テーマ:映画は行

「ペット2」☆踏み出す勇気

パソコンが壊れて修理に出している間、実は家でやることがなくて結構早寝早起きが習慣の健康的な時間を過ごしていた私。 ようやく修理から戻ってきて、かなり書きたいことも貯まっているのでまた忙しくなりそう~~ それにしてもブログを更新できずにいる間に、何だかBiglobeの仕様が変わって使いにくいよ?? 公開直ぐに観たスパイダーマ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「パピヨン」☆スティーブ・マックイーン時々アーミー・ハマー

スティーブ・マックイーン主演の名作「パピヨン」のリメイクを、マックイーンそっくりのチャーリー・ハナムが熱演。 ただそっくりだからキャスティングされたとは言わせない鬼気迫る素晴らしい演技は、ガタイが良くてちょっとワルだけど確実な信頼を寄せるに値する包容力と武骨なのに暖かい人物を演じるのに、この「顔」が必要だったのだと納得させられるものだ…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

DVD「ファイティング・ダディ怒りの除雪車」☆笑えるバトロア

間もなくリーアム兄さんの新作「スノーロワイヤル」が公開となる。 その前にごみつさんがおススメされていた「ファイティング・ダディ 怒りの除雪車」をamazonプライムで鑑賞。 こちらはハンス・ペテル・モランド監督が2014年に制作したノルウェー・スウェーデン映画で、「スノロア」は彼が自らセルフリメイクした作品なのだそう。 こ…
トラックバック:2
コメント:9

続きを読むread more

「バンブルビー」☆ぬいぐるみ的可愛さ

今更ながらの鑑賞だけど、なかなか良かった~♪ トランスフォーマーシリーズはことごとく寝てしまう私なので、この作品もスルーの予定だったのだけど、可愛いバンブルビーに見事ノックダウンされちゃった☆ 「バンブルビー」 公式サイト <ストーリー> 機械いじりの好きなチャーリー(ヘイリー・スタインフェルド)は、亡くなった父…
トラックバック:12
コメント:24

続きを読むread more

「ブラック・クランズマン」☆意外にも真面目に社会派

予告編を見てずっと楽しみにしていた作品。 てっきりバリバリの痛快ブラックコメディーと思いきや、大いにまじめにどストレートな社会派映画だった。 勿論、随所に笑いも散りばめられているけれど… 言ってみればこの実話が既にブラックユーモアだったということか? 「ブラック・クランズマン」 公式サイト <ストーリー> 初…
トラックバック:4
コメント:16

続きを読むread more

「ビリーブ 未来への大逆転」☆最先端理想の夫婦像

子育てをしながら夫を支え夫に支えられ、ハーバード法科大学院を卒業、弁護士となって初めて女性の権利を勝ち取った女性を演じるのは、子役をしながらオックスフォード大学を卒業した才媛フェリシティ・ジョーンズにピッタリの役!! 「ビリーブ 未来への大逆転」 公式サイト(3月22日公開) <ストーリー> 希望を胸にハーバード法…
トラックバック:7
コメント:14

続きを読むread more

「運び屋」☆伊達男の欲しかったもの

新聞記事に載っていた「90歳の男性が麻薬の運び屋で逮捕」という記事にヒントを得て作られた作品。 クリント・イーストウッドが落ちぶれて家族も失ってしまった伊達男の悲哀を、見事なヨレヨレ感で演じている。 「運び屋」 公式サイト <ストーリー> デイリリーという1日しか咲かない百合を栽培していたアール(クリント・イース…
トラックバック:13
コメント:18

続きを読むread more

ヴィゴを見る「はじまりへの旅」「ヒストリーオブバイオレンス」「ギリシャに消えた嘘」

予想通りアカデミー賞作品賞を獲得した「グリーンブック」 そう言えば主役のヴィゴ・モーテンセンの作品って、「ロード・オブ・ザ・リング」と「偽りの人生」以外見た事なかった! 「はじまりの旅」(2017年) はじまりへの旅 [DVD]松竹 2017-10-04 Amazonアソシエイト 人里離れた森の中で軍隊式に身体を鍛え、森…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

「ファンタスティックビーストと黒い魔法使いの誕生」☆人物が渋滞

普通シリーズの1作目が人物紹介で、2作目から物語が動くものだけど、今回は更に人が多くてやや渋滞気味。 1作目の方が楽しめるとか眠くなったとか色々聞いていて承知の上で観に行ったけど、なるほどちょっぴり意識が遠のいたりしちゃった…ハリポタも大好き、ジョニデもエディ・レッドメインも大好き、ファンタビも大好きなのに~ 「ファンタスティッ…
トラックバック:16
コメント:12

続きを読むread more

「ボヘミアン・ラプソディー」☆応援上映!!

クイーンファンの★ちゃ★の長引いた風邪が治るのをずっと待っていた。 やっと実現した応援上映!彼女がサイリウムを準備してくれて準備万端☆ 18時50分からだけあって、クイーンと共に青春を過ごしてきた年代のサラリーマンもたくさんで、当然のように満席だったのだけど…おや?意外とおとなしいよ?応援上映なのに… それでも最後のライブ…
トラックバック:15
コメント:31

続きを読むread more

「ボーダーライン ソルジャーズ・デイ」☆主人公の悲劇再び

本当に久しぶりの映画。繁忙期を迎えて殺人的に忙しいバイトの合間を縫って行ってきたyo 周りのみんなは精神的にも肉邸的にも疲れている時はハッピーエンドの映画を観たいものだ、と口をそろえて言うけれど、私はこういうガッツリした作品の方を観たくなる。 「ボーダーライン」の続編らしさはしっかりと継続。 ほぼ車とヘリでの銃撃戦ばかりなのに…
トラックバック:6
コメント:9

続きを読むread more

「プーと大人になった僕」☆開始3秒で涙

いやーヤバイ。 始まって3秒で涙。そして最後までずっとうるうる…まさかこんなに泣かされるなんて~~ ディズニーの実写ものに関しては実はちょっと距離を置いていて、良いのは判っているけどベタなんだよね・・・とか、プーがやたらオッサンの声だしアニメのプーさんのような見た目と違ってるのが腑に落ちないし、どうせCGって感じなんでしょう…
トラックバック:11
コメント:16

続きを読むread more

「判決、ふたつの希望」☆今年のベスト入り決定!

傑作!! これはもう観終わった途端、私の中で『今年の映画ベスト5』入り決定となったのだった。 いやあ、台風の中びしょ濡れでも観に行って良かった~~♪ ここに世界平和の答えがある☆ 「判決、ふたつの希望」 公式サイト(8月31日公開) <ストーリー> レバノンの首都ベイルートで、キリスト教徒のトニーは2…
トラックバック:10
コメント:18

続きを読むread more

「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」☆成長ものがたり

アカデミー賞にノミネートされていなかったら、正直観に行ってなかったかも。 そしてスピルバーグならではの生真面目なつくりが、前半あくびを何度も出させることにもなった。 一昨年オスカーを受賞した「スポットライト 世紀のスクープ」と比べると、ややメリハリが足りなかったかな… 「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」 公式サイト …
トラックバック:16
コメント:16

続きを読むread more

「BPM ビート・パー・ミニット」☆HIV活動家の溢れる熱量と息遣い

まるでドキュメンタリーかと思うくらいにリアルで激しく白熱してる。カンヌでグランプリを受賞したのも判る気がする。 生き生きとしてパワーに溢れ、生々しい熱量を持ち、ドギマギするほどの息遣いに圧倒される。 やがてその息遣いが無音に変わっても、彼らは尚一層パワーを増していくのだ。 「BPM ビート・パー・ミニット」 公式サイト(3…
トラックバック:2
コメント:6

続きを読むread more

「ブラックパンサー」☆ディズニー映画時々マーベル

勝手な擦り込みかもしれないけれど、なぜかディズニー映画感が半端ない。 それだけに今までのアベンジャーズのメンバーとは一線を画している☆ 宇宙っぽさや近未来とは全く無縁の雄大なアフリカの大自然、そこに隠された繁栄した都市と、トニー・スターク真っ青の超ハイテク技術の共存がなかなかに面白い。 「ブラックパンサー」 公式マーベルサ…
トラックバック:10
コメント:18

続きを読むread more

「羊の木」☆人は見かけによらない

猛吹雪の中、地下鉄なら電車が止まらないのをいいことに、のん気に試写会へ行ってきたyo 奇想天外な設定の邦画は当たりハズレが極端に出るけれど、最初から最後までざわざわさせて目が離せない映画でなかなかに面白い!! 試写会場はお客さんも半分ほどだったけど、雪の中出掛けて行って良かった~♪ 原作は山上たつひこで、作画はあの「ぼのぼ…
トラックバック:12
コメント:13

続きを読むread more

「鋼の錬金術師」☆想像通りのコスプレ映画

長年のハガレンファンとしては、楽しみ半分恐怖半分。 予告編を見る限りでは、「これはやっちまったな・・・」なコスプレ映画臭がプンプン。 でも!映画サイトの表かはなんと満点が付いているよ?? 「銀魂」の事例もあるし、もしや予想を裏切って感動ものに仕上がっているのでは??と底辺だった期待をちょっとだけ持ち上げて、公開初日の仕事帰りに鑑賞…
トラックバック:2
コメント:6

続きを読むread more

「火花」☆確かに漫才で泣く!!

原作の又吉直樹の小説を読んで、イロモノだから話題になったり芥川賞を受賞したわけじゃないんだ…と確信してから、映画化を楽しみにしていた私。 熱いけど熱血じゃない、まっしぐらだけどどこか俯瞰した冷静さを持ち合わせている…お笑いを愛し、芸人をリスペクトする、そんな又吉そのものな作品の雰囲気を、原作通りに描いた板尾監督の後輩たちへの愛を感じる…
トラックバック:5
コメント:18

続きを読むread more

「ブレードランナー 2049」☆超えた!

オリジナル1作目の「ブレードランナー」が多くのSF作品に多大な影響を及ぼして、以後1作品たりとも「ブレードランナー」を超えるものが現れない・・・と思っていたら、『ヒット作の続編またはリブート作品は決してオリジナルを超えられない』というジンクスまで破って、なんとオリジナルを超えてきたyo! 1作目をこよなく愛するパパンでさえ、「超えたと…
トラックバック:29
コメント:22

続きを読むread more

「バリー・シール/アメリカをはめた男」☆実はハメられた?

そもそもコントラ事件に関して知識がなかったので、途中からCIAって何!?CIAと名乗っているのは嘘で、実は悪い組織なんじゃ??とやや混乱気味。 いずれにしてもバリー・シールは『アメリカをはめた』んじゃなくて、ハメられたのでは?? 「バリー・シール アメリカをはめた男」 公式サイト <ストーリー> 優秀なパイロット…
トラックバック:24
コメント:14

続きを読むread more

「ブレードランナー2022ブラックアウト/2036ネクサス・ドーン/2048ノーウェアトゥラン」

パパンが大ファンの「ブレードランナー」の新作が間もなく公開されるので、今から二人でワクワク☆ もう何度も何度も見ているパパンに対して、世界観にも映像の素晴らしさにも感激しながら、何故か途中でどうしても眠くなる私。 改めて1982年の「ブレードランナー」を見直していたら、おやおや?huluでこれから公開の「ブレードランナー2049」の…
トラックバック:2
コメント:4

続きを読むread more

「ボブという名の猫 幸せのハイタッチ」☆ラッキーボブ

イギリスでベストセラーとなったノンフィクションが原作。 そういう本が出版されていたなんて、知らなかったな~ ロンドン時代のお友達からのお誘いで観てきたyo 「ボブという名の猫 幸せのハイタッチ」 公式サイト <ストーリー> ホームレスのストリートミュージシャン、ジェームス(ルーク・トレッダウェイ)はその日の食べ物も…
トラックバック:8
コメント:12

続きを読むread more

「パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊」☆やっぱり最高!

楽しみすぎて楽しみすぎて待ち望んでいたのに、今頃の鑑賞とUPになってしまったyo(涙) それでもやっぱりジャックスパロウは最高! 結局最後は美味しいところをバルボッサに持っていかれちゃうジャックは、今回もお馴染みの展開。 お話の主軸の周辺で、ただウロウロしているだけのジャックの、相変わらずいい加減で、特別活躍もせず、だけど…
トラックバック:25
コメント:18

続きを読むread more

「ハクソー・リッジ」☆度胆を抜かれるかつてない臨場感

見事である。 今までの戦争映画が足元にも及ばないと思ってしまうくらいのリアルな臨場感。 「野火」のグロさに匹敵する血肉飛ぶ戦場の惨状が、目の前にまざまざと見せつけられながら、そこには一筋の希望と癒しがあるという素晴らしさ。 メル・ギブソン監督に惜しみない拍手を!! 「ハクソー・リッジ」 公式サイト (6月24日 公開) …
トラックバック:39
コメント:25

続きを読むread more

「パトリオット・デイ」☆ヒーローは市民

ここには事件を解決する特別なヒーローは一人も出てこない。 それは主役のマーク・ウォールバーグでさえも。 そのかわり市民の一人一人がヒーローなのだ。 不眠不休で走り回る警官たちや市民を守ろうとする州知事、撃ち合いの危険なときに金づちを投げてよこす一般市民でさえも、全てが一丸となって犯人逮捕に結びついた事実は、お決まりのFBI…
トラックバック:27
コメント:18

続きを読むread more

「美女と野獣」☆忠実が成功のもと

女の子の憧れの物語と思っていたら、男性からもすこぶる評判の良い本作。 成功のカギは何だったのか? そのひとつはディズニーアニメを奇をてらうことなく『そのまんま』実写化したところが大きいのではないかしら・・・音楽もストーリーも馴染みのある曲がどれも素晴らしく、「人は見た目が100%」じゃないという物語が何より女子だけでなく男性…
トラックバック:24
コメント:12

続きを読むread more

「パッセンジャー」☆宇宙の真ん中で愛を叫ぶ

宇宙船の船内の描き方、近未来のロボットとどれも見事。 来るべき未来に、本当に火星移住計画が現実になるかも・・・と思えてくる、細かいところまで行き届いたディテールの確かさに酔いしれる。 だとしても・・・・・私は絶対宇宙船には乗らない!! 「パッセンジャー」 公式サイト <ストーリー> 120年かけて惑星へ移住する…
トラックバック:21
コメント:16

続きを読むread more

「ブラック・ファイル 野心の代償」☆全てはどんでん返しの為に

凄いキャストである。 どうしても悪人顔のアンソニー・ホプキンスは期待通りの悪役で、それに対抗するアル・パチーノも相当な存在感なのだ。 謎が謎を呼び、謎過ぎて結構最後の方まで???の謎の中を彷徨うことになり、やっと見えた!と思ったら、そこに待っているのは驚きのどんでん返し。 突っ込みどころも満載だけど、最後まであらゆるどんで…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」

ハリー・ポッターとねえねの成長がリンクしていたので、ハリポタシリーズはずっとファンだった☆ 終って寂しいな~と思っていたこともあり、この新シリーズも当然の様に楽しみにしていたのだ。 魔法も見事だし、切ない大人の恋も描かれている、アメリカの古き良き時代設定も面白い。 なんてったって主役があのエディ・レッドメインなんだもの♪ …
トラックバック:36
コメント:24

続きを読むread more