「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」☆タラちゃんにすっかりやられた!

そう言えば「史実に基づいた~」とか「実在の物語にインスパイアされて~」とか一言も言ってないもんね。

ワンアポポスター.jpg
「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」公式サイト
<ストーリー>
人気に陰りが出始めた俳優のリック・ダルトン(レオナルド・ディカプリオ)は、付き人でもありスタントマンのクリフ(ブラッド・ピット)と固い友情で結ばれている。
リックのハリウッドの邸宅の隣に住む、新進気鋭の女優シャロン・テートは夫のロマン・ポランスキー監督との子供がお腹に居て間もなく出産を迎えるばかりだった。
巷で流行っているヒッピーの少女にヒッチハイクされ、郊外のスパーン撮影牧場まで送って行ったクリフは、そこにいるヒッピーたちの不穏な空気を感じ取る。そしてついに1969年8月9日がやってきた・・・

ワンアポバー.jpgとくかくレオ様とブラピが共演というだけで凄い事!そしてこの二人が相当カッコイイ!!
しかし劇中でアルパチーノ演じるプロデューサーにジョークとはいえ「君の息子か?」と聞かれたブラピは、実はレオ様の10歳も年上!(少なくとも同じ年くらいに見えちゃう)
ブラピが若いのか背伸びし続けてきたレオが渋くなりすぎたのか・・・?
ワンアポ歌.jpgとにかくレオ様の演技は素晴らしい!⇧歌も上手だったwa

特に今回の劇中劇で演じる様々な顔、前夜に酒を飲みすぎて台詞を忘れてしまうダメ俳優の自分をののしる様、親友クリフに素直に甘える様子、天才子役に褒められて感激する姿・・・と実に感情豊か。
遂に念願のアカデミー賞の主演男優賞を獲ったことで、余裕を持って楽しんで演じているようにも見える。
Clipboard0100788990.jpgタランティーノが拘った60年代の再現がすごい!
CGを使わずに完全に再現したレトロなかんじを余程気に入ったのか、車で街を流すシーンの多い事。
あー、これが高速を止めて撮影してニュースになったシーンね・・・と思いながら観ているうちはいいけれど、さすがに長いよ~~
今の若い子はそれこそ劇中のヒッピーの様に「三丁目の夕日」的な古き良き時代は懐かしくない・・・と言うより、アメリカに行ったことない人にはどの辺が懐かしいのか判らないのかも。
お隣の女の子は途中トイレに立った上に、中盤寝ていたような?
ワンアポパリピ.jpg太陽の様に輝くシャロン・テートを「スーサイド・スクワット」のマーゴット・ロビーが嬉々として演じていてとってもキュート。
パーティーで踊るシャロン・テートは大勢の華やかなパリピの中に居てもひときわ目立つ存在で、スティーブ・マックイーン(これがまたそっくり!)が眩しそうに眺める姿が印象的。
Clipboard018895578.jpgマンソン・ファミリーが暮らすスパーン牧場での不穏な空気がヤバイ!
見ている観客は『あのシャロン・テート事件を過激な殺戮シーンが得意なタランティーノが描く』と思って観ているので、この辺りからまんまとドキドキさせられてしまう。ちなみに劇中登場する少女たちの名前は実際の人たちらしい。
事実マンソン・ファミリーは若い子(14歳くらいの子たちがいた)にヒッチハイクさせて、性的サービスで男性をファミリーに勧誘していたそうな。
そしてまんまと私たち観客もタランティーノファミリーに騙されていく。
ワンアポくるま.jpg俳優人生で葛藤し情緒不安定なリック・ダルトンに対し、マイペースを楽しむクリフ役のブラピがまた超ステキ☆
途中、タラちゃん映画の「イングロリアスバスターズ」でブラピがやったシーンをレオが再現しているのも面白い。

大きな犬と一緒にトレーラーハウスに住んでいるのが実は伏線。ラスト一気にとんでもないことになっていく。
脈絡もなく回想シーンが入ったり、CG嫌いなのに「大脱走」のレオの合成シーンあったり、だらだら車で走るシーンばかりでタラちゃんどうした?と思っていたらトンデモナイ!
タランティーノにすっかり弄ばれてしまった気分。
やっぱりすごい監督さんだわ~☆

"「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」☆タラちゃんにすっかりやられた!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント