テーマ:映画ま行

「マイ・ビューティフル・デイズ」☆ティモシー・シャラメは先生に恋しがち

繊細な映画なのである。 心の機微が繊細に描かれ過ぎていて、この題名にした訳を探し当てるのにいささか苦労する。 ちなみに原題は「ミス スティーブンス」原題ままでもよかったような? 「マイ・ビューティフル・デイズ」 公式サイト(11月1日公開) 高校で英語の教師をしているMissステーブンスは演劇部の引率を引き受ける。 他校の…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「メン・イン・ブラック インターナショナル」☆イケメンチャラ男キャラの是非

なんとなく終始もやもやなのである。 実はこのモヤモヤはメン・イン・ブラックのロンドン支部の「問題」として、犯人を特定する為に必要不可欠なものであるから、ある意味正しいのだけれど・・・・ 「メン・イン・ブラック インターナショナル」 公式サイト <ストーリー> 幼い頃、両親が黒服の男たちに記憶を奪われる瞬間を目撃し、謎…
トラックバック:2
コメント:8

続きを読むread more

「ミスター・ガラス」☆意外性はバッチリ

正直、これ以上アメコミヒーロー的な映画はカンベン…と思って、この映画は観るつもりはなかったのである。 でも評判はそれほど悪くなさそうだし? 風邪ひきで籠っている間に、やることが無くてうっかり「アンブレイカブル」も「スプリット」も復習できちゃったので、それならば~と久しぶりに街中へ出掛けてみたyo シャマランらしく(?)驚き…
トラックバック:8
コメント:11

続きを読むread more

DVDレビュー「マンチェスターバイザシー」「ミスティックリバー」「ドラゴンタトゥーの女」

せっかくの3連休も出張先で風邪を貰って来たパパンがうだうだと寝ているので何処にも行けず。 家に家族はいるけれど、たった一人で今日も映画鑑賞しましょう☆ 「マンチェスター・バイ・ザ・シー」 マンチェスター・バイ・ザ・シー(吹替版)2017-08-18 Amazonアソシエイト 病気の兄を遂に亡くし甥っ子の親権を託されたリー…
トラックバック:7
コメント:8

続きを読むread more

ひとり北欧映画祭り②「ミレニアム」シリーズと「真夜中のゆりかご」

特捜部Qシリーズがあまりに面白かったので、続けて北欧ミステリーをfuluで鑑賞。 11日公開予定のハリウッドリメイク版「ミレニアム」の新作に備えて、もう一度3部作を見直してみたyo 新作自体はダニエル・クレイグとルーニー・マーラの「ドラゴンタトゥーの女」の続編となっている。 でもfuluでもamazonプライムでもやってなかっ…
トラックバック:4
コメント:8

続きを読むread more

「ミッションインポッシブル/フォールアウト」☆原点回帰

往年のスパイ映画に原点回帰した単純明快カーアクションに、追って追われてが手に汗握るアクション超大作と呼ぶに相応しい作品♪ 悪い人の名前を混同して、途中?になるものの、どれが本物でどれが偽物か、誰が味方で誰が敵か判らなくなってしまうのはスパイ映画ならでは。 ただ、平たく言うとトムちんのアクション発表会と言えなくもないような?(笑) …
トラックバック:15
コメント:22

続きを読むread more

「万引き家族」☆ハッピーでもバッドでもない是枝エンド

確かに是枝作品である。 ハッピーエンドにはならない、かと言ってバッドエンドでもない。深く深く掘り下げてから、穴を塞がないままそっと立ち去ってしまう。 まさにそれが是枝エンドの見事さなのである。 万引き家族 公式サイト <ストーリー> 治(リリー・フランキー)は祥太(城桧吏)といつもの万引きをした帰り、寒い夜のベ…
トラックバック:18
コメント:18

続きを読むread more

「マダム・ベー ある脱北ブローカーの告白」☆幸せとは?

これはどうやって脱北を手助けするかとか、どのような方法で逃れるのかとか、途中でどんな困難が待ち受けていたのかという、実際日本人なら知りたい情報が得られる映画では無い。 語られるのは脱北してきた女性のその後の更なる過酷な運命と、ひとりの女性の強さと愛の人間ドラマなのである。 「マダム・ベー ある脱北ブローカーの告白」 公式サイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「メッセージ」☆これこれしかじか

評判も高く映像も美しい、思わせぶりな映像の連続と謎の宇宙人との緊迫したやりとりに目が釘付け。 重厚そうに見えて実は判りやすい「メッセージ」は良いとして、ラストの着地点を「これこれしかじか」的に終わらせるのって、どうなの?? 注)ネタバレで書いています! 「メッセージ」 公式サイト <ストーリー> 言語学者の…
トラックバック:34
コメント:23

続きを読むread more

「ムーンライト」☆何も語らずに多く語る

詳細は何も説明しない,、主人公もほとんど言葉を発しない・・・・・なのにこんなにも多くの事を語ることが出来るなんて!! アカデミー賞作品賞だから「良い」のではない。 この作品だからこそアカデミー賞作品賞に相応しいのだ☆ 終始胸が苦しい。胸が締め付けられるように痛い。痛み続ける・・・・・見終ってもまだ。 「ムーンライ…
トラックバック:25
コメント:18

続きを読むread more

「モアナと伝説の海」☆海の爽やかさ

基本的にはディズニーアニメは観るつもりが無かったのだけど、前作のアナ雪が事のほか良かったのに、すっかり出遅れちゃったこともあって、今回は早めに鑑賞。 ラストは思わず大粒の涙がこぼれてしまった私。 勧善懲悪を作らないディズニーの新方針にまずは一票! 「モアナと伝説の海」 公式サイト <ストーリー> 幼いころから海…
トラックバック:20
コメント:4

続きを読むread more

「マリアンヌ」☆映画ゆかりの地をたずねて

スパイと言えば美男美女。 吊り橋効果も手伝って、そんな二人だもの恋に落ちる訳だわ☆ ジョニデにしてもブラピにしても、やっぱり若い美女の魅力には抗えないのne 昔ロンドンに住んでいた辺りで撮影をしていたと、ロンドン在住特派員ママ友からのタレこみがあってから、ずーっと楽しみに待っていた作品☆(➡ブラピ新作映画「A…
トラックバック:21
コメント:10

続きを読むread more

「マグニフィセント・セブン」☆湧きたつ西部劇の基本

『あの』曲が流れただけでもういいの♪ 何度もテレビの再放送で見た「荒野の7人」が好きすぎて☆ たとえこのリメイク作品がそれぞれの個人的背景が描かれなさすぎても・・・・・精神的に参っているスナイパーが突如として復活する違和感があったとしても・・・・・ 「マグニフィセント・セブン」 公式サイト <ストーリー> 金鉱の採…
トラックバック:27
コメント:12

続きを読むread more

「土竜の唄 香港狂奏曲」☆突き抜け感すごい

横浜の洋館めぐりが続きすぎてしまったので、ちょっと一休みして、明日から公開の映画「土竜の唄 香港狂奏曲」の感想を。 1作目の「土竜(モグラ)の唄」は、ドタバタが過ぎてどうなん?と思って見ないでいたけれど、今回試写会が当たったので大急ぎで見てみると~~こんなに面白い映画だったなんて!! でも続編としてはどうかしら?期待値が上が…
トラックバック:12
コメント:4

続きを読むread more

「マネーモンスター」☆息詰まる展開

もっとエンタメ的な映画と思っていたので、最後までひやひやさせる息詰まる展開と、硬派を貫いたラストのシーンにかなり衝撃を受けることとなった。 見応えのある作品。 「マネーモンスター」 公式サイト <ストーリー> 人気番組「マネーモンスター」のMCを務めるリー(ジョージ・クルーニー)が、いつものように台本を無視した演…
トラックバック:27
コメント:14

続きを読むread more

「蜜のあわれ」文芸のかほり☆衣裳展でなりきる

室生犀星原作の「密のあわれ」の映画化。 妖艶でエロチック、なのに健康的で可愛らしい、金魚なのに人間、人間なのに金魚がここまでしっくりくる女優さんって、他にはいないよね。 文芸のかほり高き本作は、今すぐ原作を手に取って、そしてもう一度観たくなる幻想的で小悪魔的できわどくエロティックなのにキュートでちょっとコミカルな物語。 東…
トラックバック:14
コメント:6

続きを読むread more

「ミケランジェロ・プロジェクト」☆贅沢キャストのエンタメ

魅力的な題材なのだ。 今までかつてクローズアップされてこなかった分野である上に、戦争賛美にならずに堂々と戦士を称えることもできるし。 こんなにワクワクする作戦が成功をほぼ納めて、爽快な映画なはずなのだけど・・・・ 役割分担の必然性や戦場の最前線へ赴く緊迫感が伝わってこない。 そして大物俳優をこれだけ並べたのに、と…
トラックバック:30
コメント:22

続きを読むread more

「ミラクル・ニール(Absolutely Anything原題)」言葉って難しい☆したコメ爆笑

したまちコメディ映画祭の2つ目は、不忍池水上音楽堂でなんと邦題とキャッチコピーも決定した「ミラクル・ニール「Absolutely Anything原題)」 豪華メンバーによるトークイベントも爆笑だし、満席の会場は期待を裏切らない面白さのサイモン・ペッグに釘付け!! 「ミラクル・ニール(Absolutely Anything原…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

「ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション」☆本物の迫力

話題の飛行機や、失踪するバイクのトムちん本人の、口あんぐりアクションの凄さも予想以上で~~もう最高!! 「スタントなしの本物のアクション」をウリにするだけのことはあって、トムちんの身の安全を考えたら本当にヒヤヒヤもの。 反面スパイものにありがちなややこしいあれやこれやが、そのアクションの勢いを削いでしまって、改めてイーサン・ハントが…
トラックバック:45
コメント:26

続きを読むread more

DVDレビュー「SHAME シェイム」「マイ・ブラザー」「私の中のあなた」「少年と自転車」

私の一番好きなジャンル。 今回は出来るだけ苦悩するヒューマンドラマをチョイス。 なんとなく不安になったり寂しくなったりする薄暗い梅雨時こそ、そんな映画がピッタリ(?) まだ~む的レビュー 満点は★5 「シェイム」(2012年) ★★★ セックス依存症のブランドン(マイケル・フォスベンダー)のところに、妹のシシ…
トラックバック:9
コメント:8

続きを読むread more

DVDレビュー「きっとうまくいく」「ツインピークス」「ミックマック」「マルコビッチの穴」

いよいよ梅雨に入ってきて、自宅でDVD鑑賞が楽しい季節。 窓拭きも済ませたし、今日は何を見ようかな~~ まだ~む的レビュー 満点は★5 「きっと、うまくいく」(2009年) ★★★★ インドの超難関大学に入学してルームメイトになった3人組は、自由奔放なランチョーを中心にして度々学園で騒動を起こして学園長ににらま…
トラックバック:1
コメント:10

続きを読むread more

「マッドマックス 怒りのデス・ロード」☆やっぱり大好き!

長い事『歴史に残る傑作』と思っていた「マッドマックス サンダードーム」 その後見返してみると、サンダードーム以外はただ走るだけだなぁ・・・と思っていたのが、過去3部作と同じジョージ・ミラー監督の手によって、3部作を合わせたメガ傑作となって戻ってきた!! 予告編はいかにも「バカっぽい」かんじだけど、いい意味で予想をはるかに…
トラックバック:52
コメント:24

続きを読むread more

DVDまとめてレビュー「マッドマックス」「マッド~2」「マッドマックスサンダードム」

そろそろ公開が近いので、わくわくと楽しみになってきた「マッドマックス 怒りのデス・ロード」 過去、「マッドマックス サンダードーム」を長い事、私の映画ベスト5に入れていたのだけど、そういえば1と2をちゃんと見た事なかったかも。 まだ~むのレビュー ★満点は5 「マッドマックス」(1979年) ★★ 暴走族に仲間…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「ミュータント・タートルズ」☆目が回る迫力

小さい頃に子供たちがよく見ていたアニメ。 そういえば、ロンドンのハムレーズにフィギアが売っていたけれど、さすがに買わなかった記憶が。 まさか実写でどうなの?と思っていたら、結構評判いいみたいね? 疑心暗鬼でいたところ、ちょうど川崎IMAXに誘ってもらったので行って見たyo ちょっと期待値あげすぎたけど、なかなかに面白かっ…
トラックバック:20
コメント:16

続きを読むread more

「マルティニークからの祈り」実話もののリアル

見事である。 翻弄され嘆き悲しみ弱っていく母親を体当たりで演じたチョン・ドヨンも、母に甘えていた少女が少しだけおねえちゃんになっていく微細な違いも、自己保身の為にだけ働く韓国のお役所仕事の人たちをこのタイミングで描くのも。 号泣しすぎて「ドタマ」が痛くなってしまったソヨ☆ 「マルティニークからの祈り」公式サイト …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「マレフィセント」☆韓流なみのドロドロ愛憎劇

①王子様はハンサム②悪者の魔女はやっつけられる③王子様の愛のキスで目覚める の3大お約束をことごとく崩した今年のディズニー映画。 この革新的な進歩に先ずは喝采を贈ろう まるで韓流なみのドロドロ愛憎劇。 愛を失った女と復讐に怯える男の、醜いまでの昼メロ的展開。永遠の愛など・・・・ない? 「マレフィセント」公式サイ…
トラックバック:40
コメント:22

続きを読むread more

DVDまとめてレビュー「アイアムサム」「ピンポン」「マッチ・ポイント」

GW前の4月は9本も映画を見てしまったので、今月は大人しくしておこうかな。 そんな今週はおうちにお篭りで、DVD三昧。 骨折してリハビリ中のお向かいさんにも、お夕食を差し入れしないとだし☆ いつものように、まだ~む的レビュー 満点は★5 「アイアムサム」(2001年) ★★★★ スタバで働くサム(ショ…
トラックバック:2
コメント:6

続きを読むread more

DVDまとめてレビュー「マンデラの名もなき看守」「ヒトラー最後の12日間」「エクスペリメント」

かねてから息子が見たいと言っていた作品を、春休みに一緒に見てみたyo アカデミー賞作品「それでも夜は明ける」に触発されて、黒人差別関連のDVDなんかも。 春休みには、こういう映画を見ないとね☆ まだ~む的レビュー  満点は★5つ 「マンデラの名もなき看守」(2007年) ★★★★ アパルトヘイトで揺れる南…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

DVDまとめてレビュー「メリーポピンズ」「レ・ミゼラブル」「しあわせの隠れ場所」

花見もしちゃったし、なんとなく春の嵐に出かける気分をくじかれて、おうちDVD。 今日は何を見ようかなー まだ~む的レビュー 満点は★5 「メリー・ポピンズ」(1964年) ★★★ やんちゃな子供たちに手を焼いて、すぐにナニーが辞めてしまうジョージ家に風に乗って新しい子守がやってきた。 子供たちの希望通…
トラックバック:3
コメント:8

続きを読むread more

DVDまとめてレビュー「バンクジョブ」「モンスター」「スタンドアップ」

実話モノの映画が好き☆ そこには作り話には無い、迫力と説得力がある。 今回は実話もの縛りでDVDをチョイスしてみたyo まだ~む的レビュー  満点は★5 「バンク・ジョブ」(2008年) ★★★★ 借金に困っていたテリー(ジェイソン・ステイサム)は昔の女から銀行強盗を持ちかけられる。 素人ながら仲間を集め、…
トラックバック:1
コメント:8

続きを読むread more