テーマ:旅行

「丸山珈琲」軽井沢☆森の中の本格珈琲

母の誕生日を祝うために、両親と双子の妹と一緒に軽井沢へ行ってきたのだった。 久しぶりに家族4人旅。 相変わらずの女子3人かしましさにも、「お母さんの誕生日だからおもてなししなくちゃ。」といつも寡黙な父もニコニコ☆ 先ずは軽井沢駅で集合。 家族には「私だけ避暑してくるけど、ごめんね~」と言って出てきたのに、この日の軽井沢は…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「わらじや」松山☆坊ちゃん列車と海の幸

この日は帰省の締めくくりに『温泉に行く』と決めていたので、夜は居酒屋さんにでも行ってみよう♪ということになったyo 今まで介護に追われて空港から実家の往復というのが『帰省』の定番だったのだけど、時間に余裕も出来てきたのでホームのお義母さんを見舞ったあと、温泉&居酒屋へ☆ いつも温泉に行く時は車で駐車場へ直行、お風呂に入ってさ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「ことり」鍋焼きうどんと「ひぎりやき」☆松山の行列店

パパンの実家の家の中もようやく片付いたことで、少し自由気ままに時間を使う事も出来る♪と改めて松山の美味しいお店や観光を調べてみたのだけど、これが案外見当たらない… という事で、随分と久しぶりに地元民がこよなく愛しているソウルフード「ことり」のおうどんを食べに行くことに。 というか、松山で外食っていったらここしか行った事ないという…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

「佐田岬半島・三崎 えびすや旅館」☆超極上ブリしゃぶと道後温泉

3年半前に義母を連れて泊まった時と同じ、えびすや旅館へ。ルートは以前と全く同じ。 場所は佐田岬の根元、三崎港の目の前「三崎 えびすや旅館」 公式HP 土日は予約でいっぱいで断わられたけど、この日は平日ということもあるのか宿泊客は我々だけ! 以前と同じ一番大きくいいお部屋と、続きの間を用意してくださっていたyo 以前には無…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

「りんすけ」南予鯛めし☆内子の重要伝統的建造物群保護地区

愛媛と言えば鯛めしというのも、社会的に認知されてきた定番グルメ。 ただ松山を中心とした東予や中予地方で食べられているのは、ご飯に丸々1匹を炊きこむタイプの鯛めしなのに対して、南予で食べられているのは『宇和島鯛めし』と言って、お刺身の鯛をちょっと甘めの醤油タレに漬けたものをご飯にのせて生卵と刻み海苔でいただくタイプの鯛めしなのだ。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

満開枝垂れ桜と内子座

二十歳になった息子とねえねも連れて、松山のホームで暮らす義母に会いに行ってきた。 大好きなお好み焼き屋さんに連れて行くと「美味しい美味しい」と言いながらペロリと完食する姿を見て一堂ほっこり☆ 自宅の庭を見て急にパパンの『名前』を思い出したりする場面も… そんな義母を連れて旅行に行ったのは、かれこれ3年半前のこと。ぷち介護☆…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「グリーンポスト」☆八丈島見晴らし最高カフェ

長々と引っ張った八丈旅日記はこれでおしまい。 最後に見晴らしが最高!のカフェをご紹介☆ 「グリーンポスト」 水曜定休 島の西側の海岸、南原千畳岩海岸を超えたあたりから山の上へ登っていく。 美しく完璧に手入れされたガーデンからは、スッキリ晴れていれば絶景が見られる☆ この日は薄雲で残念ながら目の前にある八丈小島も…
トラックバック:8
コメント:4

続きを読むread more

八丈島グルメ☆「あそこ寿司」「繁」「蓮華」「筑紫樓」

八丈島は離島の中では飲食店が一番多いらしいけれど、さてどこで食べたらいいのかな? ここでも不思議な島ルールに翻弄されながらも、おススメの美味しいグルメをご紹介☆ あそこ寿司 予約の電話を掛けると「ハイ、あそこでーす。」と電話に出るお寿司屋さん。「寿司処 銀八」と並んで人気店。 初日にまだレンタカーが無いときに夕食をこ…
トラックバック:8
コメント:8

続きを読むread more

「ウミガメに遭える島 八丈島の旅」⑥みはらしの湯と人間魚雷

さて最終日。 初日から早朝到着のフェリーだったことで、もう随分長い事旅行しているような気分☆たっぷり楽しめて充実した日々もこれで終わりなのね… みはらしの湯 公式八丈ガイドみはらしの湯 入浴料500円 初日に行きたかった島の南側にある温泉。 馬力が弱いのでクーラーも切りつつ、バンパーの壊れたレンタカーで急な上り坂をくねく…
トラックバック:8
コメント:6

続きを読むread more

「ウミガメに遭える島 八丈島の旅」⑤島対応と神対応の宿

ついにここまで引っ張った島対応の話について。 島には素朴でシャイだけれど人の好い島人がいっぱい。 親切なのも島対応、だけどマイペースなのも島対応。何故か不思議な島ルールが存在するらしく… 先ずは今回お世話になった宿の話☆ ペンションビーチタイム 八丈島観光協会ブログ お部屋からの景色は『八丈富士と巨大廃墟』どこまで…
トラックバック:8
コメント:4

続きを読むread more

「ウミガメに遭える島 八丈島の旅」④玉石垣と南原千畳岩

さて3日目は朝からどんよりとしたお天気。 写真的には残念だけれども、過酷な南国の日差しに照り付けられてきた身としては、ちょっとほっとする♪ この日は午前中から、教えてもらったダイビングスポットで再び泳いでウミガメに遭うぞっ!と、パパンとねえねは張り切っているけれど、その前に昨日見逃したところを観光したいよ私。 玉石垣 ふる…
トラックバック:8
コメント:8

続きを読むread more

「ウミガメに遭える島 八丈島の旅」③流人と八丈島のキョン!

2日目はあまり暑くならない午前中のうちに観光をしよう☆という事で、この日から借りられる事になっているレンタカーを待つ。 初日は島中のレンタカー屋をあたったけど空いている車が無くて・・・・八丈島ではこの「レンタカーを借りる」事が大きなポイント! 逆に言ったらレンタカーの取れた日に合わせて旅行の日程を組んだ方がいいくらい(笑) …
トラックバック:8
コメント:6

続きを読むread more

「ウミガメに遭える島 八丈島の旅」②カメと泳げば

さてこの旅のメインイベント。午後はシュノーケル体験が待っている~☆ 軽く昼食を済ませ、先ほどの強面主人のいるペンション(という名の民宿)へ戻る。 思ったより早く戻った私たちを見たご主人は、やや気まずそうにしつつも、既に荷物を運びこんである部屋を気前よく使わせてくれた。 宿には禁止事項をびっしりと書き出した手書きの張り紙…
トラックバック:8
コメント:6

続きを読むread more

「ウミガメに遭える島 八丈島の旅」①フェリーと裏見ヶ滝温泉

ウミガメLoveなねえねとダイビング好きなパパンが結託して、この夏は八丈島へ行くことになっていた。 何がキライって泳げないし、この歳で日焼けもしたくない、水着で浜に居ても良い事ないしで、若干島流しの気分になっていた私。 しかーし!青い海☆そしてウミガメ!!いつの間にかすっかり八丈島の虜になってる私がそこに居た。 アオウミガ…
トラックバック:8
コメント:6

続きを読むread more

榛名湖☆知らなかった避難勧告

台風が石川県で猛威を振るっていた頃。 久しぶりに私の両親と共に榛名湖畔にある温泉宿へ向かった私たち。 まさかその夜・・・・ 80歳の時に運転免許証を返納した父も、すっかり車のない生活にも慣れ、今回も上手に送迎バスを利用してホテルへ。 着くまでは雨も無く、程良い曇りかげんが身体にはとっても楽~♪ 着いてから暫くすると…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

台湾を食べつくす旅☆朝ごはん屋と油化街

いよいよ最終日。もうすっかり書く方も読む方も飽きたでしょうけど最後までどうぞお付き合いくださいませ。 さて昨夜、士林夜市で散々食べて帰ったのに、ホテルからバースデーケーキを頂いてしまった私たち。 せっかくなので朝からモーニングケーキ~~♪でも普段から特に朝から甘いものを食べる習慣のない私たちにはちょい重たいかな☆ それなら今朝は朝…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

台湾を食べつくす旅☆士林夜市のおススメ屋台

台湾ではテッパンの「士林夜市」ここでは絶対外したくないオススメ屋台をご紹介☆ まずはMRT淡水信義線の「劍潭」駅で下車。ここでトイレに行っておこう。(士林駅で降りないように!) 駅からは目指すとろこは皆一緒なので、人の波に着いていくとVの字になった一帯に様々な露天がひしめいている。 ブラブラと歩きながら奥の混沌としたエリア…
トラックバック:1
コメント:8

続きを読むread more

「台湾を食べつくす旅」北投温泉☆地熱谷と北投市場の豚の血餅

ディープな混浴露天風呂も楽しんだあとは地熱谷へ。 ここは北投温泉の白・青・鉄の3つの源泉のうちの1つ。 なんと温度が80~100度あるのですって!! 北投公園に沿って緑の多い緩やかな坂を登っていく。ふと見ると緑の中に「防空壕迷宮」と書かれた看板が。 かなりジャングル的に緑深いところなんだけれど、割と整備されたタダ…
トラックバック:1
コメント:11

続きを読むread more

「台湾を食べつくす旅」北投温泉でカオスな混浴露天風呂体験

2日目の目的地は北投温泉(ベイトウ・ウェンチュエン)。 もっとディープな温泉の流れる大自然の川の中に勝手に浸かるパターンも考えたけど、北投温泉の混浴公衆浴場も十分にディープだったwa~ 北投温泉へは、地下鉄MRTの淡水信義線に乗って北投駅で乗り換え、やたら派手な温泉列車で終点の新北投駅まではたった1駅。(台北中心部から4…
トラックバック:3
コメント:10

続きを読むread more

「台湾を食べつくす旅」オススメ菜食弁当☆待たずに鼎泰豐

お義母さんがホームに入ってからすっかり草もぐれ(草ぼうぼう)になってしまったお庭と畑の草むしりの為に帰省していて、すっかり間があいてしまったけれど、台湾旅行の続きを書くne さて台湾自由行動の一日の予定を立てる時に重要になるのが、先ずは『どこで何を食べるか?』 何しろ一日3食しか食べられないもんね・・・ 朝食抜きプランをあえて…
トラックバック:3
コメント:10

続きを読むread more

台湾を食べつくす旅☆九フン電車での行き方とグルメとカオナシ

さて初日の一番の目的は九份! 2度目の台湾なので全て任された私に、有名観光地は全く興味ないけど九份にだけは行きたい~との★ちゃ★のリクエストが。勿論!ここなら何度でも行きたいわ♪ オプショナルツアーに付いていた台湾料理の夕食(海が見える絶好のロケーション「九戸茶語」)が美味しくなかったので今回ツアーは…
トラックバック:5
コメント:8

続きを読むread more

台湾を食べつくす旅☆前泊からの悠遊カードと台湾グルメ

随分前から予定していたのに諸々の事情で行けてなかった、B級グルメ大好きな★ちゃ★と行く台湾の旅。 前回台湾へ行ったのは2013年の夏(台湾旅行☆ハプニングの旅)だからかれこれ4年前になるのね・・・ 前回の反省点も踏まえ、今回は全てオリジナルで回る完全プライベートな台湾旅!さて一体どうなる!? 信仰と生活が密着している台湾、お寺…
トラックバック:4
コメント:8

続きを読むread more

廃墟を行く☆「信州観光ホテル」巨大廃墟の今(2017/5)

廃墟格付けランキング東日本部門で22位の『信州観光ホテル』(ちなみに1位は足尾銅山) 当時戸倉温泉の中で最も大きく立派だったこのホテルは、長野オリンピックを当て込んで増改築を続けて、迷路のように増殖したもののオリンピック会場から遠いという理由で使われず、オリンピック後に倒産したのだそう。 人々の期待を背負ったオリンピック景気後の本当…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「信州☆文豪の足跡を巡る旅」小諸☆布引観音

信州旅行の最後に訪れたのは布引観音。清水寺もびっくりな絶景に心も洗われる想い☆ 凄い場所に建っているでしょう?こんなに見事なのに、しかもGWなのにとっても空いているって・・・・(≧▽≦) 小諸市観光協会 公式HP 布引観音 信州そば処 「ふるさとの草笛」公式HPの布引観音ガイドこちらのほうがよほど詳しい(歴史から由来、見どころ…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

「信州を巡る旅」信州そば「そば蔵 丁子庵」と「蓼科しもさか」

信州の最終日は戸倉温泉を出て、一気に小諸へ引き返す。 小諸へ着いたところで信州に来たからには、お蕎麦をいただかなくては! 事前に小諸から上田、蓼科高原にいたるまで、蕎麦屋というそば屋をしらみつぶしに調べた結果、人気の「草笛」とここ「丁子庵」は待ち時間が長すぎて諦めるしかないと思っていたところ、たまたま信号待ちで店の前に車で通りか…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「信州☆文豪の足跡を巡る旅」信州の迎賓館☆笹屋ホテル

2日目の旅館は千曲市にある戸倉温泉の笹屋ホテル。 前日の「中棚荘」より大規模でグレードも高く、宮様や著名人も滞在した有名老舗旅館らしい。信州の迎賓館と呼ばれるだけのことはある☆ 息子のとんだ失態で、そんなホテルをノンビリ楽しむこともなく夜遅くに駆け込んだ我が家は・・・・ 笹屋ホテル 公式HP 戸倉駅よりタクシー 5分 広々…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

「信州☆文豪の足跡を巡る旅」水明楼から蓼科牧場~上田

昨夜のお食事があまりに美味しかったので、宿の朝食にも期待が高まる~♪ 宿の女将がご挨拶にみえられ、「信州リンゴジュースとヤギのミルクとどちらになさいますか?」とな? 宿で飼っているヤギさんと遊ぶねえね。ヤギさんミルクをありがとう~~ 朝食も期待通り美味しい~☆特に麦ごはんにとろろがお代わり自由なのもウレシイ♪ ヤギのミルクは…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

「信州☆文豪の足跡を巡る旅」藤村ゆかりの宿『中棚荘』

『初恋リンゴ風呂』が楽しいこの宿はとにかく素晴らしい☆信州を訪れることがあったら、無理にでも足を伸ばしてこの宿に泊まって欲しい。 まだあげ初めし前髪の 林檎のもとに見えしとき 前にさしたる花櫛の 花ある君と思ひけり  島崎藤村「初恋」より 深夜の誰も居ないお風呂でパチリ♪島崎藤村『初恋』をモチーフにした『初恋りんご風呂…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

「信州☆文豪の足跡を巡る旅」小諸で虚子&藤村

昨年は義母の介護もあって家族旅行も出来なかった我が家。その前の年は息子の受験の年だったしね。 さて久しぶりにGWはどこへ出かけましょうか?? 「GWの信州はまだ寒いよ?新緑だって無いよ?」と私のアドバイスも無視して「山へ行こう~ワクワク♪」と言い残して小諸に宿だけ確保したパパンは海外出張行ったり来たり。 あまりの忙しさに可…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ぷち介護☆四国最西端の旅②

旅行記の②は普通なら翌日の朝からなのだけど、それは日付が変わらないうちから始まったのだった。 美味しい美味しいといって沢山食べてくれた、夕食の海の幸いっぱい。 食後のお茶もいっぱい飲んだのに、いつものように何度誘ってもトイレに行かずに寝てしまったYO 風力発電の風車が並ぶ佐田岬半島(山の上)  フェリーは九州と四国…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more