テーマ:映画た行

「トゥモロー・ウォー」☆ひねりはないけど迫力のバトルアクション

エイリアンと闘う近未来物といえばある程度想像できるけど、3D用に撮影された(?)このエイリアンのすばしこさと容赦なさは過去最上級かも!? 驚いたのはエイリアンの造形より主役のクリス・プラットの筋肉!どんどん巨大化しているのは、シュワちゃんの娘と結婚したから?? 「トゥモロー・ウォー」Amazonプライムビデオ配信 エイリアンに…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Netflixおすすめ映画&ドラマ「Death Note デスノート」「ルパン」「ヤスケ」はみんな黒人

Netflixに加入している息子のおかげでGWはネトフリ三昧。 半笑いで「Lが黒人なんだよ~」と教えてくれたのは、当時人気だった「デスノート」(2006年)「デスノート後編」試写会&舞台挨拶 の洋画版。 そしてなんと戦国時代を描いたアニメ「ヤスケ」も、本家フランス製作の「ルパン」までもが黒人! 「Death Note デスノー…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「騙し絵の牙」☆やるなぁ~KADOKAWA

前宣伝から大泉洋をあて書きしたのと、あて書きしたのに大泉洋らしくない演技を要求された事は知っていたけど、まさかここまで大泉洋らしからぬキャラクターだったとは!!? 登場人物の多さと複雑に入り組んだ策略と、文学系に有り勝ちな持って回った言い回しで難解さを増しているけれど、実は策略に気付かせないよう煙に巻く手段なのだとしたら「やられた!」…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

間違いなし!「A24」映画のお勧めランキング

「ミッドサマー」などで一躍注目を浴びた新進気鋭の映画製作会社「A24」 「A24」が制作した映画を全部見たわけでは無いけれど、ふと気付くと好んで観ている作品がA24だったりする! そこで私の好きな順にランキングを付けてみたYO(かなり個人的好み) 題名をクリックすると詳しいレビューに飛びます。 1位「ルーム」(2015年…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

「特捜部Q カルテ64」デンマーク警察小説☆シリーズいち凍て付くけどラストに涙

最近私のブログの『ひとり北欧映画祭り「特捜部Q」シリーズとアイスランド映画「湿地」』のアクセスが急に伸びて、おや?と思っていたのだ。 チェックしてみるとamazonプライムで最新作「特捜部Q カルテ64」が配信になっているではないの!!? 昨年の春短い期間公開されたのを見逃してしまったので、早速見なくちゃ! 「特捜部Q カ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「罪の声」☆大人のエゴの代償

35年前に一世を風靡した未解決事件をモチーフにした作品。 本当は犯人が捕まっていないので、あくまで「モチーフにした」となっているけれど、改めて実際の「グリコ・森永事件」を見てみるとこの映画そのもの、いやこの映画がほとんど実際の事件そのものなのだ。 家の押し入れから亡くなった父の想い出の箱を見付けた俊也(星野源)は、1984年と書…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

「TENET テネット」☆難解で痛快

難解と聞いていたので、あえて色々な人のレビューを読んでから一足遅れて噂の「テネット」を鑑賞。 噂通り難解だけど、様々に仕込まれた伏線の回収はちゃんと見届けられたし、時間の順行と逆行を同時に撮影するトンデモナイ監督の頭の中をちょっとだけ垣間見られて大満足♬ まさに体感する映画! 「TENET テネット」 公式サイト 爆弾テ…
トラックバック:0
コメント:19

続きを読むread more

実話が基ネタ「ディック・ロングはなぜ死んだのか?」☆罪状は悪ふざけ

これは面白い! 誰もが一つくらいは持っている「人には絶対話したくない秘密」を守らんとするために右往左往する情けない姿を描いたブラックコメディ。(ここまでの秘密を持つ人は少ないでしょうけど) しかもそれが実際の事件を基ネタにしているというのだからっ!! 因みにディック・ロングとは死んだ仲間の愛称なのだけど、実は卑猥な言葉だったらしい…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

何度見ても面白い☆バディーものコメディならこれ!「ホット ファズ」「宇宙人ポール」「タッカーとディル」「ナイスガイ…

わとガッツリと重たい映画を好む私も、さすがに毎日2時間残業が1か月以上続いて疲れもたまり、ついにはお家映画を見る気力さえなくなっていたのだけど、ようやく仕事も落ち着いてきたので久しぶりにお家映画三昧♬ それにしても、たまにはコメディでも見よう~~と思うなんて、まだまだ疲れが取れてない証拠ね(笑 さて私が是非お勧めしたいバディ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

洋画イケメンTOP4映画を見る☆「トップガン」「ロミオ&ジュリエット」「ファイトクラブ」「フロム・ヘル」

私の独自の映画のチョイスにも偏りがあるので、趣向を変えて外出自粛中に王様のブランチで紹介していた『20代~50代男女に聞いた美男美女ベスト10』から、上位4人までの映画を見る事に。 驚いたのは若い人もアンケートに答えているのに、イケメンというとやっぱりこの人たちですか!?という不動のラインナップになっていたこと!! 『20代~5…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

名優ソン・ガンホ「タクシー運転手 約束は海を越えて」☆タクシー運ちゃんのワイスピアクション

コロナが少し落ち着いてきたと思ったら、次はデモで大変なNY。 NY在住の友人の話では警察はデモ隊を殺さないけど、軍隊が出て来たら本当に殺すよ・・・とのこと。 実際アメリカのコロナは落ち着いているわけでは無く、まだまだ感染者も出ているらしいし、NYの地下鉄は稲妻のような強烈な凄い光を照射してウイルスを殺す計画で、そのうち人がいても照射…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

おススメ映画を見る☆「トゥルーマンショー」「インサイダーズ」「ヒトラーの忘れ物」

おススメ映画を見るの第2弾。 今回はブログで仲良くさせていただいているブロガーさんたちのおススメされている映画から。 繋がっているブロガーさんは割と映画好きの方が多くて、沢山の映画をご覧になっていたり、マニアックな映画を見ていることが多いので、かえってその中から選ぶのも一苦労(笑 数ある中からamazonプライムで見られるものをい…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

驚愕!実在したシリアルキラー映画を見る☆「チャイルド44」「フローズン・グラウンド」「ジェフェリーダーマー」「チェ…

未見の作品で気になってた映画「チャイルド44」を見たら、なんとロシアの実在のシリアルキラーが登場する話だった。 図らずも先日見た切り裂きジャックのルポルタージュで、アメリカの実在した殺人鬼HHホームズの存在を知ったばかり。 世の中どうしてこんなにも多くの人を殺める殺人鬼が沢山いるの?と思い、映画になっているものを集めてみることに…(…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

煌びやかの極み「ダウントン・アビー」大人気シリーズも初見の人は要予習

イギリスならではの大人気ドラマシリーズ「ダウントン・アビー」が映画になった!このドラマの大ファンのママ友が常々お勧めしてくれてたのだけど、タイミングが悪く見た事なかった私は「シリーズを見た事が無い人」の枠で試写会に当選。 ひゃー!登場人物多すぎて、もう誰が誰だか・・・? 少なくとも貴族の男性も執事の男性も、ほぼほぼ同じ『白蝶ネクタイ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ひとり リヴァー・フェニックスまつり「エクスプロラーズ」「スタンド・バイ・ミー」「ダーク・ブラッド」

ホアキンフェニックスの見事なまでの「ジョーカー」にすっかり圧倒され、ここまでの演技力を引き出した土壌は何なのかな?と思って色々調べ始めたら、あらま、あの若くして亡くなった「スタンド・バイ・ミー」のリヴァー・フェニックスの弟さんだったのよね・・・ 知ってはいたものの、なんとなくピンとこないでいた私。 フェニックス兄弟は宗教団体「神…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

マーティン・スコセッシ×ロバート・デニーロを見る「タクシー・ドライバー」「キング・オブ・コメディ」

衝撃的だった映画「ジョーカー」が、多くのシーンでマーティン・スコセッシ監督の「タクシー・ドライバー」や「キング・オブ・コメディ」へのオマージュを感じさせると言う多くの人のレビューを見て、両作品を一気に鑑賞。 なるほど!確かに両作品の主役を演じていたデニーロが、「ジョーカー」にも逆の立場の役柄で出演していたり、類似点もいっぱいあって色々…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

「トイストーリー4」☆受け継ぐもの

約10年近く経ってようやく泣かずにストーリーを語り合えるようにまでなった感動の「トイ3」 それを超える作品?大判のハンカチを用意して観に行ったものの、涙はちょっぴり。 帰宅してから夫に「どうだった?」と聞かれ、ラストを説明したけどどうも上手く伝えられない…しまいには「それじゃあトイ3の保育園にいたほうが良かったんじゃない?」の発言に…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

ひとり北欧映画祭り「特捜部Q」シリーズとアイスランド映画「湿地」

北欧映画の新作公開が目白押しなのだ。 公開に備えて新年早々、寒い冬に益々凍え上がるようなどっしり重い私好みの北欧ミステリーのシリーズを一挙に見たよ☆ 先ずはデンマークの人気作家の「特捜部Q」シリーズの映画化作品。 「特捜部Q 檻の中の女」 特捜部Q 檻の中の女(字幕版)2016-04-28 Amazonアソシエイト …
トラックバック:3
コメント:6

続きを読むread more

「チャーチル ノルマンディーの決断」☆不動のチャーチル愛

映画「ダンケルク」から始まって、特殊メイクアップ賞で話題となった「ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男」と、立て続けに第2次大戦のイギリス、特にチャーチルを描いた作品が続いたこの1年。 今回は自らの老いとも戦う生身のチャーチルを描いて重厚な仕上がりになっているけど、英国民のチャーチルリスペクトが止まらないのも実感。 …
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

「デットプール 2」☆劇場大爆笑!自虐ネタ満載

前作の「デットプール」から続編をずっと楽しみにしていた。 ただぶっ飛んだキャラ設定が斬新過ぎて大ヒットとなった前作を、今後どう料理していくのかと内心不安でもあった。 ところがメンバーを増やしてチームを組んだと思ったらすぐに壊滅したり、映画パロディをどんどんブッ混んでくる楽しさで、劇場を笑いの渦に巻き込んでくれたYO☆ どん…
トラックバック:21
コメント:22

続きを読むread more

「ダンガルきっと、つよくなる」☆スポ根インド映画に泣く

いや~泣けた泣けた。 基本的に王道のスポ根ものなので、その涙は高校野球を見るように実に爽やかで熱く美しい。 しかし基本王道のスポ根なのに、背景にある社会的な不平等や今まさに話題のアスリートのコーチのパワハラ問題などを、インド映画のノリで面白く見せる点で実に斬新。 実際にインドで娘をレスリング選手にしたという本当のお話☆(吉…
トラックバック:5
コメント:10

続きを読むread more

「ダークタワー」☆思ったよりB級でなかったのに拭えないB級感

パパンが何より大好きなスティーブンキング原作の「ダークタワー」が映画化されると知った春ごろから期待していたこともあって、ポスターが発表されてそのB級テイストに落胆していたのだった。 私は春からパパンの愛読書「ダークタワー」を読み始めたものの、そんなに読み進まないうちから眠くて眠くて… ついに5巻あるうちの最初の1巻目の数十ページまで…
トラックバック:5
コメント:8

続きを読むread more

「デトロイト」☆屈辱と差別を体感せよ

バッドエンドの映画が好きだし、事件をスッキリと解決しない映画でも平気な私がさすがにヘコタレた映画。 救いが無い。 黒人差別を扱った映画も数多い中において、少しの希望、部分的な勝利、ちょっとだけ相手をギャフンと言わせるラストすら用意されていないのだ。 しかしこれが『現実』 その現実に目を背けず真っ向から突き付けてくるキャスリン…
トラックバック:15
コメント:20

続きを読むread more

「DESTINY鎌倉ものがたり」☆鎌倉推し

この季節に、このハリボテ感たっぷりのCGで、誰目当てで作られたのかな?こんなに豪華キャストで、こんな大物歌手使って物凄いお金かけてそうなのに、こんなにB級感あって大丈夫なのかな?と正直心配な気持ちでいっぱいだったのだけど・・・・ なかなかにじんわりと泣けて、細かい伏線もきっちりと作り込まれている、実は子供から大人まで観てほっこりする良…
トラックバック:11
コメント:14

続きを読むread more

「ドリーム」☆崇高な爽快感

久しぶりに爽快感のある映画を観た。 ああ、彼女たちの自信に満ち溢れた姿はなんて気高く美しく凛々しいのでしょう! かなり評判も良さそうなので観てみたら大正解!人は嬉しい時にもこんなに泣けるのね… 「ドリーム」 公式サイト <ストーリー> 東西冷戦下の1961年、NASAで熾烈な宇宙開発戦争を支える中に、優秀な計算…
トラックバック:33
コメント:28

続きを読むread more

「ダンケルク」☆ダンケルクスピリット

ハンパない臨場感で、泳げない私は観ている間に何度溺れ死んだことか・・・ ただの歴史もの的戦争映画ではなく、ひとりのヒーローを描く歴史エンターテインメントでもない。 多くの一般の人たちが自らの命の危険も顧みず救助に貢献する姿に、思わず温かい涙が目に滲むのだ。 (ラストに言及しています) 「ダンケルク」 公式サイト <スト…
トラックバック:38
コメント:25

続きを読むread more

「追憶」☆様々な形の愛

評価も高く、映画館もまだまだ満席に近いという事で、ちょっと期待が高くなっちゃったかな・・・・ 一番胸にぐっとくるのは、オープニングとエンディングで流れる、情感のこもったテーマ曲だったかも☆ 「追憶」 公式サイト <ストーリー> 幼馴染のあつし(岡田准一)と敬太(小栗旬)、さとし(柄本佑)は、子供の頃、親に捨てられ…
トラックバック:20
コメント:10

続きを読むread more

「ドクター・ストレンジ」☆意外と面白い!

マーベルヒーローものの映画は正直もういいかなぁと、ヒーロー大集合が当然になってきて後に引けなくなってしまった春休み東映ヒーロー物の映画のようなイメージで、ちょっと乗り気じゃなかったのが本当のところ。 でも!!魔術が繰り出す映像の凄さだけでない、キャラクターの面白さもあって意外にも面白いったら!! 傲慢キャラが良く似合うベネデ…
トラックバック:29
コメント:16

続きを読むread more

「沈黙」☆そこに真理あり

救いを求めて信仰してきたのに逆に不幸のどん底へ落ちて行く貧しい農民と、真理を見つけられずに苦悩する司祭が見えない網に絡めとられて身動きできなくなる姿があまりにも過酷で、2時間42分もあっという間の圧巻の映画だった。 時に碧く静かで美しく心を癒してくれるかと思えば、時に荒々しく黒く底が見えない深さに恐れおののく、まるで宗教とは海のよう。…
トラックバック:27
コメント:16

続きを読むread more

「デスノートLight up the NEW world」☆どんどんどんでんがえし

原作も読んでアニメも全話見て、勿論、前作の実写映画3作品も観てる♪ 「デスノート後編」試写会&舞台挨拶」、「DEATH NOTEーアニメと実写映画後編」 少し前のドラマは、キャラ設定を変えても内容が同じな上に、あまりそそられなかったので1話しか見なかったけれど、今回、映画の前に公開されていたfuluだけの限定配信ドラマが、とーっても…
トラックバック:21
コメント:2

続きを読むread more