本当にワンカット「1917命をかけた伝令」☆

公開初日にマスクを掛けて鑑賞。
新型コロナウィルスの影響か、この作品は満席だったものの映画館のロビーはがら~んとしていたyo
その割に劇場でマスクをしている人は1割に満たない程度・・・だ・大丈夫??

伝令ポスター.jpg
「1917 命をかけた伝令」 公式サイト
若きイギリス兵スコフィールド(ジョージ・マッケイ)は友人のブレイク(ディーン・チャールズ=チャップマン)と共にブレイクの兄が所属する部隊の早朝攻撃を中止すべしという将軍の伝令を伝えるために、危険な前線を潜り抜け命がけの任務を遂行する。
緻密なドイツ軍の罠に翻弄されながらも、目的の場所へひた走るのだが・・・

伝令鉄条網.jpg
彼らに寄り添った映像はまるで行動を共にしているような気にさせる為、最初から息を殺して観てしまいマスクで息苦しいのも手伝ってもうゼイゼイ…
途中鉄条網で手のひらを切ってしまうのだけど、リアルに痛そう・・・実は私子供の頃、歩道に張り出した鉄条網で足をバッサリ切ったことがあって。かなり深くて脂肪(?)の白いものが見えてしまったのを思い出しちゃった。
伝令橋.jpg
全編ワンカットに見える様に撮影する~~とは聞いていたけれど、いやはや本当だったyo
カメラを背負った人が一緒にずっと歩いて撮影する様子はTVでも見た事があるけれど、逆にそうやってワンカットで撮影している・・・と思い込んでいるために、途中で度肝を抜かれる事になる(≧▽≦)
伝令カンパーバッチ.jpg
ベネディクト・カンパーバッチやコリン・ファース、マーク・ストロングなどイギリスの大御所俳優も実は出ている。
重要人物の役だけれどほんの少しの出演だし、軍服と帽子でほぼ他の人に紛れちゃうくらい。声で気が付くけれど、テロップで発見したコリン・ファースが何処に出ていたのか帰宅して調べるまで判らなかったwa
伝令塹壕.jpg
ほぼ主役の若手俳優のみの出演で、物語はとにかく走って這って伝令を伝える・・・だけなのに、見せ場がたっぷり。第一次大戦で使われたひし形の戦車とか、イギリスのやっつけ仕事の塹壕とドイツの立派な塹壕の違いも見所のひとつ。
勿論、映像も凄いけれどもう一つ感心したのが、その他大勢のエキストラさんたち。
ワンカット撮影なのでぐるりと振り向いても全ての人がきちんと演技をしていて手を抜いていない!!
日本のパニック映画などでシロウトっぽい人たちがテキトーにやって台無しにしちゃうのとは大違いne
伝令野原.jpg
ただただ走って伝令を伝えて、はい良かったね・・・というだけではない。

兄や家族の事を語ったブレイクに対し、Hateという強い言葉まで使って故郷に帰りたくないと話すスコフィールドは、その背景を何も語らなかったのにも関わらず、たったラストの1シーンで彼が命の大切さを実感し、家族を改めて大切に想う物凄く大切なテーマを表現している点で実に秀逸な映画なのだった。


"本当にワンカット「1917命をかけた伝令」☆" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント