「はたらく細胞!!」&「はたらく細胞 BLACK」お仕事アニメであり健康番組でもあり

1月からBS11で毎週土曜深夜11時半から始まった「はたらく細胞」シリーズのシーズン2。
「はたらく細胞!!」公式サイト
Clipboard01111221.jpg
主人公の赤血球ちゃんは体の隅々まで酸素ボンベの入った段ボールを宅配する女の子。
時々侵入してくるモンスター(ばい菌やブドウ球菌)に襲われやすいけど、すぐに白血球の男の子が助けに来て成敗してくれる。

誰もがよく知る身体の仕組みだけに想定内の働きをするわけだけど、意外と大真面目な解説は本格的。それが証拠にキャラクターたちは「キラーT細胞」「マクロファージ」「血小板」などと呼ばれるだけで愛称(名前)はない。
最初は子供向けの番組なのかな?と思っていたら、それがどっこい結構面白い上に初めて聞く話も多く勉強になる!

シーズン1はdアニメで全話公開中なのだけど、割と基本の「き」といったかんじ。
面白いのは血小板が何故か幼稚園児なこと。どこにいても素早く駆け付ける白血球に対して、後からのんびりやってきてようやく傷を修復するなど、案外その特性をよく表しているのだと見ているうちに気付くのだ。

シーズン2はぐっと踏み込んだ病気の話。
1話:たんこぶ 2話:獲得免疫・パイエル板 3話:デング熱・ニキビ 4話 ピロリ菌・抗原変異 5話:サイトカイン 6話:悪玉菌 7と8話:がん細胞 までが放送中。

さて、このシリーズにはもう一つ「はたらく細胞 BLACK」というスピンオフシリーズがある。
「はたらく細胞 BLACK」 公式サイト
640.jpg
上の「はたらく細胞!!」が健康な体で元気いっぱい働く女の子が主人公なのに対して、意気揚々と入った新人の赤血球男子が過酷な労働条件のなかブラックに働かされ、タバコやアルコールで散々な目にあいながらも、日々の働く意味を見出していくお仕事アニメとなっている。
白血球が巨乳の女子だったり血小板もやさぐれた小学生だったりと、どうやらこちらは30代の男子諸君向けなのかな(笑

動脈などの血管(通路)に悪玉コレステロールがゴミを不法投棄していたりと、どこもかしこも廃墟のようになっていて、場所によっては赤血球の死体が累々としている。
肝臓というキャバクラでたまに「抜かない」とやっていられなかったり、脳に最優先に酸素を届けるため一般家庭(細胞)へは供給できないのを騙しだまし生きているなど、体を痛めつけている人には耳が痛い話ばかり。
ベースがひどい状態なので、いざモンスターが侵入すると解決するのに人手が足りず、悪化してしまうのだ。

何故それをしたらいけないのか?どこを改善したら良いのか?具体的に見せてくれる上に、赤血球の大先輩がその生涯を全うし終えるシーンは涙なくては見られない(笑
分かっているけど実感できない不健康な男子諸君は是非見るべし!

"「はたらく細胞!!」&「はたらく細胞 BLACK」お仕事アニメであり健康番組でもあり" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント