テーマ:映画さ行

「猿の惑星 聖戦記(グレートウォー)」☆続いてるようで…

名作「猿の惑星」へと続く前日談の第3弾。 そもそも猿の惑星シリーズが過去と未来との行ったり来たりで混乱しがちなので、そこへ至る経緯を丁寧に綴ったこの前日談3部作は、なかなかに納得させてくれてスッキリしたものだったのだけど… (ラストに触れています) 宇宙船が不時着したら猿の惑星だったのにビックリ、人間が奴隷になっててビック…
トラックバック:29
コメント:16

続きを読むread more

「セブン・シスターズ」☆未来の為に残すものは?

近未来ものにハズレ無し。この場合のハズレ無しは=ツッコミどころ満載でB級感を楽しめるということ。 ただし、もっともっとB級のダメダメ映画かなと思っていたら、案外アイデアは面白いし思ったよりノオミが頑張っていて展開のドキドキも楽しめたyo 「セブン・シスターズ」 公式サイト (10月21日 公開) <ストーリー> …
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

「セントラル・インテリジェンス」下町コメディ映画祭in台東2017

今年もやって来た「したまちコメディ映画祭 in 台東」 ママ友に誘っていただいて参加するようになった「したコメ」もこれで6年目…毎年パワーアップしていくかんじ☆ ここで紹介された映画が、公開してヒットするものもあれば、それほどでもないものもあるけど毎年楽しみにしているno~~いつもありがとう♪ 例年通り台風の心配をしながら…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

「三度目の殺人」☆眼で語り、涙腺で演じる

これは事件の真相を暴く推理ものでもなく、法廷劇でもない。 そのほとんどが接見室で繰り広げられる心理劇。 勝った負けたの先にある弁護士・重盛の「弁護士から人間へ」変化していく心の動きを見事に描き切った物語なのだ。 やっぱり是枝監督って凄い!! 「三度目の殺人」 公式サイト <ストーリー> 敏腕弁護士の重…
トラックバック:26
コメント:14

続きを読むread more

「ザ・ウォール」☆ゲームのような現実

驚いた!! あまり期待しないで観たけど案外面白かったこと以上に、このガッチリといかついアメリカ兵があの「キック・アス」のアーロン・テイラー=ジョンソンだったなんて。 (観終わるまで気付かなかったというより、公式サイトを見るまで判らなかった~~) 全く終わりの見えない攻防戦、油断も甘さも無い現実の戦場を舞台に描かれる、反戦も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ザ・マミー呪われた砂漠の王女」☆トムちん100%

トレジャーハンター+ホラー+ヒーロー映画。 チャラくていい加減な男をトム・クルーズが楽しそうに演じている。 かなーり期待しないで観たので、なかなか面白いと思ったけれど、熱烈なトムのファンの方にはいつもと違うキャラ設定や彼の大活躍を期待してみるとちょっと違う…と思うかも。 それに結構怖いし。 「ザ・マミー 呪われた砂漠…
トラックバック:29
コメント:16

続きを読むread more

「忍びの国」☆成功のカギは大野くん起用

いやぁービックリしたwa 楽しみで楽しみで仕方なかったパイレーツオブカリビアンが満席で初日鑑賞を断念していただけに、月曜日には絶対観るぞ!と深夜0時を回って即ネット購入したチケットが、いざ入場という段になって「忍びの国」だったことに気付くとは!! もしや忍びの術にかかったか・・・・? ま、すっごく面白かったからいいんだけど…
トラックバック:16
コメント:6

続きを読むread more

「ジョン・ウィック チャプター2」☆ややバイオハザード

前作が思いもよらない掘り出し物的に面白かったジョン・ウィック。 すっかりスリムになって、優雅にスマートに敵を次々なぎ倒していくキアヌは、本当に格好良かった!! 勿論今回も、冒頭から三つ組スーツで華麗にキメるその姿は実に世界一の殺し屋なんだけど・・・・ここまでいくと、最早バイオハザードになってるyo? 「ジョン・ウィック チャプ…
トラックバック:21
コメント:6

続きを読むread more

「スプリット」☆衝撃ラストの罠

この映画のラストのクライマックス手前で飛行機が着陸してしまったのが、最大の残念だった想い出になってしまった今回の台湾旅行。 気になって仕方ないので早速観ることに。これは2度じっくり観るのもオススメ☆ ジェームズ・マカヴォイが脚本を読んで叫んだと同じように、思わず「ワァーッツ!??!!」となったラスト。 こういう種類の「衝撃…
トラックバック:23
コメント:12

続きを読むread more

「ジャッキー ファーストレディ 最後の使命」☆ミューズか策士か?

「ジャッキー」といったらジャッキー・チェンのことしか思い浮かばない私に、「当時、ダイアナ妃ばりに世界中のミューズだったのよ。」と、ジャッキーのことなら任せて♪なママ友と一緒に試写会へ。 でも大統領夫人としての彼女の最後の偉業を描いて世界のミューズとして称えたかったのか、その裏に隠された彼女の野心を描きたかったのか・・・・??? …
トラックバック:15
コメント:6

続きを読むread more

「ジャック・リーチャー NEVER GO BACK」☆成熟した大人のアクション

NEVER GO BACKと言ってるけれど、ジャック・リーチャーはちゃんと帰ってきた! シリーズ1作目の「アウトロー」で、なんとなくパッとしなかったので続編は無し?と思っていたら、予想を上回る好感触で戻ってきたyo しかも1作目の時(→「アウトロー」ワイルドトムちん 参照)に、アウトローさが出てない・・・・題名もこの内容…
トラックバック:27
コメント:14

続きを読むread more

「スタートレック BEYOND」☆バツグンに面白い

SFものは真っ暗な宇宙空間を縦横無尽に飛び回る宇宙船による、白熱した空中戦バトルが繰り広げられるのが常であり、そのような映画は「スタートレック」をはじめとして、基本寝てしまうのがこの私。 暗い中でぐるぐる飛ぶので、目が回ってしまい、酔いやすい私はすぐに目から入る情報をシャットダウンするように体が出来ているだけで、SF映画に何の罪もない…
トラックバック:28
コメント:12

続きを読むread more

「ジェイソン・ボーン」☆ジェイソン・boring

ボーンシリーズは大好きなので、待ち望んでいたしとっても楽しみにしていた作品。 007のアクションが派手になっていったのも、街中を縦横無尽に走り回るこのボーンシリーズが大きく影響したのではと私的には思っているんだけど・・・・ それが何故?? 確かにラスベガスのカーアクションはド派手で、過去どんなスパイ映画よりも凄かったけれど…
トラックバック:30
コメント:18

続きを読むread more

「ジェーン」ナタポー製作主演☆ユアン・マクレガーを探せ!

普通に西部劇なんだけど、実は一味違う。 女性の地位が高くなかった時代の物語に、過去、守られるだけのものとして描かれていた女性が、自らの意志で銃を取り立ち向かっていく設定は、やはり時代を反映しているということか。 邦題の「ジェーン」より原題の「Jane Got a Gun」がしっくりいく内容。 ナタポーが主演だからという…
トラックバック:8
コメント:8

続きを読むread more

「スーサイドスクワット」☆コミックそのもの

アイデアはバッチリ☆ 寄せ集め悪党集団にスポットを当てて、うまいこと悪を成敗するダークヒーローよりももっとダークなヴィランをヒーローに仕立てるのだもの♪ しかも他のヒーローと絡めてくるところがニクイ・・・・けど。 「スーサイドスクワット」 公式サイト <ストーリー> スーパーマンの一件で地球の危機に対して不安を…
トラックバック:27
コメント:12

続きを読むread more

「シン・ゴジラ」☆リバイバルでリハビリ

庵野映画である。 それが証拠に、劇場で売っている記念グッズのジグソーパズルだってTシャツだって、ゴジラとエヴァが戦っている絵なのだし、公式サイトでは既にエヴァにゴジラの尻尾が生えた合体フィギアも販売されていたり・・・・ いいのよ、だって庵野監督作品なんだから・・・・ ちなみに私はゴジラファンでもエヴァファンでもない。 こ…
トラックバック:54
コメント:24

続きを読むread more

「シビルウォー キャプテン・アメリカ」☆目まぐるしく戦う

「アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン」が期待ほどではなかったので、今回はハードルを下げての鑑賞。(アベンジャーズじゃないんだけど) ほとんど今回はパスしてもいいくらいかなと思っていたけど、おや?いい評価も現れ始めたし・・・・ 思っていたよりしっかりした話だったけど、終始目まぐるしく戦い続けていて、敵と味方が判んないし~~と、結…
トラックバック:37
コメント:18

続きを読むread more

「スポットライト 世紀のスクープ」☆誠実さが突き動かす感動

ドラマチックに主人公をヒーローに仕立てることもできたでしょう。 かつてアメコミヒーローも演じた役者たちは、己のオーラを完璧に消し、「真実を暴くヒーロー」としてではなく、地道な努力で力を合わせ積み上げていく記者の一人となりきっていた。 その真摯な態度が、何よりこの映画の評価をアカデミー賞作品賞に押し上げたと言えるのでは? 「…
トラックバック:37
コメント:16

続きを読むread more

「すれ違いのダイアリーズ」タイ映画☆もう壁ドンなんて要らない

キラキラしてうるうるして、ピュアな気持ちになれちゃう。 大人から子供まで癒されまくること間違いなし。 小手先の壁ドン・あごクイなんかで胸キュン演出するような、見せかけだけのラブコメなんてもう要らない~~ タイの映画がこんなにも上質で美しく進化しているなんて知らなかったwa 電気もない、電波もない、あるのは美しすぎる大…
トラックバック:4
コメント:6

続きを読むread more

「SHERLOCK シャーロック 忌まわしき花嫁」☆ゆかりの地をたずねて

19世紀のロンドンを舞台にしたテレビ版シャーロク・ホームズは、重厚でダーク、湿度のあるかんじがいかにも英国らしくて楽しかったけれど、あくまでテレビ版スペシャル番組的で、結末ときたらそんなオチ!? なんとなくさっぱりせず、しっくりも来なかったけどそれでもいいの♪ 息子の受験が終わったから、それだけですっきりハッピー! 「…
トラックバック:13
コメント:8

続きを読むread more

「ザ・ウォーク 3D」☆手汗でギトギト

じっとりと汗をかく?とんでもない!! 汗で手がびしょびしょになって、膝に乗せた上着やカバンが、困ったことになるよ! 「ザ・ウォーク」 公式サイト <ストーリー> 幼い頃にサーカスの綱渡りを見てから独学で曲芸を学んだフィリップ(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)は、サーカス小屋のパパ・ルディ(ベン・キングズレー)に才…
トラックバック:27
コメント:16

続きを読むread more

「スターウォーズ フォースの覚醒」☆フォースの威力

どうか熱狂的なファンの人がこのレビューを見ませんように☆ どうやらとんでもないフォースの力がかかっているらしいわ・・・・ 「スターウォーズ フォースの覚醒」 公式サイト <ストーリー> 家族を失い砂漠を放浪し続けるレイ(デイジー・リドリー)は、途中球体ロボットBB-8を拾い、ご主人様探しを手伝うことに…
トラックバック:56
コメント:26

続きを読むread more

「シーヴァス 王子さまになりたかった少年と負け犬だった闘犬の物語」☆鋭い眼光

トルコに駐在経験のあるママ友が、劇場鑑賞券を当てたので行かない?と誘ってくれたので行ってきたyo 犬と少年の話なら、のどかそうなあの映画ね?と思ってOKしたら、意外にも荒々しい映画だった。 どうやら「ベル&セバスチャン」と間違えていたみたい・・・・(滝汗) ちょっとおませな少年が眼光鋭い目で真実を見抜いて、本当の意味で成長…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「ジョン・ウィック」☆ありきたりと思ったら大間違い

『亡き妻の大切な忘れ形見の命を奪われた元殺し屋が、マフィアのボスに復讐を誓う』なんて在り来たりな設定を、今更キアヌ・リーブスでぇ??と思うなかれ。 スピード感溢れる新銃術ガン・フー(ガン+カンフー)と、最高にクールで本当にハードボイルド、興味深い裏社会の掟が新鮮な興味をそそるこの映画、まさかこんなに格好いいとは!! 「ジョン・ウ…
トラックバック:32
コメント:11

続きを読むread more

「進撃の巨人 ATTACK ON TAITAN エンドオブザワールド」☆海はすぐそこ

あんなに見たかった海は、意外にもすぐそこだったよ? 私は原作もアニメも一切知らずに観た前編が、結構面白かったと思ったのに、巷では散々な評判の今作。 後編も期待値をぐっと下げて、せめてもとTOHOシネマズ6ポイントを使ってIMAXで鑑賞。 あまりIMAXの良さは感じなかったけどne 「進撃の巨人 ATTACK ON T…
トラックバック:22
コメント:10

続きを読むread more

「全力スマッシュ」in したまちコメディ映画祭☆さすがにマッドマックスは超えない(笑)

毎年恒例のしたまちコメディ映画祭の季節がまたやってきたyo 台東区の町おこしは年々盛大になっていって、なかなかの成功例では?と、年を追うごとに感心しちゃう。 それでもまだ第8回なんだなぁ~と、ちょっとビックリしつつ・・・・ 今年のレッドカーペットには、最終日に行われる『ビートたけしリスペクトライブ』とリスペクト上映「菊次郎の夏…
トラックバック:7
コメント:2

続きを読むread more

「草原の実験」☆すごい映画を観た!

こんな映画を今までかつて観た事ないっ! 台詞はひとつとして無いのに雄弁。 透き通るようで清らかな美しさがあるのに醜悪。 愛しいほどに愛が溢れているのに絶望的。 多分、私の中でこの作品が、今年のベスト1になるに違いない。 「草原の実験」 公式サイト (9月26日公開) <ストーリー> とある大地に住む…
トラックバック:11
コメント:13

続きを読むread more

ジュラシック・ワールド」☆ハイブリッドと進化

お馴染みの曲と共に島の全景が現れる冒頭のシーンで思わずウルウル☆ 「ジェラシック・パーク」で育った世代としては、ちょいちょい挟まれる「ジェラシックおた」ネタも嬉しいし、廃墟となった1作目のドームの登場も感動的。 「私、どの作品も見た事ないんです~」と驚きの発言をしてくれた20代の連れも存分に楽しめたようだし、勿論シリーズの大…
トラックバック:41
コメント:24

続きを読むread more

「進撃の巨人 ATTACK ON TAITAN」☆巨人的迫力!inジャパンプレミア

迫力凄い!映像すごい!VFX凄すぎる!巨人キモイ!役者の演技うまい!アクションかっこいい!血肉汁ぶっしゃー! とにかくとにかく超面白い!!! コミックは未読な私でも、存分に(かえって?)楽しめちゃった☆ いやはや、今年はどうしたことでしょう。 予想外に面白い作品がぞくぞくと。 「進撃の巨人 ATTACK ON TAIT…
トラックバック:31
コメント:12

続きを読むread more

DVDレビュー「SHAME シェイム」「マイ・ブラザー」「私の中のあなた」「少年と自転車」

私の一番好きなジャンル。 今回は出来るだけ苦悩するヒューマンドラマをチョイス。 なんとなく不安になったり寂しくなったりする薄暗い梅雨時こそ、そんな映画がピッタリ(?) まだ~む的レビュー 満点は★5 「シェイム」(2012年) ★★★ セックス依存症のブランドン(マイケル・フォスベンダー)のところに、妹のシシ…
トラックバック:9
コメント:8

続きを読むread more