「家(うち)へ帰ろう」☆お洒落がんこ爺ちゃんに滝涙

昨年公開されて、評判もよく気になっていたのに見逃した作品。
新聞のお客様感謝上映に友達が誘ってくれたので出掛けてきたyo

家へポスター.jpg
「家へ帰ろう」 公式サイト
子供たちに家を売り飛ばされ老人ホームに入ることになったアルゼンチンに住む仕立て屋のアブラハムは、70年前に友人と交わした約束を果たしに突如家出をしてポーランドへと旅立った。
かつてホロオーストから逃れた過去があり、なんとかドイツを通らずに故郷ポーランドへ行きたいが、途中でお金を盗まれたり体調を崩して入院したりと災難続き。遂に元住んでいた家へたどり着くと・・・


家へバー.jpg
突然思い立って、友へ渡す約束のスーツと小さなスーツケース一つで旅に出たとは思えないほど、なかなかにアブラハム爺ちゃんはお洒落さん♪
手渡すスーツの他に、自分の着替えのスーツ・Yシャツ・お洒落なスカーフ数種類に下着類?良く入ったな~~(笑)
伊達男なので、御年90近いのにバーでも女性から熱い視線が贈られる!
家へカウンター.jpg
「頑固爺ちゃんな性格」は途中イラッとしないこともない。
辛い過去があってどうしてもドイツの地に足を付けたくない気持ちは判るけれど、それ以外にも年齢相応の頑固さが旅の弊害になっているのが歯がゆい。

特に音信不通だったけれどもずっと想い続けていた故郷の親友との関係に焦点を当てているからというのもあるけれど、昔追い出した娘との関係が縮まらなかったのは、ちょっと不満な部分。
家へ駅.jpg
旅先で様々な人に助けられていくうちに、少しずつ頑なな部分が融解していく。
クスリと笑えるシーンも時々あって、ほっこりさせられるのも良い☆
意外にもこちらが期待しているほどは助けてくれないのもミソ。それがかえって物語にリアリティを与えてくれるのだ。
家へ昔.jpg
実は邦題の「家(うち)に帰ろう」とあえて、『うち』と読ませたのは、目指した故郷ポーランドの街がウッチという場所だったからなのね?(ダジャレ?)

故郷なのに『ポーランド』という言葉すら禁句だったアブラハムの一家。それはどうしてなのか?というのは多くをこの映画は説明していない。
勿論、誰もがポーランドにアウシュビッツが存在する事は知っているし、ホロコーストの死の行進から逃げ出してウッチにある自宅へ戻ってきたけれど、その時既にかつて使用人だった家族が自分たちの家に住み着いていて追い返そうとする嫌な思い出があることが判明するわけだけれど、それ以上に複雑な歴史があることを我々はキチンと知っておくべきなのだ。
家へ病院.jpg実際ポーランドは複雑な立場で、ナチスに圧力を掛けられユダヤ人狩りに協力せざるを得なかった訳だけれど、実は積極的に密告していた人たちも多かったのだそう。この映画でも金持ちユダヤ人の邸宅を使用人がそのまま乗っ取ったと考えられ、ドイツ人にだけ責務を負わせる事は歴史上出来ないのだ。

こうしたことを思いながら観るとより一層、ラストのシーンは溢れ出る涙が止まらない。
70年の時を経て、ひたすら待ち続けていた親友の何とも言えない表情が、それを全て物語っている様に思えたのだ。


"「家(うち)へ帰ろう」☆お洒落がんこ爺ちゃんに滝涙" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント