「フット ザ・ビギニング」☆超絶!華麗な矢さばきアクション

単純におとぎ話を楽しむのがよい作品。
タロン・エガートンの華麗な矢さばきは、なんとCGでもなんでもなく、彼が実際に矢を放っているという事をメイキングビデオで知って2度ビックリの素晴らしい身体能力を堪能出来る☆

フットポスター.jpg
「フット ザ・ビギニング」公式サイト
荘園の若き領主だったロビン(タロン・エガートン)は十字軍への参加を命じられる。大けがを負い戻ってくると戦死した事になっていて屋敷も何もかも奪われ、愛する恋人マリアン(イヴ・ヒューソン)も他人の恋人になっていた。
ひそかに復習を誓ったロビンは、戦地で助けた敵の男ジョン(ジェイミー・フォックス)に弓術を習うと同時に、市民に重税を課している長官から金貨を奪い貧しい人たちに配ることにする。
長官と枢機卿の怪しい関係を見抜いたロビンは・・・


観るつもりは無かった映画なのだけど、思っていたより楽しめちゃった。
数ある突っ込みどころは無視して、エンタテインメントを楽しんだもの勝ちってことこかな。
フット十字軍.jpg
十字軍での戦いはなかなかに緊迫のシーンだけど、普通に上から包囲されてしまって、凄いんだか凄くないんだか…

壮大なセットとイギリスならではの重厚な屋敷や石畳の街並みが実に美しい・・・と思って調べたら、ロケはクロアチアのドブロクニクとフランスで行われたのだとか(≧▽≦)
フット恋人.jpg
とってもキュートで印象的な恋人マリアンを演じるのはラミ様の「パピオン」にも出ていたイヴ・ヒューソン。

ロビンフッドを題材にした過去作はケビン・コスナーの演じた「ロビン・フッド」(1991年)
ロビン・フッド [DVD]
ロビン・フッド [DVD]
ラッセル・クロウ演じる「ロビン・フッド」(2010年)
ロビン・フッド (吹替版)
ロビン・フッド (吹替版)
どっちも「ロビン・フッド」だし!っていうか、この映画も原題は「ロビン・フッド」なのだ!
ケビン・コスナーのは全く思い出せないけれど、ラッセル・クロウのロビンは自己犠牲に満ちた切ない愛が描かれていて、壮大な歴史戦争もののラストが胸を打つ作品だったと思う。
それに比べてこの作品の恋愛部分のなんと弱い事よ。
とは言え、とんだ尻軽女でも最後にハッピーエンドになれば、案外受け入れられちゃうのがおとぎ話の不思議な魔法なのだ♪
フット練習.jpg
顔に謎のボツボツがついている敵だった男にジェイミー・フォックス。彼は何をやっても上手いね☆
手をちょん切られても上手に密航してロビンに着いてくる(笑)
二人で荒れた屋敷でトレーニングをするシーンでは次第にわくわくしてきて、もう突っ込みどころとか全く気にならなくなってくるYO
フット保安官.jpg
現代の悪役といえばベン・メンデルソーン!
かつて悪役と言えばゴツイ顔の威圧的な男が一般的だったけれど、「こういう人こそ悪いひとだよねー?」の代表的な顔として悪役の頂点に立つのは今や彼なのでは?
フットロビン.jpg
キルティングのジャケットにフーディとか今風!?
中世でフードの付いたジャケットとか無いでしょうょ?と思っていたけれど、途中で貴族の集まるパーティなどのシーンでも、斬新なスタイルのドレスが登場したりして、ああ、これはおとぎ話なのね☆と認識を改めたら俄然面白くなってきたyo

そもそも架空の人物だけに、あれこれうるさい事言わずにタロンの華麗なアクションを楽しむのが正解☆
恋敵のウィルを演じるジェイミードーナンは、あの「フィフティ・シェイズ」3部作の金持ちイケメンS男くんなのも見所ne☆
フィフティ・シェイズ・フリード (字幕版)
フィフティ・シェイズ・フリード (字幕版)


"「フット ザ・ビギニング」☆超絶!華麗な矢さばきアクション" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント