「アイネクライネナハトムジーク」☆不器用だけど真っ直ぐな愛が胸にじゅわ~と染みてくる

基本浮かれた恋愛ものも、悲恋ものも純愛ものも壁ドン胸キュン系もドロドロ愛憎劇もあまり観ない私。
だけどこの映画はリアルでほっこり、そうそう☆あるある☆だよね~☆と誰もが思い、いつの間にか大切なものに気付かせてくれる胸にじゅわ~と染み入る映画。

だって胸掻きむしるような激しい恋愛も、学園一の王子さまが自分だけを気に入ってくれることも普通ないでしょう?
登場する人たちが全員主役、即ち見ている自分たちも主役になれるそんな温かい映画なのだ。
アイネクライネポスター.jpg
「アイネクライネナハトムジーク」公式サイト(9月20日公開)
<ストーリー>
劇的な出会いに憧れる佐藤(三浦春馬)は、美人で非の打ち所のない由美(森絵梨佳)を妻にもつ同級生の一真(矢本悠馬)にいつも恋愛の極意を指南されていた。
仙台駅前で街頭アンケートをしていた時に出会った紗季(多部未華子)と同棲するようになった佐藤は、出会って10年目ついに意を決してプロポーズするのだが、紗季は家を出て実家に帰ってしまい・・・

アイネクライネ駅前.jpg憧れていた劇的な出会いでは無いものの、佐藤は紗季と再会し・・・この映画の核となる二人の恋愛が、実は恋愛で盛り上がる期間はスッパリ描かれていない所もこの映画のミソ

伊坂幸太郎の原作でも他の登場人物はフルネームなのだけれど、三浦春馬演じる主人公だけが「佐藤」でしか扱われていないのだそう。
つまりこの平凡な名前の持ち主が見ている観客全てを主人公にさせてくれるというわけ。
アイネクライネ食卓.jpg分不相応な出来た美人妻を持つ一真は、このツラで(笑)亭主関白も甚だしい。
 
この映画は群像劇にもなっていて、互いにほんの少しずつ彼らの人生に関わってくる。
でもその関わりはほんのかすかなもので、あえて「関わっている事」を明確にぐいぐいと押し付けないところも良い。

美容院で働く美奈子(貫地谷しほり)が常連さんに紹介されたボクサーとの物語、公園でいじめられていた中学生とボクサーの出会い、妻に逃げられた先輩社員、10年経って高校生となった一真の娘に恋心を寄せる同級生・・・些細な関わりがあとで胸にじゅわ~っと染みてくることになる。
アイネクライネ高校生.jpg
いつもペコペコして尊敬できなかった父が、窮地に陥った同級生をさらりと助けるシーンなど笑えてほっこりするシーンもいっぱい。

ただし各群像劇を丁寧に描くことで、やや長くなりすぎたきらいもある。
少しダレたかんじになったのは勿体ないかんじがした。
アイネクライネ二人.jpg
実は今回の試写のあと今泉監督と小説家の燃え殻さんのトークセッションがあって、今まで行った試写会の中で最も楽しかった!!

例えば三浦春馬くんがちょい天然で、ポケットから指輪を出す時に向きを間違えて恋人に向けてパカッと蓋を開けられなかったのを、それいーね!と採用したり、役者と一緒に映画を作り上げて行ったのだそう。
特に出て行った紗季が家に戻ってきていて帰宅した佐藤と「おかえり」もぐもぐ「ただいま」「ただいま」もぐもぐ「おかえり」のほっこり×10のシーンも春馬くんのアドリブなのだとか!!

イケメンの彼が「あともう一息」な男性を実に真面目に演じることで、ちゃんと格好悪い男に見えてきて、この映画がぐっと観客に近寄ってきているというのも素晴らしい。

ひょろっとしてキョドっていて、最後出口にいらしたので握手を求めたらオドオドしていた今泉監督。
実は今まで今泉監督の作品(最近で言えば「愛がなんだ」とか)は見た事が無かった私だけど、見た目も性格もイマイチなのに美人にモテる男性の映画ばかり撮ってきた彼も、その実映画監督もやっている奥様との間に3人のお子さんがいるのとか(笑)

とても男性が撮ったとは思えないほど女性の気持ちをパーフェクトに理解しているこの映画。
不器用でもブサメンでも、女性の心を捉えるのは、もしくは女性が心が離れてしまうのは何なのかが見えてくる。世の男性必見!!


"「アイネクライネナハトムジーク」☆不器用だけど真っ直ぐな愛が胸にじゅわ~と染みてくる" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント