台湾でナンバーワングルメ食べる旅☆白菜も角煮も観ない故宮博物院を楽しむ

1日目の昼食を終えた後は故宮博物院へ。
早めにチェックインできたので予定通り息子はお昼寝をするのかと思ったら付いてきたよ?

故宮博物院公式HP
MRT士林駅より紅30・255・304のバスで故宮博物院前下車。入場料350元 日本語ガイドマップあり。ペットボトル持ち込み不可で出入り口で捨てさせられるので、鞄の奥にしまっておく事。
駅前のバス停で時刻表を見ようとしたら、バスを待っているオバさまがササッと寄ってきて乗れるバスの番号を示して教えて下さったYO
謝謝!!
IMG_20200210_113259.jpg
メインとなる第一展望エリアがあんなに遠くに見える・・・(汗)タクシーだったら真ん前に着けてくれる(10分)
IMG_20200204_161039.jpg
でもこの日は気温も20度あり小雨も止んだので、プラプラと歩くのには丁度良かったwa冬なのに緑が青々としていて気持ちいい♪
写真左手の森の中にある至善園(故宮博物院の入場券半券で無料で入園できる庭園)にも行きたかったけれど、既に15時を回っていたので断念。

1度目のツアーで行った時は(6月)団体だから横から割り込み入館出来たけれどトンでもなく混んでいた記憶が。
今回は時間が夕刻だからなのか、中国人観光客が締め出されているからなのか?ガラ~~~ンと空いていてラッキー♪写真はフラッシュを焚かなければOK!
まずは古代青銅器のコーナーから 紀元前17世紀からこのような技術を持っていたと思うと改めて中国の底力を実感。
IMG_20200204_162745.jpgIMG_20200204_162940.jpg
IMG_20200204_163420.jpg
IMG_20200210_120521.jpg

IMG_20200204_163541.jpgIMG_20200204_165406.jpg
IMG_20200204_165332.jpg
IMG_20200204_165535.jpg
実は今回あの有名な「翠玉白菜」と「肉形石」は出張中。ツアーでそれしか観られなかった前回より逆にじっくり他の物を観られたのは案外良かったのかも♪
特に面白かったのは唐の巻物コーナーの、少数民族の人々の姿を描いた長い長い「職貢図」の絵巻物。⇩色々なお仕事の人がいて大変興味深い。
Clipboard01007755.jpg
これだけはもう一度見たかった清の時代の「彫象牙透花人物套球」⇩ 
サイズは小ぶりのメロンくらいの大きさ。以前見たときはもっと大きかったように思ったのは、あまりの超精巧なつくりに圧倒されたからなのかも…
IMG_20200204_173559.jpg
球体の中は21層になっていて、それぞれ回転できるのだから驚くよりほかない。
あまりにも繊細な細工ものに、命を懸けて(多分)献上品を作っていた皇帝おかかえの職人の姿が思い浮かんでしまう。
IMG_20200204_173320.jpg
細かいと言えばこちらの作品。清代の貴族が使っていた物の展示なのだけど、20cm×15cmくらいの箱に入ったおままごとセットには、象牙や水晶・翡翠で彫られた小物や本物そっくりの陶器が入っている。⇩
IMG_20200204_174009_BURST002.jpg
Clipboard010800890.jpg
ままごとセットの箱に入っている小物⇧一つだけ空いている場所にこの細工物が入るのだからどれだけ小さいか…しかもチェーンまでもが象牙で彫られている!
清代恭親王府に置かれていた紫檀家具⇩
IMG_20200204_174618.jpg
閉館ギリギリまで堪能して博物館鑑賞は終わり。
今にも寝そうな息子も最後まで頑張って相当お疲れの様子なので、これから士林夜市のマッサージをサービスするYO
IMG_20200204_180639.jpg


台湾でナンバーワングルメ食べる旅☆台湾でホテルに泊まるならここ!
台湾でナンバーワングルメ食べる旅☆到着したらすぐにやるべきこと2020&極上グルメ「洪師父牛肉麺」
台湾でナンバーワングルメ食べる旅☆白菜も角煮も観ない故宮博物院を楽しむ
台湾でナンバーワングルメ食べる旅☆朝市~鼎泰豊~台湾シャンプーと度小月の担仔麺

"台湾でナンバーワングルメ食べる旅☆白菜も角煮も観ない故宮博物院を楽しむ" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント