ノルウェー暮らし・イン・原宿

アクセスカウンタ

zoom RSS 文学散歩☆『芥川龍之介の生涯』特別展と芋粥定食からの〜古墳

<<   作成日時 : 2013/11/28 00:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

そもそもはこの『芥川龍之介の生涯〜あまりに人間的な』という企画展を見に行くのが目的だった。
なぜ東京からわざわざ高崎へ?と聞かれたら、単純に実家があるからで・・・




画像画像

画像
群馬県立 土屋文明記念文学館『芥川龍之介の生涯ーあまりに人間的な』10月5日〜12月1日

畑のど真ん中にポツンとある広大な敷地の、それはそれは見事な建築物☆ツツジの紅葉が綺麗!
高崎駅から1日1〜2本の群馬バスか、1日4〜5本のぐるりんバスか、タクシーで20分
めっちゃ行きにくいっ!!

本当にやる気あるの?県立の施設。
ここまでお金かけた施設なら、シャトルバスを用意すべきだわ。




今回の芥川企画展は、生い立ちから仕事で中国旅行をした時の様子や、そこで身体を壊してから次第に自死にむかって心が揺れていく様子が見て取れる展示になっている。

特に彼が仕事で缶詰になっている宿から家族に宛てた手紙や、死の間際家族や友人に宛てた直筆の遺書などが目玉。
「たべちゃいたいくらい」と可愛く思っていた妻の文子宛ての遺書は意外に事務的で、友人に宛てた遺書には『30歳すぎたら情人はいなかった』と、秀夫人とのW不倫だけでなく他にも色々あったことを告白しているのが、なんとも・・・
そんなことするの、太宰だけじゃなかったんだぁ〜〜



さて今回のもうひとつの目的は、農家レストラン『菜花』で企画展特別ランチ「芋粥御膳」1000円を食べる事☆
画像
今回はとろろ芋粥(黒米ごはんと紫芋粥と隔週)の定食




ちなみにレストランから見える赤城山などの山々と連なる荒船山 (遠くに見える薄い色のきっぱり山が切れているあたり)が、クレヨンしんちゃんの作者臼井氏が謎の死をとげたところ。
画像

画像画像















芥川家の食事は一汁一菜だったらしいけど、こちらはとろろ芋粥、味噌汁、白菜の浅漬け、朝採り野菜のサラダ、下仁田こんにゃくの入ったおでん、芥川の好きだったブリの照り焼き、デザートにトマトのムース&ジュレと、なかなかに豪華!
特におでんは色は薄いのに味がしっかり浸みていて絶品だったwa



食後には文学館裏から行ける古墳へ・・・・・・こふん??
画像
なかなか展示場から出てこないねえねを待ちあぐねて、古墳散歩が気持ちいいポカポカ陽気♪

画像
膨大なお金をかけて史実どおりに復元した八幡塚古墳
手前の土器は学校の子供たちの手作り。一応資料にそった形を再現しているらしい。
画像画像















古墳の頂上から臨む(左)
建物(はにわ工房)の向こうにもうひとつ古墳が見える。こちらは資金不足で、当時の姿に復元はできず芝生の丘×2というお馴染みの姿のまま。
古墳の中へ降りていくと、石棺が(右)
装飾品はほとんどが盗掘されていたらしい。パパンに写真を見せたら「何?この和式便器みたいなやつ?」って(笑)

画像
あきらか復元された「はにわ」たち

どうして土屋文明記念館の横に古墳とはにわがあるのか分からないけれど、埴輪の現物は『かみつけの里』という建物に展示されているらしい。
駐車場の向こうにその建物はあるけれど、なにしろだだっ広くて、すぐ近くのように見えて案外遠そうなので今回はパス。



このあたりには、他に「群馬県立日本きぬの里」という施設もあり、文学館★はにわ★絹というふしぎトライアングル地帯になっている。
おもしろいぞ群馬!



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
萩原朔太郎は前橋、そして芥川龍之介は高崎の出身だったのですね。文学好きのお嬢様にとっては実りある旅、そしてお父様も下見までしてくださって、楽しみにしていらしたのでしょうね。いいご両親孝行になりましたね。
ところで、私も以前芥川の家族宛ての遺書というのを見たことがあるのです。遺書もいくつかあるようなので、同じものではないかもしれませんが(たしか、兄弟仲良くとか箇条書きで書かれたものでした)なんだかうれしくなってしまいましたよ。↓その時の記事
http://serendipitydiary.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/post-5eae.html

そして萩原朔太郎の筆跡にびっくり。私の学生時代の恩師もやっぱりこんな風な丸文字なんです。しかも大先輩の話によると、若い頃はなかなかかっこよかったとか…。
しょうもない話で恐縮ですが、ちょっと親近感がわいてしまいました。^^
↑ 芋粥御前もおいしそう〜☆
セレンディピティ
URL
2013/11/28 16:45
セレンディピティさま☆
朔太郎は前橋出身なのですが、実は芥川は東京出身で、ココでの展示は歌人 土屋文明と同級生だったとかで関係があることからここの特別展が企画されたようです。

イケメンの恩師の方は丸文字なのですねー(笑)
文豪というと達筆のイメージがあるので、こんな女子高生みたいな丸文字なのがとっても印象に残りましたょ。

芋粥御膳、本当に美味しかったです!農家レストランというくらいで、新鮮な地場の野菜が実に味わい深かったです。
ノルウェーまだ〜む
2013/11/28 18:22
こんばんはー^^

ほんと、はまってるね!
ねぇねちゃんはたっぷり鑑賞出来たみたいだねー^^

芋粥御膳、美味しそう♪野菜がたっぷりでいいね!
みすず
URL
2013/11/28 22:52
みすずちゃん☆
昔から博物館は1日中いるタイプだったんだけど、今回はメモしながらだから本当に時間かかったわ(汗)

芋粥御膳、美味しかったよー
簡単には行けない場所なのが残念だよね。
ノルウェーまだ〜む
2013/11/28 23:25
歌人土屋文明か!
芋粥御前が美味ってるぅ
ひぇー畑の、ど・真ん中?!
「県立」だから良いのね
ぎゃぁぁ埴輪の量
尋常じゃない
巨大古墳の周りに
一体何層の?!
(。-∀-) ニヒ♪B級スポットだわ
りゅーのすけの東京散策も
聖路加病院で生を観
両国に行っちゃうの
イタリアンの美味店があるので
ここで食べるのもアリアリだよぉ
そのまま小学校を観て
両国高校(だったっけ?)観て
あぁー柔道を習ったのね
と萌える
 って・・・萌えコースだよねぇ
q都内芥川の散策もアリだな
URL
2013/11/29 21:43
qちゃん☆
芥川って柔道習っていたのね?
なんか柄じゃないかんじ??

両国とイタリアンって繋がらないけど、美味しいお店あるのね?
高くないといいけどー
ノルウェーまだ〜む
2013/11/30 22:52
和式便器にしかみえなくなった・・・
パパンのバカ〜〜〜(笑)
マリー
2013/12/01 21:29
マリーさん☆
はははは〜〜
このサイズだと、かなりの巨人さんの和式便器だねっ
ノルウェーまだ〜む
2013/12/02 11:06

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
文学散歩☆『芥川龍之介の生涯』特別展と芋粥定食からの〜古墳 ノルウェー暮らし・イン・原宿/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる