「騙し絵の牙」☆やるなぁ~KADOKAWA

前宣伝から大泉洋をあて書きしたのと、あて書きしたのに大泉洋らしくない演技を要求された事は知っていたけど、まさかここまで大泉洋らしからぬキャラクターだったとは!!?
登場人物の多さと複雑に入り組んだ策略と、文学系に有り勝ちな持って回った言い回しで難解さを増しているけれど、実は策略に気付かせないよう煙に巻く手段なのだとしたら「やられた!」としか言いようがない(笑
「騙し絵の牙」
だまし絵ポスター.jpg
社長の急逝により窮地に立たされた薫風舎。
次期社長の座を狙った派閥争いの中、社内の大改革を行うべく廃刊の危機に立たされた雑誌「トリニティ」の編集長として新しく速水(大泉洋)が派遣されてきた。
文芸雑誌の新人編集者だった高野(松岡茉優)は自分が見出した作家の掲載を却下され、くさっているところへ速水からスカウトされる。
斬新な作品を集めて大ヒットとなったトリニティだったが・・・

騙し絵上司.jpg
W主演の二人。原作では恋人設定らしいけど、映画ではあくまでも上司と部下・・・とは言え、どこか心が通じ合った二人といった描き方になっている。
松岡茉優が新人編集者ならではのアイデアと物怖じしないパワフルさ全開で健気に頑張っていて、とっても応援したくなる☆
騙し絵会議.jpg
熾烈な派閥争いは「倍返し」以上のどんでん返しで最後まで飽きさせない。
会社の利益よりも「KIBA計画」プロジェクトで騙しあい、足をすくいあうというのは落ち着いて考えるとどうなの??と思ってしまう。
騙し絵事務所.jpg
あれだけ騙されたのにラストの超どんでん返しが気持ち良く気分は爽快!
足をすくわれても「転んでもただは起きぬ」ところも良かった。要するに騙しているというより『抜け駆け』しているから印象が悪くないのかな☆
出版社・本屋・小説家・編集者・・・と、本好きな人なら絶対面白い世界。
KADOKAWA映画と言うとどうしても戦車とか出てきて大掛かりで大味なものが多いイメージだったけど、これは中々おすすめ!


"「騙し絵の牙」☆やるなぁ~KADOKAWA" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント