トラウマ映画「ミッドサマー」☆眩しい美しさと容赦ないグロさの対比

明るい事がこんなに恐ろしいなんて・・・

これはヤバい!ヤバすぎる映画!!
巷では評判も良いみたいだし、何しろ北欧のお話なので是非観たい!と思っていた。
でもてっきりスウェーデンの森の奥の閉鎖的な村で、精神的に取り込まれていく悲劇を描いた内面的に怖い映画なのかと思っていたら、なんのなんの。
もう二度と観たくないという声も聞かれているのも納得の、ファンタスティック映画祭でかかるようなそんなスプラッタームービーでもあったのだ。

ミッドクイーン.jpg
「ミッドサマー」公式サイト
妹の自殺に巻き込まれ両親までも亡くして失意のどん底にいたダニーは、別れたがっている恋人のクリスチャンに成り行きで誘われたスウェーデンの旅行へ付いていく事になった。
卒論のテーマで民俗学を専攻する仲間たちは、ペレの故郷で行われる90年に一度の夏至祭が行われる森の奥の小さな村へ到着すると、陽が沈まない美しい村で大変な歓迎を受けるのだが・・・

ミッド入村.jpg
グロイ映画も結構なホラーも平気で観る私だけれど、この映画の終盤の「不必要」なほど酷い残酷描写は正直不快に感じてしまった。
ところが公式サイトの『観た人限定完全解析ページ』を読んでみると一転!観客をビビらせる為に不必要にグロくしている訳ではなく、実は古代スカンジナビアの王を殺害した者に対する実際記録に残っている処刑方法と同じだったりと非常に凝ったディテールであることが判る。ちなみに食卓はルーン文字の形に並べられている。
もしかすると観る前に解析ページを読んだほうがより楽しめるかも☆
ミッド歓迎.jpg
実は北欧には太陽の恵みを祝う『夏至祭』が本当にある。
北欧雑貨のアットテリア・スウェーデンの夏至祭とは
驚いたのは劇中、中央広場に建てられる意味ありげなポールが本当の「夏至祭」のものと全く同じな事!もう、それを発見した時の方が映画より怖かった(笑
しかもポールの周りをグルグル回る踊りもほぼ一緒!これね⇩
ミッド花畑.jpg
実はノルウェーでもクリスマスに巨大なツリーの周りをぐるぐるぐるぐる・・・回る似たような踊りがあり、その日は朝から晩までこのグルグル回りダンスがテレビで生中継されていて驚いた経験がある。

本当は、白夜の夏と真逆に一日中暗い冬を半年過ごしてきた彼らが、純粋に心から太陽と収穫を祝いたいだけの明るく楽しいお祭りなのだけど、夏にポッと祭りだけ見に来た観光客には異様な光景に見えたのかもしれない。
実際、主人公と仲間たちは着いて早々、夜の9時なのに真昼の様に明るいだけで、「なにこれ、こわっ!」と呟くのだ。
ミッド壁画.jpg
つまりこの映画は異文化の環境や行事を=野蛮な異端文化と捉えることで生まれるキリスト教信者の勝手な恐怖心を映像化したものであると言える。例えば日本の古くから伝わる祭りや神事にしても、欧米の人から見れば異様な光景に映って畏れを抱いても不思議ではない。
特に輪廻転生などの考えは、彼らにとっては宗教的に理解出来ない事なのでは?
ミッド共感.jpg
泣くときは皆で泣き、「する」ときは皆でする(笑
まっぱの人たちに取り囲まれた密会あたりから異様さは加速度的に増すのだけど、この「裸」に関しても北欧の人は実はおおらか。
公共の公園でも日光浴は普通にトップレスだし、サウナやプールの更衣室でも誰も隠すことなく全裸でぶらぶらするのは平気なのだ。
ミッド見学.jpg
影のひとつももないくらい眩しいほどに明るく美しい日の光の下に、包み隠さずどアップで映し出されるグロ映像とのギャップに主人公のみならず観客も翻弄されていく。

最後はようやく求められる存在となり、共感してくれる人々に囲まれてダニーはこの地で新たに生まれ変わることになる☆

ところでパパンの同僚のノルウェー人の人は、自身のおばあちゃんが「魔女狩りで人が焼かれるのを見た事がある。」と話していたそうな。
今では考えられないような人身御供や魔女裁判も、実はそう遠い昔の事ではないのかもしれない・・・

追記 映画「ミッドサマー」に登場するルーン文字の石碑は日比谷公園にある件

"トラウマ映画「ミッドサマー」☆眩しい美しさと容赦ないグロさの対比" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント