名優ソン・ガンホ「タクシー運転手 約束は海を越えて」☆タクシー運ちゃんのワイスピアクション

コロナが少し落ち着いてきたと思ったら、次はデモで大変なNY。
NY在住の友人の話では警察はデモ隊を殺さないけど、軍隊が出て来たら本当に殺すよ・・・とのこと。
実際アメリカのコロナは落ち着いているわけでは無く、まだまだ感染者も出ているらしいし、NYの地下鉄は稲妻のような強烈な凄い光を照射してウイルスを殺す計画で、そのうち人がいても照射出来る様にするのだそう。
今のアメリカだと人間ごと殲滅しそうな?


さて、そんなデモ隊と警察が衝突する現場にタクシーで送迎する羽目になる映画をamazonプライムで見たyo

「タクシー運転手 約束は海を越えて」(2018年)
タクシー運転手.jpg
家賃を払えず困っていたタクシー運転手のキム(ソン・ガンホ)は他人の仕事を横取りして、ドイツ人記者を光州まで送り大金を得るつもりだった。つたない英語でのやり取りの末、目的の光州まで来ると警察の検問所があった。
なんとか潜入に成功するが、そこは一般市民のデモ隊に容赦なく暴力をふるう警察がいて、激しい衝突が繰り返された挙句人々は血まみれで病院に担ぎ込まれているのだった・・・


タクシー会社.jpg
評判が良かったので配信で見られるのをずっと心待ちにしていた作品。
いや~泣いたわ~

これは1980年に韓国の光州市で多数の死傷者を出した実際の事件に基づいたお話で、映画のラストに登場するドイツ人記者ご本人は、今でも親切にしてくれたタクシー運転手を探しているのだそう。
結局名乗り出てない所を見ると、今でも韓国の当局に知れると恐ろしい事が待っている現実があるのか、40年前の事なのでご存命ではないのか、とても謙虚な方なのか・・・?
タクシーデモ.jpg
光州市の若者たちはみな純朴で優しい☆
たまたま英語を話せるということで通訳を買って出てくれた大学生の哀しい結末は涙なしには見られない。
キムが「こんなデモなんかするために大学は行ったんじゃないだろう?」と問うと、彼は「大学音楽祭に出たくて大学入ったんですよ♪」と無邪気に答える。
これがまたずしんと胸に響くのだ。
タクシー宴会.jpg
海外メディアのピーターたちを暖かく歓迎してくれて、食べるものに事欠く生活なのに盛大にもてなしてくれる。
光州の市民の素朴て親切で温かさに触れて、小ずるく生きてきたキムの心を動かしていく。

勿論、何ら関係のないキムが身の危険を感じるとともに、家に残してきた幼い娘を想って途中で投げ出してソウルへ帰ろうとするのも当たり前。しかし怪我人を運ぼうとするタクシーにも発砲する警官隊を見て次第に心が動かされていく。
光州事件.jpg
こちらは当時の実際の写真。
40年前と現在のNYのデモの発端となった事件が重なって見える・・・
タクシー検問.jpg
得意の話術で検問を突破しようとするが・・・

最後は正義に目覚めるキムや、ただの普通のおっさんの光州のタクシー運転手たちが、ワイルドスピード並みのアクションでどんどん格好良く見えてくるから不思議♬
初めてカーアクションのシーンで号泣したWA☆



"名優ソン・ガンホ「タクシー運転手 約束は海を越えて」☆タクシー運ちゃんのワイスピアクション" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント