テーマ:映画さ行

「ジャッキー ファーストレディ 最後の使命」☆ミューズか策士か?

「ジャッキー」といったらジャッキー・チェンのことしか思い浮かばない私に、「当時、ダイアナ妃ばりに世界中のミューズだったのよ。」と、ジャッキーのことなら任せて♪なママ友と一緒に試写会へ。 でも大統領夫人としての彼女の最後の偉業を描いて世界のミューズとして称えたかったのか、その裏に隠された彼女の野心を描きたかったのか・・・・??? …
トラックバック:15
コメント:6

続きを読むread more

「ジャック・リーチャー NEVER GO BACK」☆成熟した大人のアクション

NEVER GO BACKと言ってるけれど、ジャック・リーチャーはちゃんと帰ってきた! シリーズ1作目の「アウトロー」で、なんとなくパッとしなかったので続編は無し?と思っていたら、予想を上回る好感触で戻ってきたyo しかも1作目の時(→「アウトロー」ワイルドトムちん 参照)に、アウトローさが出てない・・・・題名もこの内容…
トラックバック:27
コメント:14

続きを読むread more

「スタートレック BEYOND」☆バツグンに面白い

SFものは真っ暗な宇宙空間を縦横無尽に飛び回る宇宙船による、白熱した空中戦バトルが繰り広げられるのが常であり、そのような映画は「スタートレック」をはじめとして、基本寝てしまうのがこの私。 暗い中でぐるぐる飛ぶので、目が回ってしまい、酔いやすい私はすぐに目から入る情報をシャットダウンするように体が出来ているだけで、SF映画に何の罪もない…
トラックバック:28
コメント:12

続きを読むread more

「ジェイソン・ボーン」☆ジェイソン・boring

ボーンシリーズは大好きなので、待ち望んでいたしとっても楽しみにしていた作品。 007のアクションが派手になっていったのも、街中を縦横無尽に走り回るこのボーンシリーズが大きく影響したのではと私的には思っているんだけど・・・・ それが何故?? 確かにラスベガスのカーアクションはド派手で、過去どんなスパイ映画よりも凄かったけれど…
トラックバック:30
コメント:18

続きを読むread more

「ジェーン」ナタポー製作主演☆ユアン・マクレガーを探せ!

普通に西部劇なんだけど、実は一味違う。 女性の地位が高くなかった時代の物語に、過去、守られるだけのものとして描かれていた女性が、自らの意志で銃を取り立ち向かっていく設定は、やはり時代を反映しているということか。 邦題の「ジェーン」より原題の「Jane Got a Gun」がしっくりいく内容。 ナタポーが主演だからという…
トラックバック:8
コメント:8

続きを読むread more

「スーサイドスクワット」☆コミックそのもの

アイデアはバッチリ☆ 寄せ集め悪党集団にスポットを当てて、うまいこと悪を成敗するダークヒーローよりももっとダークなヴィランをヒーローに仕立てるのだもの♪ しかも他のヒーローと絡めてくるところがニクイ・・・・けど。 「スーサイドスクワット」 公式サイト <ストーリー> スーパーマンの一件で地球の危機に対して不安を…
トラックバック:27
コメント:12

続きを読むread more

「シン・ゴジラ」☆リバイバルでリハビリ

庵野映画である。 それが証拠に、劇場で売っている記念グッズのジグソーパズルだってTシャツだって、ゴジラとエヴァが戦っている絵なのだし、公式サイトでは既にエヴァにゴジラの尻尾が生えた合体フィギアも販売されていたり・・・・ いいのよ、だって庵野監督作品なんだから・・・・ ちなみに私はゴジラファンでもエヴァファンでもない。 こ…
トラックバック:54
コメント:24

続きを読むread more

「シビルウォー キャプテン・アメリカ」☆目まぐるしく戦う

「アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン」が期待ほどではなかったので、今回はハードルを下げての鑑賞。(アベンジャーズじゃないんだけど) ほとんど今回はパスしてもいいくらいかなと思っていたけど、おや?いい評価も現れ始めたし・・・・ 思っていたよりしっかりした話だったけど、終始目まぐるしく戦い続けていて、敵と味方が判んないし~~と、結…
トラックバック:37
コメント:18

続きを読むread more

「スポットライト 世紀のスクープ」☆誠実さが突き動かす感動

ドラマチックに主人公をヒーローに仕立てることもできたでしょう。 かつてアメコミヒーローも演じた役者たちは、己のオーラを完璧に消し、「真実を暴くヒーロー」としてではなく、地道な努力で力を合わせ積み上げていく記者の一人となりきっていた。 その真摯な態度が、何よりこの映画の評価をアカデミー賞作品賞に押し上げたと言えるのでは? 「…
トラックバック:37
コメント:16

続きを読むread more

「すれ違いのダイアリーズ」タイ映画☆もう壁ドンなんて要らない

キラキラしてうるうるして、ピュアな気持ちになれちゃう。 大人から子供まで癒されまくること間違いなし。 小手先の壁ドン・あごクイなんかで胸キュン演出するような、見せかけだけのラブコメなんてもう要らない~~ タイの映画がこんなにも上質で美しく進化しているなんて知らなかったwa 電気もない、電波もない、あるのは美しすぎる大…
トラックバック:4
コメント:6

続きを読むread more

「SHERLOCK シャーロック 忌まわしき花嫁」☆ゆかりの地をたずねて

19世紀のロンドンを舞台にしたテレビ版シャーロク・ホームズは、重厚でダーク、湿度のあるかんじがいかにも英国らしくて楽しかったけれど、あくまでテレビ版スペシャル番組的で、結末ときたらそんなオチ!? なんとなくさっぱりせず、しっくりも来なかったけどそれでもいいの♪ 息子の受験が終わったから、それだけですっきりハッピー! 「…
トラックバック:13
コメント:8

続きを読むread more

「ザ・ウォーク 3D」☆手汗でギトギト

じっとりと汗をかく?とんでもない!! 汗で手がびしょびしょになって、膝に乗せた上着やカバンが、困ったことになるよ! 「ザ・ウォーク」 公式サイト <ストーリー> 幼い頃にサーカスの綱渡りを見てから独学で曲芸を学んだフィリップ(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)は、サーカス小屋のパパ・ルディ(ベン・キングズレー)に才…
トラックバック:27
コメント:16

続きを読むread more

「スターウォーズ フォースの覚醒」☆フォースの威力

どうか熱狂的なファンの人がこのレビューを見ませんように☆ どうやらとんでもないフォースの力がかかっているらしいわ・・・・ 「スターウォーズ フォースの覚醒」 公式サイト <ストーリー> 家族を失い砂漠を放浪し続けるレイ(デイジー・リドリー)は、途中球体ロボットBB-8を拾い、ご主人様探しを手伝うことに…
トラックバック:56
コメント:26

続きを読むread more

「シーヴァス 王子さまになりたかった少年と負け犬だった闘犬の物語」☆鋭い眼光

トルコに駐在経験のあるママ友が、劇場鑑賞券を当てたので行かない?と誘ってくれたので行ってきたyo 犬と少年の話なら、のどかそうなあの映画ね?と思ってOKしたら、意外にも荒々しい映画だった。 どうやら「ベル&セバスチャン」と間違えていたみたい・・・・(滝汗) ちょっとおませな少年が眼光鋭い目で真実を見抜いて、本当の意味で成長…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「ジョン・ウィック」☆ありきたりと思ったら大間違い

『亡き妻の大切な忘れ形見の命を奪われた元殺し屋が、マフィアのボスに復讐を誓う』なんて在り来たりな設定を、今更キアヌ・リーブスでぇ??と思うなかれ。 スピード感溢れる新銃術ガン・フー(ガン+カンフー)と、最高にクールで本当にハードボイルド、興味深い裏社会の掟が新鮮な興味をそそるこの映画、まさかこんなに格好いいとは!! 「ジョン・ウ…
トラックバック:32
コメント:11

続きを読むread more

「進撃の巨人 ATTACK ON TAITAN エンドオブザワールド」☆海はすぐそこ

あんなに見たかった海は、意外にもすぐそこだったよ? 私は原作もアニメも一切知らずに観た前編が、結構面白かったと思ったのに、巷では散々な評判の今作。 後編も期待値をぐっと下げて、せめてもとTOHOシネマズ6ポイントを使ってIMAXで鑑賞。 あまりIMAXの良さは感じなかったけどne 「進撃の巨人 ATTACK ON T…
トラックバック:22
コメント:10

続きを読むread more

「全力スマッシュ」in したまちコメディ映画祭☆さすがにマッドマックスは超えない(笑)

毎年恒例のしたまちコメディ映画祭の季節がまたやってきたyo 台東区の町おこしは年々盛大になっていって、なかなかの成功例では?と、年を追うごとに感心しちゃう。 それでもまだ第8回なんだなぁ~と、ちょっとビックリしつつ・・・・ 今年のレッドカーペットには、最終日に行われる『ビートたけしリスペクトライブ』とリスペクト上映「菊次郎の夏…
トラックバック:7
コメント:2

続きを読むread more

「草原の実験」☆すごい映画を観た!

こんな映画を今までかつて観た事ないっ! 台詞はひとつとして無いのに雄弁。 透き通るようで清らかな美しさがあるのに醜悪。 愛しいほどに愛が溢れているのに絶望的。 多分、私の中でこの作品が、今年のベスト1になるに違いない。 「草原の実験」 公式サイト (9月26日公開) <ストーリー> とある大地に住む…
トラックバック:11
コメント:13

続きを読むread more

ジュラシック・ワールド」☆ハイブリッドと進化

お馴染みの曲と共に島の全景が現れる冒頭のシーンで思わずウルウル☆ 「ジェラシック・パーク」で育った世代としては、ちょいちょい挟まれる「ジェラシックおた」ネタも嬉しいし、廃墟となった1作目のドームの登場も感動的。 「私、どの作品も見た事ないんです~」と驚きの発言をしてくれた20代の連れも存分に楽しめたようだし、勿論シリーズの大…
トラックバック:41
コメント:24

続きを読むread more

「進撃の巨人 ATTACK ON TAITAN」☆巨人的迫力!inジャパンプレミア

迫力凄い!映像すごい!VFX凄すぎる!巨人キモイ!役者の演技うまい!アクションかっこいい!血肉汁ぶっしゃー! とにかくとにかく超面白い!!! コミックは未読な私でも、存分に(かえって?)楽しめちゃった☆ いやはや、今年はどうしたことでしょう。 予想外に面白い作品がぞくぞくと。 「進撃の巨人 ATTACK ON TAIT…
トラックバック:31
コメント:12

続きを読むread more

DVDレビュー「SHAME シェイム」「マイ・ブラザー」「私の中のあなた」「少年と自転車」

私の一番好きなジャンル。 今回は出来るだけ苦悩するヒューマンドラマをチョイス。 なんとなく不安になったり寂しくなったりする薄暗い梅雨時こそ、そんな映画がピッタリ(?) まだ~む的レビュー 満点は★5 「シェイム」(2012年) ★★★ セックス依存症のブランドン(マイケル・フォスベンダー)のところに、妹のシシ…
トラックバック:9
コメント:8

続きを読むread more

「しあわせはどこにある」☆ペンは人に借りよう!

精神科医としてはややインテリ感が足りないサイモン・ペッグだけどいいの♪ 「ショーン・オブ・ザ・デット」「ホットファズ俺たちスーパーポリスメン」「宇宙人ポール」と、彼にしかできない役柄で活躍する大好きな俳優さん。 このありきたりなテーマで、結末も定番の物語がこんなにステキで面白いなんて、やっぱりサイモン・ペッグならでは!! …
トラックバック:3
コメント:2

続きを読むread more

「ジェームス・ブラウン 最高の魂(ソウル)を持つ男」☆初めから独り

魂(ソウル)でシャウトする姿が一度見たら誰もが忘れないジェームズ・ブラウン。 ちょっと濃すぎるキャラの彼がテレビに出ていた頃の記憶を呼び覚ます。 破天荒な天才ミュージシャンの映画としては、映画「Ray」を思い出させる。 不幸な少年時代、天性の才能、女たらし、破天荒、友人との確執、抱える孤独・・・・英雄とはこうも似ているもの…
トラックバック:2
コメント:10

続きを読むread more

「ソロモンの偽証 後編・裁判」☆大岡裁き

ずっと最後まで泣いてしまった。 本編の前にある前編のおさらいのときから涙が出た。 あまりずーっと泣いていたので、途中で逆さまつ毛になったりして痛いのなんの。 子供たちのピュアでまっすぐな眼差しで、ギタギタに傷つけられた心の痛みがダイレクトに伝わってくる。 「ソロモンの偽証 後編・裁判」 公式サイト <ストーリー> …
トラックバック:31
コメント:18

続きを読むread more

DVD☆「プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ」「スーパー!」「タッカーとデイル~」

春の訪れがもうすぐそこまで来ている今日この頃。 春休みに突入すると、子供が家にいるのでなんとなく映画を観に行く機会が奪われちゃう~~(涙) こんなときはDVDでも見ましょうか。 まだ~む的レビュー 満点は★5 プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ(2012年) ★★★★ 孤独なライダーのルーク(ライアン・ゴ…
トラックバック:2
コメント:6

続きを読むread more

「ソロモンの偽証 前篇・事件」☆傍聴記録 続きを見せて!!

こ・れ・はっ・続・き・が・き・に・な・るっ!!!! いやー、参った。 2週連続ドラマで続きが1週間先なのが待てないどころの騒ぎじゃないものね。 ああ・・・後編が4月11日なんて・・・・(;´Д`) 監督を含む16人もの登壇者が勢ぞろいの試写会は5000人の観客で圧巻☆ 主役の藤野涼子役の、今作で同名デビューの藤野涼子ち…
トラックバック:38
コメント:16

続きを読むread more

DVDまとめてレビュー☆「Rayレイ」「ドリームガールズ」「サウンドオブミュージック」

あんまり外が寒ので、こんな日はお家におこもりでDVDでも見ようかな☆ アニーの歌声が良かったので、音楽をテーマにしたDVDでも。 まだ~む的レビュー  満点は★5 「Ray レイ」(2004年) ★★★★★ 7歳で視力を失ったレイ・チャールズは、亡き母から教わった教えに従い、自らの力で生きていくため旅に出た。 …
トラックバック:1
コメント:8

続きを読むread more

「ジャッジ 裁かれる判事」☆負い目は愛

家族の真実を暴く見事な法廷劇。 殺人容疑の父を弁護する敏腕弁護士の息子、サスペンスのようであってそうではない。 絶縁していた息子が父の弁護をすることで和解していく・・・・とうような、よくある話のようであってそれだけじゃない。 本当の愛を見つけた瞬間、もう涙なくしては観られない。 「ジャjッジ 裁かれる判事」 公式サイ…
トラックバック:16
コメント:8

続きを読むread more

DVDまとめてレビュー「野火」「スノーホワイト」「変態仮面」

風邪ひきさんがいたことで寝正月となった冬休み。 久しぶりの出勤・通学で疲れた体を癒す3連休もまたゴロゴロ。 こんな日はやっぱりDVD鑑賞ね。 まだ~む的レビューの満点は★5 「野火」(1959年) ★★★★★ クリスマスイブの晩に家族で見たDVD。 肺炎を患って隊から厄介払いされたレイテ島の…
トラックバック:4
コメント:4

続きを読むread more

「サンバ」☆踊りだけサンバ

ちょっと期待しすぎちゃった。 この監督の社会的弱者に対する温かい眼差しが好きだったのだ。 特に『最強のふたり』はお気に入り作品のひとつ。 監督で映画を評価するのは、基本的に好きではないけど、そのエリック・トレダノ&オリヴィエ・ナカシュ監督と、最高にハッピーな笑顔ができる黒人俳優オマール・シーがタッグを組んだなら、お…
トラックバック:6
コメント:8

続きを読むread more