「罪の声」☆大人のエゴの代償

35年前に一世を風靡した未解決事件をモチーフにした作品。
本当は犯人が捕まっていないので、あくまで「モチーフにした」となっているけれど、改めて実際の「グリコ・森永事件」を見てみるとこの映画そのもの、いやこの映画がほとんど実際の事件そのものなのだ。

罪声ポスター.jpg
家の押し入れから亡くなった父の想い出の箱を見付けた俊也(星野源)は、1984年と書かれたテープに35年前日本中を騒がせた誘拐事件に使われた自分の声が録音されていることに気付く。
大日新聞社の阿久津(小栗旬)は平成が終わるタイミングで「昭和の未解決事件」を特集することになり、古い手掛かりを改めて調べ直していた。
そんな二人が遂に繋がり事件の核心に迫るが、俊也の他に声を使われたとされる子供たちは事件に翻弄され、不幸な人生を歩んでいたと判明し・・・

罪声動物園.jpg
何も知らなかった時はただ幸せな家族だったのに・・・
冒頭、身代金を運ぶ指示を録音した声が自分の声だと判った瞬間は、私まで全身ぞわっとしてしまった。そこから一気に不穏な展開になり、罪の意識にさいなまされる日々と、真相を究明しようとする気持ちとの間で葛藤しながら真実に向けて突き進む様子は、本当の取材そのものを描いているようで、何の誇大表現も突出した演技もないところが、逆にリアリティーがあって見ごたえ充分。
罪声社会部.jpg
物凄い密になってする新聞社の会議。コロナ禍では新聞社の人たちはどうやって仕事していたのかな?

映画は最後「真相」にまで辿り着くので実際の事件とは違ったり脚色しているに違いないわけだけど、番宣で出演していた小栗旬によると「取材ではほとんどが表に出せない事ばかり」なのだそうだから、案外この映画のほうが『本当のこと』を描いているのかも?
罪声ロンドン.jpg
取材は遠くロンドンまで。
過激派や赤軍元メンバーが海外逃亡しているなど、今は遠い昔の話で若い人などはピンと来る人の方が少ないのでしょうが、この映画は海外で逃げおおせている犯人の影で、実は巻き込まれた「当時の子供たち」が苦しい人生を送っていたことを描いている点で秀逸。
後半は涙無くては見られない。
罪声居酒屋.jpg
当事者と記者を結び付けた板前さんがキーポイント。
道頓堀の有名お菓子メーカーの看板も見所☆って、まんまグリコやん!

映画は沢山の人物が登場するので、ちょっぴり混乱する。しかしモブキャラはほとんどなく、全てが重要人物なのでしっかり気を確かに持って観るべし!
ラストの衝撃的な事実までは、京都弁のほっこりした雰囲気が物語の重たさを緩和させてくれる。非常に面白い作品。オススメdesu!

"「罪の声」☆大人のエゴの代償" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント