18年ぶりの新刊で盛り上がる「十二国記」45話一気に見る

なんと新刊が発表されたのは18年ぶりなのだそうだ。タイトルは「白銀の墟 玄の月」(全4巻)
1991年から熱烈なファンも多い小野不由美の「十二国記」シリーズは今まで全部で11巻。
ねえねがハマって一気に揃えて読破してからどっぷり小野不由美ファンとなって、途中「屍鬼」へ以降したもののアニメ化された2002年から2003年に再熱。
そして今年の秋の台風の日(『蝕』の日)待ちに待った新刊が発売されて、ちょっとしたプチパニック状態になっているのだ(笑)
そんなねえねの熱烈な要望に応え、一緒にアニメ40話を3日で視聴したら…
「十二国記」公式サイト
RZeA7qiQttRoU34mWVc8ex4RHMU8xsjSP8SSoXwk.jpeg
古代中国に似た異世界に12の国があり、麒麟と呼ばれる生き物が天意により選んだ王がその土地を治める世界を描いた物語。
女子高生の陽子は突然現れた男性にかしづかれ、異世界へ連れ去られてしまう。
言葉も通じない中国の様な土地で、よそ者扱いを受けながら襲ってくる妖魔と戦いつつ旅を続けていると、自分が慶の国を治める王となる運命にあると知らされる。
自分がそのような器ではないと悩みながらも、多くの友から学びついに玉座につくのだが・・・

先ずはバイオニ空閑という芸人さんのツイートを見て欲しい。

見てお分かりの様にメガネの方が十二国記の大ファン。緑の服の相方が一般の人(笑)ちなみに最初の私はそちらの相方の気持ち。
何しろ原作は漢字2文字の熟語の羅列が、名前なのか愛称なのか役職なのか土地なのか、しかも登場人物が多くてもう読んでいるうちに混乱しまくってしまうのだ。
OYlsLPKjjFgfOzkQm0wTtUL9Coqz4SJXu5SiEYVj.jpeg
バイオニ空閑と同様ねえねに勧められて「魔性の子」から読んだ私。
これはエピソード0と呼ばれていて、麒麟の実がなる木から蝕(台風)によって日本へ飛ばされた泰麒(タイキ)が9歳になって再び十二国記の泰の国へ戻って行くまでのお話。
魔性の子 十二国記 0 (新潮文庫)
魔性の子 十二国記 0 (新潮文庫)
泰麒のエピソードを途中ちょっぴり挟んでいるが、アニメの方は主役が陽子でいずれにしても壮大な大河ドラマといったかんじ。
わたしのお気に入りは陽子を陰から支える半獣の楽俊(らくしゅん)。もふもふのネズミの姿でもイケメンの人間になった姿でもチャーミングな上に頭が良いのにとにかく人間が(ねずみが?)出来ている。
12-112kokki.jpg
45話を一気に見るのはなかなか大変だったけど、様々な苦難を乗り越え少しずつ成長していく物語は、登場人物たちだけでなく見ているこちらも考えさせられる深いテーマばかりで、相関図を書きながら見ないと混乱してくる事以外は案外あっという間の45話だった。


そして気が付くと・・・私はすっかりバイオニの漫才のメガネくんの方になっていたのだった!!
中国の歴史、三国志などお好きな人はゼッタイ楽しめると思う作品。オススメですっ☆

"18年ぶりの新刊で盛り上がる「十二国記」45話一気に見る" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント