「ロケットマン」☆自分を抱きしめて

「ボヘミアン・ラプソディー」の時は意にも介さなかったパパンは、かねてからエルトン・ジョンの半生を綴った映画「ロケットマン」なら観に行く!と言っていたので、満を持して二人で鑑賞。
何にでも寛容なパパンが「ゲ○だから嫌だ」と差別発言をしておきながらエルトンならOKというのが、今一つ理解に苦しむけれど、要するに楽曲が好きかそうでないかっていう違いなのかな?
鑑賞後のパパンの感想は今年一番の作品!100点満点といってもいいくらいの95点だそうで。(今年まだ2本しか見てないパパンだけど)

ロケットマンポスター.jpg
「ロケットマン」公式サイト
<ストーリー>
不在がちで厳格な父と不仲の母は子供に無関心、唯一祖母だけが彼の音楽の才能を見抜きピアノを習わせてくれた。
両親から愛されていないと寂しさを募らせていたが、ライブハウスでバックバンドをつとめるようになるとその才能を発揮していった。
音楽事務所で渡された1通の歌詞に心惹かれ、作者のバーニーと意気投合したエルトンは次々と作品を発表し、一気にスターダムにのし上がる。
バーニーに女性の恋人が出来て傷つくエルトンに、マネージャーのジョン・リードは恋人としてもパートナーになるが、派手な生活とハードワークに次第に生活は乱れ・・・


ロケットマン遊園地.jpg
ライブハウスでノリノリ演奏からの~~⇧の遊園地でのミュージカルシーンはワンテイクで撮影されたものらしい。
とにかくエルトンを演じたタロン・エガートンの歌声が素晴らしい!全て本人が歌っているというのだからその多才ぶりにビックリする。
しかも記録として残っている写真や映像のエルトンの再現率がヤバイ☆衣装から仕草、次第に太って髪が薄くなっていくところなんか、もうそのものなのだ!

ロケットマン母祖母.jpg
「ジェラシックワールド」のブライス・ダラス・ハワードがむっちり太って子育て放棄の母親を好演

確かに不仲の両親からハグもして貰えない幼少期は涙なくしては見られない。
特に父親が再婚した家庭で腹違いの息子たちを抱っこしている様子を見て、ロールスロイスの中で涙するシーンは胸が痛い。

でも?
祖母は優しいし、才能をいち早く認めて5歳の時からピアノを買い与え、レッスンにも通わせて貰えている。それほど裕福でない家ならば尚、王立音楽院にまで通わせて貰えたのは大事にされていた証拠では?(息子の同級生がイギリスの王立音楽院に週1回通っていたけれど、かなりお金は掛かると話していた記憶が…)
食事中ピアノを弾いていたら普通怒られるし、ファッション誌に夢中の母もスマホばかり見ている現代のヤンママと何ら変わりないように思うのだけど・・・「誰からも愛されなかった少年」だなんて、ご両親がこの映画観たらなんて言うのかな?
ロケットマンバーニー.jpg
作詞家のバーニーとの出会いが彼の人生を一転させる

初めて会った日に朝まで語り合ったり、「君の歌は僕の歌」が生まれた瞬間などエルトンの歌がそのまま彼の感情そのものとして表現されているのが素敵。
私個人としては年代的にも、この映画で登場する楽曲はあまり知らないのだけど、じっくり歌詞を見ると本当に胸を打つものばかり。
ロケットマンマネージャー.jpg
私生活でも実際、泥沼の愛憎劇があったようだけど、結局エルトンを食い物にしたこのマネージャーのジョン・リードのことをこんな風に暴露して大丈夫なのかな?
いずれにしても蜜月の日々を赤裸々に描けるのも、今だからこそなのかも☆

Clipboard0100077998.jpg
冒頭の不思議なミュージカルシーンが実は伏線になっている

ど派手な衣装は、コンプレックスを隠すためのアーマー。
リハビリ施設に通って少しずつその鎧を脱いでいき、最後幼少期の自分を自らの手でギュッとハグするシーンは繊細過ぎるエルトンが自分の本名レジー・ドワイドを認めた瞬間。ようやく自分を愛せるようになったシーンは、あまりに感動的で思い出すだけでも泣けてくる。

せっかく歌が素晴らしいのにオカシナ衣装を何故着るのかしら?と常々思っていたので私もようやくここで納得。

ロケットマンツアー.jpg
「ボヘミアン・ラプソディー」もこの作品も、どちらも容姿にコンプレックスを持っている孤高の天才が愛を失って堕落するけれど乗り越えていく物語。
富も名声も才能もあって多くの人に愛されながら、誰からも愛されないと思い悩む。フレディにしてもマイケルにしても天才は皆そうなのかな・・・

ERのあとの幼少時代の写真がそっくりで最後までビックリ☆
帰宅してから調べたら、私の大好きな「ライオン・キング」の曲の半分はエルトン・ジョンが歌っていたのを知って2度ビックリだった(爆)


"「ロケットマン」☆自分を抱きしめて" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント