「IT イット THE END ”それ”が見えたら終わり」☆原作ファンも大絶賛!キングの自虐ネタも最高♪

この日を待っていた。
原作ファンでほぼ全ての小説を持っているパパンも原作の世界観を全く崩すことなく、原作以上に素晴らしかったと大絶賛!
1作目を観てから原作を読破(全4巻)してこの日を待ち望んでいた私も、想像以上の出来栄えに大満足したyo☆

イットポスター.jpg
「IT イット THE END ”それ”が見えたら終わり」 公式サイト
移動遊園地がやってきたデリーの街では、再び謎の惨殺事件が起きていた。
街の異変に気付いた図書館司書のマイクは、かつての仲間ルーザーズのメンバーを呼び出した。
27年前の約束を果たすべく集まった仲間は、メンバーの一人スタンリーがこの電話を受けて自殺したことを知り恐れをなす。
”それ”の息の根を止めるべく、過去の記憶とトラウマに向き合ったメンバーはいよいよ廃墟の井戸から地下へと進んでいくが・・・

イット中華.jpg
大人になったメンバーたちは、実に子役とぴったりリンクするそっくりさ。
どうやら子役ありきで大人の役者を選んだらしい。そして演技も子供の仕草に寄せたのだそう。
ちなみに激変したベン・ハンスコムも目のあたりはそっくり!!
イットピエロ.jpg
終始ぞわぞわして鳥肌が立つのは前作同様。正体が判っている分前作ほど怖くないけれど、ビジュアル的に前作以上のキモさと思わずのけぞってしまう脅かしがある(≧▽≦)

半面、笑わせるシーンもあり!冒頭の映画の人気脚本家になったビルが監督から「結末がクソだから書き直してくれ」と言われちゃうシーンは、原作にない部分で思わず大爆笑。あれ?誰も笑ってないよ?
ここ、笑う所なのにぃ~~
その証拠に途中でカメオ出演したスティーブン・キング(骨とう品屋のおやじ)が、ビルが自分の著書にサインをしようか?と言ったのに、ラストにケチをつけて断るシーン。

これは常々私が思う、スティーブン・キングの小説は結末だけがいつもダメダメなのよねぇ~という感想を、広く全世界の人が認識している証拠!!実際「IT」のラストも少年ジャンプ風でちょっとね・・・と思っていたところだったの(笑)
イット地下道.jpg
原作を読んでいて結末を知っているので、正直安心して観られたというのもあって非常に楽しめた私。
でも、直前に1作目をおさらいしてなかったので、前作で説明した事だったのか自分が原作を読んでいるから判っているのか判断できなくて…

原作と違う所は地下水路のシーンで二度と出られないのでは?と思うくらい迷路になってて迷うところ、その水路で子供の頃ベバリーが実はみんなの『初めての人』になるところ、ベバリーの暴力夫が追いかけてきてITの餌食になるところ、ビルの妻も喰われそうになるけど助けるところ、27年周期のペニーワイズの悪行が詳しく描かれているところ。上手にカットされていて映画としては上出来♪
イット子供.jpg
前作同様、実は青春スタンド・バイ・ミー映画なので、ラストはじんわりと泣ける。自分の故郷でもなんでもないのに、何だか懐かしくなる作品。
スティーブン・キング作品にしてはラストがとっても良くて(≧▽≦)本当に気にいっちゃったwa

ただ結局ペニーワイズは何だったの?というのは判りにくかったような?
27年周期の昔の事件や、大人になったビルやベバリーやエディの各家庭の詳細が有った方がトラウマとどう戦ったかがより判ったんじゃないかな?そうなるとボリウッドくらいの長さになっちゃうけど…

"「IT イット THE END ”それ”が見えたら終わり」☆原作ファンも大絶賛!キングの自虐ネタも最高♪" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント