テーマ:映画あ行

大どんでん返し映画を見る☆「US」「リミット」「シャッターアイランド」

くたびれすぎてお家映画も見れない日々が続いていた私だったけど、久しぶりにゆっくりできたので映画三昧☆ この日「王様のブランチ」で紹介していた『大どんでん返し』映画特集から、見た事なかった作品をチョイスしてみたyo☆ 「US アス」 (2019年) 子供の頃のトラウマでサンタクルーズの別荘を訪れても楽しめないアデレード(…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

デジタル国際映画祭を見る☆日本作品「夢見るキカイ」「いなべ」「アイスと雨音」「勝手にふるえてろ」

世界の21の映画祭が集結して行われた10日間のデジタル国際映画祭は、仕事が疲れすぎて気付くのが遅れてしまったけれど、YouTubeで見られるみたいなのでいくつか一気見してみたyo 「夢見るキカイ」湯浅政明監督 15分 ⇒YouTube「夢見るキカイ」リンク(プレミア公開後も繰り返し視聴可能) 愛らしい赤ちゃんのみ登場するに…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

おススメ映画を見る☆「トゥルーマンショー」「インサイダーズ」「ヒトラーの忘れ物」

おススメ映画を見るの第2弾。 今回はブログで仲良くさせていただいているブロガーさんたちのおススメされている映画から。 繋がっているブロガーさんは割と映画好きの方が多くて、沢山の映画をご覧になっていたり、マニアックな映画を見ていることが多いので、かえってその中から選ぶのも一苦労(笑 数ある中からamazonプライムで見られるものをい…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

おススメ映画を見る☆「素晴らしき哉、人生!」「フランシス・ハ」「パターソン」「あやしい彼女」

ママ友とSNS飲み会を体験したとき「外出自粛の間に見たいおススメ映画」が話題になったので、その中からいくつかをamazonプライムで見てみることに☆ 自分が普段チョイスしないタイプの映画を見てみるのも新鮮でいいね♪ 「素晴らしき哉、人生!」(1954年)アメリカ 運の悪いジョージ(ジェームス・スチュワート)はここぞという…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

Huluを見よう☆衝撃の真実「アメリカン・リッパー 猟奇連続殺人の真相」切り裂きジャックと同一人物か?

映画も見尽していてどの映画も今一つ見る気が起こらないので、アメリカのTVシリーズを見る事に。 初めに見た「世界の都市伝説を暴け」はUFOや噂が何の根拠も見いだせない「うわさ」の域を出ないのでイマイチ。 しかし次に見たこの番組は、アメリカ史上初のシリアルキラーを高祖父にもつ弁護士が、元CIA捜査官と共に彼がロンドンの切り裂きジャックと…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

4Kリマスター版「AKIRA」☆臨場感と陶酔感

世界を救うべくじっと自宅で外出自粛に専念していたねえねが、これだけはどうしても!と言う事でパパンと3人で30年ぶりに4Kリマスター版で復活する伝説のアニメ「AKIRA」を観に行ってきたyo IMAX上映でキャパも狭いこともあってか、1つ置きのシートはこの日を待ち望んでいた根強いファンで満席! 「AKIRA」 公式サイト 198…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ひとりソン・ガンホ祭り☆「JSA」「殺人の追憶」「グエムル漢江の怪物」「青い塩」「凍える牙」

今まで結構見ているのに、名優ソン・ガンホを意識して見た事が無かったかも。 最近映画館に行くのもちょっと勇気がいるので、おうち映画でソン・ガンホを大特集。過去に見たレビューも加えて公開順にご紹介☆ 「JSA」(2001年) 南北朝鮮の境界線共同警備区域で発生した殺人事件の謎を、中立国スイスで生まれ育った朝鮮人女性将校が解き明かし…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ひとりレヴァー・フェニックスまつり「エクスプロラーズ」「スタンド・バイ・ミー」「ダーク・ブラッド」

ホアキンフェニックスの見事なまでの「ジョーカー」にすっかり圧倒され、ここまでの演技力を引き出した土壌は何なのかな?と思って色々調べ始めたら、あらま、あの若くして亡くなった「スタンド・バイ・ミー」のレヴァー・フェニックスの弟さんだったのよね・・・ 知ってはいたものの、なんとなくピンとこないでいた私。 フェニックス兄弟は宗教団体「神…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

「IT イット THE END ”それ”が見えたら終わり」☆原作ファンも大絶賛!キングの自虐ネタも最高♪

この日を待っていた。 原作ファンでほぼ全ての小説を持っているパパンも原作の世界観を全く崩すことなく、原作以上に素晴らしかったと大絶賛! 1作目を観てから原作を読破(全4巻)してこの日を待ち望んでいた私も、想像以上の出来栄えに大満足したyo☆ 「IT イット THE END ”それ”が見えたら終わり」 公式サイト 移動遊園地が…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

「家(うち)へ帰ろう」☆お洒落がんこ爺ちゃんに滝涙

昨年公開されて、評判もよく気になっていたのに見逃した作品。 新聞のお客様感謝上映に友達が誘ってくれたので出掛けてきたyo 「家へ帰ろう」 公式サイト 子供たちに家を売り飛ばされ老人ホームに入ることになったアルゼンチンに住む仕立て屋のアブラハムは、70年前に友人と交わした約束を果たしに突如家出をしてポーランドへと旅立った。 か…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

伝説的アニメ「AKIRA」×交響組曲「AKIRA」by芸能山城組で時代がようやく追いついた

バイク好きのパパンが愛してやまない大友克洋の伝説的アニメ「AKIRA」 先日、江東区のティアラこうとう大ホールで、「AKIRA」の挿入曲を担当していた芸能山城組による生演奏と主役の金田の声の声優、岩田光央氏のトークショー、そして当時のままの35フィルムによる「AKIRA」の上映会があったので行ってきたyo 「AKIRA」(1988年…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

韓国三大未解決事件を基にした映画たち「殺人の追憶」「カエル少年失踪殺人事件」「あいつの声」

先日DNA解析により犯人が特定された韓国の未解決事件の報道があってから、急に気になって見てみた「殺人の追憶」が、映画的になかなか良かったので、他の未解決事件を基にした作品も見てみることに。 改めて3つの作品を紹介すると・・・ 殺人の追憶(字幕版) ソウル近郊ののどかな農村で起きた連続猟奇殺人事件に挑む、二人の刑事の話。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「エセルとアーネスト ふたりの物語」☆英国版『この世界の片隅に』が素敵過ぎる!

思わずうっとり、そして愛おしくてため息が出ちゃう☆ 本当の幸せは何なのかを教えてくれる何とも素敵な映画なのだ。 「スノーマン」でお馴染みの原作者のレイモンド・ブリッグズが自分の両親の結婚してから亡くなるまでの『ごく普通のありふれた生活』を描いた作品。 それはどこにでもいるお母さんとお父さんであり、自分の両親であり、はたまた自分…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

「いなくなれ、群青」☆哲学的で詩的で幻想的な、初めて出会うタイプの映画

こっれっは、とんでもない映画に出会ってしまった・・・ 今までかつて見た事が無いような種類の映画。 哲学的でもあり詩的でもある。 台詞の1つ1つ、文章の1行1行に意味深な思いが込められ無駄なものが1つとして無い。 謎に包まれた物語は最後まで観ても謎が深くなるばかり。 答えを観客に委ねるラストは、なんとしてでも原作を読まなくては・…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「アイネクライネナハトムジーク」☆不器用だけど真っ直ぐな愛が胸にじゅわ~と染みてくる

基本浮かれた恋愛ものも、悲恋ものも純愛ものも壁ドン胸キュン系もドロドロ愛憎劇もあまり観ない私。 だけどこの映画はリアルでほっこり、そうそう☆あるある☆だよね~☆と誰もが思い、いつの間にか大切なものに気付かせてくれる胸にじゅわ~と染み入る映画。 だって胸掻きむしるような激しい恋愛も、学園一の王子さまが自分だけを気に入ってくれること…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

「アラジン」実写版☆実写のリアリティーとファンタジーの境界線

「ライオンキング」の超実写版がとても気に入ったので、観ないでいた「アラジン」も観てみることに。 何しろディズニーアニメの中で大好きなのが「アリエル」と「ライオン・キング」そして「アラジン」なのだから~~ 夏休みと言う事でギリギリまだ公開していたyo♪ 「アラジン」 公式サイト <ストーリー> 市場で出会った女性に心惹か…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

「アベンジャーズ エンドゲーム」☆ハンパない喪失感

ちらほらと鼻をすすり上げる音も聞こえてきた本作。 私は圧巻の歴代ヒーロー大集合的戦いの前のシーンから涙が頬を伝い、いちいちIMAXの3D眼鏡を持ち上げて涙を拭くのが面倒なくらい。 GW頑張ったご褒美にIMAXにしたけど、3Dが素晴らしすぎて字幕にピントが合いにくく、これなら最初は2D(できれば吹き替え)で見て、2度目をIMAXにする…
トラックバック:13
コメント:22

続きを読むread more

「俺たちのラストステージ」☆愛に満ちて涙があふれる

コメディ映画によく使われる題名のイメージと、予測されるありきたりな副題「可笑しいのに、涙が止まらない」がなんとなく陳腐で、多少期待を薄目にして観に行ったのだけど、なんと!!これ本当に涙が止まらなかった!! まだ白黒映画が全盛だった頃の、アメリカのコメディ界を席巻したお笑いコンピ「ローレル&ハーディ」が、紆余曲折あって晩年に再起…
トラックバック:3
コメント:10

続きを読むread more

amazonプライム「廃墟お宝ハンター」

最近の私のお気に入りはamazonプライムで配信中の「廃墟お宝ハンター」というアメリカの番組。 ジェイとダンとマークのでこぼこトリオが廃墟を探索してお宝を発掘、修復して再び世に送り出すというもの。 廃墟を必要以上に恐ろしいものにせず、トレジャーハンターのような楽しさとして撮影しているのがとても良いのだ。 彼らは持ち主の…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「キャプテン・マーベル」世界最速試写会☆驚きの連続

冒頭のスタン・リー監督を偲ぶマーベルロゴのシーンから驚きの連続!! 作品のおおまかなストーリーは単純で想定内とはいえ、まさかのあの方のカメオ出演から、まさかあの人が路線変更!?だったり、サミュエル・L・ジャクソンの若返り術や、彼が演じるニック・フューリーが片目になった理由までも驚き! 何より驚いたのはキャプテン・マーベル!!これは想…
トラックバック:10
コメント:18

続きを読むread more

「アリー スター誕生」☆栄光の影にあるもの

スタ誕ものに昔からそそられず、話題だったけど年末は音楽系映画は「ボヘミアン・ラプソディ」で満足しすぎたため普通にスルーしていた作品。 長患いから解放されて、おや?アカデミー賞候補作品は今まで必ず観ていたのに、これはまだ未見だったー!! 既に公開も終わってる?と思ったら、私みたいな人の為に『アカデミー賞関連作品をいつまでも公開する…
トラックバック:16
コメント:12

続きを読むread more

「アクアマン」☆王道ヒーローはツッコめてなんぼ

映画を観るのも結構体力を使うものなのだと気付いた作品。 王道すぎるヒーローアクションを楽しくツッコむのも、実は余裕がないと出来ない事。 3分の1は寝てしまったからね… もともとカーアクションとSFでも戦争ものでも空中戦、ロボット大戦、そして銃を撃ちまくるアクションもので寝てしまう私。(じゃあ、見るなとパパンにいつも言わ…
トラックバック:12
コメント:16

続きを読むread more

ひとりシャマラン祭り「アンブレイカブル」「スプリット」「ハプニング」

ここ数年確定申告の医療費控除の計算でも、私だけ領収書が一枚も無い年が続いているほど医者知らずだったのに… 遂に夫の風邪を貰い、これでインフルじゃないなんてオカシイでしょ?くらいの高熱が2日間以上続いた私。 薬アレルギーがある為、なんとか飲まずに寝て治そうとしたのが間違いで、体温計が振り切るほどの高熱が出た初日の真夜中、トイレから戻る…
トラックバック:1
コメント:10

続きを読むread more

「ヴェノム」☆どこかカワイイ

公開当初はそれほど高い評価でもないみたいだし、DVDまで待とう~と決めていた。 でも最近あまり見たい映画に出会わないし、結構面白かったという話も聞こえてきたので、いざ観に行こうと思ったら既にほとんど終わりかけているyo(汗) 師走で忙しいのだし、近くでさっくり観たかったのにぃ~ 「ヴェノム」 公式サイト <ストーリー> …
トラックバック:14
コメント:18

続きを読むread more

DVD三昧☆「怒り」「ジェーン・ドゥの解剖」「ビューティフル・マインド」

久しぶりに何の用事もない一日♪ 外は急に寒いし、ハードワークの疲れも貯まっているし、こんな時こそDVDを楽しみましょう☆ 「怒り」 人を信じることの難しさと、自分の力ではどうにもならない事への憤りを描いた作品。 豪華すぎる役者陣が勢揃いなのに、ちょっとだけ勿体ないかんじ。 真相が判らなかったりスッキリしない作品が割…
トラックバック:3
コメント:8

続きを読むread more

「イコライザー2」☆必殺仕事人あらためタクシードライバー

前作「イコライザー」が意外にも面白くて、すっかりハリウッド版必殺仕事人のデンゼル・ワシントンにハマった私。 今作はどんな風にパワーアップしたかな?と、楽しみにしていたのだけど… 「イコライザー2」 公式サイト(10月5日公開) <ストーリー> タクシードライバーとして平穏な日々を送るマッコール(デンゼル・ワシンゴン)…
トラックバック:7
コメント:14

続きを読むread more

「アントマン&ワプス」☆ドラえもん的面白さ

わー失敗したぁ~1作目のおさらいしないまま鑑賞しちゃった。 だから最初の方の設定が判らなかったのかな? と思って家に帰って大急ぎで1作目を見てみたら…あらら?全く影響はなかったYO? 「アントマン&ワプス」 公式マーベルサイト <ストーリー> あと3日でFBIの監視下の下、自宅軟禁を解かれる予定のスコット(ポール・…
トラックバック:13
コメント:16

続きを読むread more

「ウィンド・リバー」☆凍て付くもの哀しさ

ただただ静かに立ちはだかる広大で荒涼とした大自然が、その過酷な地に追いやられたネイティブアメリカンの苦悩を静かに物語る。 そしてその結末は映画「ボーダライン」のラストと同様、事件は解決するのに、胸に深く突き刺さったくさびを抜くことはない。 「ウィンド・リバー」 公式サイト <ストーリー> 地元のハンターのコリー(…
トラックバック:12
コメント:14

続きを読むread more

「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」☆驚愕のラスト

驚きのラスト!!! あえてその線でCMしていなかったのもあるけれど、今までのヒーローものの常識を覆す斬新な結末にお口あんぐり。 正直、沢山のマーベル作品を復習しないといけないし、もうアベンジャーズシリーズは卒業でいいや…と決めていた。 今回もどうせ、『最強のラスボスに、一度はバラバラになったメンバーが集結して皆でせーの…
トラックバック:19
コメント:10

続きを読むread more

「ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男」☆怒れるゆるキャラ

生まれてきた赤ん坊を見ると大抵は「なんて(可愛い)チャーチルみたいなの!?」と言われるほど、イギリスの人々にとって彼はアイコンなのだとか。 後ろ姿の白黒写真を見ても、それがチャーチルだと理解できるほどに人気者なのだそう。(登壇者のハリー杉山 談) 日本で言うとビジュアル的には愛されキャラのひふみんで、政治的にはクセのあって不…
トラックバック:9
コメント:14

続きを読むread more