「ドクター・スリープ」☆キングもキューブリックも大満足

0泊3日の出張の後風邪をひき、熱が下がらないまま1週間の出張に出たパパンの体調が戻るまで、映画がお預けだった私。
その間に前作「シャイニング」のおさらいと、スティーブン・キングの原作「シャイニング」も読破して準備は万端!!
待ちに待った「ドクター・スリープ」は、原作者のキングも「シャイニング」の監督スタンリー・キューブリックも(多分)、勿論パパンも私も大満足♪
「ドクター・スリープ」 公式サイト
ドクターポスター.jpg
過去のトラウマでアルコールに溺れる生活を送っていたダニー(ユアン・マクレガー)は、心機一転新しい街で親切な隣人に助けられながら断酒会に参加し、徐々に克服していった。
そんなあるとき強いシャイニングの力で少女からのSOSを受け取る。
実は数多くの幼児誘拐殺人事件の真相を知った少女が、怪しい一団に居場所を突き止められ窮地に陥っていたのだった。
罠を仕掛けて一団を誘い出したダニーだったが・・・

キューブリックの「シャイニング」ファンなら涎垂もののシーンが盛りだくさん。それも完璧なまでに再現されていて実に素晴らしい!
一番のお気に入りはオープニングに使われていた『オーバールックホテルへ向かう途中の湖を舐めるように飛ぶ空撮』のシーン。
今回はそこが雪道になっているというニクイ演出☆
Clipboard0188667.jpg
前作では鏡を多用し、鏡の向こう側が『あちら側の世界』となっている演出だったけれど、今回のダニーの部屋にはあまり鏡が無く、彼がシャイニングの力を極力封印して生きていることが伺われる。
そんな時に不自然なまでに大きなテレビがあるなぁと思ったらやっぱり!
ドクターレドラム.jpg
何かと助けてくれるハロランさんとダニーの関係(お金を盗むのを咎めるならアル中もなんとかしてあげたらよかったのに…)が、今度はダニーとアブラとの関係に繋がって行く。
実は冒頭の湖の前でハロランさんと話すシーンは原作「シャイニング」でキューブリックがバッサリカットしたラストがベースになっている。
カットされてキングが激怒した『特別な力で結ばれた友情』と『弱さを乗り越えて成長していこうとする』物語を、原作から拾い上げたマイク・フラナガン監督の手腕に惜しみない拍手を送りたい。
ドクター出会い.jpg
原作「ドクタースリープ」を読んだパパンによると敵の一団のことがとても細かく描写されていて、実は敵キャラにシンパシーを感じたり、アブラとの攻防戦でじりじりと追い詰めていくところは映画もドキドキしたけどかなり緊迫するらしい。
Clipboard0199332.jpg
原作「シャイニング」のラストではボイラーが爆発してオーバールックホテルが炎上するので、いったい小説の続編はどうなっているの?と思ったら、ホテルの跡地で戦うらしい。
映画では絶妙にキューブリック+原作シャイニング+ドクタースリープを融合させ、破たんせずに成功させているところが本当に素晴らしい。
Clipboard019955.jpg
映画は全編に渡って『背筋が凍るようなぞくぞくした怖さ』で震えがくるので、上着を脱がずに鑑賞するべし。
1つ気になったのはスクリーンがテレビサイズ(?)だったこと。
「シャイニング」のあのシーンをそのまま使うためにそうしたのかしら?映像って過去の映画から借りられるのかしら?
もし借りられるなら、いっそ双子もダニーも母もジャック・トランスも、そこそこ似ているそっくりさん大集合にせず、過去映像を借りたらよかったのでは??
Clipboard0111221133.jpg
キングが好きな適度なB級ホラーっぽさもちゃんとあり、正統派のホラー映画としても、キングが描きたかった本当のテーマ『自身を投影したアル中や癇癪持ちなどの弱い部分を克服して成長しようとする』『特別な力を隠さずに堂々と生きる』もきちんと描かれ、しかも映画「シャイニング」を彷彿とさせるシーンがいっぱい。
続編なのに前作を踏襲せず、全く新しい切り口なのに、きちんと前作ファンも原作ファンも喜ばせる完璧な続編になっているという、本当に見事な作品で、最後に思わず涙がこぼれてしまったのだった☆


"「ドクター・スリープ」☆キングもキューブリックも大満足" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント