ノルウェー暮らし・イン・原宿

アクセスカウンタ

zoom RSS 「遺体〜明日への十日間」真摯な気持ちで向き合う

<<   作成日時 : 2013/02/17 11:05   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 17 / コメント 9

同じ日に別の試写会も当たっていた私。
でも、私はこの映画を観なくては。
正直、まだ時期尚早なのでは?という思いが鑑賞後も強く残ったのは事実。
しかし震災時多くの方の尽力があってこそ、亡くなった方々とそのご遺族の魂が共に旅立ち見送る事ができたと、あえて伝える事も大切なのだと思わずにはいられない。



公式サイトの予告編を見ても、被災者やご遺族の方のコメントを見ても、また涙が止まらなくて・・・・・



画像
「遺体〜明日への十日間」公式サイト(2月23日公開)


<ストーリー>

2011年3月11日、観測史上最大の津波が襲った釜石市では混乱状況の中、廃校になっている校舎の体育館が急遽遺体安置所になり、多くの遺体が運び込まれていた。
戸惑う市職員はなすすべもなく立ち尽くしていたが、地元の歯科医や医師による検死作業は粛々と行われていた。
葬儀屋で働いていた事のある相葉(西田敏行)は、その様子を見て思わずボランティアとして働かせて欲しいと旧知の市長にかけあうのだった。


画像
市の職員はチームに別れ、遺体搬送と安置所の管理を任されたが・・・・

次々と遺体をトラックに積み込み、体育館へ搬送する。
終わりの見えない作業に疲弊して、思わず手が滑り、取り落としそうになるスタッフに「大切に扱ってくれよ!自分が同じ事されたら、どんな気がする!?」と一喝する市職員(沢村一樹)


俳優の顔も解らないくらい真っ黒で、このシーンだけでもどれだけ過酷な作業だったかが伺われる。
と同時に水の滴る遺留品を入れたビニール袋と一緒に、どんどん運ばれてくる遺体を見るのは胸が痛く、ご遺族の方が観るには辛すぎると感じた。

画像
混乱する安置所の秩序を保ったのは、他でもないボランティアの相葉(西田敏行)だった


原作はジャーナリスト石井光太氏の「遺体 震災、津波の果てに」
彼が震災当時、報道では伝えられなかった事実を書いたこのルポルタージュを忠実に描いたこの映画は、ほぼドキュメンタリーに近い作品。
ストーリー上の過剰な演出は一切無い。

違うのはそれを役者が演じているところ。
特に福島県出身の西田敏行は訛も完璧だけど、やや演技過剰が気になってしまい、このドキュメンタリーらしさとのギャップ、演技ができないエキストラとの温度差を引き立ててしまうようで正直残念だった。


画像
大切な飲料水でご遺体の泥を丁寧に拭き取る

自分たちも被災して電気が無い、暖房もない、水も無い、ボランティアは食事もないが、自分たちも被災しているので家では乾パンのようなものでしのいでいる。

それでも貴重な飲料水で身体を清めるのは、相葉が元葬儀屋で働いていたからこそ。
ご遺体を丁寧にマッサージし、番号でなくお名前で呼びかけ、話しかけながら体の形をそっと整える。
冷たく寒々しい体育館に温かいものが流れていく一瞬だ。

画像
途方にくれていた若い市職員たちも、相葉に触発され自らご遺体に真摯に向かい合い・・・・

是非、多くの方に観てほしい。
ただ試写会のときは、「震災の記憶を風化させないために・・・」と司会の人が言っていたけれど、まだたった2年しか経っていないわけで、風化などするわけが無い。そういう言い方は関心しないなと感じた。


そして、ご遺族の方たちにはまだ辛すぎるこの映画も、こうして心をこめて送って下さった方が沢山いたのだと知る事は、副題の『明日への』に繋がっていく大切な部分なのだと改めて思うのだ。




この映画の体育館のご遺体の中に、お父様とお母様がいらしたhinoちゃん。
レビューを書くことを許してくださってありがとう。
そして心よりご冥福をお祈りいたします。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(17件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『遺体 -明日への十日間-』 2013年2月13日 ユナイテッドシネマ豊洲
『遺体 -明日への十日間-』 を試写会で鑑賞しました。 ...続きを見る
気ままな映画生活(適当なコメントですが、...
2013/02/23 07:56
『遺体 明日への十日間』 哀悼の意を表して
 葬儀――死者を弔うこの儀式は、私たちにとって極めて重要なものだ。  家族や友人、親しい者を亡くしたとき、人は深い悲しみに囚われ、茫然としてしまう。悲しみの淵に落ち込んで、何もできなくなってしまう... ...続きを見る
映画のブログ
2013/02/24 21:42
映画「遺体 明日への十日間」感想
映画「遺体 明日への十日間」観に行ってきました。2011年3月11日の東日本大震災発生直後に臨時に設置された岩手県釜石市の遺体安置所を舞台に、遺体を管理する人達と遺族の... ...続きを見る
タナウツネット雑記ブログ
2013/02/26 00:34
遺体 明日への十日間
2011年3月11日 あの未曾有の災害に直面し 困難な状況と向き合った人々がいた ...続きを見る
to Heart
2013/02/26 21:23
遺体 明日への十日間
演技と言うより擬似体験 公式サイト。石井光太原作、君塚良一監督。西田敏行、柳葉敏郎、緒形直人、勝地涼、國村隼、酒井若菜、佐藤浩市、佐野史郎、沢村一樹、志田未来、筒井道 ... ...続きを見る
佐藤秀の徒然幻視録
2013/02/27 16:53
遺体 明日への十日間
映画『遺体 明日への十日間』オリジナル・サウンドトラック [CD]震災発生後の遺体安置所での出来事を描くヒューマンドラマ「遺体 明日への十日間」。見ていてつらくなる内容だが、目 ... ...続きを見る
映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち...
2013/02/27 19:36
[映画『遺体 〜明日への十日間〜』を観た(寸評)]
☆先の大震災の釜石の、とある一つの遺体収容場を舞台にした、多くの関係者を主人公とした、ちょっとした「グランドホテル」形式の物語だ。 ...続きを見る
『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッド...
2013/02/27 23:01
遺体 〜明日への十日間〜
2011年3月11日14時46分。 マグニチュード9.0、最大震度7という国内観測史上最大規模の東日本大震災が発生し、最大40メートルの津波が東北地方と関東地方の太平洋沿岸部に壊滅的な被害をもたらした。 岩手県釜石市では廃校の中学校体育館が遺体安置所として使われることになったが、その数の多さに関係者は驚くばかり。 民生委員の相葉は、安置所でボランティアとして働くことになったのだが…。 実話から生まれた震災ヒューマンドラマ。 ...続きを見る
象のロケット
2013/02/28 21:26
遺体 明日への十日間 ★★★☆☆
石井光太のルポルタージュ「遺体 震災、津波の果てに」を原作にした映画。 ...続きを見る
センタのダイアリー
2013/03/02 08:42
遺体〜明日への十日間〜 風化はしない。刻み込んだ。
監督: 君塚良一 キャスト: 佐野史郎, 筒井道隆, 佐藤浩市, 西田敏行, 酒井若菜, 國村隼, 勝地涼, 志田未来, 柳葉敏郎, 緒形直人, 沢村一樹 ストーリー&amp;ldquo;一切報道されなかった被災地の記録&amp;ldquo;と大きな反響を呼んだ石井光太のノンフィクションを基 にし... ...続きを見る
Said the one winning
2013/03/02 16:40
遺体 〜明日への十日間〜
これは、観ておいた方がいいかと思って・・・ ...続きを見る
いい加減社長の映画日記
2013/03/03 18:37
遺体 明日への十日間/西田敏行
東日本大震災で被災した岩手県釜石市の遺体安置所を題材とした石井光太さんによるルポルタージュ「遺体 -震災、津波の果てに-」を基に『誰も守ってくれない』の君塚良一監督が映画 ... ...続きを見る
カノンな日々
2013/03/05 10:47
告知「震災チャリテーJAZZ LIVE」Join Forces☆長島百合子
まもなく東日本大震災から2年。 先日の映画「遺体」公開や、メディアでも震災関連のニュースは多いこの頃。 まだ災害の傷跡は生々しいのに、復興支援に関してはやっぱり少しずつ忘れられてきているのは事実。 そんな時、ゆりっぺこと長島百合子さんが自分のライブをチャリティーで行うというので、是非多くの方に来ていただいて、復興支援に役立てて頂きたくここで告知しマス☆ ...続きを見る
ノルウェー暮らし・イン・原宿
2013/03/06 15:26
『遺体 〜明日への十日間〜』 (2012) / 日本
監督: 君塚良一 出演: 西田敏行 、緒形直人 、勝地涼 、國村隼 、酒井若菜 、佐藤浩市 、佐野史郎 、沢村一樹 、志田未来 、筒井道隆 、柳葉敏郎 ...続きを見る
Nice One!! @goo
2013/03/08 08:47
「遺体 明日への十日間」 まだ2年、もう2年
観ている間、劇場で鼻をすする音が至る所でしていましたが、花粉症のシーズンになった ...続きを見る
はらやんの映画徒然草
2013/03/09 09:48
遺体 明日への十日間
石井光太著のルポタージュ『遺体 震災と津波の果てに』を原作に震災当日からの日々を描いた作品です。 釜石市の遺体安置所を舞台にしているので辛そうだなと観るのをためらっていましたけど、 やっぱりこれは観てみようとチャレンジしてみました。 これがあの震災の現実だったのだなと改めて想いを巡らせるような作品でした。 ...続きを見る
とりあえず、コメントです
2013/03/17 21:46
遺体〜明日への十日間〜★★★★
報道されなかった被災地の記録として、大反響を呼んだ石井光太のノンフィクションを基にした人間ドラマ。 ...続きを見る
パピとママ映画のblog
2013/04/12 13:16

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
今回、私もチャリティを通じて、まだまだ片付いてない問題が多すぎて、風化など、とても…と思いました。イベント前にこの映画を観てみようかなと思っていたので、まゆみさんのブログ参考になりました。ありがとう( ´ ▽ ` )ノ
ゆりっぺ
2013/02/21 17:32
ゆりっぺ☆
ちょうど3.11にやるチャリティジャズライブの企画、頑張ってね!
避難所にまで赴いて、まだまだ援助を必要とする人がいるのを、実際に見てきたなんて偉いわ〜〜
ライブの売り上げを寄付をするところ、決まってよかったね。
出来るだけ貢献したいので、近いうちにブログに書くね☆
ライブに参加する方は、是非その前にこの映画観て欲しいです。
ノルウェーまだ〜む
2013/02/21 19:09
>冷たく寒々しい体育館に温かいものが流れていく一瞬
本当に、、、

あの日、恐ろしい映像の後、避難所の様子は沢山流れましたが、
一方でこのような過酷な現場があることも想像できましたが、
その誰もが全く未知の状況に立ち会うことになった方々、その場に
相葉さんという方がいらしたことで、やるべき事に心が注がれていったのが救いでした。
暖もとれない体育館の冷たい空気が伝わってきましたよね。
公開初日に観たのに、思い出すだけで今でも涙が止まらないです。
キャストもよかったですが、スタッフも泣きながらやっていたそうですよ。
思いの詰まった作品、多くの方に観て欲しいですね。
kira
URL
2013/02/27 21:10
kiraさん☆
私も思い出すだけで涙が出て仕方ありません。
ましてやご遺族の方々では・・・
こうして温かい気持ちで送られたことをご遺族の方に知ってもらいたいと思う反面、私たちでも涙してしまうのだから・・・と思うとまた泣けてきます。
せめて我々が映画を見て、まだ震災の被害から立ち直れない方や被災している方に何か出来ないか、改めて考える場にしていきたいですね。
ノルウェーまだ〜む
2013/02/28 15:11
従兄弟のお嫁ちゃまの実家は福島原発の即目の前でご両親が被災して現在は東京で生活中
このパパが釣りではその道で有名で雑誌特集やテレビにも出たりしてるの
お嫁ちゃん。当時のパニックが酷く
赤ちゃんは抱いても落とすし、食事も全く取れず
ひと言「生きてる」ってр熬ハじない
だから色々と話を聞いてたけれど
この映画。私が観ても良いのか?と
ずっと思い続けてたの
でもね。今。やっと「刻んだ」と言っても良いかな
こういう現実。もっと描いて欲しい
涙じゃなく「真実の現場」が知りたい
そう!風化はしない
まだ多々のコトは山積み
何時も旅して訪れた地が・・・
それでもゆるっくり復興していく情報に
明るい話が出てくるようになってきた
この映画は、覚悟を決めて
沢山の人達に観てほしいよね
q いいのかな
URL
2013/03/02 16:48
qちゃん☆
お嫁ちゃん、大変だったね。
原発はまた違った側面を持っていると思うけど、この映画は観るまで迷っても、観たらきっと「観た事が良かった」に繋がると思うのよね。
多くの人に是非観てほしいね☆
ノルウェーまだ〜む
2013/03/02 21:20
まだーむ
ありがとう
私はまだ観ないまま、どさくさにまぎれてベトナムで頭一杯にしていたけどそれも終え、GWにはお墓参り行ってこようと思います。
それにしても問題山積していて、生きているっちゃ生きているということなんだろうけど、しんどいなあ。
hino
2013/04/04 12:58
検視の歯科医が出てきたと思うけど、その歯医者さんはうちの実家の目と鼻の先のクリニックのかたで、建物はあらかた流されてた。
今は実家も含めきれーに更地になちゃって。
あったものがない、いなくなっているって、まるでマジックにかかったようだよ。
スイッチ掛け違えば、気がふれてもおかしくないことなんだけど人間って強いなって自分もだけど仮設で暮らしている近所だったおばちゃんやお嫁さんみても思うよ。
おばちゃんの旦那さんは3ヶ月後にみつかり、お嫁さんの旦那(おばちゃんの息子で私と同年代)はすぐ近くの瓦礫の下にいたって。うちらそのとき家の中散策してたんだよ。死体がまだあったときに。あとで知ってつくづくとんでもない状況だったと思いました。体育館の中の光景もさ。
hino
2013/04/04 13:10
hinoちゃん☆
本当に言葉も無いね・・・
クリニックの歯医者さんは、ご自身も建物がそんな風にあらかた流されている状況なのに、何十、何百ものご遺体を検死なさっていたのね。
ある意味、そうして目の前の山積みの問題にどっぷりと関わる事で、いたたまれない辛い気持ちにからめ取られるスイッチが入らないようにできているのかも。
GW気をつけて行ってきてね。
ノルウェーまだ〜む
2013/04/04 16:16

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「遺体〜明日への十日間」真摯な気持ちで向き合う ノルウェー暮らし・イン・原宿/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる