テーマ:映画た行

「トイストーリー4」☆受け継ぐもの

約10年近く経ってようやく泣かずにストーリーを語り合えるようにまでなった感動の「トイ3」 それを超える作品?大判のハンカチを用意して観に行ったものの、涙はちょっぴり。 帰宅してから夫に「どうだった?」と聞かれ、ラストを説明したけどどうも上手く伝えられない…しまいには「それじゃあトイ3の保育園にいたほうが良かったんじゃない?」の発言に…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

ひとり北欧映画祭り「特捜部Q」シリーズとアイスランド映画「湿地」

北欧映画の新作公開が目白押しなのだ。 公開に備えて新年早々、寒い冬に益々凍え上がるようなどっしり重い私好みの北欧ミステリーのシリーズを一挙に見たよ☆ 先ずはデンマークの人気作家の「特捜部Q」シリーズの映画化作品。 「特捜部Q 檻の中の女」 特捜部Q 檻の中の女(字幕版)2016-04-28 Amazonアソシエイト …
トラックバック:3
コメント:6

続きを読むread more

「チャーチル ノルマンディーの決断」☆不動のチャーチル愛

映画「ダンケルク」から始まって、特殊メイクアップ賞で話題となった「ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男」と、立て続けに第2次大戦のイギリス、特にチャーチルを描いた作品が続いたこの1年。 今回は自らの老いとも戦う生身のチャーチルを描いて重厚な仕上がりになっているけど、英国民のチャーチルリスペクトが止まらないのも実感。 …
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

「デットプール 2」☆劇場大爆笑!自虐ネタ満載

前作の「デットプール」から続編をずっと楽しみにしていた。 ただぶっ飛んだキャラ設定が斬新過ぎて大ヒットとなった前作を、今後どう料理していくのかと内心不安でもあった。 ところがメンバーを増やしてチームを組んだと思ったらすぐに壊滅したり、映画パロディをどんどんブッ混んでくる楽しさで、劇場を笑いの渦に巻き込んでくれたYO☆ どん…
トラックバック:21
コメント:22

続きを読むread more

「ダンガルきっと、つよくなる」☆スポ根インド映画に泣く

いや~泣けた泣けた。 基本的に王道のスポ根ものなので、その涙は高校野球を見るように実に爽やかで熱く美しい。 しかし基本王道のスポ根なのに、背景にある社会的な不平等や今まさに話題のアスリートのコーチのパワハラ問題などを、インド映画のノリで面白く見せる点で実に斬新。 実際にインドで娘をレスリング選手にしたという本当のお話☆(吉…
トラックバック:5
コメント:10

続きを読むread more

「ダークタワー」☆思ったよりB級でなかったのに拭えないB級感

パパンが何より大好きなスティーブンキング原作の「ダークタワー」が映画化されると知った春ごろから期待していたこともあって、ポスターが発表されてそのB級テイストに落胆していたのだった。 私は春からパパンの愛読書「ダークタワー」を読み始めたものの、そんなに読み進まないうちから眠くて眠くて… ついに5巻あるうちの最初の1巻目の数十ページまで…
トラックバック:5
コメント:8

続きを読むread more

「デトロイト」☆屈辱と差別を体感せよ

バッドエンドの映画が好きだし、事件をスッキリと解決しない映画でも平気な私がさすがにヘコタレた映画。 救いが無い。 黒人差別を扱った映画も数多い中において、少しの希望、部分的な勝利、ちょっとだけ相手をギャフンと言わせるラストすら用意されていないのだ。 しかしこれが『現実』 その現実に目を背けず真っ向から突き付けてくるキャスリン…
トラックバック:15
コメント:20

続きを読むread more

「DESTINY鎌倉ものがたり」☆鎌倉推し

この季節に、このハリボテ感たっぷりのCGで、誰目当てで作られたのかな?こんなに豪華キャストで、こんな大物歌手使って物凄いお金かけてそうなのに、こんなにB級感あって大丈夫なのかな?と正直心配な気持ちでいっぱいだったのだけど・・・・ なかなかにじんわりと泣けて、細かい伏線もきっちりと作り込まれている、実は子供から大人まで観てほっこりする良…
トラックバック:11
コメント:14

続きを読むread more

「ドリーム」☆崇高な爽快感

久しぶりに爽快感のある映画を観た。 ああ、彼女たちの自信に満ち溢れた姿はなんて気高く美しく凛々しいのでしょう! かなり評判も良さそうなので観てみたら大正解!人は嬉しい時にもこんなに泣けるのね… 「ドリーム」 公式サイト <ストーリー> 東西冷戦下の1961年、NASAで熾烈な宇宙開発戦争を支える中に、優秀な計算…
トラックバック:33
コメント:28

続きを読むread more

「ダンケルク」☆ダンケルクスピリット

ハンパない臨場感で、泳げない私は観ている間に何度溺れ死んだことか・・・ ただの歴史もの的戦争映画ではなく、ひとりのヒーローを描く歴史エンターテインメントでもない。 多くの一般の人たちが自らの命の危険も顧みず救助に貢献する姿に、思わず温かい涙が目に滲むのだ。 (ラストに言及しています) 「ダンケルク」 公式サイト <スト…
トラックバック:38
コメント:25

続きを読むread more

「追憶」☆様々な形の愛

評価も高く、映画館もまだまだ満席に近いという事で、ちょっと期待が高くなっちゃったかな・・・・ 一番胸にぐっとくるのは、オープニングとエンディングで流れる、情感のこもったテーマ曲だったかも☆ 「追憶」 公式サイト <ストーリー> 幼馴染のあつし(岡田准一)と敬太(小栗旬)、さとし(柄本佑)は、子供の頃、親に捨てられ…
トラックバック:20
コメント:10

続きを読むread more

「ドクター・ストレンジ」☆意外と面白い!

マーベルヒーローものの映画は正直もういいかなぁと、ヒーロー大集合が当然になってきて後に引けなくなってしまった春休み東映ヒーロー物の映画のようなイメージで、ちょっと乗り気じゃなかったのが本当のところ。 でも!!魔術が繰り出す映像の凄さだけでない、キャラクターの面白さもあって意外にも面白いったら!! 傲慢キャラが良く似合うベネデ…
トラックバック:29
コメント:16

続きを読むread more

「沈黙」☆そこに真理あり

救いを求めて信仰してきたのに逆に不幸のどん底へ落ちて行く貧しい農民と、真理を見つけられずに苦悩する司祭が見えない網に絡めとられて身動きできなくなる姿があまりにも過酷で、2時間42分もあっという間の圧巻の映画だった。 時に碧く静かで美しく心を癒してくれるかと思えば、時に荒々しく黒く底が見えない深さに恐れおののく、まるで宗教とは海のよう。…
トラックバック:27
コメント:16

続きを読むread more

「デスノートLight up the NEW world」☆どんどんどんでんがえし

原作も読んでアニメも全話見て、勿論、前作の実写映画3作品も観てる♪ 「デスノート後編」試写会&舞台挨拶」、「DEATH NOTEーアニメと実写映画後編」 少し前のドラマは、キャラ設定を変えても内容が同じな上に、あまりそそられなかったので1話しか見なかったけれど、今回、映画の前に公開されていたfuluだけの限定配信ドラマが、とーっても…
トラックバック:21
コメント:2

続きを読むread more

「超高速!参勤交代 リターンズ」☆超失速

前作「超高速!参勤交代」の続編なので、1作目を見ておかないとちょっと分からない所も。 それでも今回の映画が初めてだったちかママも「面白かった~♪」」と言ってくれたので、初見の方でも大丈夫みたいne とはいえ前作も観ている者にとっては、逆に・・・・・ 「超高速!参勤交代 リターンズ」 公式サイト(9月10日公開) …
トラックバック:24
コメント:6

続きを読むread more

「ダーク・プレイス」☆悪夢から解放される方法

24時間×10日間という過酷な介護体制では、人間の限界を超える境界線をまたいだ瞬間を体験してきた私。 昼寝をちゃんとして夜に備えたかったけど、「あ!またおばあちゃんが勝手に散歩に出掛けちゃった!!」と、部屋を探しても見当たらないおばあちゃんが、よその畑の作物を勝手にもいできてしまった夢を見て、30分もしないうちにガバッと飛び起きてしま…
トラックバック:13
コメント:14

続きを読むread more

「デッドプール」☆下品でいい加減で純愛

「グリーン・ランタン」でヒーローとしては大コケしたライアン・レイノルズが起死回生。 茶目っ気たっぷりの無責任なヒーローは、正義を振りかざして、一般市民を巻き込み被害を大きくして、無限大のテーマに自らの首を絞めることがない。 「デッドプール」 公式サイト(6月1日公開) カメオ出演がいったい誰だったのか、あーでもないこー…
トラックバック:33
コメント:16

続きを読むread more

[「殿、利息でござる!」☆舛添さん観てください

歴史家・磯田道史による評伝「無私の日本人」に収録されている一編「穀田屋十三郎」を映画化したと後で知って納得。 まさかのこんなに泣ける人情映画だったとは!!ハンカチ用意するの忘れていて、焦ってしまったわ。 「殿、利息でござる!」 公式サイト <ストーリー> 仙台藩の重税に苦しむ百姓や町人たちの夜逃げが後を絶たない小…
トラックバック:21
コメント:10

続きを読むread more

「デジモンアドベンチャーtri. 第一章「再開」☆本当の敵は癌

4月3日、主題歌を歌っていらっしゃる和田浩司さんが咽頭癌のために亡くなられました。 ご冥福をお祈りいたします。 さぞ落ち込んでいると思っていたねえねにラインを送ったらこんな返事が。 「和田さんはゴキゲンな蝶になってデジタルワールドに飛んで行ったんだよ。」 以下は昨年11月に公開になったデジモンアドベンチャーの新作を観たと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「同級生」☆繊細で美しい世界観が秀逸

同じ耽美な世界を描きながら、妖しげでカルト的な黒BL「ライチ☆光クラブ」のあとに、立て続けにもう1本観たのが、対極にある白BL「同級生」 ボーイズラブ?とドン引くなかれ。 1歩引いた距離からお付き合いで観に行った私でも、その美しさと繊細さと純粋さに心洗われるほど。 色眼鏡で見ないで一度是非、この究極の極上異空間を体験してほしい。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「トランスポーター イグニション」☆引継ぎは業務形態のみ

中身を見ずに名前も名乗らず、時間を守ってしっかりお届け。 海外では確かに普段はあり得ないけれど、日本ならどの宅配でも当然のこと(名前は名乗るけど・笑) クールで美しい高級車を自在に乗りこなし、パリッと綺麗なスーツを来て、スマートに仕事をこなす、いざとなればアクションもすごいし、脱いだら腹筋も見事。 そんなポーター男子はなぜイグニッ…
トラックバック:13
コメント:8

続きを読むread more

「ted 2」☆意外と真面目な法廷劇

1作目がぶっ飛んで面白かっただけに、ちょっと期待が大きすぎたかな。 ちょいちょい挟んでくる小ネタは、確かにニヤリと笑えるけれど、今回はストーリー重視にしたためか、取りあえず隙間に無理に笑いを押し込んでいっただけのように思えて・・・ 「ted 2」 公式サイト <ストーリー> 結婚したtedは夫婦の倦怠期にさしかか…
トラックバック:28
コメント:12

続きを読むread more

「ターミネーター 新起動/ジェネシス」☆シュワシュワ

いきなりの「大丈夫です、履いてますから」的なあのシーンからの、シュワVSシュワ!!! テンション上がらないわけないよね。 アメリカでは大コケ、日本の評判は様々、それでもハリウッドアクションを全く観ないねえねが、珍しく観たい~♪と言うので、彼女の予定に合わせてちょっと出遅れたけど一緒に鑑賞☆ やっぱり大好き!!! 「ターミ…
トラックバック:42
コメント:26

続きを読むread more

DVDレビュー「きっとうまくいく」「ツインピークス」「ミックマック」「マルコビッチの穴」

いよいよ梅雨に入ってきて、自宅でDVD鑑賞が楽しい季節。 窓拭きも済ませたし、今日は何を見ようかな~~ まだ~む的レビュー 満点は★5 「きっと、うまくいく」(2009年) ★★★★ インドの超難関大学に入学してルームメイトになった3人組は、自由奔放なランチョーを中心にして度々学園で騒動を起こして学園長ににらま…
トラックバック:1
コメント:10

続きを読むread more

「チャッピー」☆ロボットの愛らしさ

ロボットがこんなにも可愛らしいとは! 期待を裏切らない、よくできた映画。 感動的とか泣くほどではないし、予想の範囲内の展開で、突っ込みどころも多いけれど、それでもこれだけ充分に満足させてくれるんだからいいよね♪ 「チャッピー」公式サイト <ストーリー> ロボット警察が犯罪の抑止力となって注目を集めはじめた南アフ…
トラックバック:27
コメント:16

続きを読むread more

DVD☆「プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ」「スーパー!」「タッカーとデイル~」

春の訪れがもうすぐそこまで来ている今日この頃。 春休みに突入すると、子供が家にいるのでなんとなく映画を観に行く機会が奪われちゃう~~(涙) こんなときはDVDでも見ましょうか。 まだ~む的レビュー 満点は★5 プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ(2012年) ★★★★ 孤独なライダーのルーク(ライアン・ゴ…
トラックバック:2
コメント:6

続きを読むread more

「妻への家路」☆まことの愛

かつてこれほどまでに切ない映画を観た事がない。 ラストシーンの一コマは、今でも脳裏から離れず、多分一生忘れることはないでしょう。 好きな人が振り向いてくれないだぁ?最近夫(または妻)が冷たいだぁ?家庭に居場所がないだぁ?何年もセックスレスは愛がないに違いないから離婚も考えてるだぁ?何言っちゃってんの??! この映画を観て『…
トラックバック:6
コメント:6

続きを読むread more

「チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密」☆

世間では相当な言われようのジョニデの新作。 ハードルを下げるどころか、すっかり倒してから観に行ったから、そこそこに楽しめたyo 勿論、大笑いするほどじゃないけどね。 モルデカイって、ユダヤ人に多い名前なんだって。由来は『バビロンから流刑後、エルサレムに帰還した人』ということらしい。 通りでお金持ちばかり登場する話だわ。 …
トラックバック:22
コメント:12

続きを読むread more

DVDまとめてレビュー☆「Rayレイ」「ドリームガールズ」「サウンドオブミュージック」

あんまり外が寒ので、こんな日はお家におこもりでDVDでも見ようかな☆ アニーの歌声が良かったので、音楽をテーマにしたDVDでも。 まだ~む的レビュー  満点は★5 「Ray レイ」(2004年) ★★★★★ 7歳で視力を失ったレイ・チャールズは、亡き母から教わった教えに従い、自らの力で生きていくため旅に出た。 …
トラックバック:1
コメント:8

続きを読むread more

「トレヴィの泉で二度目の恋を」☆カワイイ嘘の線引き

ついていいウソと悪いウソがある。 ウソをついていい人とウソをついたらいけない人がいる。 チャーミングなシャーリー・マクレーンだから許される小悪魔キャラの、どこまでが許されるのか線引きが難しいところがミソ。 それを差し置いても、ラストの涙で全て洗い流されてしまうのが、なんだかこちらまで魔法にかけられてしまったようで。 「ト…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more