広尾・恵比寿「レストラン マノワ」☆繊細かつ上品ジビエ

ジビエと言えば大胆でワイルドなイメージなのだけれど、こちらはとっても繊細で表情豊かなジビエが味わえる。
鹿・いのしし・ひぐま・あなぐま・雷鳥とラインナップはなかなかに荒々しいので、いったいどんなお料理なのか・・・?わくわく☆


「レストラン マノワ」公式HP 広尾駅からも恵比寿駅からも徒歩10分
入口が奥まっているマンションの1階にある。3グループのテーブル席とカウンターのみのこじんまりとしてシックな店内。なるほどそれだけに心配りもお料理の質も行き届いているわけne☆
厚手の木製の真っ黒なプレートには、マノワのロゴが入っている。
IMG_20190928_124523.jpgIMG_20190928_130311.jpg
IMG_20190928_131434.jpgIMG_20190928_130724.jpg
IMG_20190928_131950.jpg
最初にバゲットと早押しクイズのスイッチのような球体のバターが登場。
今回は4800円のプリフィクスコースで。飲み物付き+前菜+メイン+デザート+お茶か、前菜+本日の魚+メイン+デザート+お茶のどちらかが選べる。グループで違っていても良いのが面白い!

私の前菜は「岐阜県・天然すっぽんのフリット 蓮根のブールノワゼットソース」
身をほぐしたすっぽんはねっとりと球状にまとめられ表面はパリッと揚がっている。2種類の製法の蓮根と、濃厚なソースが絶妙なバランス。
すっぽんに馴染みが無かったのでこんなものかな?とにかく美味しかった♪

息子は「熟成日本鹿のテリーヌ 山梨県・芦安の野菜と共に」
IMG_20190928_131812.jpg
パパンとねえねは「カマスの炙りマリネ 焼きナスの冷製と生姜の泡」
IMG_20190928_131735.jpg


ふたりが小休止の間、私と息子は本日のお魚
IMG_20190928_134714.jpg
この日は「サワラのたたき アサリのソースで」アサリの旨味がしっかりしみている大根がちゃんとフレンチに仕上がっているのも秀逸!
息子はこの日、これが一番美味しかったそう。
結構なボリュームで既にお腹がいっぱいになってきた~~

息子のメインは「☆いのししのロースト 猪のジュとエピスソースで」意外とクセもなくあっさりとしたお味。(プラス800円)
IMG_20190928_140454.jpg

「日本鹿(ミンチ肉)のパイ包み焼き 日本鹿のジュとジュニパーベリーの香り」
IMG_20190928_140629.jpg
ベリーとワイン?の結構な甘さのソースが意外と合う☆
パイ包みが小ぶりで良かった~♪
鹿肉もクセが無く、柔らかいビーツとバラの花びらのような鮮やかなものもビーツ?こちらはカリリと食感が違うのも楽しい☆

ラムがあったら絶対食べちゃう二人は本日のお肉料理「ラムのロースト」
IMG_20190928_140527.jpg
こちらが本日のベストメニュー!!ラム好きも満足できる、ちゃんとラムらしい芳醇な香りがしていると大絶賛!さすがジビエのお店だけある!
付け合わせの赤唐辛子のフリットもユニーク。

「溶けちゃう!」と食べ始めちゃった息子のデザートは「巨峰とクレメダンジュ 巨峰のグラニテと共に」めっちゃ美味しい!とのこと。筒状のゼリーの中に巨峰が閉じ込められていた。
本日のデザートは「桃のコンポート」(右)⇩
IMG_20190928_1441138888888.jpgIMG_20190928_1441528855777.jpg
IMG_20190928_144132.jpg
⇧「柿と抹茶のタタン 柚子のソルベと共に」見た目はお料理みたい~

ねえねはこのお店の名前を冠する「マノワの球体和栗のモンブラン」
IMG_20190928_144227.jpg
球体の蓋を開けると中に栗の渋皮煮とモンブランソースが入っている☆

IMG_20190928_144753.jpg
お料理はどれも本当に美味しくて、バゲットもどんどんお代わりを持ってきてくださるし超お腹いっぱい、幸せいっぱい♪

実は間もなく内定式があり来春は家を離れてしまう息子に、誕生日何が食べたい?と聞くと「ジビエ」というのでこのお店を選んだのだけれど、こうして家族揃って彼の誕生日を祝えるのもこれが最後かも・・・と思うと感慨深いものが。

いつもは無口な息子もこの日はいっぱい喋ってくれて、なんだか嬉しくて涙が出ちゃったのだった☆

"広尾・恵比寿「レストラン マノワ」☆繊細かつ上品ジビエ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント