「ノマドランド」☆斬新な撮影・古き良きアメリカンスピリッツ

パパンと観に行かなくて良かった・・・観たら絶対ノマドしそう~~

もともと年代的にヒッピー世代である上に、自身の父親から「お前は少し気を抜くとホームレスになりやすいから気を付けるように。」と言われていたらしい。
「いつか蜂を育てながら、花の咲く地域を日本全国旅しながら暮らしたい。」と真剣に話していたこともあったし、家の本棚には「TOKYO0円ハウス 0円生活」やら「インドで暮らす 働く 結婚する」などの本が並んでいたし。
私がどんなにひやひやしながら生活していたかお察しいただきたい。
「ノマドランド」
ノマドポスター.jpg
夫に先立たれた上にリーマンショックの企業倒産で社宅も失くしたファーンは、想い出の品だけを古びたバンに乗せ旅に出た。過酷な環境下で生活していくうち、季節労働先で知り合った人に勧められノマドが集まる集会に顔を出す。
自由に放浪生活を楽しんでいる人々に感銘を受け、様々な場所で大自然と共に生きる素晴らしさを知るとともに、また孤独とも向き合うのだった。

ノマドたばこ.jpg
物語の冒頭は車上生活を余儀なくされたばかりのファーン(フランシス・マクドーマンド)の不安げなアップや、雪に閉ざされ寒さに震える狭苦しいバンの中など、街の中の駐車場で暮らす制限のある生活が描かれる。
しかし後半に行くにつれて画角は広がり、ファーンは大自然の中に取り込まれてポツンと小さな存在になっていく。
ノマドくるま.jpg
マクドーマンドの他にはファーンに好意を寄せるデイブ(デビット・ストラザーン)のみが俳優で、後は皆さん本物のノマド。
その生活にスルッとマクドーマンドが入っていくという斬新な撮影手法を使っているのだそう。
そんなことが出来るのも彼女だからこそ。
それで余計にドキュメンタリーのようだなと感じたのかも。
nomado.jpg
そんなノマドの一人リンダは仲良くなって色々なノマドの生活とその喜びを教えてくれる良き仲間となるわけだけど、彼女はすごく自然体で、ふつうに役者なのかな?と思ってしまったくらい。
こんな年齢になっても働かないといけないなんて~と思う反面、働きたい=社会の一員として役に立ちたいという気持ちは何歳になっても同じなのだと気付かされるのだ。
ノマド彼氏.jpg
大自然を独り占め~~憧れの生活のようであり、老後のその先を考えると不安にもなる。
若い時から家族を置いてずっとドサ回りしていたデイブですら、息子のところへ定住する道を選ぶ・・・というのもこの映画の面白い所。
決してノマドという生き方を推奨するでもなく、非難するでもない、このスタンスが映画最大の魅力なのかもしれない。
ノマド旅.jpg
「ミナリ」にしても移民を描いたロードムービーだし、これはアカデミー賞の最近の傾向なのかな?
よその国からやってきて、開拓する土地が決まるまでは放浪の旅をしていたに違いないアメリカ人のルーツを今一度思い出そうということか?

自由を愛し、自然を愛し、孤独すら愛してまた旅に出る。どこかで野垂れ死にしても静かに追悼してくれる仲間がいると言う事が支えなのかもしれない。


"「ノマドランド」☆斬新な撮影・古き良きアメリカンスピリッツ" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント