テーマ:映画た行

DVDまとめてレビュー「アイデンティティー」「トランシルバニア」「NYアイラブユー」

温泉で途中寝落ちしたので宿題となったDVD「アイデンティティー」 家にあったのに、リフォーム騒ぎで行方知れずになったので、また借りてきたパパンの「トランシルバニア」(借りてきた途端、DVDを発見。いっつもこんな調子・・・探せば出てくるって、あんなに言ったのに(怒) そして、帰国して一番にmigちゃんが貸してくれた「NYアイラブユー」…
トラックバック:4
コメント:18

続きを読むread more

「ツリー・オブ・ライフ」壮大な反抗期

ロンドンで最後にできたフリーな1日。 貴重な1日をどう過ごそうか? 勿論、ずっと忙しくて行けなかった映画だよね~ 貴重なロンドン最後を飾った映画は、カンヌ映画祭で最高賞を取った「ツリー・オブ・ライフ」 はてさて・・・ 「ツリー・オブ・ライフ」 公式サイト <ストーリー> 敬虔なクリスチャンで厳格な父(ブ…
トラックバック:41
コメント:30

続きを読むread more

「トゥルー・グリット」真の勇気

アカデミー賞作品賞、主演男優賞ほか10部門でノミネート、監督にコーエン兄弟、製作総指揮にスティーヴン・スピルバーグという豪華布陣の話題作。 コーエン兄弟とスピルバーグという組み合わせ自体に違和感を感じないでもないけど、大物が足を引っ張り合わずにきちんと仕事が出来たのは、大きく評価しなくては☆ 「トゥルー・グリット」公式サ…
トラックバック:40
コメント:30

続きを読むread more

「シーズン・オブ・ウィッチ」題名だけ爽やか(日本では「デビルクエスト」)

えーっと・・・・えっと・・・・・・えーーーっとぉ・・・・・・これ本当に日本で公開するの? 「シーズン・オブ・ウィッチ(原題)」 日本公開2011年夏 <ストーリー> 長年にわたって十字軍の騎士としてベーメン(ニコラス・ケイジ)とフェルソン(ロン・パールマン)は、軍が女・子どもを情け容赦なく虐殺するの…
トラックバック:16
コメント:16

続きを読むread more

「トロン:レガシー」3Dの魔力

昨年末、せっかく劇場で観たのにそのほとんどを寝てしまっていた私。 お葬式のあとだったしね~ 今回リベンジ・・・・・・・・・・そして判ったこと。 最初の15分以外は、ラストに5分ほどしか起きていられなかったんだなぁと。(爆) 「トロン:レガシー」公式サイト 3D否定派の私だけど、これは確かにすごい…
トラックバック:42
コメント:30

続きを読むread more

「チェイサー」震える魂

久しぶりに「映画」を見た! 1秒たりとも目が離せない。 目を覆いたくなるような恐ろしい展開なのに、すっかり目は釘付け。 役者も、描写も、脚本も、素晴らしいの一言。 これこそ韓国の技量をまざまざと見せ付けてくれた、最高のクライムサスペンス!これこそ「映画」! 「チェイサー」(2008年) 韓国映…
トラックバック:17
コメント:18

続きを読むread more

「ダンサー・インザ・ダーク」闇の中の輝き

日本で現在公開中の「アンチクライスト」のラース・フォン・トリアー監督が、2000年のカンヌ映画賞で見事パルムドール賞(最高賞)、ビョークが主演女優賞を獲得したのがこの「ダンサー・イン・ザ・ダーク」。 「アンチクライスト」は、監督がかなり鬱状態で撮った衝撃作らしいが、そうじゃない時の監督の作品は、どんなものかな? 「ダ…
トラックバック:2
コメント:10

続きを読むread more

「ダージリン急行」意外な特典映像

相変わらず風邪が悪化するばかりの息子と、1週間の隠遁生活。 今回のDVDは、意外にすごいDVD「ダージリン急行」なのだ。 何がすごいって、特典映像がっ!!! だって・・・・・・ 「ダージリン急行」(2007年) 1年前の父親の葬式で喧嘩別れしていた兄弟が、長男フランシス(オーウェン・ウィルソン)の呼…
トラックバック:14
コメント:13

続きを読むread more

「ツーリスト」豪華キャストに豪華ロケ

我が家の大人気商品は、日本でも手に入りにくい「桃屋の辛そうで辛くない 少し辛いラー油」 パパンの大好きな「和田ラヂヲ」さんのツイッターでは、このシリーズが大人気らしく、「吸いそうで吸わない でもちょとだけ吸うダイソンの掃除機」とか登場して、意味も無くおかしいのだ。 ちなみにこの映画、「アクションしそうでアクションしない でもちょっと…
トラックバック:44
コメント:42

続きを読むread more

「エクリプス/トワイライト サーガ」お気楽☆

しばらく重たい記事を書いていたので、ちょっと気楽に・・・・・と思ったのが間違い? お気楽すぎじゃーっい!! どうしても、いつまでもベラ目線になれない私は、もう、意味わかんなくて・・・ 「エクリプス/トワイライト サーガ」 公式サイト もうね、甘い言葉も何も、ちっとも入ってこない。 何でかしら?日本語字幕で観てい…
トラックバック:28
コメント:26

続きを読むread more

「冷たい熱帯魚(Cold Fish)」ロンドン国際映画祭で

もう・・・・・・・ユッケは食べられない。 第54回 ロンドン国際映画祭(BFI ロンドンフィルムフェスティバル)に出品された日本映画は、「十三人の刺客」「ディアドクター」「川の底からこんにちは」そして、園子温監督のこの作品「冷たい熱帯魚」(Cold Fish)の4本である。 劇場はほぼ満席状態に近い、9割の入り。 内訳…
トラックバック:30
コメント:33

続きを読むread more

「デッドマン」ジョニデ祭り☆モノクロの色気

ひとりで寂しく見続けるジョニデ祭り☆ 今回は先日遊びに来てくれたmigちゃんのお土産でいただいた「デットマン」 モノクロのジョニーは、色の無い世界でひときわその色気が際立ち・・・・・ 「デッドマン」(1995年) 「ダウン・バイ・ロー」「ナイト・オン・ザ・プラネット」のジム・ジャームッシュ監督が独特の…
トラックバック:5
コメント:16

続きを読むread more

「Dorian Gray/ドリアン グレイ」美しさと醜さ

映画サイトで確認して出かけたのに、その時間に映画をやっていなかったり、子供が熱を出して行けなくなったりと、なかなかこの映画を観られなかった私。 ベンバーンズと私の逢引を阻止する幾多の困難にもめげず、ようやく今日その出会いが実現したのだった。 2010年9月写真を追加  「Dorian Gray」 公式サイト 過去…
トラックバック:5
コメント:34

続きを読むread more

「トイストーリー3」 感動120%

ねえねが嗚咽を漏らして号泣したよと、大絶賛の「トイストーリー3」は、予告で既に泣いてしまったのが、実はまだまだ序の口だったことに気が付くのは、映画が始まってすぐのことだった・・・・  「トイストーリー3」 公式サイト <ストーリー> 大学進学が決まっていよいよ引っ越すことになったアンディは、部屋の整…
トラックバック:34
コメント:31

続きを読むread more

「タイタンの戦い」 ラスボスはクラーケン

これって、ゲーム? 捕らえられた姫を助ける為に、勇者が立ち上がり、幾多の敵を倒したり、味方につけたり、魔法の剣をGETして、いざラスボスとの戦いが・・・・・ これから3Dゲームの時代がやってくる。 さぞ、3Dでゲームしたら迫力だろうな~と思わせる、まるで宣伝のような映画で・・・・  「タイタンの戦い」 公式サイト…
トラックバック:48
コメント:38

続きを読むread more

「天使と悪魔」 ゆかりの地をたずねて

ローマ市内を縦横無尽に車で走り回るのは、まるで現代版「ローマの休日サスペンス風」。 懐かしいローマの教会めぐりに思いを馳せていると、あれあれ・・・? 慌しく駆け回る展開についていけないよ・・・・ 「天使と悪魔」(2009年) <ストーリー> 教皇が病死し、次のローマ教皇を選出するコンクラーベが行われ…
トラックバック:79
コメント:66

続きを読むread more

「第9地区」 原題(District 9)これぞリアル

リアルを追求するなら、CGも3Dも必要ない。 これぞリアル!と呼ぶべき、低予算ドキュメンタリー風SF。(勿論CGをつかっているけど) これは面白いったら☆ 「第9地区」 公式サイト 「District 9」公式英語サイトこちらのほうが、より詳しいよ。 監督と脚本を担当したのは、本作がデビューとなる新人のニ…
トラックバック:85
コメント:64

続きを読むread more

「トワイライト サーガ ニュームーン」 かわいそうすぎ・・・

この映画のために、大急ぎで前作「トワイライト」を観ておいてよかった♪ あくまでも続編であって、あくまでもベラ(=全世界の女子高生的女性)のための映画である。 前作では、英語版で見たために、いまひとつ胸キュンワードをヒアリングできなかったわたしも、今度こそは、日本語だし!と思っていたのに・・・・・  「トワイライト …
トラックバック:38
コメント:24

続きを読むread more

「トワイライト~初恋」 究極のティーンズ映画

ねこも杓子もティーンなら誰しも夢中になっている、今が旬の映画。 これを語らずして、ハイスクール生活は成り立たないんじゃないかと思うくらい。 気になりながらも見逃していたら、続編「ニュームーン」が、もうすぐ公開されちゃうじゃないの!? お借りしたのが英語版DVDだけど、ええい!仕方ない、なんとしても先に見ておかなくては! …
トラックバック:42
コメント:39

続きを読むread more

「トゥームレイダー2」(2003)女007

映画サイトTime Out Londonでちゃんと調べたのに、観る気満々で行った映画館が閉まっていて「2012」が観られなかった私。 ええーい!それなら惑星直列つながりで見た「トゥームレイダー」の続編をみるしかないか・・・(無関係) 2本セットでお友達から借りっぱなしのこのDVD、ようやくお返しします、ハイ。 今回…
トラックバック:7
コメント:12

続きを読むread more

「Drパルナサスの鏡」 摩訶不思議世界

摩訶不思議もここまでくると感動! 故ヒース・レジャーの遺作を引き継いだ、彼の親友ジョニー・デップ、ジュード・ロウ、コリン・ファレルによって、鏡の中の不思議世界が実現した。 ロンドンの片隅に、中に入るとジョニデとあんな風にできる鏡があったら・・・・・・・絶対入るし!!  「Drパルナサスの鏡」(原題 「The Imagina…
トラックバック:75
コメント:60

続きを読むread more

「トランスポーター3 アンリミテッド」なぜドアップ?

1・2・3・4・・・・・・なに数えているかって? そばかすの数ですけど、何か?  「トランスポーター3 アンリミテッド」 公式サイト ブーン!と走って、迫力のアクションで敵と戦い、ドカーン!となって、じゃじゃ馬を手なずけたら、ブーンとまた走って走って、ドカーン!となって終わり。 これ以上、私に…
トラックバック:36
コメント:22

続きを読むread more

「剱岳 点の記」夏に涼しい映画

夏はホラーと誰が決めたの? 観るなら、こんな雪山登山がいいかも♪ 勿論、吹雪いて、遭難しかけて、雪崩に埋まったり・・・・・ほ~ら、涼しくなった~  「剣岳 点の記」 公式サイト <ストーリー> 明治40年。 陸軍参謀本部は、日本のほとんどの山を初登頂して実績をあげてきた陸地測量部として、柴崎(浅野忠信)に…
トラックバック:40
コメント:34

続きを読むread more

「ターミネーター4」似ているのは、どっち?

皆既日食で大騒ぎの今日、みなが浮かれて日食イベントへ出かけているせいか、もうブームは去ったのか、夏休みのレディースデーでも劇場は空いていた。 日食の方は残念ながら曇っていて全くだったけど・・・・ 日食といえば、2003年の5月31日、ノルウェーで皆既日食を体験した私。 白夜のオスロで、『明け方の4時45分に上ったばかりの太…
トラックバック:55
コメント:40

続きを読むread more

「チェ 28歳の革命」 やってしまった・・・

相当に期待していた。観客も多かったし。 なのに・・・・・ よく分からなかった。 半分寝てしまったから? どんなに寝不足でも、映画館でほとんど寝ていたのは、これが人生2本目。 『カッコイイ』彼の生き様は、ちゃんと観ていたら、私にも分かったのだろうか???  「チェ 28歳の革命」 公式サイト <ストーリー> …
トラックバック:36
コメント:30

続きを読むread more

「トロピック・サンダー」 サイッテーが最高な映画!

こーりゃ、ひでぇ~~っ!!と、最高の誉め言葉をあげたくなっちゃう。 これでもか!と繰り出される下品な言葉の応酬 人種差別発言もバリバリ とても夜は韓国焼き肉屋へ行けないようなグロイ映像。 なるほどPG-12だけど、子供には見せられない~~ しかし、映画界の裏側を自虐的ネタで埋め尽くした本作は、ただのコメディではない、ただならぬ…
トラックバック:48
コメント:42

続きを読むread more

「東南角部屋二階の女」 加瀬亮ファンなら必見!映画

ブロガー試写会で、「東南角部屋二階の女」という映画を観た。 題名だけ聞くと、『ホラー?それとも官能小説的な??』と思ってしまう。 いつか何か起きるのでは・・・と、途中までビクビクしながら鑑賞。 ところがどっこい、パッと見は止まっているかのようなのに、よく見ると流れている川のように、ゆったりと時の流れる穏やかで優しさに溢れる映画だっ…
トラックバック:5
コメント:6

続きを読むread more

「DMC デトロイト・メタル・シティ」ついに降臨!

エロイのグロイの汚いのオンパレード、大人気ギャグマンガ「デトロイト・メタル・シティ(DMC」が、待ちに待ってついに実写映画 公開となる。 放送禁止用語を取ったら、台詞ないじゃん?の心配をよそに、原作ファンも松ケンファンも大爆笑の渦に巻き込む、爽やか(?)青春ムービーになっていた。 「デトロイト・メタル・シティ」 公式サイト …
トラックバック:60
コメント:28

続きを読むread more

映画クレヨンしんちゃん 「ちょー嵐を呼ぶ金矛の勇者」 どうしたんだ?

クレヨンしんちゃんの映画もすでに16作目。 毎年公開されているとすると、かれこれ16年目ということになる。 思えば、ねえねが幼稚園の時から、全ての作品は見尽くしている我が家。 しんちゃんとは、かなりの長いお付き合いになっているわけだけど、はて・・・・?いったいどうしたというのだ? 映画クレヨンしんちゃん ちょー嵐を呼ぶ金…
トラックバック:6
コメント:3

続きを読むread more

「チェスト!」子供に是非見せたい

夏休みの少し前に観ておきたい。 早すぎても夏休みに入ってからでもない、そうだ!今がチャンスなのだ。 素朴で飾り気のない映画が、すんなりと心へ届く。 大人にも楽しめる。 なぜなら、子供の頃の自分が、必ず映画のどこかに出ているからだ・・・・・ <ストーリー> 生粋の薩摩っ子の吉川隼人(高橋賢人 新人)は、お調子者でクラス…
トラックバック:8
コメント:4

続きを読むread more