷であると思い知らされてしまう。

更にこの映画では虐待の部分があまり過剰に表現されていなかったことに胸を撫で下ろす私。
勿論、それらがあっただろうからこそ従順になるしかなかったわけだけれども、そういった部分よりも、脱出後に僅かずつでも再生してくこの親子に希望を見出せるつくりになっていたことが、何よりもこの映画の素晴らしいところなのではないだろうか。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(36件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ルーム
ルーム@TOHOシネマズ六本木ヒルズ ...続きを見る
あーうぃ だにぇっと
2016/04/09 13:44
ルーム〜卵の殻を破る時
公式サイト。アイルランド=カナダ。原題:Room。エマ・ドナヒュー原作・脚本、レニー・アブラハムソン監督。ブリー・ラーソン、ジェイコブ・トレンブレイ、ジョーン・アレン、ショ ... ...続きを見る
佐藤秀の徒然幻視録
2016/04/09 14:46
映画「ルーム ROOM」 感想と採点 ※ネタバレなし
映画 『ルーム ROOM』(公式)を本日公開初日に劇場鑑賞。採点は、 ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら80点にします。 ...続きを見る
ディレクターの目線blog@FC2
2016/04/09 15:45
劇場鑑賞「ルーム ROOM」
心を、自由に… ...続きを見る
日々“是”精進! ver.F
2016/04/09 15:48
『ルーム』 2016年3月21日 TOHOシネマズ六本木ヒルズ
『ルーム』 をジャパンプレミアで鑑賞しました。 ...続きを見る
気ままな映画生活 −適当なコメントですが...
2016/04/09 17:00
ルーム
決別から始まる希望の人生。   ...続きを見る
Akira's VOICE
2016/04/09 17:04
『ルーム』
初めて空の大きさを知った時、世界はジャックのルームになる。 2006年生まれの9歳児、ジェイコブ・トレンブレイ。何て凄い子役、いや俳優なんだ!まさにこの映画のために生まれて ... ...続きを見る
こねたみっくす
2016/04/09 18:36
映画:ルーム ROOM たまたまそうなっただけとはいえ、何とタイムリーな公開!
この映画と聞いて、多分誰もが真っ先にイメージするのが、2年ぶり保護女子中学生監禁事件。 たまたまそうなっただけとはいえ、何とタイムリーな公開! ...続きを見る
日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF ...
2016/04/09 18:55
ルーム
評価:★★★★【4点】(P) ...続きを見る
映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
2016/04/09 22:27
『ルーム』
映画の半分くらいの内容は予告編で判っちゃってるわけで。 それでもグイグイ惹きつけられるのは流石。 アカデミー主演女優賞の演技も良かったけど、子役が圧倒的。 主演男優賞に ... ...続きを見る
時間の無駄と言わないで
2016/04/09 22:39
ルーム
ROOM 上映時間 118分 原作 エマ・ドナヒュー『部屋』(講談社刊) 脚本 エマ・ドナヒュー 監督 レニー・アブラハムソン 出演 ブリー・ラーソン/ジェイコブ・トレンブレイ/ ジョーン・アレン/ショーン・ブリジャース/ウィリアム・H・メイシー ...続きを見る
to Heart
2016/04/09 23:00
ルーム
若い母親と幼い息子ジャックが暮らしているのは天窓が一つあるだけの狭い<部屋>。 二人はそこで、歯磨きや入浴をし、ストレッチや駆けっこをして遊ぶ。 簡単な料理や、ケーキだって作れる。 この部屋が二人の世界すべてだった。 しかし母親は、5歳になったジャックに外の世界を見せようと決意する…。 ヒューマンドラマ。 ...続きを見る
象のロケット
2016/04/10 10:21
ルーム ROOM
JUGEMテーマ:洋画 ...続きを見る
マープルのつぶやき
2016/04/10 10:36
ルーム
【ROOM】 2016/04/08公開 アメリカ 118分監督:レニー・アブラハムソン出演:ブリー・ラーソン、ジェイコブ・トレンブレイ、ジョーン・アレン、ショーン・ブリジャース、ウィリアム・H・メイシー はじめまして、【世界】。 STORY:施錠された狭い部屋に暮らす5歳の男の... ...続きを見る
★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★
2016/04/10 22:51
ルーム
...続きを見る
ハリウッド映画 LOVE
2016/04/11 20:57
失われた時間の代償。『ルーム』
7年間、密室に監禁された女性とそこで生まれ育った5歳の息子の物語です。 ...続きを見る
水曜日のシネマ日記
2016/04/11 22:44
ルーム
エマ・ドナヒューのベストセラー小説「部屋」を映画化したヒューマンドラマ、「ルーム ...続きを見る
セレンディピティ ダイアリー
2016/04/13 17:05
ルーム  監督/レニー・アブラハムソン
【出演】  ブリー・ラーソン  ジェイコブ・トレンブレイ  ジョーン・アレン ...続きを見る
西京極 紫の館
2016/04/13 21:53
[映画『ルーム』を観た]
「ルーム」本予告 ☆・・・傑作ですね。 時節がら、そのような宣伝をされていないけど。 17歳で誘拐された少女が七年間の監禁生活の中で子供を宿し、その子が五歳になり物心がつく&hellip;、その時点で《監禁「ルーム」》からの脱出を決意し、そして、その経験を克服... ...続きを見る
『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッド...
2016/04/15 08:12
ルーム
5歳の誕生日を迎えたジャック(ジェイコブ・トレンブレイ)は、狭い部屋にママ(ブリー・ラーソン)と2人で暮らしていた。 外の景色は天窓から見える空だけで、部屋の中が世界の全てだと信じていた。 7年前、ある男に誘拐監禁されたママ(ジョイ)は、そこでジャックを出産。 施錠された部屋しか知らない息子のため、自らの奪われた人生を取り戻すため、全てをかけ脱出しようと行動を開始するのだったが…。... ...続きを見る
心のままに映画の風景
2016/04/16 11:44
ルーム
子役が主役 公式サイト http://gaga.ne.jp/room 原作: 部屋 (エマ・ドナヒュー著/講談社)監督: レニー・アブラハムソン  「FRANK -フランク-」 閉じ込められた[部屋] ...続きを見る
風に吹かれて
2016/04/18 15:01
No.541 ルーム
監禁された女性と、そこで生まれ育った息子が、長らく断絶されていた外界へと脱出し、社会へ適応していく過程で生じる葛藤や苦悩を描いたドラマ。第88回アカデミー賞で作品賞ほか4 ... ...続きを見る
気ままな映画生活
2016/04/18 21:18
ルーム ROOM・・・・・評価額1650円
「部屋」から「世界」へ。 ...続きを見る
ノラネコの呑んで観るシネマ
2016/04/18 21:41
ルーム
 『ルーム』をヒューマントラストシネマ渋谷で見ました。 ...続きを見る
映画的・絵画的・音楽的
2016/04/19 07:06
映画「ルーム」
映画「ルーム」を鑑賞しました。 ...続きを見る
FREE TIME
2016/04/21 22:08
ルーム
エマ・ドナヒューの小説「部屋」をブリー・ラーソン主演で映画化した作品です。 ブリー・ラーソンは『ショート・ターム』を観た時に印象的だった上に、今回のアカデミー賞で受賞していたので どんな演技を見せてくれるのか気になっていました。 本当に厳しい状況を強いられた主人公と彼女の心の支えとなっていく5歳の息子との絆に 胸が震えるような作品でした。 ...続きを見る
とりあえず、コメントです
2016/04/23 19:45
ルーム
そこから踏み出す勇気が、試されている…。施錠された狭い部屋に暮らす5歳の男の子ジャック(ジェイコブ・トレンブレイ)と、母親ジョイ(ブリー・ラーソン)。彼女はオールド・ニック(ショーン・ブリジャース)によって7年間も監禁されており、そこで生まれ育った息子にとっては、小さな部屋こそが世界の全てだった。ある日ジョイは、オールド・ニックとの言い争いをきっかけに、この密室しか知らないジャックに外の世界を教えるため、そして自身の奪われた人生を取り戻すため、部屋からの脱出を決心する。(シネマトゥデイ)監禁とは... ...続きを見る
E'S STREAM
2016/04/23 20:35
5歳のボクが、部屋を出るまでと出てから レニー・エイブラハムソン 『ルーム』
毎年この時期になりますと、アカデミー関連の作品が続々と公開されますが、今日取り上 ...続きを見る
SGA屋物語紹介所
2016/04/28 22:24
「ルーム」
おとこのこが、かわいいことったら! ...続きを見る
或る日の出来事
2016/04/29 10:30
「ルーム」
これは困った!私は誰の立場で観るのが一番相応しいのか?「ルーム」と呼ぶ唯一の閉鎖された世界に、忌まわしき犯罪の中監禁された母子の事がメインな訳だから、自分の属性としては思いっ切り、ジャックの母であるジョイ(ブリー・ラーソン)に感情移入して観るべきなのだろう。実際に7割方その思いで鑑賞していた。ジャックの目線で観る時にも、自分が育てた幼子の姿になぞらえて感情移入したと言っていいだろう。自分自身の遠い記憶の幼子時代よりも、むしろ。しかし、最も胸を突いたセリフは、ジョイの実母が発した「人生を壊されたの... ...続きを見る
ここなつ映画レビュー
2016/05/06 16:09
その部屋を出たあとの・・・
9日のことですが、 映画「ルーム」を鑑賞しました。 ...続きを見る
笑う社会人の生活
2016/05/13 01:32
ルーム ★★★★.5
アイルランド出身の作家エマ・ドナヒューのベストセラー小説「部屋」を映画化。監禁された女性と、そこで生まれ育った息子が、長らく断絶されていた外界へと脱出し、社会へ適応していく過程で生じる葛藤や苦悩を描いたドラマ。第88回アカデミー賞で作品賞ほか4部門にノミ... ...続きを見る
パピとママ映画のblog
2016/05/15 15:01
ルーム ROOM
今年のアカデミー賞で主演女優賞を受賞した作品。ちょうど埼玉の少女監禁事件の被害者が保護されて容疑者が逮捕された時だったから、監禁事件そのものが注目を集めたけど、アメリカではクリーブランド監禁事件があり、日本でも2000年には新潟少女監禁事件という10年もの... ...続きを見る
まてぃの徒然映画+雑記
2016/06/04 23:40
2017新年明けましてと昨年ベスト3
皆さま、新年あけましておめでとうございます。 昨年は別のSNSへ移行していくブロガーさんも多く、ぐっとコメントも減ってすっかり寂しくなった一年でしたが、そんな中でも当ブログを訪ねてくださった皆様、本当にありがとうございました。 なんとか今年ものらりくらりと続けて行こうと思っておりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。 ...続きを見る
ノルウェー暮らし・イン・原宿
2017/01/01 10:53
映画評「ルーム」
☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2015年アイルランド=イギリス=カナダ=アメリカ合作映画 監督レニー・エイブラハムスン ネタバレあり ...続きを見る
プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]
2017/02/26 08:36
ルーム(2016)
前半は密室劇。ずっと、この映画を「どうして、脱出劇になるのだろう」と不思議に思ってたのですが、学校帰りに突然、事件に巻き込まれ、監禁されてたんですね。それから7年間、青春を奪われて成人した、少女と、その家族の事を思うに、胸が痛くなります。「外の世界を知らずに育った息子」ジャックが、5歳になった時、ついに脱出を試みます。そして、初めて見る空、外界… ジャックは、最初、母親のそばを離れず、小声でしか話せなかったのが、周囲の愛と適切な気配りによって、どんどん、普通の少年になり、やがて同じ年頃の友人と遊... ...続きを見る
のほほん便り
2017/02/28 12:02

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(24件)

内 容 ニックネーム/日時
「男性はもし違う目線でこの映画を観ているとしたら・・」
怖いですね。
アメリカならではと思いきや、日本で2年もの監禁発生。
隣人とのコミュニケーションが希薄化しているのでしょう。
ジェイコム君はかわいかったけどすぐに大きくなってしまいます
まっつぁんこ
URL
2016/04/09 13:57
重たさに偏らず寄り添いながら希望に導く構成がうまかったですね。

自然と涙こぼれる場面が幾つも。。
ええ子や。。
AKIRA
URL
2016/04/09 17:09
他人に監禁されていた話よりも、脱出後に自分で自分自身を心の殻に監禁してしまう苦しさ。
ここをメインにしているのがこの映画のいいところですよね。
子供の成長は素晴らしいという一言で片づけるにはあまりにも勿体ないジェイコブくんの名演技。
やっぱり子供は本当に可愛い、だから大事にしないと!と改めて思える映画でもありましたよ。
にゃむばなな
2016/04/09 18:31
まっつぁんこさん☆
男性目線の感想が本当に怖いです…
実はジェイコブくんの「しょた」的可愛さも、オールドニックの餌食になるのでは…とビクビクしながら観ていました。
さすがにそこまでは描けないですね。
いっそ早く大人になって!と思っちゃいました。
ノルウェーまだ〜む
2016/04/10 00:14
AKIRAさん☆
本当にええ子でしたね〜〜ぇ。
今まで甘えてばかりの子供だったジャックが、狭い部屋から広い世界に出て、次第に母をも守ろうと大きく成長していく姿は感動的でした。
時に母も弱いところを見せるのも大切なのかも…
ノルウェーまだ〜む
2016/04/10 00:17
にゃむさん☆
子供は無限の可能性を秘めているとよく言われますけど、まさにそうですよね。
それもこれもジャックを大切に愛情いっぱいに育てたママがいてこそです。
最近の、我が子をゲージに入れて最後は殺してしまうような親は、オールドニック以下だっ!と心底思いました。
ノルウェーまだ〜む
2016/04/10 00:20
実話を基にしているというのがなんとも…
見るのが怖いけど
アカデミー賞も取ったことだし
やっぱり観なくちゃね?
後味はいいのかしら?
zooey
2016/04/10 16:06
zooeyさん☆
後味いいですよ〜
悲惨な印象をあえて抑えたつくりになっているので、全体的にも辛くて見られないようなことは無いのです。
ポイントを母と子の絆に持ってきたのが良かったのだと思います。
オススメですよ☆
ノルウェーまだ〜む
2016/04/10 17:59
こんばんは。
ジェイコブくんもブリー・ラーソンも本当に素晴らしい演技でしたね。母と子の絆に涙しちゃいました。
あの脱出シーンは大丈夫と思いつつもドキドキしてしまった、、、
重いお話ですがジェィコブくんの自然な表情や可愛らしさに癒やされました〜
yukarin
URL
2016/04/10 23:05
yukarinさん☆
脱出シーンはドキドキしたわ〜
その割に母が救出されるところとか、犯人が捕まるのもあらら?と思うくらいあっさりで拍子抜けするくらいだったけど、この映画のポイントはその後のお話だったのだものね。
ジェイコブくんの表情が愛らしくて、私も癒されたわ♪
ノルウェーまだ〜む
2016/04/11 00:40
こんにちは。
私も昨日、見てきました。
きつい映画ですが考えさせられる作品でした。
17歳で誘拐され、あのような過酷な環境の中で子どもを産み、愛情たっぷりにしっかり育てることができるなんて...母はすごい。
そして何よりも子どもの存在は心強いですね。
セレンディピティ
URL
2016/04/11 16:47
セレンさん☆
自分の置かれた状況を思うと、普通なら冷静ではいられないでしょうに、息子を愛情たっぷりに育てたママは本当に偉かったですよね。
脱出するまで自分の名前さえも捨て、「ママ」に徹していた彼女は母親の鏡です☆
それにしても自分の子供を衣装ケースに入れてしまう親にとって、子供の存在とはいったい何だったのでしょうね…?
ノルウェーまだ〜む
2016/04/11 23:31
物凄く密接な母子の話だから、全体に女性の方が感情移入している人が多いですね。
あの孫の顔を見られないお祖父ちゃんの描写は、「そして父になる」を思い出しました。
血がつながってない事を気にする福山雅治に、真木よう子が「そんなこと気にするのは、子どもとつながってるって実感のない男だけよ」って言い放ってましたね。
本作をみて、あれはユニバーサルな真理だったんだなあと。
ノラネコ
2016/04/18 22:02
ベースになる実話があったのですね〜
というか、そうした誘拐監禁事件は結構あるんだって思える昨今だし、恐ろしく思います。

この映画ではいっぱい涙をこぼしていましたが、半分はうれし涙だったように思います。
綺麗な〆が映画的ではあったけれど、映画なのだし希望があって素敵ですよね。

たいむ
2016/04/22 14:34
たいむさん☆
本当にそうですね!
実際には周囲から好奇の目で見られたり、心無い言葉も沢山投げかけられるでしょうし、これからまだまだトラウマを抱えながら辛い人生を送る人も多いでしょうけど、この物語のラストは希望に満ちていて素晴らしかったですよね☆
ノルウェーまだ〜む
2016/04/23 16:37
ノラネコさん☆
確かにそこは世界共通なのかもしれないですね。
逆に言うと、血の繋がっている、繋がっていないどちらでも、直接子育てをしている母目線の女性の気持ちは理解できますけど、そっちの男性の対応のほうが理解しにくく感じました。
あー、そうなっちゃう?って。
一番理解出来ないのは、誘拐犯の気持ちですけど。
ノルウェーまだ〜む
2016/04/23 16:42
こんばんは。

どんな厳しい状況でも、前向きに家族の話をする親子には、希望を感じました。肉体の自由は奪われても、言葉とか感情は奪う事はできないです。ラストでのジャックの行動は、あれだけの事件があった場所で、そこにすら、郷愁を感じる、という事。場所とか、運命を受け入れて、過去すら受け入れられるジャックは、これからも、益々、幸せな家庭を彩って行くのだと思いました。

URL
2016/04/23 20:33
隆さん☆
一瞬ラストのシーンは「あんな目にあった場所に!?」と思っちゃいますが、あの世界しか知らなかったジャックにとってはあの場所が全宇宙で、しかもママの努力によって最高に幸せで快適な空間として生活できていたわけなので、忌み嫌う場所ではなかったはず。子供って意外と前だけ向いているものですよね〜
ノルウェーまだ〜む
2016/04/23 23:00
そうですね… おっさんのわたしも感動しましたけど、この映画はお母さんの立場にある人の方がより感動できるのかな、と思いました。「でもママだよ」「バイバイして」というジャック君の何気ない一言がジョイさんを励まし導いてるんですよね
それにしてもジャック君は本当に女の子にしか見えない(^_^; 劇中でも「お嬢ちゃん」と呼ばれてましたしね
SGA屋伍一
URL
2016/04/28 22:23
伍一くん☆
自分の事しか考えていない犯人と対照的に、ジャック君の母を想う気持ちは、本当に涙なくしては観られなかったです。
そしてジャックくんが女の子のように見えるので、ルームに居たときは本当におばさん心配しちゃったよ。ヒヤヒヤ…
ノルウェーまだ〜む
2016/04/28 23:57
ジェイコブくんとブリーさんの顔も、けっこう似ているような。親子役をやると似てきたりもして?
子役がすばらしかったです。
ボー
URL
2016/04/29 15:08
こんにちは。
そうなんです、そうなんです。
本作の肝心な部分は、脱出劇が終わった後なのですよね。
広ーい現実世界との折り合いの付け方、壊れていく様、立ち直ろうとあがく様、すべて胸にずっしりと応えました。
ここなつ
URL
2016/05/06 16:09
ボーさん☆
本当に二人は感じが似てましたね。
そして似ている以上に親子のような絆を感じられる素晴らしい演技でした!
ノルウェーまだ〜む
2016/05/06 22:39
ここなつさん☆
ですよね〜
ある意味、囲われていた時は自由は無い代わりに、ある一定の小さな安定もあったところが、広い世界へ飛び出して見ると、自由や人権が保障されると同時に多くの別の問題とも向き合っていかなくてはならなくなったのですね。
ずっしりと胸に響く作品でした。
ノルウェーまだ〜む
2016/05/06 22:59

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「ルーム」☆嗚咽せずにはいられない ノルウェー暮らし・イン・原宿/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる