「TENET テネット」☆難解で痛快

難解と聞いていたので、あえて色々な人のレビューを読んでから一足遅れて噂の「テネット」を鑑賞。
噂通り難解だけど、様々に仕込まれた伏線の回収はちゃんと見届けられたし、時間の順行と逆行を同時に撮影するトンデモナイ監督の頭の中をちょっとだけ垣間見られて大満足♬

まさに体感する映画!

「TENET テネット」 公式サイト
テネットポスター.jpg
爆弾テロを阻止する任務の最中に捕らえられた名も無き男(ジョン・デヴィット・ワシントン)は服毒自殺を図るも助かり、突然大変な任務を任される。
研究所で時間を逆行する現象を目の当たりにした彼は、未来から送られてきた「時間を逆行させる」謎の装置による第三次大戦から人類を守るべく戦う命を受け、ニール(ロバート・パティンソン)と手を組んで先ずは武器商人の住むマンションへ潜入する。
そこで黒幕のセイター(ケネス・ブラナー)を探すようアドバイスを受けるが・・・

テネット爆発.jpg
クリストファー・ノーラン監督お得意のど派手な映像マジックがさく裂。
とはいえ、やたらドンパチと爆発とカーチェイスで展開するけど内容は何もないアクション物とは一線を画し、物理的時間の逆行という複雑怪奇で理解不能なテーマを、SFものにありがちな『設定が破城している』かどうか、観客が解らないくらいのスピードと難解さで見事に超越させて見せた点で唯一無二といっても良い。
テネットニール.jpg
「主人公」を常に助けるニール役のロバート・パティンソンがとってもカッコイイ☆そしてラストの友情に涙。
彼はキャット(エリザベス・デビッキ)の息子という説もあるそうな。
確かにロバート・パティンソンが金髪にしているのはそう言う訳なのかな?
とは言え、やたら色白で髭が黒く濃いのに髪だけ金髪はちょっぴり違和感。(そこ?笑)
テネット奥さん.jpg
夫から激しいDVを受けている美しい妻キャット。10頭身!?なスタイルの良さは溜息が出るくらい♬
ベルトにカフスを付けるプレイをするぞ・・・のシーンが全てを物語っているのでしょうけど、末期がんの夫を何度も殺そうとしたり、海に突き落として尚そのまま海を引きずって行く点では、後から冷静になって考えると意外と彼女も残忍な気がしないでもない・・・
テネット青.jpg
赤い色が順行、青い色の部屋が逆行、コンテナもしかりで判りやすくしているけど、一つの目標(スタルスクの決戦)に向けて時間が順行しつつ逆行していく話は複雑すぎて理解不能。
とはいえ、大きな流れは世界滅亡を阻止するべくそれにかかわる人物の命を守るために戦うといった大雑把なストーリーで、従来のアクションものと変わりないし、『敵なのか味方なのか判らないスパイ映画』同様、最後まで謎を引っ張っていく映画と考えて観ていれば、その『何だか判らない』感覚を楽しむ事が出来るのだ☆
Clipboard01552.jpg
テネット考察の記事を探していて見つけた『1世紀ごろのラテン語の回文』
「SATOR式」と言われる長文の回文(農夫のアレポ氏は馬鋤きを曳いて仕事をする)を並べると、それぞれの単語も回文(斜めに見ても!縦に読んでも逆に読んでも互いの単語になる)なのが判る。
セイターはラスボス、ゴヤの贋作を作ったアレポ、冒頭のオペラハウスに、ROTUSはフリーポートの企業の名前なのだとか。

IMAX用に撮影されたらしいので、出来ればIMAXで観たいところだけれど大画面で鑑賞できただけでも充分楽しめたので良かったかな♬
考察を読んで改めて考えると、色々疑問も沸いてくるけど、今度は配信になったら何度も見て検証していきたいな☆

"「TENET テネット」☆難解で痛快" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント