テーマ:映画か行

「喜劇 愛妻物語」☆監督の壮絶私小説からはみ出る愛をくみ取ろう

予告編の通り、濱田岳演じるダメ亭主が怒られ続けるお話。 あまりの鬼嫁ぶりに、パパンも一言「うちの嫁さんがこんなでなくて良かった・・・♬ 簡単に説明するとつまり北斗晶ご夫婦のような?結局二人は仲良しなのである☆ 「喜劇 愛妻物語」(9月11日公開) 公式サイト オンライン試写会 年収50万の売れない脚本家の豪太(濱田岳)は、妻…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

只ならぬ不条理映画「籠の中の乙女」☆ヨルゴス・ランティモス監督にぞっこん

このところブログもグルメブログみたいになってて、すっかり映画から遠ざかっている私。 酷暑に阻まれ、なかなか映画を観に出掛けるモチベーションが上がらない。 しかも配信でも食指を動かされる作品になかなか出会えなかったのが、先日見て面白かった「聖なる鹿殺し」があまりに独特で、それからヨルゴス・ランティモス監督のファンになってしまったのだっ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

グザビエ・ドラン監督作品を見る「マイ・マザー」「私はロランス」「胸騒ぎの恋人」「トム・アット・ザ・ファーム」

関西に就職した息子が連休に帰ってきて初めて2人きりの数日を過ごした私。 実際は友達と遊び歩いていてほとんど家に居なかったのだけれど、1度だけ家で夕飯を食べて慌ただしく大阪へ戻って行く玄関で「行ってきます。」と言ってくれた言葉に何故か涙が止まらなかった。 ふと母と息子を描いた作品を見てみようと思って、最初に選んだのが「マイ・マ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

「劇場」最後の号泣シーンまでムカつくけど我慢の甲斐あり

1作目でも主人公はどこまでも「クソ」だった。 「クソ」なダメ男を描かせたら、小説家又吉氏はある意味右に出るものが居ないのではないかしら。 「劇場」(7月17日公開)公式サイト 店でコーヒーを飲むお金すらない永田(山崎賢人)は偶然出会った沙希(松岡茉優)をナンパしてご馳走になる。 二人はいつしか惹かれあうようになり、永は沙希のアパ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

デジタル国際映画祭を見る☆日本作品「夢見るキカイ」「いなべ」「アイスと雨音」「勝手にふるえてろ」

世界の21の映画祭が集結して行われた10日間のデジタル国際映画祭は、仕事が疲れすぎて気付くのが遅れてしまったけれど、YouTubeで見られるみたいなのでいくつか一気見してみたyo 「夢見るキカイ」湯浅政明監督 15分 ⇒YouTube「夢見るキカイ」リンク(プレミア公開後も繰り返し視聴可能) 愛らしい赤ちゃんのみ登場するに…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ひとりソン・ガンホ祭り☆「JSA」「殺人の追憶」「グエムル漢江の怪物」「青い塩」「凍える牙」

今まで結構見ているのに、名優ソン・ガンホを意識して見た事が無かったかも。 最近映画館に行くのもちょっと勇気がいるので、おうち映画でソン・ガンホを大特集。過去に見たレビューも加えて公開順にご紹介☆ 「JSA」(2001年) 南北朝鮮の境界線共同警備区域で発生した殺人事件の謎を、中立国スイスで生まれ育った朝鮮人女性将校が解き明かし…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「カイジ ファイナルゲーム」☆圧倒的成長!!

福本漫画を愛するねえねの影響で、ずっと追いかけている「カイジ」シリーズ。 勿論原作も全部読んでいるし、アニメ『逆境無頼 カイジ』も見ている。➡「焼き土下座となま土下座」 映画の方も1作目「カイジ~人生逆転ゲーム~」圧倒的『狂宴』 2作目「カイジ2~人生奪回ゲーム」欲望の沼、さらに中国版カイジ「カイジ 動物世界」☆中国版カイジはなぜア…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

マーティン・スコセッシ×ロバート・デニーロを見る「タクシー・ドライバー」「キング・オブ・コメディ」

衝撃的だった映画「ジョーカー」が、多くのシーンでマーティン・スコセッシ監督の「タクシー・ドライバー」や「キング・オブ・コメディ」へのオマージュを感じさせると言う多くの人のレビューを見て、両作品を一気に鑑賞。 なるほど!確かに両作品の主役を演じていたデニーロが、「ジョーカー」にも逆の立場の役柄で出演していたり、類似点もいっぱいあって色々…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

韓国三大未解決事件を基にした映画たち「殺人の追憶」「カエル少年失踪殺人事件」「あいつの声」

先日DNA解析により犯人が特定された韓国の未解決事件の報道があってから、急に気になって見てみた「殺人の追憶」が、映画的になかなか良かったので、他の未解決事件を基にした作品も見てみることに。 改めて3つの作品を紹介すると・・・ 殺人の追憶(字幕版) ソウル近郊ののどかな農村で起きた連続猟奇殺人事件に挑む、二人の刑事の話。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ヴィゴを見る「はじまりへの旅」「ヒストリーオブバイオレンス」「ギリシャに消えた嘘」

予想通りアカデミー賞作品賞を獲得した「グリーンブック」 そう言えば主役のヴィゴ・モーテンセンの作品って、「ロード・オブ・ザ・リング」と「偽りの人生」以外見た事なかった! 「はじまりの旅」(2017年) はじまりへの旅 [DVD]松竹 2017-10-04 Amazonアソシエイト 人里離れた森の中で軍隊式に身体を鍛え、森…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

「グリーン・ブック」☆笑って笑って泣く

気持ちよく笑えて、気持ちよく泣ける。 差別を扱ってしっかりと問題提起もしている社会派ドラマでありながら、誰もがホッコリする物語に仕上がっている。これぞアカデミー賞作品賞! 「グリーン・ブック」 公式サイト <ストーリー> 高級クラブの用心棒を務めるトニー・リップ(ヴィゴ・モーテンセン)は、クラブが改装する2か月の…
トラックバック:11
コメント:16

続きを読むread more

「カイジ 動物世界」☆中国版カイジはなぜアニマルワールド?

「利根川をマイケルダグラスがやるんですよ~~♪」と福本夫人から直接メールを頂いたのだもの、観ない訳にはいかないでしょう☆ 「未体験ゾーンの映画たちでは『特捜部Q』シリーズの新作を観るつもりだった私。 でも風邪がひどく床に臥せっていたので春まではお預け…と思っていたところへ夫人からのメール。 しかも中国版「カイジ」は1月24日で…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

「ギルティ」試写会☆ヘッドセットの向こう側

ネタバレは一切禁止の映画。 とにかくワンシチュエーション映画でありながら、ヘッドセットの向こう側は視聴者が想像を膨らませて何通りもの景色が無限に広がっているという見事な展開。 とにかく凄い!やられたーっ!と言うより他ない☆ 「ギルティ」(2月22日公開) 公式サイト <ストーリー> ある事件をきっかけに警官を辞…
トラックバック:7
コメント:16

続きを読むread more

「蜘蛛の巣を払う女」☆凍て付く山道は車が落ちがち

元気な時にはせっせと釣りに出かけ、そうでない時は出張か疲れて寝ているパパンの週末。 この度のど風邪を貰って来たパパンが具合悪そうで、年に1度くらいしか一緒に映画に行くことにならない貴重な日なのに直前まで伏せっていたけど何とか行けたYO キャスティングはいまいち、でもお話は面白い!! 復習しておくのは北欧版を見ると混乱するの…
トラックバック:6
コメント:16

続きを読むread more

「クワイエット・プレイス」☆愛は勝つ?

暗いのが怖いというホラーの常識を覆して、音がしてしまう恐怖と戦うという新ジャンル。 初めはいかにもB級ホラーなかんじで全く観るつもりなかったのだけど、意外に良い評判も聞こえてきたので久しぶりの映画はこれに決定。 なるほど!怖いだけじゃない、家族の愛がそこにあった。 「クワイエット・プレイス」 公式サイト <ストーリー…
トラックバック:13
コメント:16

続きを読むread more

「カメラを止めるな!」☆思いがけない涙

満を持して話題の映画を観てきたyo 冒頭は、声がわんわん響いて聞き取りにくい廃墟の中で、どこかたどたどしい映像が続き、うーん大丈夫かな?と一抹の不安もあったけれど、ある意味それがあえての演出だったとは! そしてまさか最後に泣くことになるなんて・・・ 「カメラを止めるな!」 公式サイト <ストーリー> とある廃墟…
トラックバック:17
コメント:18

続きを読むread more

「銀魂2 掟は破るためにこそある」☆掟破りまくり

笑って笑って泣いて笑って。これ、ホント面白いアルよ☆ 原作漫画の熱いところ、テレ東だからできるアニメの掟破りなパクリの数々、コスプレにならないで完コピしたキャラクターの完成度といいどれもとにかくパーフェクトで、1作目「銀魂」をさらに超える出来栄え! ギャグ青春アクション漫画をここまで違和感なく、原作ファンにもアニメファンにも一般ファ…
トラックバック:8
コメント:6

続きを読むread more

「君の名前で僕を呼んで」☆ブルータスおまえもか

ひと夏の忘れられない恋。 昔なら男女の恋愛として描かれていた王道の物語を、現代ならではの同性愛で描く。 二人の恋があまりに眩しく、あまりに瑞々しいのは、北イタリアの乾いた空気に湿度がないせいだからなのか、眩しい太陽と同じくらい大らかなイタリアのママンの懐が深いからなのか・・・・ 特筆すべきはEDで魅せる17歳エリオ役のティ…
トラックバック:8
コメント:12

続きを読むread more

「去年の冬、きみと別れ」☆美しいモンスター

これは面白い!! イケメンと美女ばかり出るので、てっきり乱立している胸キュン恋愛映画と思って、試写会の応募を一切申し込まなかったのが悔やまれるくらいの面白さ。 全ての罠を知ってから、再度見直したい~~☆ 「去年の冬、きみと別れ」 公式サイト <ストーリー> フリーライターの耶雲恭介(岩田剛典)は、かつて猟奇殺人…
トラックバック:3
コメント:4

続きを読むread more

「グレイテスト・ショーマン」☆誠実と偽物の境界線

アカデミー賞歌曲賞にノミネートされた「This Is Me」だけでなく、心の底から歌い上げるコーラスに胸が打ち震える☆ 感動で映画の半分以上ずっと目がウルウルしていたのに加えて、3Dに特化した映像は焦点が1点に絞られているせいか2Dで観ると何故かぼやけてしまう。 ただ、ぼやけているのは画像の焦点だけでなく、ふと気付くとどこかピントの…
トラックバック:16
コメント:20

続きを読むread more

「キングスマン ゴールデンサークル」☆英国の誇りと米国の宝

新年一発目に相応しく爽快でとにかく面白い映画! やっぱりキングスマンシリーズにハズレなし☆ ただし復活したコリン・ファースも立派に成長したエグジーも、期待度満点だったチャニング・テイタムも、あまりにあっさりした活躍しかしなかった分、代わりに主役を喰ったのはなんとエルトン・ジョン!! 「キングスマン ゴールデンサーク…
トラックバック:21
コメント:24

続きを読むread more

「ギフテッド」☆子育ての方程式

平凡な題名から予測される、よくあるお涙ちょうだいのお話かと思って、特に気に留めていなかった私。 中々評判も良いので観てみたら・・・・まるで予想もしていなかった人から、突然貰ったプレゼントのような素敵なお話だったyo!! なんといってもこのポスターがいいよね!イケメン俳優を起用しながら、ピントは少女にあっているんだから! …
トラックバック:6
コメント:10

続きを読むread more

「ゲット アウト」☆ホラー過ぎてコメディ色皆無な良質ブラックコメディ

これどう考えてもホラーだよね? ジャンルとしてはブラックコメディでまさかの「下町コメディ映画祭」で公開された作品。 いやはや怖いけど高度な皮肉が込められたラストは絶品!! 実はホラーとコメディって紙一重なんだけど、この映画はホラーなのに結構笑えるというグループでは無い!(そう甘くはない)と断言しよう。 そういう意味でも一…
トラックバック:13
コメント:12

続きを読むread more

「銀魂」☆熱く涙するジャンプ映画

何でも漫画原作実写化に危機感を覚えているこの頃。 それでも大好きな「銀魂」なんだもん、初日に観るつもり満々でいたのに、ねえねの予定を待っていたら今頃になっちゃった。 とはいえ、評判も上々だからか映画館は満席!なるほどこれは泥船もちゃんと浮き上がるんだね~~♪ 「銀魂」 公式サイト コミック1巻目が発売の時からのファンだけ…
トラックバック:19
コメント:8

続きを読むread more

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」☆父になる

2作目だし大きく期待するのはよしておこう~と思いながら観たら、やっぱり面白くてしかも、予想以上に泣くわ~~ かわいくて、キモくて、愛すべきガーディアンズは今回も最高!! 前作をおさらいしないまま、忙しい合間を縫って観に行ったので、多少?なところもあったけど、 そんなこといいの♪ ゆる~い笑いと、見た目カワイイのに超ワルなアライ…
トラックバック:30
コメント:20

続きを読むread more

「ゴースト・イン・ザ・シェル」☆何もかも凄い

士郎正宗のコミックを押井守監督が映画化したSFアニメの金字塔「GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊」は、あまりに有名なのだけど、未見だった私。 今回試写会の前にちょっとだけ触れてみよう~~と思い立ち、アニメシリーズを全話一気見! SFとITの世界に翻弄され、毎回きちんと解決するけど事件のあらましも納得する解決策も事件…
トラックバック:23
コメント:8

続きを読むread more

「キングコング髑髏島の巨神」☆子供にエンタメ大人に反戦映画

ポスターからして子供向け怪獣映画と思うでしょう? ところがどっこい。 男の子の好きな怪獣や恐竜もいっぱい、アーミー好きにも大満足、バトル映画としてもパニック恐怖映画としても完璧でありながら、大人だから判るメタファーを用意した実は真面目に反戦映画でもある。 この予想をいい意味で裏切った面白さと見応えが凄い!!! 自分でお金…
トラックバック:32
コメント:18

続きを読むread more

「愚行録」☆都会はサバンナ

ひぇーーーーっ(汗) 感想は正直、「絶句」としか言いようがない。 まさかあそこが伏線になっていたとは! 『喰うか喰われるか?』まるで都会のサバンナに生きる為に、己の事のみに必死になる現代人の姿は、あまりに身近にいる、ほらあの人やその人や・・・・・・あるあるネタに背筋も凍る。 「愚行録」 公式サイト <ストーリー…
トラックバック:17
コメント:2

続きを読むread more

「この世界の片隅に」☆ほのぼのと過酷

ほのぼのとした画風にのんびりとした歌声、のんの暢気な台詞・・・ こんな柔らかで温かいところからは到底想像出来ないような、過酷な現実が突き付けられる。 なのにあれ?こんなにも辛く哀しい現実に、なぜかふわりと優しい風が吹いているよ? 昨年のベスト10に入れた方が多かった作品。 この映画を見ずして、邦画のベストを語るなとまで言…
トラックバック:26
コメント:20

続きを読むread more

「海賊とよばれた男」☆店主ラブ

一見、大手石油会社を興した一人の男のサクセスストーリーのように思えるこの作品。 実は描かれていたのは、社員を家族の様に大事にしていた店主の事を、社員全員が好きで好きでしょうがないという話。 それは百田尚樹 原作の同名小説のほうがより強く描かれていたけれど、愛社精神に溢れる店員(=社員)が、キラキラする目で店主を見つめる様子で十分伝わ…
トラックバック:25
コメント:12

続きを読むread more