テーマ:映画は行

「ブラックパンサー」☆ディズニー映画時々マーベル

勝手な擦り込みかもしれないけれど、なぜかディズニー映画感が半端ない。 それだけに今までのアベンジャーズのメンバーとは一線を画している☆ 宇宙っぽさや近未来とは全く無縁の雄大なアフリカの大自然、そこに隠された繁栄した都市と、トニー・スターク真っ青の超ハイテク技術の共存がなかなかに面白い。 「ブラックパンサー」 公式マーベルサ…
トラックバック:10
コメント:18

続きを読むread more

「羊の木」☆人は見かけによらない

猛吹雪の中、地下鉄なら電車が止まらないのをいいことに、のん気に試写会へ行ってきたyo 奇想天外な設定の邦画は当たりハズレが極端に出るけれど、最初から最後までざわざわさせて目が離せない映画でなかなかに面白い!! 試写会場はお客さんも半分ほどだったけど、雪の中出掛けて行って良かった~♪ 原作は山上たつひこで、作画はあの「ぼのぼ…
トラックバック:12
コメント:13

続きを読むread more

「鋼の錬金術師」☆想像通りのコスプレ映画

長年のハガレンファンとしては、楽しみ半分恐怖半分。 予告編を見る限りでは、「これはやっちまったな・・・」なコスプレ映画臭がプンプン。 でも!映画サイトの表かはなんと満点が付いているよ?? 「銀魂」の事例もあるし、もしや予想を裏切って感動ものに仕上がっているのでは??と底辺だった期待をちょっとだけ持ち上げて、公開初日の仕事帰りに鑑賞…
トラックバック:2
コメント:6

続きを読むread more

「火花」☆確かに漫才で泣く!!

原作の又吉直樹の小説を読んで、イロモノだから話題になったり芥川賞を受賞したわけじゃないんだ…と確信してから、映画化を楽しみにしていた私。 熱いけど熱血じゃない、まっしぐらだけどどこか俯瞰した冷静さを持ち合わせている…お笑いを愛し、芸人をリスペクトする、そんな又吉そのものな作品の雰囲気を、原作通りに描いた板尾監督の後輩たちへの愛を感じる…
トラックバック:5
コメント:18

続きを読むread more

「ブレードランナー 2049」☆超えた!

オリジナル1作目の「ブレードランナー」が多くのSF作品に多大な影響を及ぼして、以後1作品たりとも「ブレードランナー」を超えるものが現れない・・・と思っていたら、『ヒット作の続編またはリブート作品は決してオリジナルを超えられない』というジンクスまで破って、なんとオリジナルを超えてきたyo! 1作目をこよなく愛するパパンでさえ、「超えたと…
トラックバック:29
コメント:22

続きを読むread more

「バリー・シール/アメリカをはめた男」☆実はハメられた?

そもそもコントラ事件に関して知識がなかったので、途中からCIAって何!?CIAと名乗っているのは嘘で、実は悪い組織なんじゃ??とやや混乱気味。 いずれにしてもバリー・シールは『アメリカをはめた』んじゃなくて、ハメられたのでは?? 「バリー・シール アメリカをはめた男」 公式サイト <ストーリー> 優秀なパイロット…
トラックバック:24
コメント:14

続きを読むread more

「ブレードランナー2022ブラックアウト/2036ネクサス・ドーン/2048ノーウェアトゥラン」

パパンが大ファンの「ブレードランナー」の新作が間もなく公開されるので、今から二人でワクワク☆ もう何度も何度も見ているパパンに対して、世界観にも映像の素晴らしさにも感激しながら、何故か途中でどうしても眠くなる私。 改めて1982年の「ブレードランナー」を見直していたら、おやおや?huluでこれから公開の「ブレードランナー2049」の…
トラックバック:2
コメント:4

続きを読むread more

「ボブという名の猫 幸せのハイタッチ」☆ラッキーボブ

イギリスでベストセラーとなったノンフィクションが原作。 そういう本が出版されていたなんて、知らなかったな~ ロンドン時代のお友達からのお誘いで観てきたyo 「ボブという名の猫 幸せのハイタッチ」 公式サイト <ストーリー> ホームレスのストリートミュージシャン、ジェームス(ルーク・トレッダウェイ)はその日の食べ物も…
トラックバック:8
コメント:12

続きを読むread more

「パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊」☆やっぱり最高!

楽しみすぎて楽しみすぎて待ち望んでいたのに、今頃の鑑賞とUPになってしまったyo(涙) それでもやっぱりジャックスパロウは最高! 結局最後は美味しいところをバルボッサに持っていかれちゃうジャックは、今回もお馴染みの展開。 お話の主軸の周辺で、ただウロウロしているだけのジャックの、相変わらずいい加減で、特別活躍もせず、だけど…
トラックバック:25
コメント:18

続きを読むread more

「ハクソー・リッジ」☆度胆を抜かれるかつてない臨場感

見事である。 今までの戦争映画が足元にも及ばないと思ってしまうくらいのリアルな臨場感。 「野火」のグロさに匹敵する血肉飛ぶ戦場の惨状が、目の前にまざまざと見せつけられながら、そこには一筋の希望と癒しがあるという素晴らしさ。 メル・ギブソン監督に惜しみない拍手を!! 「ハクソー・リッジ」 公式サイト (6月24日 公開) …
トラックバック:39
コメント:25

続きを読むread more

「パトリオット・デイ」☆ヒーローは市民

ここには事件を解決する特別なヒーローは一人も出てこない。 それは主役のマーク・ウォールバーグでさえも。 そのかわり市民の一人一人がヒーローなのだ。 不眠不休で走り回る警官たちや市民を守ろうとする州知事、撃ち合いの危険なときに金づちを投げてよこす一般市民でさえも、全てが一丸となって犯人逮捕に結びついた事実は、お決まりのFBI…
トラックバック:27
コメント:18

続きを読むread more

「美女と野獣」☆忠実が成功のもと

女の子の憧れの物語と思っていたら、男性からもすこぶる評判の良い本作。 成功のカギは何だったのか? そのひとつはディズニーアニメを奇をてらうことなく『そのまんま』実写化したところが大きいのではないかしら・・・音楽もストーリーも馴染みのある曲がどれも素晴らしく、「人は見た目が100%」じゃないという物語が何より女子だけでなく男性…
トラックバック:24
コメント:12

続きを読むread more

「パッセンジャー」☆宇宙の真ん中で愛を叫ぶ

宇宙船の船内の描き方、近未来のロボットとどれも見事。 来るべき未来に、本当に火星移住計画が現実になるかも・・・と思えてくる、細かいところまで行き届いたディテールの確かさに酔いしれる。 だとしても・・・・・私は絶対宇宙船には乗らない!! 「パッセンジャー」 公式サイト <ストーリー> 120年かけて惑星へ移住する…
トラックバック:21
コメント:16

続きを読むread more

「ブラック・ファイル 野心の代償」☆全てはどんでん返しの為に

凄いキャストである。 どうしても悪人顔のアンソニー・ホプキンスは期待通りの悪役で、それに対抗するアル・パチーノも相当な存在感なのだ。 謎が謎を呼び、謎過ぎて結構最後の方まで???の謎の中を彷徨うことになり、やっと見えた!と思ったら、そこに待っているのは驚きのどんでん返し。 突っ込みどころも満載だけど、最後まであらゆるどんで…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」

ハリー・ポッターとねえねの成長がリンクしていたので、ハリポタシリーズはずっとファンだった☆ 終って寂しいな~と思っていたこともあり、この新シリーズも当然の様に楽しみにしていたのだ。 魔法も見事だし、切ない大人の恋も描かれている、アメリカの古き良き時代設定も面白い。 なんてったって主役があのエディ・レッドメインなんだもの♪ …
トラックバック:36
コメント:24

続きを読むread more

「ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期」☆爆笑の嵐

あ~~面白かった♪ レディースデイならではと言うべきか、満席に近い劇場の98%が女性だからこそ、思い切り声をあげて笑える心地よさ。 それもこれも、「セックスアンドザシティー」のようないけ好かなさが無いブリジットの愛すべきキャラクターあってこそ☆ 「ブリジット・ジョーンズ ダメな私の最後のモテ期」 公式サイト <ストー…
トラックバック:8
コメント:2

続きを読むread more

「ハドソン川の奇跡」☆見事な邦題

トム・ハンクスが主役を演じた時点で、もう120%成功したと言っても過言では無い。 機長のサリーに似ているから?・・・・・似ているのは顔だけではない。 誠実さ、冷静さ、生真面目さの全ての人間性が滲み出ている、その風格そのものが似ているからに違いない。 全てが信頼に足る説得力のある人物「トム・ハンクス」が、155人の乗客とクル…
トラックバック:44
コメント:18

続きを読むread more

「ぼくのおじさん」 したコメ☆オープニングでまったり

「したまちコメディ映画祭」オープニング作品は、松田龍平主演の「ぼくのおじさん」 ワールドプレミアだけに、もしかしてレッドカーペットに来たりして??と期待するも現れず。 そりゃ大騒ぎになるもんね・・・・ 「ぼくのおじさん」 公式サイト(11月3日公開) <ストーリー> 小学4年生のぼく(大西利空)は、作文コンクー…
トラックバック:7
コメント:8

続きを読むread more

新海誠コレクション「ほしのこえ」「彼女と~」「雲のむこう」「秒速~」「言の葉~」

「君の名は。」の繊細な世界観にすっかり魅了されたので、新海誠 監督過去作品を一気に見てみたyo 久しぶりにDVD鑑賞記録。 「彼女と彼女の猫」(2000年)短編 パソコンゲーム制作の日本ファルコム在籍中に自主製作して、見事アニメコンテストでグランプリを獲得した作品。 モノクロ画面とリアルに描いた部屋の中が、孤…
トラックバック:4
コメント:9

続きを読むread more

「ファインディング・ドリー」☆忘れた方が幸せなときもある(日本語吹き替え版)

ピクサー、ディズニー映画で好きなものと言えば、何と言ってもやっぱり「ファインディング ニモ」 この続編が出来たとなれば、いの一番に見なくっちゃ!! 勇気をくれる、元気をくれる、『忘れちゃっても大丈夫』で得られる自由をくれる。 ああ、このシリーズはやっぱりいいわぁ♪ オマケについている「ひな鳥の冒険」も最高にキュート!…
トラックバック:18
コメント:10

続きを読むread more

「ブルックリン」☆故郷は遠きにありて思ふもの

どうしてこの作品を観ようと思ったんだっけな? あ、アカデミー賞の作品賞ノミネート作品だったからね☆ あれ?どうして☆4つと評価が高いのかしら? ん~~~~??? そもそも東京出身の私には、胸に迫るこの思いがないのかもしれない。 新天地を求めて故郷を後にした人ほど、より共感し、荒波に揉まれて1歩も2歩も成長した自分と…
トラックバック:19
コメント:12

続きを読むread more

「ヒメアノ~ル」☆最後に大粒の涙一つ

ざわざわしてみぞおちの辺りがぎゅーっとなって、不穏なドキドキが見終ってからも止まらない。 映画としての完成度がこの上もなく高い映画。 予告編の期待度をはるか超えて、そして最後に一粒の涙がポロリ。 これは秀逸!!今年の日本映画はかなり良いのでは??! 「ヒメアノ~ル」 公式サイト <ストーリー> 毎日何…
トラックバック:21
コメント:14

続きを読むread more

「バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生」

映画サイトでも巷でも結構評判が良さそうなので、期待していた私。 もともとバッドマンの闇の部分が、アメコミヒーローの中でも異彩を放っていて好きだったのに。 迫力ある映像、ダークな色調は終始格好良かったけれど・・・・ とにかく長い!!退屈せずに観れたけど、さすがに途中で「あー、長いわ、早く決着つかないかな。」とふと思ってしまっ…
トラックバック:35
コメント:16

続きを読むread more

「ヘイトフル・エイト8」タランティーノ☆極上爆音試写会

立川にあるシネシティ2で極上爆音試写会があるというので、ちょっと遠いけど出掛けてきたyo このモヤモヤした気分を、なんとか爆音で吹き飛ばさねばっ!! 「なんか推理小説を読んでいるみたいだった。」と言ったら、ねえねに「チラシに『密室ミステリー』って書いてあったじゃん。」と一蹴。なるほど! これはミステリーなのでネタバレは完全無し…
トラックバック:28
コメント:22

続きを読むread more

「ブラック・スキャンダル」☆主人公は誰?

久しぶりにジョニーの怪演が好評のようなので、楽しみにしていた作品。 たとえハゲでもカッコイイよ♪ というよりも、「パブリックエネミーズ」の時のような爽快なワル役でないかぎり、ジョニーに悪役はムリ! だっていい人が滲み出ちゃうよ、どうしても。 「ブラック・スキャンダル」 公式サイト <ストーリー> 1970…
トラックバック:27
コメント:16

続きを読むread more

「ブリッジ・オブ・スパイ」スピ+コーエン+トムハンクス=平凡

コーエン兄弟がかかわったら面白いと思うはず。 確かにスリリングな話で、しかも実話を基にした物語なんだから・・・・ でも何だろう? スピルバーグの真面目さと、トム・ハンクスの誠実さが強すぎて、一触即発な話が何だか落ち着きと安定に負けちゃったような?? 「ブリッジ・オブ・スパイ」 公式サイト(1月8日公開) <ストーリ…
トラックバック:43
コメント:26

続きを読むread more

[PAN ~ネバーランド 夢のはじまり」☆魔法にはかからず

そもそもファンタジーはあまり好んで観ないので、今回もパスするつもりでいたのだった。 でもヒュー様もなかなか頑張っているようだし、主人公の少年も『世界で最も美しい少年』ってことだし・・・・ 何よりこの映画の宣伝でヒュー様がインタビューを受けているのをテレビで見ていたパパンが、突然「パンってパンパイプのことか?」って言いだしたので「なん…
トラックバック:25
コメント:12

続きを読むread more

「ファンタスティック・フォー」☆イケメンヒーローよりリアルヒーロー

なぜ今更ながらファンタスティックフォーなのか? あんなに面白かったシリーズ物が、途中で頓挫した?からなのか、3DとかVFXの技術革新でより一層良いものが作れると思ったからなのか? ヒーローもイケメンじゃないし・・・・と、期待値をぐっと下げて観に行ったら~~~エンタメよりリアルを追求した今作も案外面白かったyo そもそもアメ…
トラックバック:19
コメント:12

続きを読むread more

「HERO」☆ジンと胸に迫るけど2時間ドラマ

なんだかんだ言っても鉄板である。 キムタク演じる久利生検事は、いつもながらのキムタクなんだけど、やっぱり格好良くて、そのクサイはずの言葉の一言一言が胸にジンと響くのだ。 邦画大好きなママ友に誘われて行ってきたyo 評判通りの鉄板の面白さだけど、噂通りに2時間ドラマで、映画のために一生懸命伸ばした的なちょっと間延びした印象が…
トラックバック:19
コメント:4

続きを読むread more

「ふたつの名前を持つ少年」RUN BOY RUN☆子供と観るべき良作

戦後70年。 戦争と距離があくことで、逆に戦争に近づいて行っている昨今。 この夏だからこそ、子供たちに「戦争とは」を伝えるのに適した良作に出会いたいものだ。 戦争の悲惨さを伝えるために、グロイ描写は避けて通れないとはいえ、小・中学生ではトラウマになりかねず、かえってそういった作品が敬遠されてしまうのだとしたら残念だ。 …
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more