七月大歌舞伎の勸玄くん長台詞にびっくり

この夏に80歳の誕生日を迎える母の誕生日に歌舞伎をプレゼント。
海老蔵を観たいというので7月大歌舞伎のチケットをなんとか入手してこの日を迎えたのだった。

IMG_20190708_100127.jpg普段あまり歌舞伎を観ることが無い私でも、勸玄くんのデビューの年を見逃すわけにはいかないっ!ということで楽しにしていたのだ。
何しろ上野のシャンシャンも赤ちゃんの頃は大行列だったりしたわけで?(一緒にして失礼~・笑)

IMG_20190708_100028.jpgなので今回は勸玄くんが出演する昼の部を鑑賞。
ポスターを見ても気付かなかったけど、実は2幕目の「西郷と豚姫」でな・なんと中村獅童が女形「豚姫」を演じたのが最高にウケたのだった!!
彼が女形をするなんて~~~(爆)
IMG_20190708_161204.jpg
1幕目は天下の北条高塒が自分のお犬様を殴り殺した浪人を許してあげたのに、何故か酒宴の最中現れた天狗に翻弄されるお話。なんと史実に基づいて劇化されたというのがビックリ。
IMG_20190708_161142.jpg
「西郷と豚姫」一途に西郷どんを想い続ける仲居の豚姫を獅童が怪演(笑) 時々裏声が辛そうなかんじになるのもご愛嬌。
お薬を苦そうに飲むシーンの顔芸に大爆笑しちゃった♪
IMG_20190708_161149.jpg
3幕目は「素襖落」
狂言での「太郎冠者」は観た事あったけれど、歌舞伎では初めて。海老蔵のちょっと間抜けたメイクがとっても新鮮で楽しめたYO
IMG_20190708_161155.jpg
最後はいよいよお楽しみ、外郎売の海老蔵親子共演。
花道から現れただけで次の人の台詞が聞こえないくらいのやんややんやの拍手喝采!
ただ可愛いだけでなく、大人も絶対覚えられない早口長台詞を朗々とつっかえもせず「完璧に」こなして素晴らしいのなんのって。

横に鎮座する海老蔵が勸玄くんの長台詞の最中に、小さく「うん・・うん・・」と頷いて我が子を暖かい眼差しで見守るパパの姿になっていたのも何とも胸を打つものがあったのだった。
IMG_20190708_162210.jpg
屋上庭園を散歩してこの日の演目は終了。
事の他母にも喜んでもらえたので、私と妹も大満足☆楽しい事をいっぱいして、いつまでも元気でね♪

"七月大歌舞伎の勸玄くん長台詞にびっくり" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント