おススメ映画を見る☆「トゥルーマンショー」「インサイダーズ」「ヒトラーの忘れ物」

おススメ映画を見るの第2弾。
今回はブログで仲良くさせていただいているブロガーさんたちのおススメされている映画から。
繋がっているブロガーさんは割と映画好きの方が多くて、沢山の映画をご覧になっていたり、マニアックな映画を見ていることが多いので、かえってその中から選ぶのも一苦労(笑
数ある中からamazonプライムで見られるものをいくつかチョイスしてみたyo


「トゥルーマンショー」(1998年)アメリカ
セレンディピティさんのおススメ
Clipboard018989.jpg
保険販売員のトゥルーマンは日々の生活の中に違和感を感じ初める。いつかフィジーへ旅することが夢だが周囲の人たちは何故か阻止しようとしていた。海で父を亡くしたトラウマで水が苦手になったが、ある日死んだと思った父と感動の再会を果たす。妻も親友も何か隠していると気付き、ついに意を決して船で荒波に乗り出したトゥルーマンを実は世界中の人たちが見守っていた・・・
最近問題になったばかりのリアリティーショーを彷彿とさせる話。生活の全てを放送されるという人権の無さはさておいても、アイデアは斬新でとても面白かった♪
冒頭のいかにもセットというアメリカのニュータウンの街並みと、不自然なまでに繰り返す日常で違和感の訳を早々に気付くのだけど、この映画の面白い所は本人がそれを全く知らずに30年間も育ってきたと言う事。(にぶっ!)
そして特筆すべきは世界中でこのシリーズを見守ってきた(日本でも!)人々が、トゥルーマンを応援し、徹底的にトゥルーマンが外界へ出ようとするのを阻止してきた総監督も、実は彼を我が子の様に慈しんでいたという点。
これはある意味、危険を伴う外界へ独り立ちしていこうとする我が子を送り出す親離れ子離れの物語なのだと気付くのだ。


「インサイダーズ」(2016年)韓国
ごみつさんおススメ
sub1_large.jpg
作家先生の汚れ仕事を請け負っていたヤクザのアン(イ・ビョンホン)は自動車会社の大統領候補への裏金疑惑で一儲けをしようと企むが失敗し右手を失う。裏金ファイルを横取りされ出世の道を断たれた検事のウ(チョ・スンウ)はあの手この手で追い詰めるが、財閥と大統領候補・官僚の癒着は強く歯が立たない。責任を問われ左遷されたウは収監されていたアンに接触し・・・
汚職にまみれた韓国社会が物語なのか本当なのか?韓国のニュースを見ているとあながち本当かも?と思えるところがリアルで怖い。
最初は登場人物の名前が覚えられないし、複雑に絡み合った裏切り裏切られの展開に翻弄されてしまうけど、ラストはどんでん返し!と知っていたのに驚きの結末で、本当に楽しめちゃった☆
イ・ビョンホンがチャライやくざ・落ちぶれたチンピラ’・大物フィクサー・囚人・純朴な駆け出しヤクザと様々な顔を違和感なく演じていて、ああ、この人イケメンなだけだと思っていて今までゴメンナサイ。


「ヒトラーの忘れ物」(2016年)デンマーク・ドイツ
ここなつさんのおススメ
Clipboard01776.jpg
ドイツの敗戦が決まり、捕虜が続々とドイツへ送還されていた。
デンマーク軍の軍曹は海岸に埋められた1200もの地雷の撤去の作業の為に、ドイツの少年兵を訓練しナチスの捕虜として厳しく管理していた。作業中に1人また一人と事故に遭い死んでいく中で、賢明で無垢な少年兵に軍曹は次第に心を動かされていくのだが…
これは素晴らしい映画!!外出自粛なのにパチンコに行かないといられないとか、自粛生活に文句たらたら言っている人には是非見て貰いたい。
ともかくやるせなくて涙が止まらない☆
憎っくき敵国ナチスの兵士とはいえ勝利国にありがちな不当な捕虜への仕打ち・虐待、まだ幼さも残る少年たちと軍曹の間に生まれた父と子のような関係に、ああくる、くる・・・ドカン!なハンパない緊張感が加わり、胸が押しつぶされそうになる。


「アイ・フィール・プリティ 人生最高のハプニング」(2018年)アメリカ
zooeyさんおススメ
アイアムプリティ.jpg
体型を気にして自分に自信を持てないレネーは大手化粧品会社で働きながら卑屈な日々を送っていた。ある日トレーニングジムで転倒してから、突如スリムな超美人に変身したと思い込んだレネーは、自ら男性にアピール、会社の受付嬢の募集にも応募し見事採用が決まり、CEOからも高く評価され新プロジェクトの管理責任の地位も得る。しかし再び頭を強打し自分が変化していなかったことに気付いてしまったレネーは…
久々に笑い、そして気持ちよく泣ける作品。楽しかった~♪
自分の良い所に気付いて自信を持って前へ進めば、必ず良い方向へ進んでいくといった判りやすい内容なんだけれど、主人公のレネーの勘違いっぷりがとにかく面白い☆
勘違いもある意味、「たまにいるよねー?勘違い女」というようなギリギリのウザさと、美人だったら他人を蔑んでいいのか?という勘違いに危うく落ちそうになって親友を失うあたりも巧い事描かれていて好印象。
何より明るく前向きで元気をくれるレネーを素直に応援したくなる☆



自粛要請も少しずつ解除になり、映画館も間もなくオープンするのかな?
TOHOシネマズ新宿の壁には「ランボー ラストブラッド 6月26日公開」の巨大ポスターがポツンと貼られていて、なんだかシルベスタ・スタローンだけがコロナに立ち向かっていっているような・・・そんな風にも見えるのだった。


"おススメ映画を見る☆「トゥルーマンショー」「インサイダーズ」「ヒトラーの忘れ物」" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント