ノルウェー暮らし・イン・原宿

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画「300」(スリーハンドレッド)がR-15な訳

<<   作成日時 : 2007/06/02 17:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 19 / コメント 22

久しぶりの試写会だ。
ギリシャ彫刻そのものの、鍛えられた肉体をもつ戦士たちが、古典の絵画のような美しい画面で戦う姿は、スローモーションとストップモーションを駆使した映像が、その動きを優雅なダンスのように見せ、飛び散る血しぶきでさえ、美しいと思わせる・・・・・・

しかし・・・・・これだけは言っておこう。

食事は観る前にとっておこう。

そして食べるなら、消化のよいものにしておこう。
万が一ホルモン焼きとか食べた後なら、必ずエチケット袋が必要になる。


画像


300(スリーハンドレット) 公式サイト

確かに一抹の不安は感じていた。
何しろ、原作がフランク・ミラーのグラフィック・ノベルだ。

フランク・ミラーといえば、10代のころからコミック・アーティストとして活躍しているだけあって、その芸術的で絵画的な映像美を映画と融合させたことは、すばらしいと評価できる。
実際、長編映画デビューを果たした作品「シン・シティ」も、彼のグラフィック・ノベルであるわけだが、私はこれで痛い目にあっている。

「シンシティ」の白黒の画面に、ポイントになる部分にだけビビットな色を配した映像は、スタイリッシュな写真集を見るようで、期待に胸を膨らませて映画を観た。
しかし、‘こちらブルームーン探偵社‘でコメディ俳優として活躍している頃からのファンだった、ブルース・ウィルスの作品を全部観よう!と安易に考えて映画を観るのは以後止めよう〜と、硬く決意させることとなった。
シンシティ 公式サイト

美 と 醜

この2作品を観て感じたのは、フランク・ミラーが執拗なまでに追い求めるテーマだ。、



画像


<ストーリー>
紀元前480年。
スパルタ王のもとに、ペルシア帝国からの遣いがやってきた。
「水と土を差し出せ。」それは服従を意味していた。

『服従か死か』   スパルタの答えはひとつ・・・・・服従はありえない。
鍛えられた300人の戦士が、100万のペルシア軍を迎え撃つ。



いったいどこからこんなに、イケメンマッチョを集めてきたものやら、その肉体は、筋肉増強剤でむりやり膨らませたようなものではなく、いかにも鍛えて出来たというかんじで、実に美しい。
その肉体美が叙情的な背景とあいまって、一コマごとにため息がでるようだ。

スパルタの国の人々も美しい。
動くギリシャ彫刻である。

怪しい祭司のもとで、神のお告げを伝える巫女の踊りも、美しすぎて神々しさすら感じる。

登場する子供たちも、また美しい。



しかし、全ての美の裏には、実はスパルタ教育の語源ともなった、厳しいスパルタの掟があったのだ。

服従しない、退却しない、降伏はしない

生まれてすぐ欠陥があれば、谷底へ捨てられる。
7歳で母親と決別させる。
空腹なら盗んでも生き延びろ。
成人の儀式で森へ放り出され、オオカミと戦って生き延びたものだけが一人前の男となる。


つまり・・・・・醜いもの、弱いものは全て‘削除‘されてきたってこと・・・・・・


画像


甘美な絵画の世界に酔いしれていると、いきなり奈落のそこへ落とされる。
ペルシア帝国の使者が、深い井戸のそこへ、突き落とされるように・・・・

機知に富んだスパルタ軍の戦略で、鍛え抜かれた戦士たちは、数の多さだけで寄せ集めのペルシア軍を次々に倒して、ものともしない。

倒した数え切れない死体を岩と一緒に土嚢として積み上げ、高い防護壁をつくるスパルタ軍。
死体にあつまるハエと、海鳥たち・・・・・


対するペルシア帝国の大王をはじめ、遣いの者たちは、やたらきらびやかにアクセサリーで飾り立てている。
そして、兵士たちはなぜか醜い。

ペルシアの大王は言う。
「私は寛大だ。何でも与えよう・・・・・・そのかわり、ひざまずけ。」

美しい肉体で、残虐な行為をいとわないスパルタ軍と、奇形だというだけで生きることさえ許されなかった男の、戦士になりたかったというささやかな夢。

いったい何が美しくて、なにが醜いのか・・・・・?

しかし、フランク・ミラーの描くその醜さは、筆舌に尽くし難い。
なぜ、ここまで醜くしなくてはいけないのか?
「シンシティ」でも、グロくて醜かった。

グロいのは許そう。
しかし、手が釜だったり、鎖につながれて野獣のように吼えるしかない巨人は、いったい何者?
これでは、仮面ライダーやモンスター映画になってしまう。

スパルタの戦士の生き様を、輝かしいものとするための映画なら、最後まで美しく撮ってほしかった。
そうしなかったところに、原作者の醜い者に対する異常なまでの執着、裏を返せば愛?を感じずにはいられない。


美しいのに醜い。
このどうしようもないギャップは、フリーフォールに乗ったときに胃が上に上がってくるようなかんじと似ている。
不思議な感覚を楽しみたい人は是非!




テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(19件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
★ 『300 スリーハンドレッド』
2006年。WarnerBros. &quot;300&quot;. ...続きを見る
映画の感想文日記
2007/06/04 00:14
300 [スリーハンドレッド]・・・・・評価額1600円
開場30分前に行ったのに、もう既に劇場の前は長蛇の列。 古代ギリシャとペルシャ帝国が戦ったペルシャ戦争の激戦地、テルモピレーの戦いを基にしたグラフィックノベルを映画化した「300」は、オスカーシーズン明けで、 ...続きを見る
ノラネコの呑んで観るシネマ
2007/06/04 00:33
「300 スリーハンドレッド」2回目先行で見たお話
以前に300を試写会で見て感想書いたのですが(1回目感想)パンフレット買いそびれ ...続きを見る
Wilderlandwandar
2007/06/04 00:54
「300<スリーハンドレッド>」試写会で見てきた映画感想
まさか当たるとは思ってなかった、試写会が当たったので見てきました。「300<スリ ...続きを見る
Wilderlandwandar
2007/06/04 00:56
300 〜試写会にて
300人VS100万人!? ...続きを見る
シャーロットの涙
2007/06/04 18:58
300 スリーハンドレッド(先行上映)
すごく楽しみでした、公開されるのが。期待通りというか期待以上の出来に大満足です。 ...続きを見る
B級パラダイス
2007/06/04 19:27
300
(原題:300) 【2007年・アメリカ】試写会で鑑賞(★★★☆☆) ...続きを見る
ともやの映画大好きっ!
2007/06/04 21:44
映画 【300 〈スリーハンドレッド〉】
先行上映にて「300〈スリーハンドレッド〉」 ...続きを見る
ミチの雑記帳
2007/06/04 22:54
300<スリーハンドレッド>
100万のペルシャ軍を迎え撃つ、スパルタの300人の裸の男たち。 ...続きを見る
悠雅的生活
2007/06/05 00:41
躍動する肉体は鎧にも勝る。
『300<スリー・ハンドレッド>』300(2006年・アメリカ/117分)公式サイト〜100万対300大群を前にしてひるむことなく勇気を見せるスパルタの兵士たち。ペルシア戦争最中に起きたテルモピュライの戦い。その戦(いくさ)の結果はどうあれ、彼らは後々まで史実に名を残した。かの有名なレオニダス王に宿るスパルタの精神を見よ!兵士として生まれ、他を制し生き残ることだけを学んだ、生まれながらの戦士たち300人の戦いぶりを見よ!これが、スパルタだ。監督:ザック・スナイダー 原作:フランク・ミラー 「30... ...続きを見る
ひょうたんからこまッ!
2007/06/05 01:51
300 (スリーハンドレッド)
原題 300 製作年度 2007年 製作国 アメリカ 上映時間 117分 監督 ザック・スナイダー 製作総指揮 フランク・ミラー 、デボラ・スナイダー 、クレイグ・J・フローレス 原作 フランク・ミラー 、リン・ヴァーリー 脚本 ザック・スナイダー 、マイケル・B・ゴー.... ...続きを見る
タクシードライバー耕作の映画鑑賞日誌
2007/06/05 05:30
300 <スリーハンドレッド>/ジェラルド・バトラー
私の大好物の大スペクタルな伝説的史劇作品。ただ、CG処理されてるこの映像は実はあんまり好みじゃなくて、どう折り合いをつければいいもんかとちょっと戸惑うんだけど、でも観ないことにはどうにもならいので、その辺は気にせずポジティブに楽しでみたいと思います。 ...続きを見る
カノンな日々
2007/06/05 11:01
300/スリーハンドレッド
もう、ぐったり疲れちゃったよ〜 ...続きを見る
2007 映画観てきました♪
2007/06/05 18:59
300<スリーハンドレッド>
はじめはシン・シティの延長上を想像していましたが、よりきれいで素晴らしいです。リアリティというか質感が増して「ウソ臭さ」をあまり感じません。スカイ・キャプテンの頃とは雲泥の差を感じます。予告編を観た時衝撃が走りましたもん。 ...続きを見る
八ちゃんの日常空間
2007/06/05 23:26
300<スリーハンドレッド>(試写会)
【映画的カリスマ指数】★★★★☆ 裸一貫!戦う最強筋肉男300人!!  ...続きを見る
カリスマ映画論
2007/06/05 23:56
300
300 上映時間 1時間57分 監督 ザック・スナイダー 出演 ジェラルド・バトラー レナ・ヘディ デヴィッド・ウェンハム ドミニク・ウェスト ミヒャエル・ファスベンダー 評価 7点(10点満点) 会場 中野サンプラザ(試写会) ...続きを見る
メルブロ
2007/06/06 00:04
絵画的美しさに惚れ惚れ。。。☆ 『300 <スリーハンドレッド> 』 ☆
キャストをみても私の見知った人が誰一人いなかった本作。 なのにU.S.A ボックス・オフィスでは、何週も連続して上位に入るという大ヒット フランク・ミラーのグラフィック・ノベルが原作だからなのかなと想像しつつ、何となく気になってた。 ...続きを見る
honu☆のつぶやき 〜映画に恋して〜
2007/06/06 00:28
300 <スリーハンドレッド>
昨日先行上映を見てきました。やはり話題になっているので、結構たくさん観客がいましたね。私はやっぱりフランク・ミラーの「シン・シティ」が面白かったもので、スクリーンで見てみたいと思っていたんですよ。☆300 <スリーハンドレッド>☆(2007)117分ザック・スナ... ...続きを見る
ぷち てんてん
2007/06/06 19:46
「300 帝国の進撃」☆ほどよい筋肉加減
戦いのシーンでほぼ間違いなく寝てしまう私が、唯一1ミリも眠くならなかった映画「300」 そのグロいのに美しい、唯一無二の映像美が私を虜にしたからだけど、さて今回は・・・・ ...続きを見る
ノルウェー暮らし・イン・原宿
2014/06/30 19:31

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(22件)

内 容 ニックネーム/日時
超〜〜勘違いっ!!こちらではこの映画、もうしばらく前に本上映していたようなんです。ポスターを見かけました。そして、多分どちらかといえば「奇形」な感じの写真と、血文字っぽいタイトルで、なにを勘違いしたのか、あたしゃタイトルを「ZOO」って読んでました!(爆)で、どんな映画なんだろう、どうせグログロな作り話なんだろうなって。歴史モノだとは!
まだ〜む、文章がお上手ですね、とても参考になりました。ストーリー、描かれているもの、よーくわかって、すっきり!
映画館の横で(そういや、パリのリドの横だったよ!)どうして年配の人がこんな映画を見に入るんだろうなー、って思ってました。なんだかポスターがよくない気がする。HPも見ましたが、その美しさや重さを、もっと前面に出したポスターにすりゃいいのに。
・・・ところでブルースが見当たりませんが???
サリー
2007/06/02 18:38
サリーさん、この映画にはブルース・ウィルスは出ておりませんよ〜
出ているのは「シンシティ」のほうで。
日本では、スパルタ王&王妃&スパルタ戦士&ペルシア王の4人のポスターを連ねているのがあちこちに貼ってありますね。
ちなみにZOOでは乙一映画になってしまいますな。(確かにそう見えたりもする…)
ノルウェーまだ〜む
2007/06/02 23:46
フランク・ミラーについてよく知らなかったので、勉強になりました。TBは反映されてないみたいです、アメーバの方に問題があるんだと思われます、最近サーバーのトラブルが多いみたいで、すみません
asphalt
URL
2007/06/04 00:23
コメントどうもです。
申し訳ないですが、どうもそちらからのTBが入っていない様です。
特に規制はしていませんので、相性かもしれません。
入ったり入らなかったりする事があるようですから、また試してみてください。
映画の方は、基本的に歴史に題材を求めた「漫画」だと思いました。
「北斗の拳」の中のエピソードに、スパルタをモデルにした国の話がありますが、フランク・ミラー+少年ジャンプという感じでした。
ノラネコ
URL
2007/06/04 00:38
asphaltさま、失礼いたしました。
再度チャレンジしてみましたが、やっぱり入ってないみたいですね。
また暫くしたらもう一度やってみますね。
ノルウェーまだ〜む
2007/06/04 01:06
ノラネコさま、いつもありがとうございます。
再度TBしてみましたが、やっぱり駄目ですね〜ガッカリ。
なるほどフランク・ミラー&少年ジャンプですね。納得…
ノルウェーまだ〜む
2007/06/04 01:09
こんにちは。TBありがとうございました。
まさに漫画ですよね〜。
色々と言いたいことはあれど、とにかくひたすらビジュアルを堪能しましたです。音楽もグッド。
シャーロット
URL
2007/06/04 18:58
こんばんは〜♪TB&コメントをどうもありがとうございました♪ですがどうやらTBが反映されていないようです(汗)こちらからは出来ているのですが。

鍛えられた肉体と少し色づいた映像に終始魅入ってました。ストーリー云々というより映像がメインといった感じでしょうかね。
あざみん
URL
2007/06/04 21:23
カンペキな肉体美でしたね☆
いろんな意味で食欲の失せる映画でしたが、
時間が経つとまた何だか
観たくなってきてます(懲りてない;;)
TBのほう、ありがとうございました!
ユニ
URL
2007/06/04 21:55
こんばんは、ノルウェーまだ〜むさん!
個人的には最後のペルシア帝国との王の対決が中途半端に終わってしまい、ちょっと残念でした。
なんだかサラって行っちゃいましたからねぇ。
ともや
URL
2007/06/04 22:27
シャーロットさま、ようこそ。
漫画だという事を最初から知っていたら、私も観かたがちょっと違ったかもしれませんね。
モンスター映画だと言っておいてほしかった…

あざみんさま、失礼いたしました。
なぜかTBが反映されないことが、多いですね…
パソコンを変えたせいでしょうか?それとも相性でしょうか。またトライしてみますね。
ノルウェーまだ〜む
2007/06/04 22:45
ユニさま、ようこそ!
観終わったときは、モンスターの登場にドンヨリしていまいましたが、ほかの部分はカンペキ良かったですよね。
なんか匂いのきついパクチーの入ったタイ料理を食べたあとみたいな気分ですね。(意外とまた食べたくなる)

ともやさん、いつもありがとうございます。
最後に放った矢が、せめて足あたりにブッスリいって欲しかったですよね。
所詮かする程度なんだよって、ことなんでしょうか。
ノルウェーまだ〜む
2007/06/04 22:56
こんばんは♪
TBありがとうございました。
あの裏切り者(名前を失念!)にしてもすごい異形のものでしたよね?
あそこまでの奇形ってあるのかなぁ、「ロード・オブ・ザ・リング」のゴラムよりも酷いな〜なんて思いつつ。
「ロード〜」はファンタジーだから何でもありですけどね。
ミチ
URL
2007/06/04 22:57
ミチさま、いつもどうもです〜
そうなんですよ、ファンタジーとして観たなら、何でもありだったのに、歴史ものであの異形は反則ですよね。
特に不愉快だったのは、鎖でつながれた巨人です。
ただ吼えているだけって、いくらなんでも…
ノルウェーまだ〜む
2007/06/04 23:09

初めまして。
TBとコメントありがとうございました。
奇怪な姿をしたり、能力を持ったりした人々が出始めてきたので、私は、途中からこの作品は歴史にヒントを得た「ロード」的な「ファンタジー」なのだと思って観ていました。
現実から全てがかけ離れすぎてしまっていたので。
まだ〜むのおっしゃるように、監督には異形のものへの畏怖と愛があるのでしょうか?
hyoutan2005
URL
2007/06/05 01:57
hyoutanさま、こちらこそTB&コメありがとうございます。
ファンタジーとしてはじめから観ていれば、結構楽しめる作品ですよね。
フランク・ミラーの描く異形の者は、コミックならではの姿とも言えるし、彼のただならぬ思い入れとかも感じたりしますね。
ノルウェーまだ〜む
2007/06/05 10:16
こんばんわ。TB&コメントありがとうございました。

この作品は、古代ギリシャを舞台にし、実際にあった戦いを題材にはしていますが・・・史実とはかなり異なるんですよね。

あの美しさもあの醜さもオリジナルとしての演出・・・なので、どこまで漫画的な映画として割り切れるか?で見方が変わってくるんだろうなと思いました。

こういったアツいバトルものが好きな男子には、特にウケがいい作品だと感じます。
悪と捉えるものには、醜さが必須だったりしますもんね・・・。
睦月
URL
2007/06/05 22:55
ノルウェーまだ〜むさん、初めまして!
コメントありがとうございました。
TBは残念ながら、反映していないようです。
Livedoorは時々そんなことがあるようです、
すみませんっ!

フランク・ミラーの作品は、とにかく映像美が素晴らしいですよね☆
でも、その映像にばかりに意識がいってしまうせいか、ストーリー自体にはのめり込むことが出来ないんですよね、私の場合…(-_-;)
honu
URL
2007/06/06 00:26
睦月さま、いつもありがとうございます。
悪役は醜い…はいかにも男の子チックな発想ですよね。
最近、ヤンママ狙いの仮面ライダーでさえ、悪役を美しく描く傾向があるというのに、ここはやっぱりアメコミらしさなのでしょうか。
ノルウェーまだ〜む
2007/06/06 11:06
honuさま、ようこそ!
TBは残念です。再チャレンジしてみますが、何度やっても出来ないところはできないようです。ごめんなさい。
私は戦闘シーンのある映画を見ると、必ず寝てしまうところがあるのですが、この映画は映像美にのめりこんで、あっという間でした。
ストーリー?のめりこまなくていいよっ!っていう作り手側の意気込みを感じましたね。
ノルウェーまだ〜む
2007/06/06 11:12
TBさせていただきました。

死を覚悟して、勇敢に戦う戦士たちの姿に感動せずにはいられませんでした。
タウム
URL
2007/06/06 21:12
タウムさま、はじめまして。
TB&コメありがとうございます。
こちらからもTBさせていただきました。
信念を貫き通す男たちの姿は、美しかったですよね。
ノルウェーまだ^む
2007/06/06 22:38

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画「300」(スリーハンドレッド)がR-15な訳 ノルウェー暮らし・イン・原宿/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる