テーマ:映画あ行

「アベンジャーズ エンドゲーム」☆ハンパない喪失感

ちらほらと鼻をすすり上げる音も聞こえてきた本作。 私は圧巻の歴代ヒーロー大集合的戦いの前のシーンから涙が頬を伝い、いちいちIMAXの3D眼鏡を持ち上げて涙を拭くのが面倒なくらい。 GW頑張ったご褒美にIMAXにしたけど、3Dが素晴らしすぎて字幕にピントが合いにくく、これなら最初は2D(できれば吹き替え)で見て、2度目をIMAXにする…
トラックバック:13
コメント:22

続きを読むread more

「俺たちのラストステージ」☆愛に満ちて涙があふれる

コメディ映画によく使われる題名のイメージと、予測されるありきたりな副題「可笑しいのに、涙が止まらない」がなんとなく陳腐で、多少期待を薄目にして観に行ったのだけど、なんと!!これ本当に涙が止まらなかった!! まだ白黒映画が全盛だった頃の、アメリカのコメディ界を席巻したお笑いコンピ「ローレル&ハーディ」が、紆余曲折あって晩年に再起…
トラックバック:3
コメント:10

続きを読むread more

amazonプライム「廃墟お宝ハンター」

最近の私のお気に入りはamazonプライムで配信中の「廃墟お宝ハンター」というアメリカの番組。 ジェイとダンとマークのでこぼこトリオが廃墟を探索してお宝を発掘、修復して再び世に送り出すというもの。 廃墟を必要以上に恐ろしいものにせず、トレジャーハンターのような楽しさとして撮影しているのがとても良いのだ。 彼らは持ち主の…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「キャプテン・マーベル」世界最速試写会☆驚きの連続

冒頭のスタン・リー監督を偲ぶマーベルロゴのシーンから驚きの連続!! 作品のおおまかなストーリーは単純で想定内とはいえ、まさかのあの方のカメオ出演から、まさかあの人が路線変更!?だったり、サミュエル・L・ジャクソンの若返り術や、彼が演じるニック・フューリーが片目になった理由までも驚き! 何より驚いたのはキャプテン・マーベル!!これは想…
トラックバック:10
コメント:18

続きを読むread more

「アリー スター誕生」☆栄光の影にあるもの

スタ誕ものに昔からそそられず、話題だったけど年末は音楽系映画は「ボヘミアン・ラプソディ」で満足しすぎたため普通にスルーしていた作品。 長患いから解放されて、おや?アカデミー賞候補作品は今まで必ず観ていたのに、これはまだ未見だったー!! 既に公開も終わってる?と思ったら、私みたいな人の為に『アカデミー賞関連作品をいつまでも公開する…
トラックバック:16
コメント:12

続きを読むread more

「アクアマン」☆王道ヒーローはツッコめてなんぼ

映画を観るのも結構体力を使うものなのだと気付いた作品。 王道すぎるヒーローアクションを楽しくツッコむのも、実は余裕がないと出来ない事。 3分の1は寝てしまったからね… もともとカーアクションとSFでも戦争ものでも空中戦、ロボット大戦、そして銃を撃ちまくるアクションもので寝てしまう私。(じゃあ、見るなとパパンにいつも言わ…
トラックバック:12
コメント:16

続きを読むread more

ひとりシャマラン祭り「アンブレイカブル」「スプリット」「ハプニング」

ここ数年確定申告の医療費控除の計算でも、私だけ領収書が一枚も無い年が続いているほど医者知らずだったのに… 遂に夫の風邪を貰い、これでインフルじゃないなんてオカシイでしょ?くらいの高熱が2日間以上続いた私。 薬アレルギーがある為、なんとか飲まずに寝て治そうとしたのが間違いで、体温計が振り切るほどの高熱が出た初日の真夜中、トイレから戻る…
トラックバック:1
コメント:10

続きを読むread more

「ヴェノム」☆どこかカワイイ

公開当初はそれほど高い評価でもないみたいだし、DVDまで待とう~と決めていた。 でも最近あまり見たい映画に出会わないし、結構面白かったという話も聞こえてきたので、いざ観に行こうと思ったら既にほとんど終わりかけているyo(汗) 師走で忙しいのだし、近くでさっくり観たかったのにぃ~ 「ヴェノム」 公式サイト <ストーリー> …
トラックバック:14
コメント:18

続きを読むread more

DVD三昧☆「怒り」「ジェーン・ドゥの解剖」「ビューティフル・マインド」

久しぶりに何の用事もない一日♪ 外は急に寒いし、ハードワークの疲れも貯まっているし、こんな時こそDVDを楽しみましょう☆ 「怒り」 人を信じることの難しさと、自分の力ではどうにもならない事への憤りを描いた作品。 豪華すぎる役者陣が勢揃いなのに、ちょっとだけ勿体ないかんじ。 真相が判らなかったりスッキリしない作品が割…
トラックバック:3
コメント:8

続きを読むread more

「イコライザー2」☆必殺仕事人あらためタクシードライバー

前作「イコライザー」が意外にも面白くて、すっかりハリウッド版必殺仕事人のデンゼル・ワシントンにハマった私。 今作はどんな風にパワーアップしたかな?と、楽しみにしていたのだけど… 「イコライザー2」 公式サイト(10月5日公開) <ストーリー> タクシードライバーとして平穏な日々を送るマッコール(デンゼル・ワシンゴン)…
トラックバック:7
コメント:14

続きを読むread more

「アントマン&ワプス」☆ドラえもん的面白さ

わー失敗したぁ~1作目のおさらいしないまま鑑賞しちゃった。 だから最初の方の設定が判らなかったのかな? と思って家に帰って大急ぎで1作目を見てみたら…あらら?全く影響はなかったYO? 「アントマン&ワプス」 公式マーベルサイト <ストーリー> あと3日でFBIの監視下の下、自宅軟禁を解かれる予定のスコット(ポール・…
トラックバック:13
コメント:16

続きを読むread more

「ウィンド・リバー」☆凍て付くもの哀しさ

ただただ静かに立ちはだかる広大で荒涼とした大自然が、その過酷な地に追いやられたネイティブアメリカンの苦悩を静かに物語る。 そしてその結末は映画「ボーダライン」のラストと同様、事件は解決するのに、胸に深く突き刺さったくさびを抜くことはない。 「ウィンド・リバー」 公式サイト <ストーリー> 地元のハンターのコリー(…
トラックバック:12
コメント:10

続きを読むread more

「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」☆驚愕のラスト

驚きのラスト!!! あえてその線でCMしていなかったのもあるけれど、今までのヒーローものの常識を覆す斬新な結末にお口あんぐり。 正直、沢山のマーベル作品を復習しないといけないし、もうアベンジャーズシリーズは卒業でいいや…と決めていた。 今回もどうせ、『最強のラスボスに、一度はバラバラになったメンバーが集結して皆でせーの…
トラックバック:19
コメント:10

続きを読むread more

「ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男」☆怒れるゆるキャラ

生まれてきた赤ん坊を見ると大抵は「なんて(可愛い)チャーチルみたいなの!?」と言われるほど、イギリスの人々にとって彼はアイコンなのだとか。 後ろ姿の白黒写真を見ても、それがチャーチルだと理解できるほどに人気者なのだそう。(登壇者のハリー杉山 談) 日本で言うとビジュアル的には愛されキャラのひふみんで、政治的にはクセのあって不…
トラックバック:9
コメント:14

続きを読むread more

「悪女/AKUJO」☆今までにないタイプのサスペンスラLOVEアクションムービー

これは面白い! 予告編を見るとなんだかゲームの画面を見ているようなカメラワーク推しで、てっきりB級アクション映画と思っていた。 ところがどっこい韓国映画ならではのじっとりとした愛憎劇に、韓国映画ならではのピュアラブロマンスあり、韓国映画ならではの容赦ない血しぶきも勿論だけど、スタイリッシュな映像で目まぐるしく場面転換する手法も見事で…
トラックバック:9
コメント:6

続きを読むread more

「オリエント急行殺人事件」☆演技バトルのためにある映画

なぜ誰もが真相を知っている推理小説を、今映画化するのか? なぜ誰もが知っている物語を改変せずそのままやるのか? それはきっと、誰もが結末を知っているからこそ、役者がそれをどうを演じるのかが腕の見せ所になってくるから。 舞台でも歌舞伎でも同じように、定番の演目を繰り返し上映するのは、役者の演じ方によって作品もぐっと変わってくるからと…
トラックバック:14
コメント:18

続きを読むread more

「IT イット ’それ’が見えたら終わり」☆ぞわぞわ鳥肌

とにかく映像的に怖いっ! ストーリーはいたって簡単な、少年たちのひと夏の冒険&成長物語なのに、とにっかく怖い。 それぞれが抱えるトラウマを克服したら事件は解決するのが判っているから、安心して観ていられるのに、めちゃくちゃ怖い、 久しぶりにぞわぞわと鳥肌が何回も立ってしまって… これ子供が見たら(R15+だけど)、一生トラ…
トラックバック:10
コメント:24

続きを読むread more

「ああ、荒野 後編」☆女人禁制の男の美学

あれだけ続編が気になって、楽しみにしていた作品だったのに、間に「ブレードランナー」やら「ゲットアウト」などインパクトの強い作品を観てしまったせいか、やや気持ちがトーンダウン。 もうDVDまで観なくていいか…と揺らいだ心を立て直して観に行ってきたyo テンションがダダ下がりだったせいもあるかもだけど、女性には決して理解出来ない部分で熱…
トラックバック:10
コメント:4

続きを読むread more

「アウトレイジ 最終章」☆遅い回の上映にはご注意(笑)

いやー怖かった! 何が怖いって上映終って帰るときに、明るい茶髪のいかにもな女性たちの、姐さんのほうのボートネックの広く開いた背中いっぱいに見事な刺青がのぞいていて、その方が「お待たせしてごめんね~」と寄って行った先には、顔面から縦半身全部に刺青のあるお兄さん達のグループがいたという・・・・ リアルがち!? 公開初日、パパンが三…
トラックバック:12
コメント:8

続きを読むread more

「あゝ、荒野」前編☆ウォーミングアップでも魅力的

これは凄い! 何が凄いって前編だけで157分、前後編合わせるとなんと5時間にもなる。 何が凄いって、そんな長さを感じさせないほどに思わず入り込んでしまう吸引力がある。 何が凄いって、無理やりオリンピック後に時代を設定しなくてもいいのに…や、ドロドロしてるのに薄っぺらい昼ドラみたいに登場人物が至近距離に集まっちゃう展開でも、それをも…
トラックバック:9
コメント:9

続きを読むread more

「エル ELLE」☆正しい隣人の愛し方

原作が凄いのか、監督が凄いのか、女優が凄いのか… 確かに言えるのは、フランス映画なのが成功のカギだったことと、このミシェルを演じたイザベル・ユベールの醸し出す雰囲気が絶妙だったってこと。(ネタバレで書きます) 「エル ELLE」 公式サイト <ストーリー> 突然覆面の男にレイプされたミシェル(イザベル・ユベール)…
トラックバック:21
コメント:14

続きを読むread more

「オレの獲物はビンラディン」☆ニコラスケイジ史上最高傑作inしたコメ

いや~~~面白かった!! ニコラス・ケイジ大好きなパパンとは対照的に、どうも彼を今まで好きになれなかった私だけど、この「振り切った演技」が炸裂してるニコケイ観たら一気に大ファンに! 彼の演技も上手いけど、なにより実話だけにご本人の生き方がまず面白い!!ホント最高!! 「オレの獲物はビンラディン」 公式サイト <ストー…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

「オクジャ」☆隠れた大傑作

ビジュアル的には特にそそられもしなかった作品なのだけど、私の中の永遠の傑作「グエムル-漢江の怪物」のポン・ジノ監督の作品なのだから、これが面白くないわけがないよね! ネット配信だけで公開するNETFLIXでは勿体ないほどの、美しい韓国の大自然に、本物と見紛うばかりの新種の生物のビジュアルはあまりにリアルで驚くばかり。 「オク…
トラックバック:2
コメント:6

続きを読むread more

「インフェルノ」☆ホラー+アクション+謎解きゲーム

映画の公開前に、「トム・ハンクスが主演なら事件はもう半分以上解決したようなもの。」と思っていたのは大間違いだった。 一番のどんでん返しは最後までほとんどラングドン教授の活躍がない事(笑) しかもラングドン教授の知力だけが頼りの謎解きミステリー映画のシリーズと思っていたら、今回はホラー&アクション映画だったとは・・・・ …
トラックバック:28
コメント:15

続きを読むread more

「X-MEN アポカリプス」☆最終章はスタートライン

圧倒的VFXで見事な黙示録的、終末観がたっぷり。! 前作までを見て無かったり覚えて無くても充分楽しめるし、若きX-MENたちが集結していくあたりはワクワク度MAX!. でも最後に気が付けば『なぜプロフェッサーはスキンヘッドになったのか』をじっくり説明したという結論に。 別に年齢を重ねて年を取ったから禿げたんでも良かったんだけど・・…
トラックバック:36
コメント:22

続きを読むread more

「アリス・イン・ワンダーランド/j時間の旅」☆もはやフルCG

ここまで見事なCGで、『なんでもあり』なアリスのファンタジー世界を作りだせているのなら、最早、ジョニデのメイクもCGでいいのでは? というか、既に目だけ大きくしてみたり、ほぼメイクもCG? 白塗りに飽き足らず、どんどんど派手メイクになっていってるジョニデなら、もういっそマッドハッター自身もCGで? 「アリス・イン・ワン…
トラックバック:23
コメント:18

続きを読むread more

「アイ アム ア ヒーロー」☆大泉洋と思って舐めたら危険!

あー、面白かった! あー、疲れた・・・・・ あー、マジ怖かった(;´д`) うー、グロかった・・・ これってゾンビが出てくるゆる~いコメディかと思っていたら大間違い!!!これはコメディだけどホラーだわ。 でも相当良くできていて、実に面白い!!! それにしても・・・・・・・・・・・ここまで・・・・やる? …
トラックバック:34
コメント:16

続きを読むread more

「オデッセイ」☆ザ!鉄腕ダッシュ星

もはや本業が何なのか判らなくなりつつあるTOKIOのメンバーたちが、華やかな芸能界とかけ離れた離島で、おえっ!となりつつ井戸の掃除をしたり、うへーっ!といいながら正体の分からないものを料理したりしても、ちっとも辛そうでないのは(本当は辛いのかもだけど)、プロ根性は勿論だけど、実際「作り出す喜びが困難を打ち負かす力になる」からなのかも☆ …
トラックバック:39
コメント:26

続きを読むread more

「アンジェリカの微笑み」☆101歳監督の幽体離脱映画

面白い映画。 予告編を見るかぎり、とってもアーティスティックな映画と思っていたら、正しく言うと『面白い事になっちゃってる映画』だった。 しかしアンジェリカのそのミステリアスな微笑みに心惹かれたのは、主人公のイザクだけでなく、私たちまでもすっかり心惑わされてしまったのは間違いない。(別の意味で) それにしてもまさかのだれも予測し…
トラックバック:6
コメント:4

続きを読むread more

「黄金のアデーレ 名画の帰還」☆感動のポイント

ヘレン・ミレンは言うまでもなく見事だ。 眉の動き、目の表情、シワのひとつまでもが感情を表す。 この彼女の演技力を持ってして、初めて成り立つ物語。 勿論、脚本もいいしライアンの弁護士も立派だったし、名画の他ゴージャスな衣装・小物も素晴らしいのだけれど。 ナチスに全てを奪われたというだけで充分胸を締め付けられ、見事に取り返したと…
トラックバック:24
コメント:16

続きを読むread more