テーマ:ロンドンホラースポット

「ロア~奇妙な伝説」☆シーズン2「バークとヘア」でオールドオペレーションシアターを思い出す

ごみつさんがオススメしていたamazonプライムビデオで「ロア~奇妙な伝説」をシーズン2まで一気見したYO fuluでも日本版「ほんこわ(本当にあった怖い話)」的、不思議な話や連続殺人鬼の実話ものが好きな私は、すっかりハマってしまったのだった。 全てが『実在の人物、事実に基づいている』 シーズン1は再現ドラマを挟みながら類似の…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

ロンドン☆ロックの聖地めぐり 雨の墓参り

一足先にロンドンを去るパパン。 最後の想い出つくりに何処に行きたい?と聞いたら・・・・・ 「墓参りっ!」 そんな訳で、パパンのこよなく愛するイギリスのバンド 『ザ フー』のメンバーで、ロック史上屈指の名ドラマー キース・ムーンと、同じくイギリスのバンド 『T-レックス』のボーカルでギタリスト マーム・ボ…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

ロンドンホラースポット☆ウクレレと切り裂きジャック

そもそもはウクレレを買いに来たのだった。 イーストエンドは若者の街 やたらと道端に人が座っている ハマースミス&シティ線 オールドゲイト イースト駅下車 徒歩10分 ブリック レーン沿い 山の手にあたるところがウエストエンドだとすると、ここイーストエンドは下町。 でもパパンに言わせると、ボンドスト…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

ロンドン観光地めぐり☆アン・ブーリンの生家ヒーバー城

イギリス ケント州にあるヒーバー城。 ここはヘンリー8世の2番目の妻 あのアン・ブーリンが幼少期に育ったところだ。 現在は、ホテル、結婚式、また夏休みやクリスマスのイベントなどを盛んにやっている観光地としてもポピュラーな場所である。 勿論クリスマスのイベントにやってくるのは、観光客ばかりではない。 アン・ブーリンもクリスマスにな…
トラックバック:1
コメント:12

続きを読むread more

ロンドン博物館めぐり☆クリンク牢獄博物館

お化け屋敷ロンドン・ダンジョンには入る勇気は無いけど、ここクリンク牢獄博物館なら大丈夫。 中世のイギリスの牢獄の様子を再現したもので、拷問や処刑につかわれたものなどが展示されている。 中はそれほど広くないけど、すごく暗くて雰囲気はバッチリ。 ホラースポットNo.22に勝手に認定! ← …
トラックバック:2
コメント:10

続きを読むread more

ロンドン博物館めぐり☆オールドオペレーションシアター

ホラー好きのmigちゃんを満足させるべく、ホラースポットめぐりに頭を悩ませた私。 郊外にある幽霊スポットのマナーハウスじゃ遠すぎるし、街中のあらゆるところにある心霊スポットも普通のパブだったり、普通の駅や公園だったり・・・・・ でも色々調べてみたら、こんなところがあったのだ☆ …
トラックバック:2
コメント:14

続きを読むread more

ロンドンホラースポット☆ハイゲ-ト墓地

かなりインパクトのあるマルクスの墓地があることでも有名な、ハイゲート墓地。 観光客がひきもきらないこの墓地は、ある別の理由でも、有名な墓地なのである。 ハイゲート墓地 公式サイト ノーザンライン アーチウェイ駅(ハイゲート駅ではない)から、徒歩20分。 途中、ワーテルローパークを左に見ながら急な坂道を下って、木々の茂…
トラックバック:0
コメント:17

続きを読むread more

スコットランドホラースポット☆マナーハウス

以前から「スコットランドのマナーハウスには『出る』ところが結構あるんだよ~」とお友達から聞いていた私。 一緒に旅行行ったカップルが、「出る」部屋に泊まったのだが、自分も連れて帰ってしまい、1週間寝込んでしまったというのだ。 しかし、まさか自分がそんな体験をすることになるとは・・・・・ ティルマウス パーク ホテル …
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

スコットランド旅行☆悲劇の女王とホリルードハウス宮殿

エジンバラのオールドタウンの真ん中を通る、ロイヤルマイルの東の果てにあるのがこのホリルードハウス宮殿。 現在でも王室がスコットランド訪問の際には滞在するイギリス王室の宮殿なのだ。 なので王室が滞在中は、見学不可。 そんな現在も宮殿のこの場所を、ホラースポットNo.18ということに☆ Palace of Holyro…
トラックバック:3
コメント:10

続きを読むread more

スコットランド旅行☆ホラースポットな街

スコットランドの首都エジンバラ。 キャッスルロックという岩山の上に建つエジンバラ城から、ホリルードハウス宮殿までを繋ぐ、約1キロのメインストリート ロイヤル・マイル周辺がオールドタウン。 見所はほぼ全てここに集まっている。 ちなみに今回は街全体がホラースポットNo.17☆ ずっと真っ直ぐ行くと、終点はエジンバラ城 坂道を…
トラックバック:1
コメント:14

続きを読むread more

スコットランド旅行☆エジンバラ城

昨年、修学旅行でエジンバラを旅した息子が、「ミリタリータトゥーがすごくいいらしいから、行きたい!」と言う。 自分から旅行を提案するのは初めてなので、それならば~と年末にチケットを取っておいたのだ。 何しろいい席は、すぐに無くなってしまうという。 何?FUJIロックより凄いのかな?という期待をふくらませて、夏も終わったスコットランド…
トラックバック:4
コメント:18

続きを読むread more

ロンドンホラースポット☆ロンドン一番呪われた幽霊屋敷

かの有名なミュージカル「マイ・フェア・レディ」の舞台となった、高級住宅街メイフェア。 高級ショッピング街ボンドストリートからちょっと入った所にあり、フェラーリやベントレーなどのショールームがぐるりと周りを取り囲むベーカリースクエアの一画に、ロンドンホラースポット№15 「ロンドンでいちばん呪われた幽霊屋敷」はあった。 …
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

ロンドン観光地めぐり☆豪華ホーンテッド ハムハウス

贅沢の限りを尽くした調度品や内装が素晴らしい貴族の館。 建物だけでなく、庭園は見事に手入れされ、長いドレスで着飾った貴婦人たちが、園遊会を楽しむ姿を思わず想像してしまう☆ そんな豪華なハムハウスを、「イングランドでもっとも幽霊の出る場所」と称し、年に3回ゴーストツアーを催しているのは、この館を管理するナショナル・トラスト。 晴れた…
トラックバック:1
コメント:20

続きを読むread more

ロンドン観光地めぐり☆ハンプトンコート宮殿

テムズ川上流に位置するハンプトンコート宮殿。 14世紀のマナーハウスをたいへんな浪費家のトマス・ウルジーが再建し、英国一美しい宮殿となったが、1525年頃ヘンリー8世に取り上げられてしまって以来、300年に渡って王の住む宮殿として華麗な歴史を歩んでjきた。 そんな美しき宮殿を、ロンドンホラースポット☆№13にふさわしく、「過去2回経…
トラックバック:1
コメント:8

続きを読むread more

ロンドンホラースポット☆チャーチロウ

お洒落なブティックや雑貨屋さん、アンティークショップなどの多い、ハムステッド。 美味しいランチと行列のできるクレープ屋さんなど、そぞろ歩きにぴったりなこの地域にも、実はホラースポットがあったのだ! わかりやすいお墓が見えたら、ホラースポットはすぐそこ ハムステッドの駅から、お洒落なブティックの多いハムステッ…
トラックバック:1
コメント:12

続きを読むread more

ロンドンホラースポット☆ハムステッドヒースにマイケルの幽霊

ハムステッドヒースは、ロンドンのちょっと郊外にある広大な敷地の公園。(韻を踏んでる?) 高級住宅街の並ぶお洒落なお店の多いハムステッド駅の近くにあり、映画「ノッテイングヒルの恋人」で登場するケンウッドハウスがあったり、夏場は野外音楽際が開かれたり~と、お洒落イメージのハイソなエリア。 そんなハムステッドに、マイケルジャクソンの幽霊が…
トラックバック:3
コメント:14

続きを読むread more

ロンドンホラースポット☆素敵なランチコンサートと『墓の上のカフェ』

教会で行われる素敵なランチコンサートに出かけた。 場所は、三越前のライオン像で有名な、トラファルガー広場にあるナショナルギャラリーのすぐ前。 セント・マーティン教会は、近代的なデザインのチャペルがあって、どちらかというと、教会というよりお洒落なコンサート会場といったかんじだ。 ここで無料でコンサートが行われるというのだから、コレは…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

ロンドンめぐり☆セントポール大聖堂~テートモダン

いい加減、ホラースポットばかり特集していては、どんだけ暗黒な性格かと思われるので、文化的なこともしてみよう♪ということで、テートモダンへ出かけてみた。 もとより美術館は好きな私。 秋といえば、芸術の秋だしね。先ずは、同じ駅にあるセントポール大聖堂から。 セントポール大聖堂 公式サイト 地下鉄セントラルラインのセントポール…
トラックバック:4
コメント:6

続きを読むread more

ロンドンホラースポット☆ニューゲート監獄

今はもうすでに無いニューゲート監獄。 しかしかつては、海賊キッドなど多くの海賊が投獄されていた、歴史上最も悪名高い監獄が、ここにあったのだ。 現在、ニューゲート監獄のあった場所にあるのは、中央刑事裁判所。 セントラルラインのセントポール駅を降りて、セントポール大聖堂を左に見ながら300m行ったところにある。 「パ…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

ロンドン観光地めぐり☆バッキンガム宮殿

観光客が必ずといっていいほど見学するのが、このバッキンガム宮殿の衛兵交代。 既に多くの旅行者が、体験記として写真を載せているのに、今更わたしがあえて紹介するのも・・・・ しか~し! 一般的にはあまり知られていないけど、実はここも「ロンドンホラースポット☆№7」という別の一面を持っているのだ。 この日も大勢の人であふれ…
トラックバック:1
コメント:8

続きを読むread more

ロンドンホラースポット☆ホランドハウス

美しい日本庭園があって、孔雀がそのへんをお散歩していて、リスもわんさかいるホランドパーク。 ロンドン中心部よりは少しだけ離れているけど、静かで美しい公園は、学校の遠足や人々の憩いの場として、いつも賑わっている。 そんな美しい公園の一画にあるのが、ホランドハウスだ。 ホランドパーク入り口 かつて、ウォルター・コープ伯爵の邸…
トラックバック:1
コメント:20

続きを読むread more

ロンドンホラースポット☆タイバーン

京都なら「四条河原」、東京なら「鈴が森」、そしてここロンドンでは、「タイバーン」なのだそうだ。 ただそこだけ見るのでは、心苦しいので、まずはのどかな公園ハイド・パークでお散歩から。 セントラルライン マーブルアーチ駅 0分 すぐ目の前にマーブルアーチ(凱旋門)が見える ハイド・パークへの入り口の手前にあるのが…
トラックバック:1
コメント:8

続きを読むread more

ロンドン博物館めぐり☆大英博物館

ロンドンと言えば大英博物館というくらいポピュラーなこの場所。 今年、観光案内のため何度も足を運んで、もう展示物の場所もほぼ把握しつつある私☆ 膨大なコレクションは、バラエティーに富んで興味深いものばかりだけど、実はここには『できれば昼間のうちに見たいロンドンホラースポットNO,4』というもうひとつの顔があったのだ。 大英博…
トラックバック:2
コメント:10

続きを読むread more

「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」フリート街にあったもの

ゆかりの地を訪ねてシリーズ(勝手に命名)第2弾は、ジョニー・デップとティム・バートンの「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」 随分前に見ていながら、まだレビューを書いていなかった。 ホラー好きなパパンですら、「絶対に見たくない!」と言い張るこの映画。 ロンドンホラースポットファイルNO.3ということで、ようやく写真も撮…
トラックバック:40
コメント:44

続きを読むread more

ロンドンホラースポット☆リス遊びと首なし貴婦人

新シリーズ(?)ロンドンホラースポットファイル☆の第2弾は、頭のない貴婦人が度々目撃されるセント・ジェームスパーク。 可愛いリスちゃんと遊べるこんなのどかな公園に、実は恐ろしい伝説があったのだ。 ちなみに、記念すべき第一弾は、『ゆかりの地をたずねて』シリーズでも第一弾の、ロンドン塔。 『ロンドン博物館めぐり☆ロンドン塔&拷…
トラックバック:0
コメント:17

続きを読むread more

ロンドン博物館めぐり☆ロンドン塔&拷問器具

ロンドンに両親を招待したので、早速観光へ出かけた。 ツアーならささーっと素通りするところを、せっかくなのでゆっくり見て回ることに。 今日は、ロンドンホラースポットファイルの第一号、ロンドン塔へ♪ ※後日再訪し、拷問器具の写真を追加! 対岸から見たロンドン塔 11世紀にウィリアム1世によって、最初の塔・中心部にあ…
トラックバック:4
コメント:22

続きを読むread more