「フロリダプロジェクト 真夏の魔法」☆まばゆいパステルの影にあるもの

とても評判が良かったのに見逃していて、前からずっと見たいと思っていた映画。
ほとんどが無名の役者ばかりなのに、自然体で実に見事!
特に子役の圧巻の演技は、それを引き出した監督の手腕にも大きな拍手を送りたい。

「フロリダプロジェクト 真夏の魔法」
フロリダポスター.jpg
フロリダのディズニーワールドの近くの安モーテル「マジックキャッスル」に住んでいるヘイリーと6歳の娘のムーニーは、詐欺まがいのその日暮らしをしていた。
同じ貧困層の悪ガキ仲間と悪戯ざんまいの日々を過ごしていたが、ある時近くの空き家で火事を出してしまう。
それまでつるんでいたスクーティのママから絶縁されたヘイリーは、いよいよお金に困りモーテルの自室で客を取るようになるのだが・・・

フロリダ親子.jpg
下着で踊る姿をインスタに挙げてスカウトされた新人女優のブリア・ビネイトは、全身に散りばめられたタトゥーも自前のもの。
正に等身大のヤンママをそのままの姿で演じている。
彼女を発掘したことがこの作品の成功の鍵の1つとも言えるのではないかしら。

パステルカラーの家々と青い空・美しい夕陽に囲まれてまるで夢の国(=うその世界)に彼女の華やかなタトゥーとカラフルな髪の色がマッチして、ふわふわと漂って現実と向き合わず夢の世界に生きている母娘の姿と合致する。
フロリダ子供.jpg
天才子役のブルックリン・プリンスちゃんが他の子供たちと撮影と関係なく(?)普段通り遊んでいる姿を、ただひたすら追っているだけなのでは?と思わせるほど、ごく自然な子供たちの姿が撮影できている。
なのに必要な台詞はちゃんと言っているし、子役も凄いけどそれを引き出せる監督も本当に凄い!
特にラストのお友達に別れを告げる号泣シーンは史上最高の天才子役の冠をあげても良いのでは?
ちなみにスクーティ君は実際に長い事モーテル暮らしを経験していたというのも驚き。
フロリダ管理人.jpg
やんちゃな子供たちと、厄介なモーテルの住人たちを時に厳しく時に大きな愛を不愛想な顔の下に隠して接する管理人にウィリアム・デフォー。唯一?の大物俳優だけど、ほとんど新人の俳優陣を食ってしまう事なく、抑えた演技でこのパステルの世界を締めている。
のんきで陽気な若い母娘の振る舞いにうっかり忘れそうになるけれど、実際この映画の本質は非常に重く悲壮であるはずで、彼がそれをちゃんと思い出させてくれるのだ。

いくら安モーテルでもずっと宿泊していたら高くつくでしょうに・・・と思うけれど、家を借りる事もできない多くの貧困層が車やキャンピングカーに寝泊まりしているのが現実なのだそう。
更にコロナで打撃を受けた人たちが彼女たちの様な隠れホームレスになるのかと思うと、暗澹たる気持ちになる。
そんなときだからこそファンタジーの世界に駆け込むしかないのかな・・・


"「フロリダプロジェクト 真夏の魔法」☆まばゆいパステルの影にあるもの" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント